スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月29日の誕生花は「りんご(Apple)」で花ことばは「名声(Fame)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「りんご(Apple)」はバラ科でヨーロッパ・アジアが原産国です。



自分が一番美しいと信じている女神が3人いました。天帝ゼウスの妻ヘラー、愛と美の女神ヴィーナス、知恵と戦いの女神アテーナ。黄金のりんごに「最も美しい女神へ」と書かれているのを、私のものと争いました。ゼウスは自ら判定するのを避け、羊飼いの美少年パリスに審判させました。買収、根回しが飛び交い、一番上手くいったのがヴィーナス。結局、りんごは彼女のものに。これが、のちにトロイ戦争を引き起こす原因となったのです。





誕生花は「りんご(Apple)」。

花ことばは「名声(Fame)」。

【9月29日の花占いは?】



愛に迷いをもってはいけません。自信のなさは、ブランド物で間に合わせようとするようなものです。あなたが心から話しかければ、それが最大の魅力になります。逃げ腰になることなく、まっすぐつき進みましょう。そうすれば、ほれこんだ人があなたのものになります♪




【<366日の著名人>:☆9月29日生まれの著名人は?】


紀元前106年 - グナエウス・ポンペイウス、共和政ローマの軍人・政治家(+ 紀元前48年)

1518年 - ティントレット、画家(+ 1594年)

1703年 - フランソワ・ブーシェ、画家(+ 1770年)

1758年 - ホレーショ・ネルソン、イギリス海軍軍人・提督(+ 1805年)

1791年(寛政3年9月2日)- 真田幸貫、江戸幕府老中・松代藩主(+ 1852年)

1810年 - エリザベス・ギャスケル、小説家(+ 1865年)

1881年 - ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス、経済学者(+ 1973年)

1882年 - 鈴木三重吉、児童文学者(+ 1936年)

1901年 - エンリコ・フェルミ、物理学者(+ 1954年)

1911年 - 麻生太賀吉、実業家、政治家(+ 1980年)

1912年 - ミケランジェロ・アントニオーニ、映画監督(+ 2007年)

1917年 - 八幡野平八郎、大相撲力士(+ 1994年)

1917年 - ハリー・シャウプ、アメリカ空軍大佐(+ 2009年)

1920年 - ヴァーツラフ・ノイマン、指揮者(+ 1995年)

1920年 - 平野龍一、法学者

1931年 - アニタ・エクバーグ、女優

1932年 - 植草貞夫、アナウンサー

1933年 - サモラ・マシェル、モザンビーク初代大統領(+ 1986年)

1935年 - 深谷隆司、政治家

1935年 - 中川李枝子、児童文学作家

1935年 - 藤井弘、元プロ野球選手

1935年 - 新井茂、元プロ野球選手

1936年 - 三谷太一郎、政治学者

1942年 - 今谷明、歴史学者

1943年 - 林隆三、俳優

1943年 - レツゴー長作、漫才師(レツゴー三匹)

1943年 - レフ・ワレサ、ポーランド第2代大統領

1947年 - 添野義二、空手家、元キックボクサー

1949年 - 西城恵一、天文学者

1950年 - ケン・モッカ、元プロ野球選手・監督

1950年 - 西田隆広、元プロ野球選手

1951年 - 福井康雄、天文学者

1952年 - 鳴戸親方、第59代横綱隆の里

1952年 - 松沼博久、元プロ野球選手・解説者

1953年 - ウォーレン・クロマティ、元プロ野球選手・プロレスラー

1957年 - 蓮池薫、日本人拉致被害者

1957年 - 酒巻匡、法学者

1959年 - マキノノゾミ、脚本家

1960年 - 毛利公子、元コーラスグループ・シュガー(+ 1990年)

1960年 - ロブ・ディアー、元プロ野球選手

1964年 - 山下容莉枝、女優、声優

1964年 - 阿井英二郎、元プロ野球選手

1965年 - ペリクレス・シャムスカ、サッカー監督

1965年 - 野中賢二、調教師

1969年 - 城山美佳子、歌手、女優、タレント(元パンプキン)

1970年 - INORAN、ミュージシャン(LUNA SEA)

1970年 - 藤井猛、将棋棋士

1970年 - 吉田篤史、元プロ野球選手・コーチ

1970年 - TAJIRI(田尻義博)、プロレスラー

1971年 - エディ・ディアス、元プロ野球選手

1971年 - 森昭一郎、フジテレビアナウンサー

1971年 - 山根広子、リポーター、キャスター

1972年 - 真壁刀義、プロレスラー

1973年 - 齋藤信治、バレーボール選手

1973年 - ダヴィ・ボニヤ、騎手

1974年 - ビビる大木、お笑いタレント

1975年 - 2代目林家木久蔵、落語家

1976年 - アンドリー・シェフチェンコ、サッカー選手

1977年 - 鈴衛佑規、元プロ野球選手

1978年 - 河合ふゆみ、元タレント・元グラビアアイドル

1978年 - 美濃岡洋子、気象予報士

1979年 - 久保田和靖、お笑い芸人(とろサーモン)

1980年 - 榎本加奈子、タレント

1980年 - 花沢耕太、ミュージシャン(Chicago Poodle)

1981年 - 藤崎大輔、元プロ野球選手

1984年 - 下山学、元プロ野球選手

1985年 - ダニ・ペドロサ、オートバイレーサー

1985年 - 尾崎雄二、サッカー選手


1986年 - 有希・マヌエラ・ヤンケ、ヴァイオリニスト

『有希・マヌエラ・ヤンケ(Yuki Manuela Janke、1986年9月29日 - )は、ミュンヘン生まれのヴァイオリニスト。【略歴】:ドイツ人の父アンスガー・ヤンケ(ミュンヘン国立音楽大学ピアノ科教授)とピアニストである日本人の母の音楽家の家庭に生まれる。3歳からヴァイオリンとピアノを始めた。9歳の時、ドイツでソリストとしてデビュー。現在はザルツブルクのモーツァルテウム国立音楽大学に在籍し、イゴール・オジム教授に師事。ドイツのストゥディエンシュティフトゥング・デス・ドイチェン・フォルケス、及びドイツ・ムジークレーベン財団の給費生。長姉の歩・マノン・ヤンケ(1980年 - )はピアニスト、長兄のアドリアン・ヤンケ(1981年 - )はチェリスト、次兄のアンドレアス・純・ヤンケ(1983年 - )はヴァイオリニスト(チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の第一コンサートマスター)で、この3人と共にヤンケ・ピアノ・カルテット(Das Janke-Klavierquartett)を結成している。2006年7月CDデビュー。』↓♪~




XIII Int'l Tchaikovsky Competition: Yuki Manuela Janke | Tchaikovsky: Violin Cto | 1st mvt. (1/2)



1987年 - 浜田コウ、レースクイーン、グラビアアイドル

『浜田 コウ(はまだ こう、1987年9月29日-)は京都府京丹後市出身の女性タレント。所属事務所はアヴィラ(旧・アバンギャルド)。姉はタレントの浜田翔子。【人物】:<趣味>:スポーツ観戦、ショッピング。<特技>:書道3段、クラリネット、バドミントン。』


1988年 - 横山龍之介、プロ野球選手

『横山 龍之介(よこやま りゅうのすけ、1988年9月29日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(投手)。新潟県中蒲原郡小須戸町(現:新潟市秋葉区)出身。【経歴<プロ入り後>】:2007年、2008年は二軍でも2年で7試合と登板数が少なかったが、2009年は登板数が増え、二軍で初勝利を挙げる。2010年6月22日に初の一軍昇格を果たし、6月27日の東京ヤクルトスワローズ戦でプロ入り初登板。【プレイスタイル】:140km/h前後の直球と縦横2種類のスライダーを武器とする上手投げの投手だったが、2009年のシーズンから腕を下げた。サイドスローに近い投法から変化球で打たせて取るピッチングが持ち味になっている。』


1988年 - エルサムニー・オサマ、サッカー選手

『エルサムニー・オサマ(Osama ELSAMNI, アラビア語: أسامة السمني‎‎, 1988年9月29日 - )は沖縄県出身のサッカー選手。父は元エジプト代表FWのエルサムニー・イブラヒム。兄エルサムニー・アリーもサッカー選手。【来歴】:ヴェルディユースのエースとして2005年には日本クラブユースサッカー選手権U-18大会、高円宮杯全日本ユースU-18サッカー選手権の2冠制覇に大きく貢献した。2006年9月には2種登録選手としてトップチームに加わったが出場機会は得られず。2007年から東京ヴェルディトップチームへ昇格。だが股関節痛もあり公式戦の出場はなかった。2008年シーズン終了後、海外移籍を希望し、2009年1月にチェコ1部リーグ・FKテプリツェの練習に参加。ポルトガル1部リーグ・ベレネンセスからも正式オファーが届いていたが、2月3日にテプリツェへの移籍が発表された。同年3月8日の国内リーグ、ヴィクトリア・ジズコフ戦で交代出場しプロデビュー、チームの3点目をアシストした。 2009年9月3日、国内カップ戦で2部のウスティと対戦、86分にチーム4点目を決め、チェコ1部リーグで日本人初となる公式戦ゴールを決めた。 2010年6月にFKテプリツェとの契約を解除した。』


1988年 - サムエル・ディ・カルミネ、サッカー選手

『サムエル・ディ・カルミネ(Samuel Di Carmine, 1988年9月29日 - )はイタリア・トスカーナ州フィレンツェ出身、フロジノーネ・カルチョ所属のサッカー選手。ポジションはフォワード。9歳でクラブに所属し、プルチーニ(クラブ最下部組織)在籍時からフィオレンティーナ一筋の生粋のジリアーティ(フィオレンティーナ所属選手の愛称)である。クラブが破産し、多くの下部組織の選手が放出された中でも残留し、U-19イタリア代表に招集されるまで成長したフィレンツェ期待の逸材。フィオレンティーナの未来のバンディエラ(旗手)候補とも呼ばれた。【プレイスタイル】:元アルゼンチン代表のアリエル・オルテガに例えられるように、スピードを活かしたドリブルとテクニカルなシュートセンスが魅力である。』


1988年 - ケビン・デュラント、バスケットボール選手

『ケビン・デュラント(Kevin Wayne Durant , 1988年9月29日 - )はアメリカ合衆国のバスケットボール選手。ワシントンD.C.出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAのオクラホマシティ・サンダーに所属している。ポジションはスモールフォワード、シューティングガード。208cm、97.5kg。愛称はK-Dog,KD。【プレイスタイル】:抜群の得点力を誇り、多彩な得点方法と広いシュートエリアの持ち主。また226cmという長いウィングスパン(両手を広げた長さ)を持ち、リバウンドにも強さを発揮する。一方でNBAドラフト前に行われたフィジカルテストでは84kgのベンチプレスを一度も持ち上げられず、成績は参加メンバー中最下位となるなど、身体能力には決して恵まれているわけではない。20代前半の年齢だが物静かで落ち着いた性格である。そのため「落ち着きすぎてリーダーシップに欠ける」との評価もあったが、2009-10シーズンに得点王に輝き、冷静で真摯なプレースタイルが絶賛され始めている。』


1990年 - 八木亮祐、プロ野球選手

『八木 亮祐(やぎ りょうすけ、1990年9月29日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。【人物・来歴】:小学校4年の時に友達から誘われて投手として野球を始める。小学校3年まではサッカー選手を目指していた。投手を始めたのは小5の時。[要出典]-「愛知西リトルシニア」に所属し、ジャイアンツカップで優秀選手に選ばれた。その際に八木の噂を聞きつけた享栄高等学校の野球部監督の目に留まり、同校の野球部に進学する事となった。この監督は当時の八木の印象を「天性の肩の柔らかさ、肘のしなりは中学生離れしていて、将来はプロを狙える素材だと思いました。」と語っている。享栄高等学校では2年からエースとなった。[要出典]3年6月の練習試合で岐阜城北高校の伊藤準規(現・中日)と投げ合って17三振を奪ったことで注目を集めた。夏の西愛知大会2回戦の春日井西高校戦では5回参考記録ながら無失点無得点を達成し、同3回戦の小牧南高校戦では16奪三振を記録した。甲子園出場はならなかったが、最速141km/hの直球を武器に「東海のドクターK」「工藤二世」と評される活躍を見せ、阪神、広島、中日などが評価していた。2008年度ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに2巡目で指名され、契約金6000万円、年俸600万円(金額は推定)で入団した。享栄高校からの東京ヤクルト及びその前身球団への入団は、金田正一(中退)以来となり、背番号も金田にあやかった34とされた。【エピソード】:知り合いが貰ってきてくれた川上憲伸のサインを宝物にしている。』


1991年 - 柊子、JK21

『JK21(ジェイケイ・トゥーワン)は、2008年に結成された関西地方を中心に活動する女性アイドルグループである。メイン所属事務所はACT-21。所属レコード会社はマザーズレコード。【概要】:『関西を元気にするアイドルたち』のコンセプトにより、関西在住の女子中学・高校・大学生で結成。メジャーデビューを目指し、関西各地でのイベント出演はもちろん東京でのマンスリーライブも月1で実施。毎週木曜日、週末には「アトリエクラブ」と呼ばれるライブ活動を稽古場で行っている。「JK21」のユニット名は、[JAPAN KANSAI 21世紀]。結成当時は21人の女子校生(JK)を意味していたが、結成以降メンバーが減少2010年時点で公式プロフィールに掲載されている正式メンバーは6人、その為外部のイベント等でユニット名の由来を聞かれた場合、21世紀や事務所名がACT-21だからだとごまかしてきた。 2010年12月15日テイチクレコードよりシングルCD『I 愛 KANSAI』でメジャーデビュー予定。』


1993年 - 大島江里奈、ファッションモデル

『大島 江里奈 (おおしま えりな 1993年9月29日 - )は、日本の女性ファッションモデル。スターダストプロモーション所属。【人物】:母がアメリカ人で父が日本人、姉妹が三人いる。』


1994年 - 長野せりな、タレント、アイドル(アイドリング!!!13号)

『長野 せりな(ながの せりな、1994年9月29日 - )は、千葉県出身のアイドル、タレント。ボックスコーポレーション所属。アイドリング!!! のメンバー。【来歴】:1998年、4歳で雑誌の子役モデルとしてデビュー。ファイブ☆エイト、ストレイドッグプロモーション所属時代は、「長野瀬里菜」の名で活動。2005年8月、「ちゃおサマーフェスティバル2005 東京会場」で開催された、「きらりん☆ガールコンテスト」でグランプリを獲得。2007年4月から2008年3月まで、前田希美、小島藤子と共に、おはガールとして、「おはスタ」にレギュラー出演。2008年4月、アイドルグループ、アイドリング!!! のアイドリング13号として加入。【人物・エピソード】:得意科目は数学。公民も好きだという。幼い頃喘息で、その克服を兼ねて水泳を7年間習っていた。また、母の影響で茶道も習っていた。パン教室にも通ったことがあり、ミルクパンやメロンパン、クロワッサンなどを作ることが出来る。小学校では吹奏楽部でトロンボーンを担当していた。他にフルート以外の金管楽器、木管楽器は鳴らすことが出来る。中学校では家庭科部で部長を務め、料理や裁縫などの活動を行っている。得意料理はオムライス、ハンバーグ。小学2年生の時から、おはガールに憧れていた。おはスタで共演していた山里亮太やアンガールズとアイドリング!!!で共演した際に、あまり親しげに振る舞わなかった。「当時から時間が経っているため、何か気まずい感じがある」と語った。2009年12月23日「ぷよぷよアイドリング!!!」としてメンバーと共におはスタにゲスト出演し、山寺宏一や鉄拳と久しぶりの共演を果たした。家族のことを他人に話す時には「父」「母」「兄」という三人称を用いる。社会常識として身内に対する謙譲表現を用いるのは正しいことなのだが、相手がアイドリング!!!メンバーであってもその言葉遣いは変わらない。但し、番組内で兄のことをネタにした際は「オタク!」と答えたことがある。2009年、1週間のTVアニメ録画本数は15本、漫画蔵書数は100冊以上。但し自らが購入したもののみで、ファンからのプレゼントを加えると200冊を超えるという。将来的な目標の一つに声優を挙げ、専門学校に通いたいという。憧れの声優は水樹奈々。また平野綾も好きで「平野綾だけTV」を視聴しており、アイドリング!!!の曲「S.O.W. センスオブワンダー」が平野綾がヒロイン「ルーシィ・ハートフィリア」役の声優である「FAIRY TAIL」のオープニングテーマになったこと、その曲の衣装がルーシィのものをモチーフに制作されていることを非常に喜んだ。アニメ好き、家庭科部など非体育会系のイメージではあるが、2009年、アイドリング!!!のDVDで体力測定を行った[9]際、20mシャトルラン62回(1,240m)の好記録で、参加メンバー中1位であった。<<アイドリング!!!関連>>:3期までのメンバー15人中下から2番目(1・2期生の中では最年少)であるが、4歳から芸能活動を始めているため芸歴は最も長い。番組内でのイメージフラワーは「コスモス」である。メンバーの遠藤舞と外岡えりか、伊藤祐奈とは同じ所属事務所である。番組参加初期、「だいじょうブイ!」「がんばりマッシュルーム!」など言葉の語尾を取って駄洒落にする[11]というパターンの決まり文句を事あるごとに使用していた。番組やライブの冒頭の自己紹介では「…長野せりなです。ぷにぷに〜」と付ける決まり文句がある。きっかけは、小泉瑠美から「挨拶は1日1度で構わないのに、目が合う度に何度も会釈をしてくる」「『ぷにぷに〜きらきら〜らららら〜』と意味不明なちょっかいを出してくる」と指摘されたことである。その様子を菊地亜美からモノマネされ、その後自らも番組で使用するようになった。次第に『ぷにぷに〜』は定着していき、番組では升野英知が、ライブでは観客も一緒に『ぷにぷに〜』とやるようになっていった。3rdアルバムのタイトルも、これにちなんで付けられている。小泉がアイドリング!!!を離れることとなった2009年1月18日の4thライブで「『ぷにぷに〜』も瑠美姉さんからもらったもので…」と語った。長野からちょっかいは出していたものの『ぷにぷに〜』という言葉自体は小泉の方から例えとして用いられたものであるということが明かされた。升野は長野を時折「はい、ぷにぷに!」と呼び、またメンバーも「ぷに」と呼ぶこともあり、ニックネームとして使われることがある。長野の代名詞と呼べるほど浸透した『ぷにぷに〜』ではあるが、本人は進級や3期生加入などのタイミングで、そのキャラクタがいつまで続くかと度々悩むことがある。また逆に、橘ゆりかの『ゆりかる、ゆりかる〜』の台頭によって、『ぷにぷに〜』がフォンチーの『フォン、フォンチー!』の様に廃れていってしまうことに危機感を抱いていると語ったこともある。遠藤舞からは人との間合い(パーソナルスペース)が近いことを指弾される。他人との会話中などで気が付かないうちに背後にすり寄ってきていて驚くことがあるという。「2期生だけで話しましょう!!!」のコーナーでは他のメンバーが互いに質問する中、彼女だけは欠点ばかりを指摘されてしまい、苦笑していた。サバサバした性格の朝日奈央や三宅ひとみと対比し、自らは「ネバネバしている」と評価している。。。漫画、アニメ好きを公言する中「大好きアイドリング!!!」では好きなものとして「らき☆すた」を挙げた。登場する「泉こなた」と自身の性格が似ているからだという。他のメンバーは置き去りにしたまま早口で説明し、自作の白面を被って「スケキヨです♪」と「泉こなた」を暴走気味に物真似した。メンバーや升野からは、近づくと「赤ちゃん(チビッコ)の匂い」がすると言われている。2009年3月より、滝口ミラと森田涼花の喧嘩コントに“参戦”するようになった。滝口が森田の出演する侍戦隊シンケンジャーを小馬鹿にするのをきっかけに、特撮ファンの立場から森田を支持し、特撮のすばらしさ、それにヒロインとして出演する森田のすごさを説くというパターンで切り込んでいくものだった。しかし滝口が同月でアイドリング!!!を離れたため、この喧嘩コントに参戦したのは2回だけだった。アイドリング!!!日記では、「特撮ファンの長野」「特撮に出演中の森田」が同一グループにいるということで、控え室で他メンバーと談笑中の森田に、同じメンバーであるのに妙に下手、かつ挙動不審な雰囲気で、その話に割って入って、強引に自分が気になっている今後の展開を聞き出そうとする、というコントめいた「すぅちゃんから何か聞き出したいせりなちゃんの巻」というコーナーがある。当然ながらシンケンジャーの事ではあるのだが、他局ということもあって、具体的な固有名詞等は使わず会話をしている。(例:シンケンゴールド→金色の彼)さらに2009年秋より特撮ドラマ「古代少女ドグちゃん」に谷澤恵里香が主演したことから、森田とのコント同様の「ドグちゃんから何か聞き出したいせりなちゃんの巻」なるコーナーも行われた。「アニメ好き」というキャラクタが度々番組でスポットライトを浴びる。アニメに関する話題が出ると過剰な反応を見せる。同好の士である橘ゆりかの加入後は、2人セットで騒ぐという場面も増えた。番組企画「ヱヴァンゲリヲンスナック おまけ全部そろうかな?」においては、解説という立ち位置のAD植松を差し置いて、知識を披露することもあった。また、その放送のオープニングでは、橘と共に涼宮ハルヒシリーズのラジオのオープニング曲である最強パレパレードの振り付けをやってみせた。DVD「月刊アイドリング!!!9月号」には「発表!長野せりなが選ぶ理想のアニメきゃら」と題して、自ら描いたそれぞれのキャラクタの似顔絵を横に、お気に入りを熱く語るコーナーが収録されている。挨拶としてらき☆すたに感化された「おは☆らっきー」「ばいにー」を用いている。』。。。アニメをそこまで愛しているとは♪結婚する年になったらアニメにたずさわってる人と結婚してほしいなぁ~。。。(汗)


生年不明 - 今千秋、アニメーション監督

『今 千秋(こん ちあき、9月29日 - )は日本の女性アニメーション演出家、アニメーション監督。千葉県出身。【来歴・人物】:ぴえろで制作進行、演出を務めた後にフリーランスとなる。現在はスタジオディーンとぴえろ作品に参加することが多い。デフォルメしたキャラクターを筆で描いたようなタッチで表現するような演出をすることがある。テレビアニメ『ひぐらしのなく頃に』が初監督作品であり、この作品で彼女の名が知られるようになった。その後、『のだめカンタービレ 巴里編』の監督に抜擢されている。インタビューにおいて自身の持ち味を「やんちゃさ」だと語っている。☆カレーが好物である。』。。。うわぁ!「ひぐらしのなく頃に 解」が限りなく萌えタッチだぁーヽ(#>ω<)ノ♪


【PS.我が家のプラズマテレビが今日始めて映らなくなるという故障が起きましたが、ネットで同じ状況の人がいないかと期待してたら、ある方がブログで状況と対策を丁寧に載せていましたぁ♪さっそく分解してファン以外にも全て掃除機とめん棒で丁寧に掃除する事約3時間!午後9時50分に閉じて電源をポチッと押すと治ってましたぁ♪その後の地デジの設定が中々できず苦労しましたが、全て解決しました!故障した状況を載せるだけじゃなく解決策まで載せていたブログの方には本当感謝の言葉しかありません。何より今日故障して今日中に自分で解決できたのは、検索して1ページ目に表示されたサイトのおかげってのが、ああ、これが1ページ目に表示されるってことかと思いました。質が高いですよね♪今までなんとなく1ページ目を見ていただけでしたが、今日はじめて複雑さの中にシンプルで見やすいサイトが受け入れられるんだなと思いましたぁ♪はぁー、腰にきてるぅ;--)ヽ今日は著名人+どでかいテレビ修理に満足♪昔から捨ててある機材分解するのが好きだったんで、それも意外と役立つものですよね。ほかに生かせないのがちょっとガクッな今日でしたぁ#^^)ノではまた今度ぉ~】

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/29 23:59 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。