スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月25日の誕生花は「カラス麦(Oat)」で花ことばは「音楽が好き(Love of music)」。花占いは?


「カラス麦(Oat)」はイネ科のヨーロッパ・西アジアが原産国です。



カラス麦は、麦に似ているけど、雑草です。



大地の神ベルダは、狼人間に見張らせていました。しかし、いたずら好きの火の神ロキが、見張りをかいくぐって、カラス麦の種をまいたといいます。暑いとき、畑に陽炎がたつと「ロキがカラス麦をまいている」といわれるそうです。



オートミールの原料「エンバク」は、カラス麦から育成された栽培植物。ウィスキーは、このエンバクの実を発酵させてつくります。たん白質が4%、脂肪が6%と栄養に富んだ食料として知られています。



また牧草としても、馬の飼料などに活躍。





誕生花は「カラス麦(Oat)」。

花ことばは「音楽が好き(Love of music)」。


【9月25日の花占いは?】



輝くような情熱と知性を持つあなたは、スマートな社交家。素敵な音楽みたいにノリのいい会話や行動は誰もが魅了する人です。でも自分の波長の合わない人間を、徹底的に嫌う傾向がありますね。そういうことに神経過敏にならないよう、もう少し大らかになれば、人生を奏でる最高のプレイヤーとなれるでしょう☆



【<-366日の著名人-> ☆9月25日生まれの著名人は?】


1358年(延文3年8月22日) - 足利義満、室町幕府第3代将軍(+ 1408年)

『足利 義満(あしかが よしみつ)は室町時代前期の室町幕府第3代将軍(在職1368年 - 1394年)である。父は第2代将軍・足利義詮、母は側室の紀良子。封号は日本国王。南北朝の合一を果たし、有力守護大名の勢力を押さえて幕府権力を確立させ、鹿苑寺を建立して北山文化を開花させた。義満が邸宅を北小路室町へ移したことにより、義満は「室町殿」とも呼ばれた。のちに足利将軍を指す呼称となり、政庁を兼ねた将軍邸は後に歴史用語として「室町幕府」と呼ばれることになった。』


1866年 - トーマス・ハント・モーガン、生物学者(+ 1945年)

『トーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan、1866年9月25日 - 1945年12月4日) はアメリカ合衆国の遺伝学者。コロンビア大学教授(1904-1928)。ウッズホール海洋生物学研究所の研究者の一人。ケンタッキー州レキシントンのユダヤ系家系生まれ。キイロショウジョウバエを用いた研究で古典的な遺伝学の発展に貢献した。染色体が遺伝子の担体であるとする染色体説を実証し、1933年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。』


1869年 - ルドルフ・オットー、思想家(+ 1937年)

『ルドルフ・オットー(Rudolf Otto, 1869年9月25日-1937年3月6日)は、ドイツの哲学者、宗教哲学者。マールブルク大学の教授で退官。イマヌエル・カントとド・フリースの研究から、崇高で聖なるものとは、という問題意識を持つようになり、宗教哲学の研究に移行した。代表作は、『聖なるもの』(1917年)で宗教学の重要な原典である。キリスト教の教義に依拠せず、哲学の立場から宗教にどうアプローチするかということになると、オットーにたどり着くといわれる。 神聖で、それでいて道徳や習俗、認識とは別途のものを彼は、「ヌミノーゼ(※ ヌミノース(Numinous)とはドイツの神学者ルドルフ・オットーが定義した概念である。オットーは「聖なるもの」のうち合理的な理解にかなう部分を除けた概念をヌミノースと呼んだ。)」という概念で呼ぶ。その他、彼には神秘学、罪、宗教哲学概説、といった分野の業績がある。古代インド神話学にも通じていた。』


1881年 - 魯迅、小説家(+ 1936年)

『魯迅(ろじん、ルーシュン、1881年9月25日 - 1936年10月19日)は中国の小説家、翻訳家、思想家。本名は周樹人(ピンイン:Zhōu Shùrén)で、字は豫才。ペンネームの魯は母親の姓だという。浙江省紹興市出身。弟に文学者・日本文化研究者の周作人、生物学者の周建人(1888-1984)がいる。代表作に『阿Q正伝』、『狂人日記』など。短編作である『狂人日記』は旧来の中国文学が文語主体な中で口語を主体とする点、被害妄想狂の心理を実にリアルに描写する点において画期的だった。なお、魯迅の中学校の時の良友に本物の迫害妄想患者が存在し、彼を観察したことが、この作品を着想するヒントとなったと言われている。【魯迅と仙台】:仙台医専時代の魯迅を描いた作品に太宰治の『惜別』がある。この「惜別」ということばは、仙台医専時代に、魯迅に個別添削を授けるなど何かと気を配っていた恩師、藤野厳九郎が最後に魯迅に渡した写真の裏に書いたことば。藤野との関係は、小説『藤野先生』に書かれている。また、中国の小学校教科書に魯迅と藤野の交流を好意的に描いた記述が有る。魯迅は、1904年9月から1906年3月までの約1年半しか仙台にいなかったが、仙台市や東北大学では、様々な面で魯迅を通じた交流を中国と行っている。 中国人にとっては、東北大学・片平キャンパスにある(旧)仙台医専の「階段教室」が観光地となっており、1998年11月29日には江沢民・中華人民共和国主席も訪問している。訪問した中国人は、魯迅がいつも座っていたとされる同教室の中央帯、前から3番目の右端近くでの記念撮影をしている。その他、同キャンパス内に「魯迅先生像」(1992年10月19日設置)、仙台城三の丸の仙台市博物館敷地内に「魯迅の碑」(1960年12月設置)と「魯迅像」(2001年設置)がある。また、「魯迅旧居」が片平キャンパス正門近くに残されている。2004年、東北大学は、魯迅の留学100周年を記念して、同大に縁りのある中国要人に『東北大学魯迅賞』、同大大学院に在籍する優秀な中国からの留学生に『東北大学魯迅記念奨励賞』を贈った。 ただし、諸事情により、翌年から各々『東北大学藤野先生賞』と『東北大学藤野記念奨励賞』に名称変更された。 東北大学の創立100周年を記念して、仙台市内のキャンパスに中国の文豪・魯迅と、恩師・藤野厳九郎の胸像が、設置された。二人の胸像は、学生たちに語りかけるように立っている。』


1884年 - 石橋湛山、第55代内閣総理大臣、第2代自由民主党総裁(+ 1973年)

『石橋 湛山(いしばし たんざん、1884年〈明治17年〉9月25日 - 1973年〈昭和48年〉4月25日)は、日本のジャーナリスト、政治家。階級は陸軍少尉(陸軍在籍時)。位階は従二位。勲等は勲一等。鎌倉町会議員、株式会社東洋経済新報社代表取締役社長(初代)、大蔵大臣(第50代)、衆議院議員、立正大学学長、通商産業大臣(第12・13・14代)、内閣総理大臣(第55代)、郵政大臣(第9代)などを歴任した。【概要】:戦前から一貫して日本の植民地政策を批判して加工貿易立国論を唱えて、日本の敗戦後は日中米ソ平和同盟を主張して政界で活躍する。保守合同後初の自民党総裁選を制して総理総裁となるが、在任2ヵ月弱で脳梗塞を発症して退陣する。幼名は、省三(せいぞう)。実父は身延山久遠寺第81世法主杉田日布。なお、早稲田大学から名誉博士(Doctor of Laws)を贈られている。』


1886年 - メイ・サットン、テニス選手(+ 1975年)

『メイ・サットン(May Sutton, 1886年9月25日 - 1975年10月4日)は、アメリカの女子テニス選手。名門のテニス一家に育ち、1905年のウィンブルドン選手権で大会史上初めてイギリス人以外の優勝者となった選手である。右利きで、力強いフォアハンドのトップスピン(順回転)ボールを最も得意とした。彼女の出身地はイングランドのプリマスであるが、6歳の時にアメリカ・カリフォルニア州パサディナに引っ越した。フルネームは May Godfray Sutton Bundy (メイ・ゴッドフレー・サットン・バンディ)。メイ・サットンは1904年の全米選手権で、女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3部門すべてに決勝進出を果たした。女子シングルス決勝では、サットンは過去3度優勝経験のあるエリザベス・ムーア(1876年 - 1959年)を 6-1, 6-2 で圧倒し、女子ダブルスではミリアム・ホールとのペアで優勝したが、混合ダブルスではトレバニオン・ダラスとのペアで敗れ、3部門ともムーアと決勝を戦った。翌1905年から1907年まで、サットンは3年連続でウィンブルドン選手権の女子シングルス決勝に進出し、イギリスのドロテア・ダグラスと3年連続で決勝対決をした。1905年の決勝でサットンはダグラスを 6-3, 6-4 で破り、イギリス人以外のテニス選手として最初のウィンブルドン選手権優勝者になった。1906年の決勝ではダグラスに 3-6, 7-9 で敗れたが、1907年はサットンが 6-1, 6-4 で勝ち、2年ぶり2度目の優勝を飾る。サットンは男女を通じて最初の「イギリス人選手以外のウィンブルドン優勝者」になり、男子では1907年にオーストラリアのノーマン・ブルックス(1877年 - 1968年)が最初の偉業を達成した。』


1896年 - ロベルト・ジェラール、作曲家(+ 1970年)

『ロベルト・ジェラール(Roberto Gerhard, 1896年9月25日 バルセロナ近郊のバリュス - 1970年1月5日 ケンブリッジ)はスペインの現代音楽の作曲家・音楽学者。第二次世界大戦中に祖国を追われてイングランドに亡命し、そのまま英語圏で過ごした。近年になってその実績が国際的に知られるようになり、ファリャ以後の世代で最もすぐれたスペイン人作曲家の一人として再評価されるようになった。【様式の進展】:ジェラールの個人様式の複雑な形成に影響力を及ぼしたうちで、シェーンベルクが最も偉大な巨匠であったが、その影響力は傍流にとどまったかに見え、ほとんど押さえ込まれているかのようである。しかしながらシェーンベルクの指導力は、きまってジェラールの職人芸の水準の高さのうちに認められるのである。そしてある種の高度に半音階的な、半ば無調風のパッセージが、上記の作品などに言うなればこっそりと浮かび上がって、ウィーンやベルリンにおけるジェラールの研究の成果を裏書しているのである。実のところ、ジェラールはシェーンベルクを尊敬することを止めなかったし、新ウィーン楽派のたいていの関係者と心のこもったやり取りを続けていた。そしてシェーンベルクの十二音技法の意義について、研究と実行を深め続けた。歌劇「 The Duenna 」以降ジェラールは、よりきっぱりと音列技法を恃みとし、それを吸収し我が物とした。一連の注目すべき作品のうち、真の国際的名声を初めて勝ち得た「交響曲 第1番」や「弦楽四重奏曲 第1番」のような作品は、十二音技法が原則的な書法とされている。また同時に、ジェラールは、個性的で新たな進路のうちに音列技法を発展させた。音高のセリーと音価のセリーを結びつけ、響きとテクスチュアを大胆に探究している。ある意味において、これは抽象性に向かおうとする一つの傾向であった。しかしながら「スペイン風の」、民族音楽の要素を必ずしも斥けてしまったというわけではない。むしろそれらの要素は、新たな見通しにおいて、より象徴的に、効果においてより実質的に表れている。ちょうど絵画において、ジェラールと同郷のピカソやミロの作品に民族的要素がモチーフとして表れているように。このような過渡期は、つまるところジェラールの最晩年の驚くほど独創的な作品群の萠芽だったのである。最晩年になると、音列技法それ自体が、自由に連想された音色やリズムの連続体に溶け込んでおり、スペイン風の装飾音をもつフレーズは、突然のノスタルジーや夢見ごこちの幻想を誘なって聴く者を仰天させかねない。ジェラールはしばしば、自分は音楽の「響き」を待ちわびているのだとして、このように述べた。「意味をなしているのは響きであるに違いない。」だが、ジェラール最後の作品群は、譜面がたとえ感嘆すべきものであるとしても、発生する響きのただの寄せ集めなどでは全然ない。その形式は細心の注意を持って設計され、音列技法がいくらか独特に発展されている。その方法によると、音程関係を支配する12音のピッチクラスが、作品の長さと規模を支配する、12の音価のセリーと相互に関係付けられる。たとえば「第3番」・「第4番」の交響曲においてこれらの作曲技法は、音楽に荘厳で激しいドラマを実らせるのに対し、「管弦楽のための協奏曲」では、度を越した超絶技巧がとにもかくにも誇示されて、遊戯の要素を目立たせている。』↓♪~




Roberto Gerhard - Concerto for Piano and Strings - I. Tiento - Allegro



1903年 - マーク・ロスコ、画家(+ 1970年)

『マーク・ロスコ(Mark Rothko, 本名 Markus Rotkovich[1], 1903年9月25日 - 1970年2月25日)は、アメリカの画家。ジャクソン・ポロックらとともに、抽象表現主義を代表する画家の一人。』


1906年 - ドミートリイ・ショスタコーヴィチ、作曲家(+ 1975年)

『ドミートリイ・ドミートリエヴィチ・ショスタコーヴィチ(ロシア語:Ru-Dmitri Dmitrievich Shostakovich.ogg Дмитрий Дмитриевич Шостакович(ヘルプ・ファイル) ドミートリイ・ドミートリイェヴィチ・シャスタコーヴィチ; ラテン文字転写の例: Dmitrii Dmitrievich Shostakovich, 1906年9月25日(ロシア暦9月12日) - 1975年8月9日)は、ソビエト連邦時代の作曲家。交響曲や弦楽四重奏曲が有名。シベリウス、プロコフィエフと共に、マーラー以降の最大の交響曲作曲家としての評価がほぼ確立され、世界的にも特に交響曲の大家と認知されている。また、弦楽四重奏曲においても秀逸な曲を残し、芸術音楽における20世紀最大の作曲家の一人である。ショスタコーヴィチの音楽には暗く重い雰囲気のものが多いが、その一方でポピュラー音楽も愛し、ジャズ風の軽妙な作品も少なからず残している。当初、体制に迎合したソ連のプロパガンダ作曲家というイメージで語られていたが、『ショスタコーヴィチの証言』が出版されて以後、ショスタコーヴィチは皮肉や反体制といったイメージによって塗り替えられ、「自らが求める音楽と体制が求める音楽との乖離に葛藤した、悲劇の作曲家」として西側諸国における演奏の機会も急激に増加した[要出典]。日本では『ショスタコ』という略称で呼ばれることもある。』↓♪~




DMITRI SHOSTAKOVICH-Opus 47 (Finale-Allegro Non Troppo)



1908年 - バッキー・ハリス、元プロ野球選手(+ 1978年)

『バッキー・ハリス(Andrew "Bucky" Harris McGalliard , 1908年9月25日 - 1978年5月20日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロ野球選手(捕手)。愛称の「バッキー」は、メジャーリーグの名選手であるバッキー・ハリスの名を名乗ることで話題性を期待した登録名である。【来歴・人物】:南カリフォルニア大学を経て、1928年にアメリカマイナーリーグに入り、メジャーリーグ昇格を目指すも叶わず。ロサンゼルスの日系チーム「L・A NIPPON」に所属していた1934年、アメリカ遠征に来ていた大日本東京野球倶楽部と対戦。日本国内で初のプロ野球リーグ戦(日本野球連盟)が始まった1936年、名古屋軍総監督の河野安通志が鈴木惣太郎に外国人選手の紹介を頼んだところ、鈴木は1934年に対戦したハリスを河野に薦めた(鈴木は球団代表として1934年の米国遠征に同行していた)。そして、名古屋軍に入団。1936年春季からリーグ戦に参加。同年春・夏通算打率が.348、秋季も.310を記録。翌1937年、河野が結成した後楽園イーグルスに移籍。1937年秋季には打率.310を記録した打撃に加え、強肩から繰り出される各塁への正確な送球が評価され最高殊勲選手(MVP)に選出。翌1938年春季は本塁打王に輝くなど、攻守両面で活躍した。1938年秋季限りで退団し、帰国した。ハリスの退団、帰国は当時の日米関係が悪化の一途をたどっていたことも影響している。ナインとの別れの日、ハリスは「さようならと言えないほど」大変に悲しんだという。晩年には日本シリーズに招待され、約40年前に本拠地球場であった後楽園球場の人工芝を見て感激しきりであった。1978年、水上事故がもとで逝去。満69歳没。来日すると熱心に日本語を勉強し、マスク越しに突如日本語の歌を歌い出し打者を混乱させたり、走者として塁に出ると相手投手に向かって「ちょっとそのボールを見せて」と話しかけ、投手がハリスに向かってボールを転がした瞬間に次の塁に向かって走り出すなど、ユニークなトリックプレーを見せた。』


1920年 - 高木彬光、推理作家(+ 1995年)

『高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本の推理小説作家。本名は高木 誠一。津軽方言詩人・医師の高木恭造の甥に当たる。【エピソード】:(1)「謎の美人易者」として一世を風靡した黄小娥(※ 黄 小娥(こう しょうが、1923年1月12日 - )は、熊本県出身の易者である。1950年代半ば頃より、「謎の美人易者」をキャッチフレーズに活躍。1961年にカッパブックスより出版された『易入門』は大ベストセラーとなった。『易入門』はその後絶版となり、占いファンの中には古本屋を探すなど苦労して入手しようとする者もいた。)の大ファンであった。手相にも詳しく、昭和56年には角川文庫より「手相占い」が出版された。(2)『成吉思汗の秘密』 、『邪馬台国の秘密』および『古代天皇の秘密』は、いずれも神津恭介が入院中の退屈しのぎに歴史上の謎に挑むという長編小説であり、これらの作品は、ジョセフィン・テイの『時の娘』(1951年)に端を発した病院のベッドで動けない探偵が極めて限られた情報から推理する「ベッド・ディティクティヴ」という形式をとっている。(3)『成吉思汗の秘密』において、義経=ジンギスカン説とする論理の弱さや矛盾点を海音寺潮五郎に批判される。高木は表立った反論は行わず、作品を改訂した際に神津恭介が「ある歴史小説家」への回答を行うくだりを追加した。(4)坂口安吾の未完の探偵小説『復員殺人事件』に、『樹のごときもの歩く』と題した後半部分を加筆して完結させた。(5)山田風太郎とは年齢・境遇が近かったこともあって親しく、高木がアイディアを出して山田が執筆した合作『悪霊の群』がある。互いの死去時の葬儀委員長を約束していたが、高木の死去時に山田も大病を患っており、果たせなかった。(6)弁護士資格は無かったが作品の参考にするため刑法・刑事訴訟法にはかなり通じており、その延長で丸正事件で被疑者以外の真犯人を名指しした弁護人の正木ひろしの名誉毀損裁判の特別弁護人となった経歴もある。』


1922年 - 砂押邦信、元プロ野球監督

『砂押 邦信(すなおし くにのぶ、1922年9月25日 - 2010年7月18日)は、日本の野球指導者(大学野球監督・プロ野球監督)。茨城県出身。立教大学野球部監督時代、☆長嶋茂雄☆を猛ノックで鍛え上げた人物として知られている。【来歴・人物】:水戸商業を経て、1942年に立教大学に入学する。水戸商業の後輩に早稲田大学で選手・監督として活躍した石井藤吉郎がいた。戦時中は学徒兵として兵役に就き、戦後の1947年に立大を卒業する。社会人野球の小口工作所監督を経て、1950年、立大野球部監督に就任する。「鬼の砂押」と恐れられたほどのスパルタ式猛練習で、1953年春には20年ぶりに東京六大学リーグ優勝を果たしたほか、第2回全日本大学野球選手権大会にも優勝。まだ下級生であった長嶋茂雄・杉浦忠・本屋敷錦吾らを鍛え上げ、後の立大野球部黄金時代の基礎を築き上げた。あまりに厳しすぎたためか、1955年夏に松下正寿立大総長まで巻き込んだ、大沢啓二ら上級生部員による監督排斥運動が起き、退任を余儀なくされる。大沢の後年の回想によると、長嶋や杉浦を含む下級生から「砂押の下ではやっていけないので、監督に辞任を進言してほしい。それがダメなら下級生は全員退部する」という訴えを受け、部員から署名を募って邦信に談判したのが発端であるという。』


1927年 - コリン・デイヴィス、指揮者

『サー・コリン・デイヴィス(Sir Colin Rex Davis, 1927年9月25日 - )は英国の指揮者。【略歴】:生まれた家が貧しく指揮者になるためのピアノを買う金がなくて、まず一番安い楽器のクラリネットから始める。王立音楽大学で更にクラリネットを学ぶが、ピアノの演奏能力の欠如を理由に指揮法の履修は禁じられていた。しかしながら同級生とカルマー管弦楽団(the Kalmar Orchestra)を結成し、しばしば指揮を執っていた。1952年にロイヤル・フェスティバル・ホールに勤め、1950年代後半からBBCスコティッシュ交響楽団を指揮する。1959年に病身のオットー・クレンペラーの代理でモーツァルトの歌劇《ドン・ジョヴァンニ》を指揮して一躍名声を馳せる。翌年にはグラインドボーン音楽祭で、モーツァルトの『魔笛』を指揮してトーマス・ビーチャムの代役を果たした。1960年代にサドラーズ・ウェルズ・オペラやロンドン交響楽団、BBC交響楽団を指揮する。1971年にゲオルグ・ショルティの後任として、コヴェント・ガーデン王立歌劇場の首席指揮者に就任。1986年までそのポストを務める。マイケル・ティペットの擁護者として名を馳せ、『ノット・ガーデン』(The Knot Garden, 1970年)や《The Ice Break 》(1977年)、『時の仮面』(The Mask of Time, 1984年)を初演。ボストン交響楽団の首席客演指揮者も務め、シベリウスの交響曲全集・管弦楽曲選集を録音した。1977年にはイギリス人指揮者として初めてバイロイト音楽祭に出演し、『タンホイザー』を指揮した。1980年にナイトに叙される。その後は、バイエルン放送交響楽団首席指揮者、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団名誉指揮者などを歴任し、1995年に母国イギリスのロンドン交響楽団首席指揮者に就任した。得意とするレパートリーは、モーツァルトのオペラのほか、ベルリオーズの管弦楽曲やマーラー、シベリウスなどである。』↓♪~




Mozart: The Magic Flute - Overture - Sir Colin Davis



1929年 - 簑原宏、元プロ野球選手(+ 1999年)

『簑原 宏(みのはら ひろし、1929年9月25日 - 1999年12月28日)は、福岡県出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手。【経歴】:筑紫中学から西日本鉄道、国鉄志免鉱業所を経て、1950年に南海ホークスへ入団。1年目からいきなり中堅手のレギュラーポジションを獲得し、1番打者として活躍。翌年以降も南海の主力打者として3度のリーグ優勝を経験した。1955年に東映フライヤーズへ移籍。東映では4番打者として活躍した。1956年も4番打者として活躍するが、この年に引退した。引退後はRKB毎日放送で長きにわたって野球解説者を務めた。』


1932年 - アドルフォ・ゴンザレス、スペイン首相(1976年-1981年)

『[無線連絡]データが確認できませんので検索願います。どうぞ。。。(汗)』


1932年 - グレン・グールド、ピアニスト(+ 1982年)

『グレン・グールド(Glenn Herbert Gould, 1932年9月25日 - 1982年10月4日)は、カナダのピアニスト、作曲家。【斬新なピアニズム】:ピアノという楽器の中で完結するようなピアニズムを嫌悪し、自分は「ピアニストではなく音楽家かピアノで表現する作曲家だ」と主張したグールドであったが、第1の業績が斬新で完成度の高いそのピアノ演奏であることは異論のないところである。【グールドの性格】:一般的にグールドには人嫌いで孤独な隠遁者のイメージがある。グールドは、自らの私生活を隠す傾向にあり、そのプライベートの姿は一般にはあまり知られていなかった。その死後になって、書簡などからユーモラスで人懐っこい側面や多感な親交があったことが明らかとなった。【グールドの功績<広いファン層>】:グールドの活動・作品は、クラシックの伝統上は多くの意味においてスタンダードとはいえなかったが、反面、その類まれなるテクニックに裏打ちされた声部の弾き分け、躍動するリズム感、グールド特有の叙情性は、多くの人を魅了し、クラシック音楽の愛好家に限られず、幅広いファンを獲得してきている。クラシック音楽のオールタイムベストには必ずといっていいほどグールドの作品が名を連ねている。アストル・ピアソラのような他ジャンルの音楽家やエドワード・W・サイードやロラン・バルト[6]のような現代思想の専門家にもファンが多いのも特徴的である。また、ヴァレリー・アファナシエフ、ファジル・サイ、アワダジン・プラットなど、多くの音楽家に影響を与え、敬意を受けている。坂本龍一はNHKのグールドの特集番組で学生時代にグールド独自の異様に姿勢による演奏法を真似たとも語っている。【エピソード<逸話>】:グールドは、文学青年であり、トーマス・マン、夏目漱石、シェークスピア、ニーチェ、ヘルマン・ヘッセなどを読んでいたと告白している。特にマンの「魔の山」、漱石の「草枕」はお気に入りで、後者は自身が編集したものをラジオ番組でみずから朗読し、近代の危険性を表現している点など「魔の山」との共通点を指摘して、これを20 世紀の最高小説のひとつであると語ったといわれている。横田庄一郎は、「魔の山」と「草枕」は、グールドの人生観にも大きな影響を与えているとする。』↓♪~




Invention 11 Bach by Glenn Gould



1937年 - 北村総一朗、俳優

『北村 総一朗(きたむら そういちろう、 1937年9月25日 - )は、高知県高知市出身の俳優。本名および旧芸名は北村 総一郎。土佐中学校・高等学校、高知大学農学部卒業。現在は東京都世田谷区経堂に在住。妻は女優の磯辺万沙子。【来歴・人物】:俳優を目指し上京、1961年に文学座に研究生として入る(同期は岸田森、寺田農、橋爪功、草野大悟、樹木希林、小川真由美など錚々たる面々)。その後は劇団雲を経て劇団昴に所属。若い頃はスマートだったので颯爽とした役柄も多く、『これが青春だ』で主人公の教師役として最終候補まで残ったほどである。だが、堅実な演技の割に、知名度は今ひとつでコツコツと地道にサスペンス劇や時代劇などで、脇役や悪役などをしていたが、1997年の『踊る大捜査線』の神田署長役で(小野武彦、斉藤暁と「スリーアミーゴス」と称される)一躍人気俳優となる。それ以降、バラエティー番組やコマーシャルでも重宝される(初めてレギュラー出演したバラエティ番組は、『笑っていいとも!』である)。また、下戸で酒はほとんど飲めず、高知時代はそのことで歯がゆい思いをすることも多かったという。しかもおっちょこちょいな性格の持ち主で、『笑っていいとも!』内の「いいとも選手権」で、健康シート(イボイボの足つぼを刺激するマット)をバケツを持って走る競技をしている最中、張り切って走ったとたんに、マットの上で転び、会場は大爆笑になった。1999年、親友である橋爪功と『京都迷宮案内』にて共演。新聞記者や第2シーズンからは府警総務部長の役どころで、同じ下宿に住み、橋爪とのやり取りが好評。レギュラーとして定着し、現在もシリーズ継続中。2008年4月6日では、春の交通安全週間のパレードで、神田署長を演じている由縁から東京湾岸警察署の一日署長として任命されたことがあった。』


1941年 - 桜井孝雄、プロボクサー

『桜井 孝雄(さくらい たかお、男性、1941年9月25日 - )は、日本の元プロボクサー。千葉県佐原市(現・香取市)出身。佐原高校〜中央大学卒業。東京オリンピックのバンタム級金メダリスト。OBF東洋バンタム級王者。卓越したセンスと技術を持ち、金メダリストとして鳴り物入りでプロ入りしたものの、ボクシングに対しクール過ぎる性格が災いし「安全運転」と称された消極的ボクシングを展開。当時のバンタム級がファイティング原田を始めとする強豪揃いであったことも影響し、世界王座に手が届くことはなかった。しかしながら、現在でも、オリンピックでボクシングの金メダルを獲得した日本人は、彼1人しかいない。』


1941年 - 古川タク、アニメーション作家

『古川 タク(ふるかわ たく、本名:古川 肇郁(ふるかわ ただいく)、1941年9月25日 - )は、三重県上野市(現・伊賀市)出身の日本の男性アニメーション作家、イラストレーター、絵本作家である。三重県立上野高等学校、大阪外国語大学イスパニア語学科卒業。日本アニメーション協会理事。【来歴・人物】:アニメーションからイラスト、漫画と活躍は多岐に渡る。個人製作によるシンプルな画風ととぼけたユーモアのアニメーションで世界的な評価を受けた。線画タッチの作品が多いのはソール・スタインバーグの影響。日本ではNHKの『みんなのうた』で定期的に作品を発表の場とした。技法の面では、1830年代初頭のヨーロッパで発明されたアニメーションの元祖ともされる「フェナキスティスコープ(Phenakisti-Scope)」を復興。絵を描いた円盤を回転させる原理というは分かっていたものの、具体的な製作方法が不明だったフェナキスティスコープを試行錯誤の末に再現することに成功して、1974年に「おどろき盤」と名付けた。これを用いたアニメ『驚き盤』で、1975年にアヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞を受賞した。フェナキスティスコープ、ゾートロープを用いたジャンルでは第一人者である。手塚治虫に憧れて、三重県での高校時代から漫画を描き始める。大学在学中は大阪外国語大学に籍を置きつつ、上京して、TCJ(現・エイケン)で働いた。テレビアニメ『鉄人28号』の制作初期に参加したという。当時の日本は個人作家によるアートアニメーションの勃興期でもあり、古川も、和田誠と柳原良平によるCMアニメーションや、上映会で見たノーマン・マクラレンの『線と色の即興詩』や久里洋二の『人間動物園』などに魅せられて、アートアニメーションの世界を志すようになる。大学卒業後の1964年に久里洋二が主宰する洋二実験漫画工房へ入社し、本格的にアニメーション技術を学び始める。この頃、横尾忠則、和田誠、宇野亜喜良、伊坂芳太良のアニメーションを手伝ったことは良い経験になったという。洋二実験漫画工房に3年余り在籍した後、1968年に独立。個人で自費出版をしたり個展を開催、小さなイラストの仕事をこなしながらアニメーションを自主製作した。1969年にアヌシー国際アニメーション映画祭に出品した『牛頭』が入選したことで、やがてNHKから『みんなのうた』のアニメーション制作の依頼、雑誌「話の特集」「平凡パンチ」のイラストの仕事が舞い込むようになり、仕事の拠点として1970年にタクン実験漫画BOXを設立。』


1944年 - マイケル・ダグラス、俳優

『マイケル・ダグラス(Michael Douglas、本名:Michael Kirk Douglas、1944年9月25日 - )はアメリカ合衆国の俳優・プロデューサー。俳優のカーク・ダグラスの息子である。【来歴】:ニュージャージー州出身。父方の祖父母はベラルーシ(当時はロシア帝国)からの移民でユダヤ系。母親はバミューダ諸島出身の女優Diana Dill。カリフォルニア大学で学ぶ傍ら演劇の訓練も受け、助監督として映画界に入ったが、俳優に転向。1972年から放映されたテレビシリーズ『サンフランシスコ捜査線』で評価されるようになる。1975年には『カッコーの巣の上で』でプロデューサーを務め、作品賞を受賞した。1987年、『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞。2004年のゴールデン・グローブ賞では、功労賞であるセシル・B・デミル賞を受賞するが、この賞は父カーク・ダグラスも受賞しており、史上初の親子2代での受賞となった。ミソジニー的な傾向があると指摘されている『危険な情事』、『ローズ家の戦争』、『氷の微笑』、『ディスクロージャー』等に主演しており、女性に翻弄される保守的な男性を演じる役柄が多い。俳優以外では政治活動、特に反原発活動家として知られている。原子力事故を描いた映画『チャイナ・シンドローム』を製作、出演した。また、国連平和大使にも任命されている。2008年アメリカ合衆国大統領選挙の前年には、ヒラリー・クリントン支持を表明していた。』


1947年 - 弦哲也、作曲家

『弦 哲也(げん てつや、本名:田村正稔(たむら まさとし)、1947年9月25日 - )は、日本の作曲家である。作曲した作品数は2000曲を超える。日本作曲家協会常務理事。千葉県銚子市出身。【略歴】:1965年8月、東芝レコードから“田村進二”として歌手デビュー。1968年、“弦哲也”と改名。苗字は好きなギターの弦に因み名付けられた。名前はなかなか名案が浮かばずに“徹夜”してしまったことから“哲也”に決めたと云う。1976年、将棋棋士・内藤國雄に提供した「おゆき」で、作曲家としてもデビュー。1986年、作曲活動に専念。1999年12月、第41回日本レコード大賞吉田正賞を受賞。2005年3月、音楽生活40周年記念アルバム『弦点回帰~弦哲也自作自演集~』を発売。2005年12月、『弦点回帰~弦哲也自作自演集~』で第47回日本レコード大賞企画賞を受賞。』


【PS.プッハーーー!#≧ω)ノいやぁ~、楽しんでみてるだけなのにいつの間には歴史の勉強までしているというありがたいプロフですね♪今日は、テレビでプロボクサーの亀田の試合(手数が少なすぎる)・総合格闘技と日ハムXソフトバンク戦(ソフトバンク勝利)と志村動物園(動物の赤ちゃんが可愛すぎる♪)見ながら、プロフを見てましたぁ。。。演歌の作曲家として大御所のイメージがある☆「弦哲也」までで目がどうやってもぼやけすぎるので終了。相変わらず現在の著名な方の情報が僕には身につけれない様で(汗)でもテレビ・ラジオ・ネット・新聞で大体最近の事情はわかるから。。。いいいよね?・・・じゃあまた明日ぅーノ(≧p≦;)ヽあ、下記も著名揃い!今すぐチェーーーック(汗▽汗#)ヽ】


1948年 - 辻本章次、プロボクサー

1950年 - 木内みどり、女優

1951年 - マーク・ハミル、俳優

1952年 - クリストファー・リーヴ、俳優(+ 2004年)

1952年 - 伊藤泰憲、元プロ野球選手

1953年 - リチャード・デービス、元プロ野球選手

1955年 - カール・ハインツ・ルンメニゲ、ドイツの元サッカー選手

1955年 - 松田美智子、料理研究家

1957年 - 金子光伸、子役、俳優(+ 1997年)

1958年 - 森岡正博、哲学者

1960年 - 久和ひとみ、ニュースキャスター(+ 2001年)

1960年 - 多田かおる、漫画家(+ 1999年)

1961年 - 清水治美、元プロ野球選手

1961年 - トレイシー・ウィルソン、フィギュアスケート選手

1961年 - 中村貴子、歌手、ラジオパーソナリティ

1964年 - 井上喜久子、声優

1965年 - スコッティ・ピッペン、バスケットボール選手

1965年 - 豊原功補、俳優

1965年 - 内山正博、元プロ野球選手

1965年 - 長谷川健太、J1 ・清水エスパルス監督、元サッカー選手

1966年 - スタニスラフ・ブーニン、ピアニスト

1966年 - 沼田識史、現代美術家

1968年 - ウィル・スミス、俳優、ラップ・ミュージシャン

1968年 - レジー・ジェファーソン、元プロ野球選手

1969年 - キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、女優

1970年 - アジャ・コング、プロレスラー

1970年 - 清水美沙、女優

1971年 - 佐伯美香、ビーチバレー選手

1971年 - リサ・ステッグマイヤー、タレント

1972年 - 酒井宏之、元ラグビー選手・現俳優

1973年 - 田中学、地方競馬騎手

1974年 - 小口絵理子、アナウンサー

1974年 - 杉本理恵、アイドル、歌手、女優

1974年 - 堀口文宏、お笑いタレント(あさりど)

1975年 - 早坂好恵、タレント

1976年 - 白鳥マイカ、シンガーソングライター

1976年 - チャンシー・ビラップス、NBAバスケットボール選手

1977年 - 伊地知潔、ミュージシャン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

1978年 - 前川勝彦、元プロ野球選手

1978年 - ヨレルビス・チャルレス、野球選手

1979年 - 安永知澄、漫画家

1979年 - ミケーレ・スカルポーニ、ロードレース選手

1980年 - 大櫛エリカ、タレント

1980年 - 網野友雄、バスケットボール選手

1980年 - T.I.、ラッパー

1981年 - 内山信二、タレント

1981年 - MEGUMI、タレント

1981年 - 大和田悠太、俳優

1982年 - 中野吏深、タレント、レースクイーン

1982年 - エリオ・ロハス、プロボクサー

1983年 - 徳永悠平、サッカー選手

1984年 - 松田園子、ファッションモデル

1984年 - テオドラ・ポシュティッチ、フィギュアスケート選手

1984年 - KENJI03(BACK-ON)、ミュージシャン

1985年 - 三村恭代、女優

1986年 - エリーローズ、ファッションモデル

1987年 - 時東ぁみ、タレント、グラビアアイドル

1988年 - 南谷結、ファッションモデル

1988年 - 伊瀬茉莉也、声優

1990年 - 浅田真央、フィギュアスケート選手

1992年 - キオーナ・マクラフリン、フィギュアスケート選手

1993年 - 菅野莉央、女優

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/25 23:22 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。