スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

11月1日の誕生花は「西洋かりん(Medlar)」で花ことばは「唯一の恋(Only love)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


【☆ 11月(November)は、スモールマーガレット(黄色)。花ことばは、ふたりの心を強く惹きつける愛の喜び。】


11月1日の誕生花「西洋かりん(Medlar)」は、バラ科(Rosaceae)セイヨウカリン属(Mespilus)で南西アジアまたは南東ヨーロッパが原産の落葉性低木で、温暖で乾燥した土地によく育ち、果実酒やジャムになります。学名は、「Mespilus germanica 」。


春に白い花を咲かせ、秋には紅葉も美しい西洋かりんは、イギリスでは「メドラー」と呼び、ドイツ語では「メスペル」、イタリア語では「ネスポラ」、フランス語では「カムン」、スペイン語では「ニスペエロ」。


古代ギリシアから中世にかけては重要な果物だったが、その後リンゴやセイヨウナシなどが普及するとあまり省られなくなった。


果実の性質がカリンに似ているためセイヨウカリンという名がついているが、実はカリンはボケ属で異種。またマルメロのことをセイヨウカリンと呼ぶこともあるが、マルメロは単一属のマルメロ属であり別属となる。見かけはむしろビワによく似ているため、ビワを英語では「Japanese Medlar」とも呼ばれています。


果実は直径2-3cmの卵形の梨状果。硬く酸味が強いので、食べる前に霜に当てたり長期間貯蔵したりする必要がある。こうすると表面にしわが寄って(干からびたようにみえるが)内部は柔らかくなり香りもよくなる。


明治時代に日本にも渡来したが、現在あまり普及はしていません。

中国原産の落葉性高木の「かりん(木瓜)」は、バラ科だがボケ属で別属のようです。


かつてはセイヨウカリン属の唯一種とされていたが、1990年にアメリカ中部でもう一種のMespilus canescens(Stern's Medlar)が発見されています。


 


11月1日の誕生花は「西洋かりん(Medkar)」。

「西洋かりん(Medlar)」の花ことばは「唯一の恋(Only love)」。

【11月1日の花占いは?】


あなたは心身ともに完璧な美しさをもつ人で、普段の努力が形になってあらわれています。そんなあなたには見栄っ張りな一面がありますが、不快感を与えるものではなく、特に愛する人には、チャーミングで素敵な要素です。小悪魔的な要素はありますが、恋愛に対しては小説のようなカッコのよい展開を好む人。でもそんなあなたに愛された人は毎日が楽しくて仕方が無いようです。ドラマチックな一生をおくれるでしょう☆そんな美しくも小悪魔的要素に努力がさらに心身の美しさを際立たせている魅力的なあなたの今夜のラッキーカラーは、成長ホルモンの分泌を促すことで、明るい親しみやすさに独創的で洗練された人格の形成。現実を直視しした時の素早い判断力と対人運上昇に効果を発揮する、なかなか使うことがありませんが、さわやかなオレンジ色になります♪☆


続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/11/01 23:55 | Top▲

10月31日の誕生花は「カラー(かいう(Calla))」で花ことばは「熱血(Hot bloodedness)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「カラー(かいう(Calla))」は、サトイモ科(Araceae)カイウ属(Alocasia)で南アフリカが原産の耐寒性に優れた多年草植物です。学名は、「Alocasia macrorrhizos 」。


イギリスでは「Calla Lily」と呼ばれ、純白のラッパ状の花を咲かせます。まっすぐ伸びた緑の茎と品のある白い花が特徴で、日本でも人気を集めている花。この花のスッキリとした姿と香りは、神聖なイメージから、「婚礼の花」や「葬式の花」などに使われます。


カラーには毒性があり、間違っても食してはいけない。シュウ酸カリウム、青酸が含まれているため、誤って食せば、中枢神経系中毒や、腫れ、舌のしびれを引き起こす可能性があります。 また皮膚の露出した場所に付着すると、かゆみ、しびれ、発疹の原因となります。


1843年、オランダ船により、渡来した事から「オランダ海芋(オランダカイウ)」の名前を持ちます。別名「ナイルの百合」とも呼ばれています。


「ひかえめな愛」の花ことばを持つスズラン、「雄大な愛」の花ことばを持つカサブランカなどが相性花になります。


 


10月31日の誕生花は「カラー(かいう(Calla))」。

「カラー(かいう(Calla))」で花ことばは「熱血(Hot bloodedness)」。

【10月31日の花占いは?】


情熱と内気が心に同居する複雑な思いから常に葛藤の毎日を送る人で、誰よりも思いやりと優しさを持つあなたにとっては、愛をこの世で一番神聖なものと考えているために気持ちが混乱してしまうようです。でもあなたは正しい。心から愛する人には、どんな自分を見せても、それは美しいもの。愛していない人に見せたら、それはただの淫乱です。内に眠る本当のあなたを解き放ちましょう。そうすれば、常にあなたらしく自然体でいられますよ☆そんな、自分らしさを解放する事で飛躍的な人生を再スタートできる秘めた力をお持ちの今夜のあなたのラッキーカラーは、情熱と内気の同居が歩みの妨げにならないための、迷いを打ち消し、新たな旅立ちをバックアップし、精神力と体調面を、使い続けることで徐々に効果を発揮するホワイトカラーと、ワンポイント身につける事で、対人運、健康運、金運に、コミュニケーション能力と表現力を継続して使うことで徐々に効果を発揮するゴールドカラーがオススメですっ☆

続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/31 23:36 | Top▲

10月30日の誕生花は「ロベリア(Cardinal Flower)」で花ことばは「いつも可愛らしい(Always lovely)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「ロベリア(Cardinal Flower)」は、正式には「ロベリア・カーディナルス(Lobelia cardinalis)」。キキョウ科ロベリア属で、アメリカ南東部から、 カナダ南西部、南から東、米国 、 メキシコおよび中央アメリカ北部やコロンビアが原産です。


ロベリアは、多年草本で自生場所は湿地を好み、鮮やかな赤色の花が印象的。


ロベリア・カーディナルスの「カーディナル」とは「深紅の」という意味。カトリックでは、緋色の服を着る枢機卿をそう呼んでいます。


。。。すんません、クシャミしすぎて頭がボォーとして目が霞みすぎるので、占いがメインでヨロシクm(_ _#)m。o0ああ、食べれば食べるほど全身健康で病気知らずな植物ってどこかにないかなぁ(汗)。。。


 


10月30日の誕生花は「ロベリア(Cardinal Flower)」。

「ロベリア(Cardinal Flower)」で花ことばは「いつも可愛らしい(Always lovely)」。

【10月30日の花占いは?】


卓越した指導力で周囲をまとめあげ、みんなの総意を的確につかみ、間違った考え方は強力に排除する完璧主義者で、何事も筋を通しますが、少し個性的な見方をするお茶目なタイプでもあります。愛する人は、あなたと同様、意思の塊みたいなタイプなので、意見が一致したときは、誰もが羨む理想のカップル。しかし反対意見なら、大ゲンカに発展しかねません。そんなときは大人として、意見と愛情をうまくコントロールして解決策を導きましょう☆そんな我が路に悔い無しと歩み続ける強い意志と厳しくも愛情ある人情味のあるあなたのラッキーカラーは、自身が持つ感性で選ぶ色。それ全てがラッキーカラーになります。言う事なし♪ただ、完璧に何事もこなす事でストレスをためたとき、嫌な記憶を取り除き、新たな気持ちで出発するのを助けてくれる白色を多めに身につけたり、インテリアなどに利用するといいかもしれません♪☆


続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/30 23:49 | Top▲

10月29日の誕生花は「西洋りんご(Crab Apple)」で花ことばは「導かれるままに(As lead)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「西洋りんご(Crab Apple)」は、植物学では「セイヨウリンゴ」。バラ科リンゴ属の落葉高木樹で原産地はカザフスタン南部、キルギスタン、タジキスタン、中国の新疆ウイグル自治区など中央アジアの山岳地帯、カフカスから西アジアにかけての寒冷地だといわれています。


西洋りんごの果実は、カイドウやグミより大きいが、現在目にするりんごと比較すると小く、どちらかといえば花の実は観賞用でした。それを、病害抵抗性、食味、収量などの点から品種改良が加えられ、亜寒帯、亜熱帯及び温帯で栽培され、現在品種は7500以上になります。(※ 熱帯地方での栽培は難しいようです。)


日本で栽培されるものは、明治時代以降に導入されたもの。中国から最初に持ち込まれたが、西洋から西洋リンゴが持ち込まれると日本でも西洋リンゴの方が一般的になり、それまでの種は「和りんご」などと呼ばれて区別されていました。現在、その和リンゴはごく少数となったが、例えば長野県上水内郡飯綱町では、わずかな農家が栽培してその姿を伝えている。 和リンゴの実は、大きさ直径3 - 4cm、重さは30gぐらい。熟すると赤くなり、収穫適期はお盆前である。


中国では、「海棠の花の美しさは、佳人に勝る」と賞賛され、「海棠の睡り、未だ醒めず」とは、中国唐代の皇妃『楊貴妃』をさす言葉で、絶世の美女を海棠に見立てるのにちなんで、美人を形容する花として、俳句にもよく登場します。


リンゴの木は落葉高木で晩春頃に白い5弁花が開花。リンゴの果実は直径約3 - 15cm、重さ約35 - 1000g超で、色は赤や緑色をしており、熟すると蝋状の分泌物に覆われます。


食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富で、『1日1個のリンゴは医者を遠ざける (An apple a day keeps the doctor away.)』というコトワザがあるように、リンゴは栄養価が高い果実として食されていますが、リンゴに含まれる「リンゴポリフェノール」には脂肪の蓄積を抑制する効果があるともいわれています。ただし、この成分はポリフェノールの一種が関係していることが研究の結果明らかになったが、生食の場合、アスコルビナーゼというビタミンCを破壊する酵素があるため食べ合わせに多少難があるようです。


【聖書におけるリンゴ】:

旧約聖書に登場するアダムとイヴが、蛇にそそのかされて食べた善悪を知る果実(禁断の果実)がリンゴであるというのは、後の時代に創作された俗説で、当時旧約聖書の舞台となったメソポタミア地方にはリンゴは分布せず、またその時代のリンゴは食用に適していなかった。なお、あわてて飲み込もうとしたアダムが善悪を知る果実をのどにつかえさせ、これがのどぼとけの始まりであるとの故事から、男性ののどぼとけは『アダムのリンゴ』ともいわれています。


 


10月29日の誕生花は「西洋りんご(Crab Apple)」。

「西洋りんご(Crab Apple)」で花ことばは「導かれるままに(As lead)」。

【10月29日の花占いは?】


仲間の軽い冗談でも驚かされると必要以上に喜怒哀楽の表情を出すため、よくからかわれてしまうあなたですが、何事にも影響されやすい面がありますが、刺激に弱いことから、一見、すぐ人を信じてしまう印象を持ちながら、実はなかなか真の強いところがあり、深く信じてしまう事はありません。それだけ見た目にはわからなくても、チェック機能は十分に働いているといえます。広く浅く経験をつむタイプから、流れに逆らわず、上手に人生を渡っていくことでしょう。また恋愛も、下手のようでテクニシャンなところがあります。最終的に、最良の人との出会いがあなたを待っていますよ☆そんな純朴でワイルドと摩訶不思議で魅力的な面をあわせ持つ愛の堕天使さんの今夜のラッキーカラーは、必要以上に喜怒哀楽を表現してしまう気持ちは少しの気の流れの不具合が原因。悪い気の流れを浄化し、どんな不具合もほど良く調整し、健康もサポートしてくれる白色と、密かなテクニシャンの性格に濃密で濃厚、情熱的でワイルド、強い自信と意欲をプラスしてくれる赤色がオススメですっ♪☆


続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/29 23:50 | Top▲

10月28日の誕生花は「むくげ(Rose of Sharon)」で花ことばは「デリケートな美(Delicate beauty)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「むくげ(Rose of Sharon)」は、アオイ科フヨウ属で落葉低木。原産は南ヨーロッパ・インド、または中国ではないかともいわれています。


大韓民国の国花として有名です。


特徴は、夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつけ、薬用のほか、華やかさから観賞用に多くの品種があります。


栽培は、根が横に広がらないため、比較的狭い場所で植えることができ、刈り込み似もよく耐え、新しい枝が次々と分岐します。その強い性格から庭の垣根に利用されることも。栽培されるものは、よく剪定(せんてい)されてしまうため、高さは3-4cm。放置するとサクラの木より少し高い10m以上の樹高になります。


漢語では、木槿、舜、蕣、朝槿、朝蕣、朝鮮など多様な名で呼ばれている。 現代中国語では木槿/木槿(ムーチン)、無窮花/无穷花(ウーチョンホア)、朝鮮語で목근(木槿; モックン)、무궁화(無窮花; ムグンファ)という。


日本国内では、奈良県熊野川沿いに野性化したムクゲの一部が自生しているとの報告があります。


万葉集の中で、秋の七草を歌っていますが、そのひとつ「朝貌(あさがお)」は、むくげのこととの説もありましたが、他に、朝顔、昼顔、桔梗など諸説あるようですが、現在「桔梗(ききょう)」とする説が最も有力なようです。


「槿花一朝の夢(きんかいっちょうのゆめ)」とは、むくげの花が1日でしぼんでしまう。花の美しさはほんのわずかな時、の意味があり、ひいては、栄華もあっという間に亡び去ることをさしています。


英語の慣用名称の『rose of Sharon』はヘブライ語で書かれた旧約聖書の雅歌にある「シャロンのばら」に相当する英語から取られています。


花期は7-10月。花の大きさは10-18cmほど。 花芽はその年の春から秋にかけて伸長した枝に次々と形成される。 中唐の詩人白居易(白楽天)の詩の誤訳から一日花との誤解があるが、朝花が開き、夕方にはしぼんで、また翌朝開き、一重のもので2-3日。八重の長く咲くもので2週間くらい、一輪の花を楽しめる。


 


10月28日の誕生花は「むくげ(Rose of Sharon)」。

「むくげ(Rose of Sharon)」で花ことばは「デリケートな美(Delicate beauty)」。

【10月28日の花占いは?】


人を惹きつける磁石のような人で、あなたに誘われたら嫌といえない雰囲気を持っています。もしかするとストレートにものを言う、その率直さが迫力となっているのかもしれません。ただ理論や理屈に押し負かされてしまう事があり、あなたらしく無い事があるので、本来の自分のままでいる事、自分は正しいのだと信じる事。そんなあなたを、まわりの友人や仕事のパートナー、恋人はきっと信じて支えてくれます☆そんな万有引力を体内に宿した限りない可能性を秘めたあなたのラッキーカラーは、もちろん、むくげのような、透明感のある美しさと心身ともにバランスを整え、生涯のパートナーとなる白色と、創造性と直感力、精神力を与え高めてくれる紫色と、情熱的に立ち向かう意思とリーダーとしての存在感、すばやい決断を後押ししてくれる赤色ですっ♪☆



続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/28 23:56 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。