スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

7月28日は「なでしこ♪(Pink)」で花ことばは「いつも愛して。。。(Love me always)」。




おはようございます!風邪っ、治ると良いですねって自分の事ですが(汗)



それではさっそく花世界の扉を開いてみましょう♪





7月28日は「なでしこ(Pink)」でヨーロッパやアジアに分布した植物なんですね。花ことばが「いつも愛して(Love me always)」。ああ!人生で一度ぐらい本気で言われてみたい!かぁーーー;-w-)ノな、波のように引いていくよぉ~(笑)



このなでしこ。語源は、来ました!ギリシャ語の「Dios(神)」「Anthos(花)」からきていてっ





『神より与えられた花』

『神聖な花』



という
意味なんだそうです。



日本では、「形小さく、色愛すべきもので愛児に擬す」と万葉集にありましたね♪



「撫(な)で」は、愛撫するという意味で、「撫子(なでしこ)」と書くと。この花は四季の移り変わりを告げる大切な花なんだそうで、ロマンチックですよね#--)ヽポリポリ



僕が神秘的だなと感じたのが、この「なでしこ」の花を授粉(じゅふん)してくれる虫が、蝶々だけなんだそうですよ。それは花の筒が長いために他の虫達からは敬遠されてるのだとか(笑)授粉される確立が他の花たちよりも低いでしょ?だからこの花を今の時代にも残してくれている虫は蝶々だけなわけで、その深い繋がりに不思議な魅力を感じてしまいますね♪実に神秘的で良いですねぇ~。



もう一度言いたい。。。授粉してくれる虫は「蝶」だけで「なでしこ」の花ことば♪

どんな歴史、進化を経て現在に至ったのか神秘的しょうがないですよ♪



そういえば、なでしこは良くメディアで女子のスポーツ選手や松島菜々子さん出演のドラマ、その他多く使われてきましたよね。日本には古くから可憐な女性を「大和撫子(やまとなでしこ)」「河原撫子」「花糸撫子」「鷲撫子」「群れ撫子」、あとはイメージ的に「え?」って思っちゃうんですけど、一応「虫取撫子」なんかがありますよね。すべて可憐で美しい名前ばかりです♪



ところで我が家の庭には今山椒の木にたくさんのアゲハの幼虫がいるんですけど、肌色が癒し系の青緑で指で頭の部分をツンツンすると黄色い触覚ができてくるんですが、威嚇しているとはとても思えない。。。可愛いんだなぁ~これが、うんうん♪アゲハdeなでしこ。。。ゲームかっヽ(#≧ー)ペチン





話を戻してっ(汗)





来ました!【花占い】永久保存版のコーナーがやってきましたよ。。。

7月28日の今日の花占いは?





蝶々だけが結婚の相手!ミツバチや他の昆虫では生きられません。意味が深いですねぇー、昆虫の特徴を考えてみてくださいな。めっちゃ上手い表現ですよ(汗)はぁー、なるほどぉ。。。潔癖な愛情こそが、あなたそのものであることを自覚すべきです。ほらっ、おしかりですよっ、早くあやまって;>人<)。o0淫らな愛は似合いません!移り気もダメですよ。横道にそれずに、いちづな愛をつらぬきましょう、とのお告げです(#-人-)







PS


いやぁ~、今日は妙に納得させられた感じですね。それと何故か説得力がありすぎです。怖くてついおどけてしまいましたよ(笑)明日はもっと激しいお告げがありそうな予感がしますっ!。。。銀座の母じゃないんだから(コソッ



でも誕生花と花占いは奥が深くて面白くてなんだか、これならはまるかもしれないなと思いました♪



ではではぁ~

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/07/28 06:55 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。