スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月28日の誕生花は「はげいとう(Love-Lies a Bleeding)」で花ことばは「情愛(Affection)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「はげいとう(Love-Lies a Bleeding)」はヒユ科でインドが原産国になります。



葉の美しさは最高の「葉鶏頭(はげいとう)」。雁が飛んでくる頃に、葉が赤くなるので「雁来紅」と呼ばれたり、やはり葉が黄になるというので「雁来黄」とも呼ばれています。



英名は「愛は血を流す」の意味で、おそらく葉の色からの連想ではないでしょうか。また別名の「Joesph's Coat(聖ヨセフの上着)」は、赤い儀礼服をこの植物に見立てたのでしょうね。



フランスでは「Nun's Scourge(尼憎のたたり)」といいます。





誕生花は「はげいとう(Love-Lies a Bleeding)」。

花ことばは「情愛(Affection)」。

【9月28日の花占いは?】



愛する人を的確に理解するのはとても難しいこと。あなたのことを人が見抜くのも大変です。気取りや見栄っ張りと思われがちですが、情が深く、誠実な事は、なかなか人には伝わりません。短期間で、人を見抜くには、直感しかないのです。それを頼りに恋人たちは、愛を育んでいくのです。あなたは直観力が少し乏しいほう。けれど、あなたの長所をひとつでも認めている人なら、心配無用。素敵な恋が実りますよ☆ラッキーカラーは濁りのない澄んだ赤色。魅力と元気をさらに高めて、あなたの恋をサポートしてくれますよ♪


【<366日の著名人>:☆9月28日生まれの著名人は?】


紀元前551年 - 孔子、儒家思想家(+ 紀元前479年)

『孔子(こうし、拼音: Kǒng zǐ、紀元前551年9月28日‐紀元前479年4月11日)は、春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。【事績】:姓は子(この「子」は尊称の「子」ではない。孔子の先祖が商(殷)の貴族という説があり、商国の姓は子である。)、氏は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。孔子とは尊称(子は先生という意味)。ヨーロッパではラテン語化された"Confucius"(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られている。紀元前551年(一説には552年)に、魯国昌平郷辺境の陬邑(昌平とは太平を盛んにするという意。邑は村の意)、現在の山東省曲阜(きょくふ)市で陬邑大夫の次男として生まれたとされる。卑賎階級の巫女の子として生まれたとの異説もある。孔子自身は「貧しくて賎」と語っている(『論語』)。父は叔梁紇、母は顔徴在とされるが、『論語』の中には記述がない。「身長は9尺6寸、216cm!の長身(春秋時代の1尺=22.5cmとして計算)」で、世に「長人」と呼ばれたという(『史記』孔子世家)。52歳のとき魯の定公によって中都の宰に取り立てられたと『史記』孔子世家は伝える。さらに、その翌年に大司寇に就任したとされる。また、政変によって魯の実権を握った陽虎に誘われ、これに応じようとしたことがある(『論語』陽貨第十七)。紀元前497年に国政に失望して弟子とともに諸国巡遊の旅に出た。しかし孔子を受け容れる国は無く、紀元前483年、69歳の時に魯に帰国した。その後は弟子の育成に専念し、紀元前479年に73歳で没した。孔子の人生の大部分は無冠の一学者に過ぎなかったが、漢代、司馬遷はその功績を王に値すると評価して『史記』の中に「孔子世家」(世家は諸侯王家の歴史)を、またその弟子たちの伝記として「仲尼弟子列伝」を立てた。儒教では「素王」(そおう、無位の王の意)と呼ぶことも多い。』


1573年 - ミケランジェロ・メリージ(カラヴァッジオ)、画家(+ 1610年)

『ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(Michelangelo Merisi da Caravaggio、1571年9月29日 - 1610年7月18日)は、イタリア・ミラノ生まれの画家。カラヴァッジョ(Caravaggio)という通称で広く知られており、今日ではバロック絵画の先駆者として高く評価されている。【代表作】:☆いかさま師 1595年頃(フォートワース、キンベル美術館)。☆果物籠 1596年 - 1597年(ミラノ、アンブロジアーナ絵画館)- カラヴァッジョによる独立した静物画で、現存する唯一の作品で、イタリア静物画の端緒となった作品。☆メドゥーサ 1597年頃(ウフィツィ美術館)。☆聖マタイの召命 1599年 - 1600年(ローマ、サン・ルイジ・デイ・フランチェージ聖堂)。☆愛の勝利(勝ち誇るアモール) 1601年 - 1603年頃(ベルリン美術館絵画館)。☆聖母の死 1601年 - 1603年(ルーブル美術館)。☆キリストの埋葬 1602年 - 1604年頃(バチカン美術館)。☆ロレートの聖母 1603年 - 1606年頃(ローマ、サンタゴスティーノ聖堂)。☆洗礼者ヨハネの斬首 1608年(バレッタ・聖ヨハネ准司教座聖堂)など♪』


1681年 - ヨハン・マッテゾン、作曲家(+ 1764年)

『ヨハン・マッテゾン(Johann Mattheson, 1681年9月28日 ハンブルク – 1764年4月17日 同地)はドイツ後期バロック音楽の作曲家。音楽理論家・作家・外交官・辞書編纂者といった顔も持つ。 ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルと大の親友であったが、マッテゾンの歌劇《クレオパトラ》(1704年)の上演中に、二人は突然いさかいを起こし、マッテゾンは危うくヘンデルを刺し殺しそうになった。ヘンデルは当時の大型の指揮棒を差していたお陰で、辛くも命が助かったという。後に両者は和解している。富裕な徴税人の家庭に生まれ、幅広い文芸学科を修めるかたわら、音楽教育一般から、鍵盤楽器、ヴァイオリン、作曲、声楽に至るまでを習得した。9歳で聖歌隊員や教会オルガニストとして活動するかたわら、ハンブルク歌劇場で少年歌手として舞台に立っている。1696年になっても声変わりせず、ハンブルク歌劇場で女形として正式に歌手デビューを果たすが、変声期を迎えると、テノール歌手やコレペティトールをこなすかたわら、自らオペラの作曲に乗り出した。1718年からハンブルク大聖堂のカントルに就任したが、次第に聴覚の衰えが悪化したため、その後にカントル職を辞任している。マッテゾンの本業は外交官であり、1706年からその任に就いている。学生時代に英語を学んだだけでなく、英語で流暢に話すことができたので、英国大使ジョン・ウィチ卿の息子の家庭教師を務めた後、大使自身の秘書になった。その後も同大使の代役として、国外で外交活動に携わり、1709年にはイギリス人女性と結婚している。マッテゾンは主に音楽理論家として有名である。演奏習慣や劇の流行、ドイツ・バロック音楽の和声法、そして中でも音楽修辞学について、マッテゾンほど徹底した論客はいなかった。そのうえ手ずからいくつか創作も手懸けている。また、当時の主流の音楽概念について資料を揃えた。マッテゾン作品の根幹は声楽曲であり、8つのオペラと、大量のオラトリオやカンタータがある。ソナタが少し、鍵盤楽曲が多少あり、鍵盤楽器の学習用の作品も含まれている。不幸にして、オペラとオラトリオ1曲ずつと多少の器楽曲集を除いて、第二次世界大戦後に大半のマッテゾン作品が散逸してしまったが、1998年に、エレヴァンで発見された史料がアルメニアからドイツに返還された。そこに含まれていたのは、4つのオペラと、ほとんどのオラトリオである。その自筆譜は現在、ハンブルク市立大学図書館(旧ハンブルク市立図書館)に所蔵されている。』↓♪~




Johann Mattheson - Air



1803年 - プロスペル・メリメ、作家(+ 1870年)

『プロスペル・メリメ(Prosper Mérimée、1803年9月28日パリ - 1870年9月23日カンヌ)はフランスの作家、歴史家、考古学者、官吏。小説『カルメン』で知られる。パリのブルジョワの家庭に生まれた。法学を学んだ後、官吏となり、フランスの歴史記念物監督官として、多くの歴史的建造物の保護に当たった。ナポレオン3世の側近であり、元老院議員として出世を遂げた。青年期に年長のスタンダールとも親交を持ち、公務の傍ら、戯曲や歴史書などを書いた。メリメは神秘主義と歴史と非日常性を愛した。ウォルター・スコットの有名な歴史小説やアレクサンドル・プーシキンの非情さと心理劇の影響を受けていた。メリメの物語はしばしば神秘に満ち、外国を舞台にしており、スペインとロシアが頻繁に発想の源となっていた。彼の小説の一つがオペラ『カルメン』となった。【生涯】:画家であり文学者であったレオノール・メリメと画家のアンヌ・メリメの息子として生まれ、プロスペルは法律学を修めると同時に多くの外国語(現代ギリシア語、アラビア語、英語、ロシア語)を学んだ。メリメはフランスで最初のロシア語翻訳家の一人でもあり、ツルゲーネフやプーシキンの仏語訳が著名である。文学生活においては、40年間の間、考古学と歴史と、それから特に小説を続けてきた人物としての栄誉がメリメを訪れた。実社会と研究の双方に打ち込みながら、メリメは時間のある時に興味に応じて短い書き物を著し、それらは書物として刊行される前から雑誌で好評を博し、デビュー直後には想像上の作者の作とした2つの著者の不明確な著書によって評判となった:Joseph Lestrange名義の『スペインの女優、クララ・ガズル戯曲集』(1825年)と、Hyacinthe Maglanovitch名義の『ラ・グスラ』(1827年)――イリュリアの歌曲と称した選集である。『クララ・ガズル戯曲集』は文学的なまやかしの最も完璧なものの一つで、ロマン主義的な異国情緒の作品を作る人々などを刺激しフランスでのロマン主義革命を加速した。【作品・史伝】:メリメは『ジャックリーの乱――封建時代の劇』とそれに続く『カルバハル家の人びと』(1828年)、『シャルル九世治世年代記』(1829年)も匿名で発表している。以後は短篇小説、中篇小説、歴史的逸話、考古学の紹介文、文学研究を自分の名前で発表するようになる。これらはまず『パリ評論』『両世界評論』に相次いで掲載され、それから個別の題名もしくは一括した題名の一巻本として刊行された。』


1823年 - アレクサンドル・カバネル、画家(+ 1889年)

『アレクサンドル・カバネル(Alexandre Cabanel, 1823年9月28日 - 1889年1月23日)は、フランスの画家。【生涯】:カバネルはエロー県モンペリエに生まれた。アカデミックなスタイルで、歴史、古典、宗教をテーマに絵を描いた。肖像画家としても有名だった。『Diccionario Enciclopedico Salvat』によると、カバネルはアール・ポンピエの典型であり、フランス皇帝ナポレオン3世のお気に入りの画家だった。カバネルは17歳でエコール・デ・ボザールに入学した。François-Édouard Picot(en:François-Édouard Picot)について学び、1844年、サロンに最初の出展を果たす。1845年にはローマ賞を受賞。22歳だった。1863年にはフランス学士院のメンバーとなり、同年、エコール・デ・ボザールの教授に就任した。また、1865年、1867年、1878年と、Grande Médaille d'Honneur(最高名誉賞)を勝ち取った。このように、カバネルはパリ・サロンと密接な関係を持っていた。彼は定期的にサロンの審査員に選ばれていた。サロンの教え子も何百人といる。その教え子たちのおかげで、カバネルは、同世代の、ベル・エポック・フランス絵画の特徴を持つ他の画家たちより多くのことを為し得た。カバネルとウィリアム・アドルフ・ブグローが印象派画家エドゥアール・マネなどの絵のサロンでの展示を拒否したことが、1863年の落選展の騒動を招いた。成功したアカデミック画家として、カバネルが1863年に描いた『ヴィーナスの誕生』は、19世紀のアカデミック絵画で最もよく知られている絵である。この絵はナポレオン3世が購入した。1875年に銀行家ジョン・ウルフのために描いたその複製画は、1893年にウルフが寄贈して、現在ニューヨークのメトロポリタン美術館にある。【代表作】:◆モーゼの死(1851年)ニューヨーク、ダーヘッシュ美術館。◆ニンフとサチュロス(1860年)私蔵。◆ヴィーナスの誕生(1863年)パリ、オルセー美術館。◆フランチェスカ・ダ・リミニとパオロ・マラテスタの死(1870年)パリ、オルセー美術館。◆Keller伯爵夫人(1873年)パリ、オルセー美術館。◆フェードル(1880年)モンペリエ、ファーブル美術館。◆オフィーリア(1883年)私蔵。◆カーゾン・オヴ・ケドルストン侯爵夫人(1887年)イギリス、ケドルストン・ホール。◆有罪の囚人で毒を試すクレオパトラ(1887年)私蔵。◆Eve After the Fal 私蔵。◆アダムとイヴの楽園追放 私蔵♪』


1834年 - シャルル・ラムルー、指揮者・ヴァイオリニスト(+ 1899年)

『シャルル・ラムルー(Charles Lamoureux、1834年9月28日(ボルドー) - 1899年12月21日(パリ))は、フランスの指揮者、ヴァイオリン奏者。コンセール・ラムルー管弦楽団を主宰した。ワーグナーの音楽をフランスに紹介した。【生涯】:ボルドーに生まれた。父親はカフェのあるじであった。パリのコンセルヴァトワールでヴァイオリン、和声、作曲を学び、1853年 - 1855年に、一等賞を2つ、二等賞を1つ得た。その後オーギュスト・トルベック(Auguste Tolbecque, 1830年 - 1919年)らにも学んだ。かたわら、1850年、10区のジムナーズ劇場(現在のジムナーズ・マリー・ベル劇場(Théâtre du Gymnase Marie Bell))のヴァイオリン奏者となり、オペラ座へ、次いでパリ音楽院管弦楽団へ移った。1858年、エドゥアール・コロンヌらと弦楽四重奏団を作った。1860年に室内楽協会(Séances Populaires de Musique de Chambre)に発展し、1872年、そのメンバーから新たな弦楽四重奏団を結成した。1872年から1877年まで、パリ音楽院管弦楽団の副指揮者も務めた。イギリス、ドイツに旅した見聞から、オラトリオの演奏をパリ音楽院管弦楽団に提案して入れられず、1873年、『オラトリオ演奏会』(Société Française de l'Harmonie Sacrée)の設立を主導し、ヘンデルの『メサイア』のパリ初演をした。続いてJ.S.バッハの『マタイ受難曲』、ヘンデルの『ユーダス=マカベウス』、グノーの『ガリア』、マスネの『エーヴ』などを演奏した。頼っていた妻の財も乏しくなり、1876年、『オラトリオ演奏会』を解散してオペラ=コミック座の指揮者になったものの、半年足らずで総支配人と喧嘩別れした。つぎのオペラ座(1877年 - 1879年)でも、それを繰り返した。1881年、10区にあったシャトー・ド・オー劇場(Théâtre du Château d'Eau)から、週毎のコンサートを提案され、『新コンサート協会』(la Société des Nouveau Concerts)を組織して、10月23日、その第1回を開いた。以降、内外の新しい音楽作品の紹介に努めた。ワーグナーの作品をパリに広めることに意欲的で、コンサートで『トリスタンとイゾルデ』や『ローエングリン』の全幕の演奏をした。さらに、バイロイトに行ってワーグナーから『ローエングリン』のオペラ上演の了承を取りつけた。しかし1871年、普仏戦争に敗れて以後、フランスには反プロイセン感情が残り、ワーグナーは没後になお嫌われていた。ラムルーが1887年5月3日、『ローエングリン』を9区のエデン座(Éden-Théâtre(現在のアテネ=ルイ=ジューヴェ座(Théâtre de l'Athénée-Louis-Jouvet))にかけたときは、狂信的愛国者たちの街頭デモが上演反対で騒ぎ、公演は1回で打ち切られた。それにもめげずラムルーは、1891年9月16日、今度はオペラ座でタクトをとった。また騒がれ、警官隊が出動するなかで、天井桟敷から紙つぶてが投げられるなかで上演されたが、結局は受け入れられてロングランとなった。』♪~


1846年(弘化3年8月8日) - 蜂須賀茂韶、徳島藩主、政治家(+1918年)

1852年 - ジョサイア・コンドル、鹿鳴館などを手がけたお雇い外国人の建築家(+1920年)

1867年(慶応3年9月1日)- 長野宇平治、建築家(+1937年)

1887年 - アベリー・ブランデージ、IOC第5代会長(+1975年)

1908年 - 藤田良雄、天文学者

1913年 - イーディス・パージター(エリス・ピーターズ)、作家(+1995年)

1915年 - 坂東文夫、彫刻家(+ 2006年)

1920年 - 柚木進、元プロ野球選手(+ 1997年)

1923年 - 島田ばく、児童文学者・詩人(+ 2004年)

1924年 - マルチェロ・マストロヤンニ、俳優(+ 1996年)

1925年 - シーモア・クレイ、スーパーコンピュータ設計者(+1996年)

1931年 - 小倉基、政治家

1933年 - 湯浅憲明、映画監督(+2004年)

1934年 - ブリジット・バルドー、女優

1936年 - ミレーヌ・ドモンジョ、女優

1938年 - ベン・E・キング、歌手

1938年 - 中村稔、元プロ野球選手

1944年 - 東隆明、俳優

1944年 - 山口芳忠、サッカー選手

1947年 - 鈴木啓示、元プロ野球選手、監督・野球解説者

1947年 - 千藤三樹男、元プロ野球選手

1948年 - 大塚範一、フリーアナウンサー(元NHK)

1948年 - 所雅樹、俳優

1950年 - 周富輝、料理人

1950年 - 内藤やす子、歌手

1951年 - デヴィッド・レーシッチ、元プロ野球選手

1952年 - 喜多秀喜、元マラソン選手

1952年 - シルビア・クリステル、女優、モデル

1954年 - ジョージ・リンチ、ギタリスト

1954年 - 田中昌宏、元プロ野球選手

1956年 - ジェームズ・D・ハルセル (en:James D. Halsell)、宇宙飛行士

1958年 - 和泉宏隆、ピアニスト

1959年 - 小西博之、俳優

1959年 - 徳井優、俳優

1963年 - 秋原正俊、映画監督

1965年 - 西田二郎、読売テレビディレクター

1965年 - ジンジャー・フィッシュ、ドラマー(マリリン・マンソン)

1965年 - 許載、バスケットボール選手

1967年 - 貴闘力忠茂、元関脇、元大嶽親方

1967年 - 藤木千穂、文化放送アナウンサー   

1967年 - ミラ・ソルヴィノ、女優

1968年 - ミカ・ハッキネン、レーシング・ドライバー

1968年 - 藪恵壹、メジャーリーガー

1968年 - フランソワ・"ザ・ホワイトバッファロー"・ボタ、格闘家

1968年 - 邪道、プロレスラー

1968年 - 内田浩一、調教助手、元騎手

1968年 - ナオミ・ワッツ、女優

1968年 - コーネリオ・ヴェラスケス、騎手

1969年 - 仙道敦子、女優

1969年 - 渡辺美奈代、タレント

1970年 - 岸祐二、俳優

1970年 - 伊達公子、テニス選手

1970年 - フィラット・アルスラン、ドイツのプロボクサー

1970年 - 中山英子、スケルトン選手

1970年 - ブライアン・バンクス、元プロ野球選手

1971年 - 矢島学、日本テレビアナウンサー

1971年 - ジョセフ・アーサー (en:Joseph Arthur)、シンガーソングライター

1972年 - グウィネス・パルトロー、女優

1972年 - ディタ・フォン・ティース、ダンサー

1972年 - ヴェルナー・シュラガー、卓球選手

1974年 - 渡部ルミ、プロスノーボーダー、スポーツライター

1975年 - レニー・クレーゼルバーグ、競泳選手

1975年 - 飯塚智広、元野球選手

1975年 - フアン・カルロス・モレノ、野球選手

1976年 - エメリヤーエンコ・ヒョードル、総合格闘家

1977年 - 朴セリ、ゴルファー

1977年 - 葛城育郎、プロ野球選手

1977年 - 木村剛、俳優

1978年 - 加藤督朗、元キックボクサー

1978年 - 回陽健太、ミュージシャン(スムルース)

1978年 - マルツェナ・ゴデッキ (en:Marzena Godecki)、女優

1978年 - ブシドー (en:Bushido (rapper))、ラッパー

1979年 - バム・マージェラ、スケートボーダー

1980年 - 石川龍、ミュージシャン(ランクヘッド)

1980年 - ステラかなえ、ファッションモデル 

1981年 - 久保田直子、テレビ朝日アナウンサー   

1981年 - 神楽坂恵、女優

1982年 - 吹石一恵、女優

1982年 - 青木剛、サッカー選手

1982年 - 南川聡史、お笑いタレント(ピーマンズスタンダード)

1982年 - 林一嘉、映画監督

1982年 - アレクサンデル・アニュコフ、サッカー選手

1982年 - アンダーソン・ヴァレジャオ、バスケットボール選手

1982年 - エメカ・オカフォー、バスケットボール選手

1982年 - アビナヴ・ビンドラ (en:Abhinav Bindra)、射撃選手

1982年 - ノルウェン・ルロワ (en:Nolwenn Leroy)、歌手

1982年 - ランビール・カプール (en:Ranbir Kapoor)、俳優

1982年 - マイカ・オーウィングス、メジャーリーガー

1983年 - イザベル・ピエマン、フィギュアスケート選手

1984年 - ライアン・ジマーマン、メジャーリーガー

1984年 - メロディ・ソーントン (en:Melody Thornton)、歌手、ダンサー

1985年 - アリーナ・イブラギモヴァ (en:Alina Ibragimova)、バイオリニスト

1986年 - 酒井瑛里、美少女クラブ31

1986年 - 井野亜季子、バレーボール選手

1986年 - 福井仁美、タレント

1986年 - アンドレス・グアルダード、サッカー選手

1987年 - ヒラリー・ダフ、アメリカの歌手・女優

1987年 - クロエ・ハンスリップ、ヴァイオリニスト

1988年 - ホラン千秋、女優、タレント

1988年 - 橋本良平、プロ野球選手

1988年 - 原田真利、女子プロレスラー

1988年 - エスミー・デンターズ、歌手

1988年 - 星野香織、タレント

1989年 - マーク・ランドール、サッカー選手

1991年 - 希帆、タレント

1992年 - スカイ・マッコール・バータシアク (en:Skye McCole Bartusiak)、女優

1992年 - 鶴見虹子、体操選手

1993年 - 石川紗都美、女性ファッションモデル、女優

1994年 - 立石晴香、女性ファッションモデル、女優

生年不明 - 的良みらん、漫画家

『的良 みらん(まとら みらん、アルファベット表記: MATRA MILAN、9月28日 - )は、日本の男性漫画家。ペンネームは、フランスにかつて存在し軍事・航空宇宙関連を多く手がけていた総合企業、Matra(マトラ)社と、フランスとドイツが共同開発した対戦車ミサイルであるMilan(ミラン)に由来する。【経歴】:1992年に青山学院大学漫画研究会にて武富健治・高岡基文等とともに「ゴッドな漫画製作委員会」を設立し、コミックマーケットに参加する。1997年、杉村麦太に誘われて『COMIC阿吽』(ヒット出版社)に応募した「リャナンシーの花」が第3回新人漫画賞に入選、同作が8月号に掲載されデビュー。以後『COMIC阿吽』にて成人向け漫画を主に執筆していたが、2006年に富士見書房『月刊ドラゴンエイジ』で「状況開始っ!」の読み切りコミカライズ、続けてオリジナル作品『おまもりひまり』の連載を開始し、一般向け漫画雑誌でのデビューを果たした。作品の傾向としては、ファンタジーやSF風の世界を舞台にしたものが多く、またヒロインが銃を撃ちまくるといったアクション的要素もしばしばある。また一方で作者が「毒」好みらしく、時折シビアな欝展開の話が出る場合もある(しかし話の最後では救われるような展開になることがほとんどである)。ペンネームの由来が示すように、銃火器に対する知識は深く、作品中での銃火器の描写の細かさには定評がある。ヒット出版刊の多くの単行本において、登場キャラクターの詳細な設定を後書きページに記載しており、特にイメージ・ボイスについて必ず言及がされている。』


生年不明(とされている) - 宝野アリカ、歌手(ALI PROJECT)

『宝野アリカ(たからの アリカ、9月28日 - )は、日本の女性歌手。熊本県熊本市出身。血液型A型。愛称はアリカ様、アリカ姉様、など。洋画家の両親のもとで、感性豊かに育つ。アルバムデビューの前後より、CMソングの仕事を始める。詩や散文を書いたり、絵を描いたり、洋服を作ったりパントマイムをやったりして、気ままに過ごすこと数年、1988年に片倉三起也との音楽ユニット「蟻プロジェクト」を結成、1992年7月に「ALI PROJECT」としてメジャーデビュー。同音楽ユニットの作詞・ヴォーカルを務める。他名義にKOARI、宝野ありか、宝野亜莉華がある。またこの他に、自身が主催するロリータ・ファッションブランド「少女貴族」のデザイン・プロデュースをしている。』...ファッションデザイナーではないんですね?なかなかっ


【PS.最初から著名すぎる方たちばかりだったけど、それより何より実際直で観たり聴いたりできる、音楽や画家が自分好みだと数人で満足っ♪妄想する事は、音楽と背景の調和。画家の絵にその後の動きを想像する事。。。いや、しょっぱなからアドレナリンでまくりでご馳走様でしたっていう事はおいといてっ、どうしても最近の著名な方も知りたいので、せめて最後の方だけはと、生年不明さんをチョイス!僕が夢で終わった漫画家の世界とシェアで言えばちょっと。。。だけどデザイナーとしてのセンスはファッションデザイナーで著名な方なのかと思う才能の方。過去も現在も著名人とは彼らのことを指すのだと改めて確認させられますね♪さてと、何故か家族全員が少し風邪気味のようで、御前0時にあと2分。。。明日のために寝ますですm(#_ _)ノではまたぁ~♪】

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/28 23:58 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。