スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

10月14日の誕生花は「菊(白)(Chrysanthemum(White))」で花ことばは「真実(Truth)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「菊(白)(Chrysanthmum(White))」はキク科キク属で中国が原産国です。


野生種は存在せず、中国で1500年ほど前にチョウセンノギク(C. zawadskii var. latilobum)とハイシマカンギク(C. indicum var. procumbens)を親に交配によって生まれたとされている。


中国の伝説では、娘の部屋に毎夜遅く通ってくる男の素性を知りたくて、母が後をつけた。男は川の中へ入っていき、「あの娘が菊酒を飲まなければ、俺の子供を宿すだろう」と喋っている。驚いた母が、さっそく娘に菊酒を飲ませたところ、娘は間もなく死んだ蛇の子を産んだという。また、古来より菊には魔物を取り除く不思議な力があると信じられていた。


秋に咲く花であり、日本で観賞用多年草植物として発展した系統、品種群を「和菊」と呼び、西ヨーロッパに渡り育種されて生まれた系統、品種群を「洋菊」と呼ぶ。鑑賞園芸的には和菊、生産園芸的には和菊より丈夫な洋菊が中心に栽培されている。


日本では、薬草や観賞用植物として平安時代より用いられた。


菊花紋章の由来は、後鳥羽上皇が身の回りのものに施したことにより天皇および皇室の紋となったといわれ、鎌倉時代には蒔絵や衣装の文様として流行。日本の南北朝時代以降には天皇より下賜されることにより公家や武家の間で家紋として使用されるようになった。


一方、病気見舞いに菊の花を贈ることはタブーとされているのは、フランス、ポーランド、クロアチアなどの一部のヨーロッパ諸国で墓参に白菊が用いられ、日本や中国、韓国でもこの影響を受けて葬儀の際の献花には菊が用いられるためとか。


 


10月14日の誕生花は「菊(白)(Chrysanthemum(White))」。

「菊(白)(Chrysanthemum(White))」の花ことばは「真実(Truth)」。

【10月14日の花占いは?】


高潔で純粋なあなたは、気品に満ち溢れています。しかし、ときとして、下品で野暮なもう一人の自分を見せる一面もあります。そこが魅力の一つでもありますが、重なれば危険信号です。何か一つ打ち込める趣味を持ってはいかがでしょうか。ストレスがあなたをそうさせるので、明るくてノーブルなイメージを壊さないで☆そんなあなたのラッキーカラーは、白。不吉な白菊のイメージは忘れてください。白の効果は。。。<10月13日の花占い>を見てね。。。


;^^)っ<白は、医師や看護師など、なぜ白衣を着るのか意味があるのです。それは効率的に作業を進め、実直に取り組もうとする気持ちを高める効果をもたらすからです。また白は、精神力を高め、心身を健康にし、辛い記憶を浄化し、新たに出発する気持ちを助け、気持ちを入れ替え良いスタートをきれる効果をもたらす色。>


【<366日の著名人>:☆10月14日生まれの著名人は?】


1257年 - プシェミスウ2世、ポーランド王(+ 1296年)

1404年 - マリー・ダンジュー、フランス王妃(+ 1463年)

1493年(明応元年9月23日) - 島津忠良、戦国大名(+ 1568年)

1499年 - クロード・ド・フランス - フランス王妃(+ 1524年)

1630年 - ゾフィー・フォン・デア・プファルツ、ハノーファー選帝侯妃(+ 1714年)

1633年 - ジェームズ2世、イングランド王(+ 1701年)

1643年 - バハードゥル・シャー1世、ムガル帝国第7代皇帝(+ 1712年)

1712年 - ジョージ・グレンヴィル、第8代英国首相(+ 1770年)

1784年 - フェルナンド7世、スペイン王(+ 1833年)

1829年 - アーギュスト・マルムストレム、スウェーデンの画家(+ 1901年)

1840年 - フリードリッヒ・コールラウシュ、ドイツの物理学者(+ 1910年)

1840年 - ドミートリイ・ピーサレフ (en:Dimitri Pisarev)、文藝評論家(+ 1868年)

1864年 - 大林芳五郎、実業家(+ 1916年)

1867年 - 正岡子規、俳人(+ 1902年)

1871年 - アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー、オーストリアの作曲家(+ 1942年)

1873年 - レイ・ユーリー、アメリカの陸上競技選手(+ 1937年)

1873年 - ジュール・リメ、FIFA第3代会長(+ 1956年)

1882年 - エイモン・デ・ヴァレラ、初代アイルランド首相・第3代大統領(+ 1975年)

1888年 - キャサリン・マンスフィールド、ニュージーランド出身の小説家(+ 1923年)

1890年 - ドワイト・D・アイゼンハワー、アメリカの陸軍軍人・第34代大統領(+ 1969年)

1893年 - リリアン・ギッシュ、アメリカの女優(+ 1993年)

1911年 - レ・ドゥク・ト、ベトナムの政治家(+ 1990年)

1917年 - トニー谷、コメディアン(+ 1987年)

1918年 - 塚本博睦、元プロ野球選手

1921年 - 月丘夢路、女優

1923年 - 茂山千之丞、狂言師

1926年 - 田丸仁、元プロ野球監督(+ 1993年)

1927年 - ロジャー・ムーア、イギリス出身の俳優

1927年 - トーマス・ルックマン、ドイツの社会学者

1930年 - モブツ・セセ・セコ、ザイール2代大統領(+ 1997年)

1933年 - 稲嶺惠一、元沖縄県知事

1933年 - 棟方巴里爾(棟方志功の子)、俳優(+ 1998年)

1934年 - 志太勤、経営者(シダックス創業者)

1937年 - 松岡英孝、高校野球指導者

1938年 - 柿原彬人、経営者(テクモ創業者)

1939年 - 奥田務、経営者(大丸社長)

1939年 - ラルフ・ローレン、アメリカのファッションデザイナー

1940年 - クリフ・リチャード、ミュージシャン

1941年 - 白石冬美、声優

1942年 - 原田直之、民謡歌手

1943年 - 実川幸夫、政治家

1944年 - 峰崎直樹、政治家

1945年 - 桑原豊、政治家

1946年 - 松浪健四郎、政治家

1947年 - 松田哲夫、編集者

1948年 - 服部まゆみ、作家・銅版画家(+ 2007年)

1949年 - 佐藤陽子、ヴァイオリニスト

1950年 - 中村歌六(五代目)、歌舞伎役者

1950年 - チャーリー・コーセイ、歌手

1952年 - ニコライ・アンドリアノフ - ソ連の体操選手

1953年 - 渡辺香津美、ジャズギタリスト

1953年 - 黄川田徹、政治家

1955年 - 奥慶一、作曲家

1956年 - アレック・ジョン・サッチ、ミュージシャン(Bon Jovi)

1957年 - 中谷元、政治家

1958年 - J.B.おるが、ミュージシャン

1959年 - 柴田よしき、作家

1960年 - 石原隆、テレビ・プロデューサー

1960年 - ビル・ベイス、元プロ野球選手

1961年 - 熊谷真菜、作家・フードマーケティングデザイナー

1962年 - 柿辰丸、俳優

1964年 - 旭道山和泰、元関取・元衆議院議員

1964年 - 有賀啓雄、作曲家

1964年 - クリス・トーマス・キング、米国のミュージシャン、俳優

1965年 - 鈴木重子、歌手

1965年 - 小林良平、俳優

1965年 - 畠山智行、俳優

1965年 - 会田誠、現代美術家

1966年 - 入船陽介、ミュージシャン

1967年 - マイコーりょう、タレント

1968年 - 吉村祥子、レスリング

1970年 - 永作博美、女優

1970年 - 加藤貴子、女優

1970年 - 芳賀絵巳子、女優

1970年 - トニー・ミッチェル、元プロ野球選手

1971年 - 杉浦未幸、タレント(元おニャン子クラブ)

1971年 - 知野公昭、元プロ野球選手

1972年 - 高木浩之、元プロ野球選手

1973年 - 堺雅人、俳優

1973年 - スティーブン・ブラッドバリー、ショートトラックスピードスケート選手

1974年 - ナタリー・メインズ (en:Natalie Maines)、ミュージシャン

1975年 - フロイド・ランディス、自転車レーサー

1975年 - 石川多映子、ソフトボール選手

1975年 - 舟岡昭浩、お笑い芸人(ザ・やなせふなおか)

1975年 - 海原やすよ、漫才師

1975年 - 里中茶美、歌手

1976年 - 岩沢厚治、ミュージシャン(ゆず)

1976年 - 不動裕理、ゴルファー

1976年 - 剱持たまき、女優

1976年 - アンドレアス・ビドヘルツル、オーストリアのスキージャンプ選手

1977年 - 内田潤、サッカー選手(アルビレックス新潟)

1977年 - 海本幸治郎、サッカー選手

1978年 - しまおまほ、漫画家・イラストレーター、作家・島尾敏雄の孫

1978年 - アッシャー、歌手

1978年 - 木下理樹、ミュージシャン(ART-SCHOOL)

1978年 - 武田久、プロ野球選手(北海道日本ハムファイターズ)

1978年 - 江口真紀、バスケットボール選手

1979年 - 岡峰光舟、ミュージシャン(THE BACK HORN)

1979年 - 田村千秋、タレント

1979年 - 兵庫ケンイチ、歌手

1979年 - 水木ゆうな、女優

1979年 - 牧野ステテコ、お笑い芸人

1980年 - 林丈統、サッカー選手

1980年 - 石井あみ、タレント

1980年 - 坂口真弓(少年少女)、お笑い芸人

1982年 - 東加奈子、ファッションモデル

1982年 - ASOBU、ファッションモデル

1983年 - 新田千尋、舞台女優

1983年 - 林丹、バドミントン選手

1983年 - 木山光、作曲家

1984年 - 伊藤政氏、ジャニーズ

1984年 - 石井沙羅、タレント

1984年 - かすみ果穂、AV女優

1984年 - 全炳斗、野球選手

1984年 - クラウディア・ラウシェンバッハ、フィギュアスケート選手

1985年 - 前田美順、バドミントン選手

1985年 - 慶松あや、タレント

1986年 - 土方みなみ、タレント

1986年 - 福愛美、タレント

1986年 - 岡田光、俳優・ファッションモデル

1987年 - 荒川雄太、プロ野球選手(福岡ソフトバンクホークス)

1987年 - 滝裕可里、タレント

1988年 - ジャレッド・エラリオ、野球選手

1989年 - 川又堅碁、サッカー選手

1993年 - 伴美幸、ファッションモデル・女優

1994年 - 清野菜名、ファッションモデル

1996年 - 野村飛鳥、子役

1996年 - 野村純花、子役

生年不明 - マイコーりょう、物真似系タレント・パフォーマー


 


【PS.<心の声>:今日お誕生日の方、おめでとうございます♪☆「いや、ある年齢からあまり嬉しくないよ」という、そんなあなたもおめでとうございますっ♪チリ落盤崩落事故で無事生還された、自分的に可也気になってたヨニ・バリオスさんの映像をテレビで確認しましたよ♪世界中で生中継され、動画サイトでも話題の救出劇は、見事に愛人の方から抱きついた映像が流れたという事で(汗)またまた女性の強さを垣間見た思いでしたが、チリ共和国はカトリック信徒が多いらしく、現在全世界に存在するカトリック信徒が10億人。色んな形があって良いと思うけど、カトリック信徒は特に、結婚すれば一生を共にするのが当然で愛人などもってのほか。愛人をつくるという事は神への冒涜。もしかしたら、チリ国内だと、笑い話じゃすまない状況かも(汗)午前0時40分過ぎたので寝ます(汗)ではまたぁ~】

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/14 23:53 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。