スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

10月12日の誕生花は「こけもも(Whortleberry)」で花ことばは「くじめるな(Not lose heart)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「こけもも(Whortleberry)」はツツジ科スノキ属で北半球の寒帯が原産。


自然での生育地はユーラシアの北部や北アメリカの周北林(北半球の寒帯の森林)で、温帯から北極圏に近い地域に分布している。寒帯のハイマツの下や湿原に生える常緑小低木で大きいものでも、10cmから40cmくらいしかない。育成場所の土壌は、酸性の場所を好み、アルカリ性の土壌では生育できない。高山植物特有の耐寒性にすぐれており、-40℃以下でも耐えることができる一方で、夏の暑い場所では育成しにくいデリケートな側面がある。

 


果実は、赤く熟し、ジャムや果実酒に、葉は「こけもも酒」と呼ばれ、生薬とされています。


日本では、別名「フレップ」とも呼ばれ、これはアイヌ語が語源になっています。


今日が誕生日の人が、こけもものジャムを食べると、幸せがやってくるといわれています。


10月12日の誕生花は「こけもも(Whortleberry)」。

「こけもも(Whortleberry)」の花ことばは「くじけるな(Not lose heart)」。

【10月12日の花占いは?】


悔やんでみても仕方の無い恋と、さっぱり忘れられる人。失恋してもくじけないあなたに脱帽します。愛する人が、あなたのくじけない心を見つけたとき、愛は花開くことでしょう。社会を荒波を乗り切るふたりの生活は、くじけちゃならないことばかり。あなたなら、幸せを勝ち取る事ができるでしょう☆そんな道のりのあなたのラッキーカラーは、赤色。赤色は、血行をよくし興奮を高め、アドレナリン・ホルモンの分泌を促し、戦闘意欲をあおり、運動能力を高める効果を持ちます。さらに、素早い決断力と自信を持たせ、存在感を際立たせ、情熱的に立ち向かう精神を向上させます。幸せを勝ち取るためにいかがですかっ♪


【<366日の著名人>:☆10月12日生まれの著名人は?】


1533年(天文元年9月24日) 朝倉義景、戦国時代の大名(+ 1573年)

1537年 - エドワード6世、イングランド国王(+ 1553年)

1685年(貞享2年9月15日)- 石田梅岩、思想家(+ 1744年)

1687年 - シルヴィウス・レオポルト・ヴァイス、作曲家(+ 1750年)

1798年 - ペドロ1世、初代ブラジル皇帝(+ 1834年)

1855年 - アルトゥル・ニキシュ、指揮者(+ 1922年)

1872年 - レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ、作曲家(+ 1958年)

1875年 - アレイスター・クロウリー、神秘主義者(+ 1947年)

1891年 - 近衛文麿、第34,38,39代内閣総理大臣(+ 1945年)

1891年 - エーディト・シュタイン、カルメル会修道女・哲学者(+ 1942年)

1892年 - 南部修太郎、小説家(+ 1936年)

1898年 - 伊藤大輔、映画監督(+ 1981年)

1903年 - 高木恭造、方言詩人(+ 1987年)

1903年 - 中岡艮一、中岡慎太郎の孫、ムスリム、原敬暗殺犯人(没年不明)

1905年 - リック・フェレル、元メジャーリーガー(+ 1995年)

1911年 - マリベル・ビンソン、フィギュアスケート選手(+ 1961年)

1913年 - 小島利男、元プロ野球選手(+ 1969年)

1917年 - 筒井修、元プロ野球選手(+ 1990年)

1929年 - ナッピー・ブラウン、ブルース歌手(+ 2008年)

1930年 - 石渡照久、政治家

1932年 - 三浦雄一郎、スキー選手

1933年 - 竹内啓、経済学者・統計学者

1933年 - 佐々木信也、元プロ野球選手

1934年 - カール・ボレス、プロ野球選手

1934年 - ジェイムズ"シュガー・ボーイ"クロフォード、米国のR&Bシンガー

1935年 - ルチアーノ・パヴァロッティ、テノール歌手(+ 2007年)

1935年 - 小坂佳隆、元プロ野球選手

1937年 - ロバート・マンゴールド、美術家

1939年 - 漆畑勝久、元プロ野球選手

1942年 - 中山律子、ボウリング選手

1943年 - 三輪勝恵、声優

1944年 - トン・コープマン、指揮者・チェンバロ奏者・オルガン奏者

1944年 - 大仁邦彌、サッカー選手、指導者

1946年 - 秋山仁、数学者

1947年 - 山根一眞、ジャーナリスト

1947年 - 尾崎亀重、元プロ野球選手

1948年 - 島田荘司、推理作家

1949年 - ジャック・マルーフ、元プロ野球選手

1950年 - 鹿賀丈史、俳優

1953年 - 大八木治、高校野球指導者

1959年 - 東儀秀樹、雅楽演奏家

1959年 - 本郷みつる、アニメーション監督

1960年 - 真田広之、俳優

1960年 - 須永司、アニメーション監督

1961年 - アレクセイ・クドリン、ロシアの政治家

1964年 - 彦野利勝、元プロ野球選手

1966年 - 石森則和、アナウンサー・パーソナリティー

1967年 - 香田晋、歌手

1968年 - ヒュー・ジャックマン、俳優

1970年 - Origa、歌手

1970年 - 相模なつき、漫画家

1972年 - 日高明大、ミュージシャン

1974年 - アーロン・ロウ、フィギュアスケート選手

1975年 - マリオン・ジョーンズ、元陸上競技選手

1978年 - 城雅子、声優

1978年 - 土屋伸之、お笑いタレント(ナイツ)

1979年 - ともさかりえ、女優

1979年 - 小畑由香里、ファッションモデル

1979年 - 田村りおん、グラビアアイドル

1980年 - よしこさん、お笑いタレント(ザ・アンモナイト)

1981年 - 名城信男、プロボクサー

1981年 - 二宮優樹、ものまねタレント

1982年 - 乙黒えり、女優

1982年 - 林洋介、デザイナー

1985年 - 前田由紀(yukki)、元Whiteberry、歌手

1985年 - 永田沙紀、女優

1986年 - ダニエル・ヘルマン、フィギュアスケート選手

1988年 - 松永裕子、女性アイドル

1989年 - 近江谷杏菜、カーリング選手

1990年 - 末永佳子、グラビアアイドル

1992年 - テイラー・ホーン (en:Taylor Horn)、シンガーソングライター、女優

1993年 - 森咲樹、ハロプロエッグ

1994年 - 小林真心、子役

1997年 - 持田千妃来、NICE GIRL プロジェクト!


【PS.<心の声>:サッカー親善試合日韓戦は最後まで集中力が切れない試合で面白かったぁ♪今日は調子がまあまあだから、そのまま次のドラマも見ながらの書き込みですが(汗)4年後のW杯を考えた場合問題点はいつくも見えたけど、ザッケローニ監督はアルゼンチン戦より、韓国戦で可也日本の弱点が見えてたようですね。前日本代表岡田監督の次にきた監督も戦術ごとには長けたファンタジスタ監督・・・で良かったと思いました♪でもぉー、2年後に本当にEUに帰っちゃうんですかね?お帰りになる前にしっかり最高峰で采配を振るった目が肥えた実力者に、戦術と持久力・技術、どの面をアップしていけばいいのか、など吸収して欲しいですね。それにしてもぉー、2年で帰るの?・・・何か引きますね、その実話(汗)それにしても、サッカーの実況は、国同士の対決の場合得に、決め事なのか知らないけど、90分フルで選手にクレームを言う事がないですよね。ひたすら褒め称えるというか、最悪でも残念がるとか。プロ野球でも国同士の対決の場合はネガティブな実況は皆無ですからね。国内の試合の場合だと、えええええ、みたいな解説する事もあるけど。サッカーの場合は、徹底して日本国内の試合も殆ど欠点を言わずに、ポジティブ実況ぉ~。それで思ったのが、熱い試合にひたすら応援実況すると負けたとしても、気持ちのあと味は悪くないんですよね;^^)ヽ勝った試合でのひたらす応援実況だと、かなり満足感がありますよね♪引き分けなら、よしっ!次こそぉ!って思うし。でもずっと国内の試合を観てるときに思ったのが、褒めてるだけじゃ、飽きませんか?。。。あっ、色々玉手箱が開いちゃいそうだ#--)ノという訳で、細かい事はおいといて、日韓戦はいつも暑くて面白いけど、今日の日韓戦の両軍のモチベーションの高さ!どっちを応援しようかなと思ったぐらい良い試合でしたからね。あああ、この選手達をコラボしたら最高のチームになるんじゃないかとか考えました、反省;_ _)ヽがしかぁーし!あ、時間がきたみたいで(笑)そういえば、賛否両論ありますが、ES細胞でようやっとヒトでの臨床試験を開始したようですね!癌ができやすい問題は解決できたのかが知りたいところですが、その臨床試験が脊髄損傷患者対象と聴いて、アメリカさん、ありがとうって思いました。脊椎損傷は人によって症状の軽度・重度があるけど、脊椎が損傷してないかを検査する方法にも可也のリスクが伴うし、保険適用外のブラセンタや今後保険適用になるかもしれないブラットパッチ治療も、これもまた「可也のリスク」を伴うと調べた限りでは、思ったし、サプリメントでは効果はわからない程度の補助でしかないから、どう考えても、ES細胞しか無いと思ってたんですが、やっと動き出したようで、神の領域みたいで興奮と心配が交差するけど、やっぱり、嬉しい治療法ですね。患者の方の決意と覚悟は可也のものだと、思います。他人で申し訳無いけど、無事成功する事を願っております。それと、この治療が確立されて、安全で「安価・・・うーん・・・」になる事を切に願います!(;≧人≦)ノではまたぁ~。あああっ、また、忘れるところだった!今日お誕生日の幸せなあなたへ。おめでとうぉ~】

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/12 23:58 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。