スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月21日の誕生花は「イヌサフラン(Autumn Crocus)」で花ことばは「悔いなき青春(Youth without regrets)」。花占いは?


「イヌサフラン(Autumn Crocus)」はユリ科でヨーロッパが原産国です。



「メドゥ・サフラン」とも呼ばれています。花がクロッカスに似ているので、「秋のクロッカス」の別名も。



葉が無く、花だけの姿から「シュミーズのない女たち」「丸裸の尻」「裸の女」など、エロティックな呼び方もされています。種子は毒素を含んでいます。神経をさいなみ、見るも無残に体を膨れ上がらせるとか。この毒素コルヒチン(※ コルヒチンとはユリ科のイヌサフランの種子や球根に含まれるアルカロイドで、リウマチや痛風の治療に用いられてきたが、毒性も強く下痢や嘔吐などの副作用を伴う。現在は主に痛風に用いられる。また種なしスイカの作出にも用いられる。)を少々用いて、痛風の薬にしたという話もあります。



半日陰でも育つので、室内でも栽培できます。





誕生花は「イヌサフラン(Autumn Crocus)」。

花ことばは「悔いなき青春(Youth without regrets)」。

【9月21日の花占いは?】



あなたは輝ける青春時代を過ごす人。ただ流されるのが嫌で、何をすべきか真剣に考えてきましたね。愛する人と素晴らしい思い出を共有するようにしましょう。生涯、語り合えるような思い出を持つようにしないと、ふたりは別の人生を送ることになりかねません☆

【9月21日生まれの著名人は?】



1411年 - リチャード・プランタジネット、第3代ヨーク公・軍人(+ 1460年)

『第3代ヨーク公リチャード・プランタジネット(Richard Plantagenet, 3rd Duke of York, 1411年9月21日 - 1460年12月30日)は、イングランドの貴族で軍人である。プランタジネット家の血を引く王室の一員であり、百年戦争末期のフランス戦場では軍司令官として、ヘンリー6世の精神錯乱期には摂政として、ランカスター朝に仕えた。後にリチャードは王位を求めてヘンリー6世に反旗を翻し、これを契機に薔薇戦争が勃発した。ノーサンプトンの戦いでランカスター派を破ったリチャードはヘンリー6世に次期王位継承者に指名させるまでに至ったが、ウェイクフィールドの戦いで敗死した。自身は国王になれなかったが、息子のうちエドワード4世とリチャード3世がそれぞれ国王になった。【実像】:ヨーク公リチャードには、当時の肖像画がない。また、彼の親族は(もしくは敵も)誰も伝記を残していない。残っているのは彼の行動と、両陣営のプロパガンダの記録だけである。したがって、これらの不十分な史料から彼の意図を推測することしかできない。即位目前まで来て、数ヵ月後には息子エドワードが国王に即位する事を知らないまま死んだヨーク公だが、それでもその時のヨーク公の意図については見解が分かれている。彼は王位を欲していたのか。ランカスター派の対応や、ランカスター派に対する敵意は、他の選択の余地が無いほどだったのか。ウォリック伯との同盟が決定的だったのか。それとも単に場当たり的な行動を続けただけなのか。』


1415年 - フリードリヒ3世、神聖ローマ皇帝(+ 1493年)

『フリードリヒ3世(Friedrich III., 1415年9月21日 - 1493年8月19日、ドイツ王在位:1440年 - 1493年、皇帝在位:1452年 - 1493年)は、ハプスブルク家出身の神聖ローマ皇帝。オーストリア公エルンスト(鉄公)とツィンバルカ・マゾヴィエツカの間に生まれた。又従兄のドイツ王アルブレヒト2世の急死後に皇帝位についた。優れた人物とは言い難かったが、長寿や敵対者たちの急死という幸運が連続し、またドイツやイタリアなどオーストリア国外への統率力が弱体化したことが、かえってハプスブルク家の地盤を強化させたと言える。【総括】:フリードリヒ3世は一見、凡庸な君主であったが、敵対者はことごとく都合良く死亡し、長生きと悪運の強さで、自発的には何もしないままハプスブルク家の繁栄の基礎を築き上げた。これには暗殺説がつきまとうほどである。また、ルドルフ4世(建設公)の「大特許状」を帝国法に組み込んだのはこのフリードリヒ3世で、以後ハプスブルク家は非常に大きな権利を得た。「大特許状」には「オーストリアは皇帝が介入できない永遠の封土であり、オーストリア大公は皇帝の助言者で、彼の知らないところではいかなる決定も下せない。オーストリアはあらゆる帝国税が免除されるが、帝国はオーストリアの安全を守る義務がある。オーストリアは義務で帝国に属しているのではなく、帝国に頼まれて帝国の臣になっている。」などとあり、ハプスブルク家が以後帝位を独占する一つの要因となるものであった。建設公の詐称に始まる「大公」の称号も、帝国法によって正式のものとなった。1442年、フリードリヒ3世はフランクフルト帝国議会である法律を発布するが、この時の法律第17条冒頭に「神聖ローマ帝国とドイツ国民」といった表現が登場する。ここから次第に、「神聖ローマ帝国」という国号に「ドイツ国民」という言葉が付加されるようになる。このことはつまり、その帝国の支配領域がドイツに限られてきたということを追認せざるを得なくなった訳で、1486年に使用された「ドイツ国民の神聖ローマ帝国」は少なくともこの意味だった。歴代の皇帝が夢見てきた西ヨーロッパ全体の支配という目的を公式に放棄したことがここからわかる。』


1452年 - ジロラモ・サヴォナローラ、ドミニコ会修道士(+ 1498年)

『ジロラモ・サヴォナローラ(Girolamo Savonarola 1452年9月21日 - 1498年5月23日)はフェラーラ生まれ、ドミニコ会(※ ドミニコ会とは、1216年にローマ教皇ホノリウス3世によって認可されたカトリックの修道会。正式名称は「説教者修道会」(Ordo fratrum Praedicatorum)で、略号は OP。)の修道士。フィレンツェ共和国で神政政治(神権政治)を行った。宗教改革の先駆と評価されることもある。』


1622年(元和8年8月16日) - 山鹿素行、儒学者(+ 1685年)

『山鹿 素行(やまが そこう、元和8年8月16日(1622年9月21日) - 貞享2年9月26日(1685年10月23日))は、江戸時代前期の日本の儒学者・軍学者。山鹿流兵法及び古学派の祖である。諱は高祐(たかすけ)、また義矩(よしのり)とも。字は子敬、通称は甚五右衛門。因山と号し、また素行と号した。【経歴】:浪人の山鹿貞以を父に陸奥国会津(福島県会津若松市)に生まれる。寛永5年(1628年)に6歳で江戸に出る。寛永7年、9歳のとき大学頭を務めていた林羅山の門下に入り朱子学を学び、15歳からは小幡景憲、北条氏長の下で軍学を、廣田坦斎らに神道を、それ以外にも歌学など様々な学問を学んだ。朱子学を批判したことから播磨国赤穂藩へお預けの身となり、そこで赤穂藩士の教育を行う。後年元禄赤穂事件(※ 元禄赤穂事件(げんろく あこうじけん)とは江戸時代中期に発生した赤穂浪士による吉良上野介義央及びその家人の殺害事件をいう。この事件は一般に「忠臣蔵」の名でも知られているが、この名称は本件を題材とした人形浄瑠璃と歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』の通称、およびそこから派生したさまざまな作品群の総称であり、本件自体を指す語ではない。)で有名になった赤穂藩国家老の大石内蔵助良雄も門弟の一人である。この事件以後、山鹿流には「実戦的な軍学」という評判が立つことになる。延宝3年(1675年)許されて江戸へ戻り、その後の10年間は軍学を教えた。その教えは、後代の吉田松陰などに影響を与えている。墓所は東京都新宿区弁天町1番地の曹洞宗宗参寺にある。<<名言:「常の勝敗は現在なり」>>なお、素行が平戸藩主松浦鎮信と親しかった縁で、一族の山鹿平馬は明暦元年(1655年)に松浦家に召し抱えられ、後に家老となっている。』


1640年 - フィリップ1世、オルレアン公(+ 1701年)

『フィリップ1世(Philippe de France, duc d'Orléans, 1640年9月21日 - 1701年6月8日)は、フランス王ルイ13世と王妃アンヌ・ドートリッシュの次男で、ルイ14世の弟。オルレアン公。ブルボン=オルレアン家(単にオルレアン家として知られる)の初代当主。【生涯<幼少期・青年期>】:出生と同時にアンジュー公の称号を得る。叔父ガストンが亡くなるとオルレアン公の称号も手にすることになる。6歳ごろまではルイ14世と比べて少々女々しい性格を作るために、時折女装をさせていたが、幼少期からドレスを着ることに興味を持つようになる。この事は家庭教師により国王に伝えられている。フィリップの女装好きは成人しても続き、女性のように指輪やブレスレットを身につけ、リボンやレースで身を美々しく装うことを好んだ。2番目の妻であるリーゼロッテは「公爵はダンスが上手だが、女性側の踊り方で踊る。彼は女性のようなハイヒール靴を好むので、男性側として上手に踊れなかった」と記している。』


1706年 - ポリッセナ・ダッシア=ローテンブルグ、サルデーニャ王妃(+ 1735年)

『ポリッセナ・クリスティーナ・ダッシア=ローテンブルグ(Polissena Cristina d'Assia-Rotenburg, 1706年9月21日 - 1735年1月13日)は、サルデーニャ王カルロ・エマヌエーレ3世の2度目の妃。ドイツ語名ポリクセナ・フォン・ヘッセン=ローテンブルク=ラインフェルス(Polyxena von Hessen-Rotenburg-Rheinfels)。ヘッセン=ローテンブルク辺境伯エルンスト・レオポルトと妃エレオノーレの長女として、ランゲンシュヴァルバッハ(現バート・シュヴァルバッハ、ヘッセン州)で生まれる。1724年、トルンでカルロ・エマヌエーレと結婚、6子をもうけた。』


1791年 - セーチェーニ・イシュトヴァーン、ハンガリー王国の政治家(+ 1860年)

『セーチェーニ・イシュトヴァーン(Széchenyi István, 1791年9月21日 - 1860年4月8日)は、19世紀前半に活躍したハンガリーの自由主義貴族。政治家。ブダペストを代表する観光名所であるセーチェーニ鎖橋(※ セーチェーニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd)はハンガリーの首都・ブダペストを流れるドナウ川に架かる吊り橋である。全長375メートル。ブダペストのドナウ川で最初に架かった橋であり、西岸のブダ地区と東岸のペスト地区を結んでいる。)は、彼の名をとって付けられたものである。【生涯】:国立セーチェーニ図書館の生みの親として知られているセーチェーニ・フェレンツ伯の息子として生まれた。ナポレオン戦争にも参加している。一時は青年期に放蕩生活を続けるが、やがてハンガリーへの民族愛にかられ、ハンガリーの近代化に力を注ぐようになる。ハンガリー科学アカデミーの創設に理念、資金面で全面的に協力した。』


1819年 - ルイーズ・ダルトワ、パルマ公カルロ3世の妃(+ 1854年)

『ルイーズ・マリー・テレーズ・ダルトワ(Louise Marie Thérèse d'Artois, 1819年9月21日 - 1864年2月1日)は、復古ブルボン朝期のフランスの王族。シャルル10世の次男シャルル・フェルディナン・ダルトワとその妻両シチリア公フランチェスコ1世の娘マリー・カロリーヌの長女で、弟にフランス王位請求者アンリ・ダルトワ(シャンボール伯)がいる。イタリア名はルイーザ・マリア(Luisa Maria)。1845年にパルマ公カルロ3世と結婚し、4人の子供をもうけた。1854年に夫のカルロ3世が暗殺された後、息子のロベルト1世の摂政となるが、1859年に起こった第二次イタリア独立戦争(イタリア統一運動)により、息子とともにその地位を追われると、オーストリアの保護を求めてヴェネツィアに逃がれた。その後、様々な復権運動が起きたものの、全て失敗に終わり、1864年にヴェネツィアで死去した。』


1832年 - ルイ・ポール・カイユテ、フランスの物理学者(+ 1913年)

『ルイ・ポール・カイユテ(Louis Paul Cailletet、1832年9月21日 – 1913年1月5日)はフランスの物理学者、発明家である。1877年に断熱膨張による低温化により気体の液化に成功した。ブルゴーニュのシャティヨン・シュル・セーヌ(en:Châtillon-sur-Seine)に生まれた。パリ国立高等鉱業学校で学んだ後、父親の鉄工所で働き、実験室を作った。気体の圧縮性に興味を持ち1877年に高圧をかけた気体を膨張させることによって温度を低下させる方法で二酸化窒素の液化に成功し、同じ年に液化酸素の液化に成功した。気体の液化は同じ1877年にスイスのラウール・ピクテも高圧をかける方法で成功している。この業績でカイユテとピクテは1878年にデービーメダルを受賞した。カイユテは1884年に科学アカデミーの会員になった。小惑星(13219)カイユテ (Cailletet)に命名された。』


1840年 - ムラト5世、第33代オスマン帝国スルタン(+ 1904年)

『ムラト5世(Murat V, 1840年9月21日 - 1904年8月29日)はオスマン帝国の皇帝。第33代皇帝(在位: 1876年5月30日 - 1876年8月31日)。第31代皇帝のアブデュルメジト1世の長男。叔父の第32代皇帝アブデュルアズィズの退位の後に皇帝に即位した。1867年のアブデュルアズィズの西欧旅行に随行した経験を持ち、ヨーロッパの事情に明るい人物としてミドハト・パシャらから期待されていた。またムラト自身も「新オスマン人」と呼ばれる立憲派と親しい関係を持ち、時には彼らに援助を与えるようなこともあったとされる。このような立憲派との関係がアブデュルアズィズに警戒され、長年にわたって皇帝に監視される生活を送ることとなった。このような生活の中で酒浸りとなったことから精神を病み、即位後も治癒することなく在位93日で退位させられた。弟であるアブデュルハミト2世がその後を継いだ。退位後はイスタンブルのチュラーン宮殿に幽閉された。』


1842年(天保13年8月17日) - 林有造、政治家(+ 1921年)

『林 有造(はやし ゆうぞう、天保13年8月17日(1842年9月21日) - 大正10年 (1921年)12月29日)は、日本の武士、政治家。自由民権運動家。逓信大臣、農商務大臣などを歴任。位階勲等は従二位勲四等。幼名を助次。実名は包直。梅渓と号した。【生涯】:天保13年8月17日(1842年9月21日)土佐国宿毛に安東家の家臣岩村英俊の二男として生まれる。幼年期に林茂次平の養子になる。兄に岩村通俊、弟は岩村高俊である。板垣退助の配下として戊辰戦争では、越後に転戦し、明治維新後は、初代の高知県県令をつとめるが、板垣が参議を辞任したのに合わせて辞職。西南戦争に呼応して明治10年(1878年)8月、土佐で政府転覆を企て挙兵しようとし、逮捕、入獄する。(立志社の獄)。出獄後、板垣に協力して自由党結成に尽力する。自由党土佐派の領袖として党内に影響力を持つ。明治23年(1890年) 第1回衆議院議員総選挙に立候補し当選し、以後8回当選。明治31年(1898年)第1次大隈内閣(隈板内閣)で逓信大臣を勤めた。また、明治33年(1900年)には第4次伊藤内閣の農商務大臣として入閣した。明治41年(1908年) 政界を引退。余生を郷里の宿毛で送る。大正3年(1914年) 日本の飛行機製作のパイオニアである同郷の伊賀氏広の世話のもと、予土水産株式会社を設立、真珠養殖業を起こす。また、林新田、片島港を開発するなど故郷の発展に尽力した。大正10年(1921年)12月29日 死去。享年80。墓所は高知県宿毛市。吉田内閣の副総理・衆議院議長などを歴任した林譲治は次男。A級戦犯として逮捕された司法大臣岩村通世は甥。参議院議員、第2次中曽根内閣の労働大臣の林迶は孫にあたる。』


1842年 - アブデュルハミト2世、第34代オスマン帝国スルタン(+ 1918年)

『アブデュルハミト2世(II. Abdülhamit, 1842年9月21日 ‐ 1918年2月10日)は、オスマン帝国の第34代皇帝(在位: 1876年 ‐ 1909年)。第31代皇帝・アブデュルメジト1世の子で、第33代皇帝・ムラト5世の弟。【露土戦争と憲法の停止】:即位して間もない1877年4月に露土戦争が始まる。戦争はオスマン帝国の敗北に終わり、1878年のロシアとの講和条約(サン・ステファノ条約)でセルビア・モンテネグロ・ルーマニアの独立とブルガリアへの自治権付与を認めざるを得なくなってしまう。ただし、このような状況はヨーロッパ各国のロシアの南下政策に対する警戒感を招き、改めて戦後処理と調整の場としてベルリン会議が開催されることとなった。会議の結果、マケドニアはオスマン帝国に返還されることになったものの、オスマン帝国がバルカン半島における領土の多くを失ったことに変わりはなく、帝国の重心は徐々にアナトリアに移ることになる。既に開戦前にミドハト・パシャは憲法の君主大権に基づいて大宰相を罷免され、国外追放に処されていた。また1877年に開会された議会では、オスマン帝国にとって不利な戦況に対して容赦のない政府への批判が繰り返された。1878年2月、これらの批判に業を煮やしたアブデュルハミト2世は非常事態を口実に憲法を停止し、議会(下院)も閉鎖してしまう。こうして第一次立憲制は終焉をむかえ、以後30年に及ぶ専制体制が始まることになる。』


1845年 - アウグスト・ウィルヘルミ、ドイツのヴァイオリニスト(+ 1908年)

『アウグスト・ヴィルヘルミ(August Wilhelmj, 1845年9月21日 ウーズィンゲン - 1908年1月22日 ロンドン)はドイツのヴァイオリニスト。アウグスト・ウィルヘルミ、オーギュスト・ヴィルヘルミとも表記される。後には、『G線上のアリア』という愛称で知られるJ・S・バッハの『管弦楽組曲第3番』第2楽章のヴァイオリンとピアノのための編曲でも有名になった。弟子の中にアメリカのヴァイオリニスト、ナハン・フランコがいる。』↓和むぅ~♪~




Bach und Wilhelmj: Air auf der G-Saite



1853年 - ヘイケ・カメルリング・オネス、オランダの物理学者(+ 1926年)

『ヘイケ・カメルリング・オネス(Heike Kamerlingh Onnes, 1853年9月21日-1926年2月21日) はオランダの物理学者である。日本ではカーメルリング・オンネス、カマリン・オンネス、カマリン・オネスなど様々にカナ表記されている。ヘリウムの液化に成功、超伝導の発見など、低温物理学の先駆者として知られている。1913年に「低温における物性の研究、特にその成果である液体ヘリウムの生成」により、ノーベル物理学賞を受賞した。』


1853年 - エドモンド・レイトン、イギリスの画家(+ 1922年)

『エドモンド・ブレア・レイトン(Edmund Blair Leighton:1853年9月21日 - 1922年9月1日)はイギリスの画家。ヴィクトリア朝特有の甘美な画風が特徴。中世の騎士をモチーフにした作品も多い。』


1866年 - ハーバート・ジョージ・ウェルズ、イギリスのSF作家(+ 1946年)

『ハーバート・ジョージ・ウェルズ(Herbert George Wells, 1866年9月21日 - 1946年8月13日)は、イギリスの著作家。小説家としてはジュール・ヴェルヌとともに「SFの父」と呼ばれる。社会活動家や歴史家としても多くの業績を遺した。H・G・ウエルズ、H.G.ウェルズ等の表記あり。【ウェルズが影響を与えた主な人物、作品】:◆ホルヘ・ルイス・ボルヘス - 『タイム・マシン』から着想を得た評論『コールリッジの夢』や、『水晶の卵』に着想を得た『アレフ』を執筆。ボルヘスが編纂した叢書〈バベルの図書館〉の1冊にもウェルズが選ばれている。◆オラフ・ステープルドン - 『世界史大系』から着想を得た年代記『最後と最初の人間』を執筆。◆オーソン・ウェルズ - 『宇宙戦争』から着想を得たラジオ番組『宇宙戦争 (ラジオ)』を制作。◆C・S・ルイス - 『別世界物語』において、ウェルズのカリカチュアである科学者を登場させた。◆A・A・ミルン - 子供時代にウェルズの教えを受け、当時のウェルズについて自伝で回想している。◆アーサー・C・クラーク - 『めずらしい蘭の花が咲く』から着想を得た『尻込みする蘭』や、『月世界最初の人間』から登場人物の名を借りた『登ったものは』を執筆(『白鹿亭綺譚』所収)。◆アーノルド・J・トインビー - 『世界史大系』から着想を得た『歴史の研究』を執筆。◆ジョン・クリストファー - 『宇宙戦争』から着想を得た『三本足シリーズ』を執筆。◆クリストファー・プリースト - 『タイム・マシン』と『宇宙戦争』から着想を得た『スペース・マシーン』を執筆。◆K・W・ジーター - 『タイム・マシン』から着想を得た Morlock Night を執筆。◆ジーン・ウルフ - 『モロー博士の島』を子供時代に愛読し、のちに『デス博士の島その他の物語』を執筆。◆ブライアン・W・オールディス - 『モロー博士の島』から着想を得た Moreau's Other Island を執筆。また『十億年の宴』ではウェルズの作品を論じている。◆横田順彌 - 『宇宙戦争』から着想を得た『火星人類の逆襲』を執筆。◆スティーヴン・バクスター - 『タイム・マシン』をはじめいくつかのウェルズ作品から着想を得た『タイム・シップ』を執筆。この小説は、ウェルズの遺族から『タイム・マシン』の正式な続編と認められている。』


1866年 - シャルル・ニコル、フランスの細菌学者(+ 1936年)

『シャルル・ジュール・アンリ・ニコル(Charles Jules Henri Nicolle、1866年9月21日-1936年2月28日)はフランスの細菌学者。1928年にノーベル生理学・医学賞[受賞理由は、「発疹チフスに関する研究」]を受賞した。パリにほど近いフランスのルーアンで生まれ育つ。1892年にパリのパスツール研究所に所属し、1893年に医学の学位を取得。専門は細菌学。同年ルーアン医学校の教授となり、1902年まで在職した。1896年には細菌学研究所の所長となる。その後、1903年から1936年まで当時のフランス植民地チュニスのパスツール研究所所長となる。ノーベル賞受賞のきっかけとなった研究はチュニスにおけるものである。1932年コレージュ・ド・フランスの教授に就く。1936年、チュニスにおいて死去。ニコルはチュニスにおいて発疹チフスが風土病となっていることに気づいた。発疹チフスは伝染性が強く恐れられていたが、いったん病院に入院すると感染しないことが分かった。院内と院外の条件を比較した結果、患者の衣服に問題があると推論し、衣服に付くシラミに着目した。「ニコルはチンパンジーやモルモットを用い、患者から採取したシラミに接触すると発疹チフスを発病することを1909年に確認」した。ニコルの発見は1914年に始まった第一次世界大戦で発疹チフスを予防するために役立った。発疹チフスのほか、麻疹やマルタ熱(地中海胃性弛張熱)に関する業績もある。』


1867年 - ヘンリー・スティムソン、アメリカの政治家・フィリピン総督・国務長官(+ 1950年)

『ヘンリー・ルイス・スティムソン(Henry Lewis Stimson, 1867年9月21日 - 1950年10月20日)は、陸軍長官、フィリピン総督および国務長官を務めたアメリカの政治家である。保守的な共和党員であり、ニューヨーク市の弁護士でもあった。スティムソンは、ナチス党政権下のドイツに対する攻撃的な姿勢のために、陸軍とその一部である陸軍航空軍の責任者に選ばれ、第二次世界大戦期における民間人出身の陸軍長官として最もよく知られている。1,200万人の陸軍兵と航空兵の動員と訓練、国家工業生産の30%の物資の購買と戦場への輸送、日系人の強制収容の推進、また原子爆弾の製造と使用の決断を管理した。』


1868年 - オリガ・クニッペル、ロシアの女優(+ 1959年)

『オリガ・レオナルドヴナ・クニッペル (Olga Leonardovna Knipper ,ロシア語: Ольга Леонардовна Книппер-Чехова, 1868年9月21日 - 1959年3月22日)は、ロシアの俳優。帝政時代からソヴィエト連邦時代まで活躍した。小説家・劇作家アントン・チェーホフの妻として知られる。オリガは、1898年にコンスタンチン・スタニスラフスキーらが設立したモスクワ芸術座の、39人の設立時メンバーの一人である。アントン・チェーホフの戯曲『かもめ』(1898年)のアルカージナ役、『三姉妹』(1901年)初演時のマーシャ役、『桜の園』のラネーヴスカヤ夫人役を演じた。1943年のモスクワ芸術座『桜の園』300回記念公演で、再びラネーヴスカヤ夫人役を演じた。ドイツの俳優オルガ・チェーホヴァは姪であり、ソヴィエトの作曲家レフ・クニッペルは甥にあたる。』↓レフ・クニッペル作曲。有名ですね♪~




★★ أغنيه فيروز للموسيقار العالمى _أندريه ريو ★★



1874年 - グスターヴ・ホルスト、イギリスの作曲家(+ 1934年)

『グスターヴ・ホルスト(Gustav Holst/Gustavus Theodore von Holst, 1874年9月21日 - 1934年5月25日)は、イギリスを代表する作曲家の一人である。最も知られた作品は、管弦楽のために書かれた『惑星』(The Planets)であるが、全般的に合唱のための曲を多く遺している。またイングランド各地の民謡や東洋的な題材を用いた作品、吹奏楽曲でも知られる。』↓日本でも愛され、ジュピターは「平原綾香」が歌った事でも有名ですねん♪~




Gustav Holst - The Planets - Jupiter, the Bringer of Jollity



1882年 - 坂東三津五郎 (7代目)、歌舞伎役者(+ 1961年)

『七代目 坂東 三津五郎(しちだいめ ばんどう みつごろう、1882年(明治15年)9月21日 - 1961年(昭和36年)11月4日)は、歌舞伎役者。本名は守田 壽作(もりた じゅさく)、屋号は大和屋、定紋は三ツ大。俳名に是好がある。妹に三代目坂東玉三郎、弟に十三代目守田勘彌がいる。【略歴】:新富座座元の十二代目守田勘彌の長男として東京に生まれる。明治22年 (1889) 10月、桐座『伊達競阿國歌舞伎』の鶴千代で二代目坂東八十助を襲名して初舞台。明治39年 (1906) 4月歌舞伎座『盲長屋梅加賀鳶』(加賀鳶)の兼五郎で七代目坂東三津五郎を襲名する。その後六代目尾上菊五郎、初代中村吉右衛門などの相方を多く勤めた。昭和23年 (1948) 日本芸術院会員に就任。昭和32年 (1957) 9月、歌舞伎座『寒山拾得』の舞台で倒れ、これが最後の舞台となって4年後に死去。死の前年の昭和35年 (1960) には文化功労者および人間国宝にも認定されている。』


1884年 - 有田八郎、外交官・政治家・外務大臣(+ 1965年)

『有田 八郎(ありた はちろう、1884年(明治17年)9月21日 - 1965年(昭和40年)3月4日)は、新潟県佐渡郡真野町(のち佐渡市)出身の外交官、政治家。貴族院勅選議員、衆議院議員1期(第26回)。号は澤農。【人物】:山本家に生まれ、有田家の養子となった。実兄の山本悌二郎は立憲政友会所属の政党政治家で、田中義一内閣及び犬養内閣で農林大臣を務めたことで知られている。戦前は「欧米協調派」に対する「アジア派」の外交官として知られ、近衛内閣時代に東亜新秩序の建設表明をした。日独伊三国同盟には最後まで反対したが戦後は公職追放。追放解除後は革新陣営に属し日本の再軍備に反対したことで有名である。』


1889年 - 村松梢風、作家(+ 1961年)

『村松 梢風(むらまつ しょうふう、本名:村松 義一(むらまつ ぎいち)、1889年(明治22年)9月21日 - 1961年(昭和36年)2月13日)は、日本の小説家。静岡県周智郡飯田村(現:森町)生まれ。【経歴】:文筆一族で知られ、長男・村松友吾は中央公論社編集者(早世)、次男・村松道平は脚本家、三男村松喬は作家、四男・村松暎は慶大教授・中国文学者。孫(長男・友吾の実子だが、出産前に友吾が急病のため上海で客死したことから籍は梢風自身の五男として届けた)に村松友視。猫好きで、猫を十数匹も飼っており、「猫好きに関しては、大仏次郎と双璧」といわれた。』


1895年 - ファン・デ・ラ・シェルバ、スペインの航空技術者(+ 1936年)

『フアン・デ・ラ・シェルバ(Juan de la Cierva, 1895年9月21日 - 1936年12月19日)は、スペイン生まれの航空技術者。オートジャイロの発明者であり、スペイン人で初めて人が乗ることのできる自作の飛行機を飛ばした。【生い立ち】:南スペインのムルシアという地方都市の大地主の家に生まれたが、1910年にバルセロナでの飛行機の大衆向け飛行を見てから航空機に興味を持ち、翌年、マドリード技術大学に入学し、複葉機の制作に没頭した。1912年には複葉機を完成させ、1919年に卒業した。卒業後、1919年から1924年までスペイン議会の議員を務めたが、1920年からオートジャイロの製作を始め、1923年には満足した性能を備えるオートジャイロの試験飛行を成功させた。1936年に勃発したスペイン内戦では、反乱軍の側に協力した。しかし、41歳にして旅客機事故で死んでしまった。彼の死後も、彼の開拓した技術はヘリコプターの開発などに生かされた。』


1903年 - プレストン・タッカー、アメリカの発明家(+ 1956年)

『プレストン・トマス・タッカー(Preston Tucker, 1903年9月21日 - 1956年12月26日)はアメリカ合衆国出身の自動車デザイナーである。映画「タッカー」のモデルとなった。【人物】:アメリカ合衆国のミシガンで生まれる。幼いころから車が好きな少年であった。車のセールスマンやデザイナーなどを経た後で、「理想の車を人々に提供する」という大きな夢を持つようになり、自動車製造会社を設立。安全を重視した画期的な乗用車としてタッカー・トーピードを考案して量産化を目指すも、様々な事情で自動車製造会社を倒産してしまうことになった。』


1908年 - 八島太郎、画家・絵本作家(+ 1994年)

『八島 太郎(やしま たろう、本名:岩松 惇(いわまつ あつし)、1908年9月21日 - 1994年6月30日)は、日本とアメリカとで活躍した日本人画家、絵本作家である。鹿児島県肝属郡小根占村(現・南大隅町)出身。作家の伊佐千尋、俳優のマコ岩松は息子。【経歴】:鹿児島県立第二鹿児島中学校(現鹿児島県立甲南高等学校)から東京美術学校に進むが、軍事教練をボイコットしたため退学処分を受ける。その後、日本でイラストレーター・漫画で成功するが、日本の軍国主義に反対したため10回に渡り投獄される。友人であった作家小林多喜二が特高の拷問で死亡した際には、多喜二の死に顔をスケッチする。その後、1939年、芸術を学ぶためニューヨークに渡る。1943年、「The new sun(新しき太陽)」「ブラウン文庫 4827」を刊行したことにより、アメリカ合衆国で「野蛮なサルではない日本人もいる」という記事が載る。第二次世界大戦中は、戦時情報局(OWI)で働き、対日宣伝活動に加わる。沖縄侵攻作戦では、一人でも多くの日本人を救うため、命の重要さを説く詩を書き、戦略爆撃機から投下する沖縄の日本兵へ投降を呼びかけるビラの製作に携わった。戦後、後に俳優として活躍する息子のマコ岩松をニューヨークに連れて行く。ニューヨーク・マンハッタンにおいて、Yashima Studioを立ち上げ、多くのアーティストたちと交流する。1950年代初頭からは子供たちのための絵本の製作も始め、1955年に「Crow Boy(からすたろう)」、1958年に「Umbrella(あまがさ)」、1967年に「The Seashore Story(海浜物語)」でコールデコット賞次席。1972年、第23回フランスデヴィユ国際美術展でグランプリを受賞。』


1909年 - クワメ・エンクルマ、ガーナ初代大統領(+ 1972年)

『クワメ・(エ)ンクルマ(Kwame Nkrumah, 本名:Francis Nwia Kofia Nkrumah 1909年9月21日 - 1972年4月27日)は政治家。ガーナ初代大統領。ガーナの独立運動を指揮し、アフリカの独立運動の父といわれる。マルクス主義者。日本語では姓がンクルマと表記される場合もある。エンクルマは語頭で「ン」を発音することができない英語での読み方。』


1910年 - 中根之、元プロ野球選手

『中根 之(なかね すすむ、1910年9月21日 - 没年不明)は、兵庫県出身のプロ野球選手(外野手)、プロ野球審判員。【来歴・人物】:第一神港商業では第6回選抜中等学校野球大会に出場し、決勝戦で小川年安がいた広陵中を3-1で下してチームは優勝した。卒業後は明治大学へ進学し、1936年に名古屋軍へ入団。初年度の秋季リーグで打率.376を記録し、プロ野球の初代首位打者となった[1]。この記録は1リーグ時代、戦前のプロ野球での最高打率である。また、この時代は2シーズン制だったが、打率.376は現在もシーズン記録では9番目の記録として残っている。1937年にイーグルスへ移籍。この年も打率.308を記録し、リーグ2位の記録だった。1938年の秋季リーグを最後に引退。引退後はプロ野球審判員を務めたが、1963年にジャック・ブルーム(近鉄)に退場を命じた件を巡り、心ないファンから脅迫状が送られてくるなどの嫌がらせもあって審判職を休養、そのまま辞任した。二出川延明が「俺がルールブックだ」という発言をしたとされる試合において、そのきっかけになったジャッジをしたのが中根である。』


1912年 - チャック・ジョーンズ、アメリカのアニメーター(+ 2002年)

『チャールズ・マーティン・’チャック’・ジョーンズ(Charles Martin "Chuck" Jones,1912年9月21日 - 2002年2月22日)は、アメリカ合衆国のアニメーター、漫画家、映画脚本家、プロデューサー、アニメ映画監督であり、担当した作品の大半はルーニー・テューンズやメリー・メロディーズなどワーナー・ブラザースに関係した短編アニメ作品が占めている。『オペラ座の狩人』(1957)や『カモにされたカモ』(1952)(これらの作品は後にアメリカ国立フィルム登録簿に登録された)、ジョーンズ作品で有名な『標的は誰だ』、『ちゃっかりウサギ狩り』、『何のシーズン?』(1951~53)の狩人3部作などといった、バッグス・バニー、ダフィー・ダック、ロードランナー&ワイリー・コヨーテ、ペペ・ラ・ピューとその他大勢のワーナーキャラクターが出演する古典アニメ作品の監督を多く務め、重要な原案者及びストーリーテラーとして君臨した。1962年にワーナーを退社した後、Sib Tower 12 Productions をはじめ、新トムとジェリーシリーズや、ドクター・スースの『グリンチはどうやってクリスマスを盗んだのか』(1966)のアニメ化などといったMGMでの仕事を始めた。後にChuck Jones Productionsという自身のスタジオを作り定期的にルーニー・テューンズに関係した作品を作り続けた。。。おお、この人が♪』


1912年 - シャーンドル・ジェルジ、ハンガリーのピアニスト(+ 2005年)

『シャーンドル・ジェルジ、ジェルジ・シャーンドル(Sándor György, 1912年9月21日 - 2005年12月9日)は、ハンガリー・ブダペスト出身のピアニスト。シャーンドル(アレクサンダーに相当)が姓。バルトークの弟子で友人であり、また彼のピアノ曲の演奏および解釈の第一人者でもある。』↓♪~




Sergei Prokofiev - Etudes Op.2 - GYÖRGY SÁNDOR



1914年 - 上山善紀、近畿日本鉄道会長、大阪近鉄バファローズ元オーナー(+ 2009年)

『上山 善紀(うえやま よしのり、1914年9月21日 - 2009年8月25日)は実業家。近畿日本鉄道(近鉄)元社長(大阪電気軌道創業から10代目)・会長、近鉄グループの元代表者。【来歴・人物】:新潟県西蒲原郡分水町(現燕市)に東京大学学生・上山善治、ヨシの長男として生まれる。生家は浄土真宗本願寺派(西本願寺)・勝誓寺。新潟高等学校を経て京都帝国大学法学部卒業後、日魯漁業を経て1945年に近鉄入社。1981年に代表取締役社長、1987年に会長に就任。上本町やあべの橋のターミナル整備、東大阪線開業や、志摩スペイン村の建設などに尽力した。1981年から近鉄バファローズのオーナー代行を務め、1989年10月、佐伯勇(当時名誉会長)の死去を受けオーナー昇格。1998年まで務めた。オーナー在任期間には故郷である新潟でバファローズの公式戦(新潟シリーズ)が開かれた。その他関西経済連合会副会長、飛鳥保存財団理事長、朝日放送、関西電力、全日本空輸などの取締役、日野自動車非常勤監査役なども務めた。現在は、近畿日本鉄道相談役のほかに本願寺門徒総代、財団法人文楽協会理事長(創立者の佐伯勇より引き継いだ。2008年現在は山口昌紀に譲り顧問に就任)、 大阪コンベンションビューロー理事長を歴任。2009年8月25日、肺炎のため逝去[1]。94歳没。翌年の近鉄創立100周年を目前にして旅立った。尚、日本政府は逝去日の8月25日付にて上山に従三位を追贈した。』


1921年 - 王光美、中華人民共和国の政治家・物理学者・劉少奇夫人(+ 2006年)

『王光美(おう こうび、ワン・グアンミン、1921年9月21日 - 2006年10月13日)は中華人民共和国の政治家、物理学者。元全国政治協商会議常務委員。夫は第2代中華人民共和国主席を務め、文化大革命で非業の死を遂げた劉少奇。【経歴】:貧困家庭の夫人への慈善活動「幸福工程」に、実家の骨董品の売却益を寄付するなど積極的に参加した。』


1926年 - ドナルド・グレーザー、アメリカの物理学者

『ドナルド・グレーザー(Donald Arthur Glaser, 1926年9月21日 – )はアメリカ人の物理学者で神経生物学者。泡箱の発明により、1960年度のノーベル物理学賞(受賞理由は、泡箱の発明)を受賞した。グレーザーはオハイオ州クリーヴランドで生まれ、1946年にケース・ウェスタン・リザーブ大学で物理学と数学の学士号を取得した。また1949年にカリフォルニア工科大学より物理学の博士号を取得した。後にミシガン大学の講師となり、1959年に教授に昇進した。1959年からはカリフォルニア大学バークレー校の物理学の教授を務め、1964年からは分子生物学の教授も兼任した。1989年より現在は同大学院の物理学と神経生物学の教授である。』


1935年 - カール・エーベルト、ドイツの解剖学者・病理学者(+ 1926年)

『カール・ヨーゼフ・エーベルト(Karl Joseph Eberth, 1835年9月21日 - 1926年12月2日)はドイツの解剖学者、病理学者。【経歴】:1835年にヴュルツブルクにて出生。ヴュルツブルク大学を卒業後、スイス・チューリッヒ大学の准教授に就任、1869年に教授になった。1874年には同大学獣医科大学の教授に就任。1880年に腸チフスの研究で一部の臓器に同一の菌を発見し翌年に腸チフス病原菌を発表した。同年ハレ=ヴィッテンベルク大学教授、1911年に同大学名誉教授に就任。』


1938年 - 高橋悠治、作曲家・ピアニスト

『高橋 悠治(たかはし ゆうじ、1938年9月21日 - )は日本の作曲家、ピアニスト。【略歴】:東京都生まれ。ピアニストの高橋アキは実妹。ピアノとコンピュータによる即興演奏や、日本の伝統楽器と声のための作曲、などの音楽活動を行っている。橋本国彦、團伊玖磨、柴田南雄、小倉朗に作曲を、伊藤裕にピアノを師事。桐朋学園短期大学作曲科を中退後、1960年の東京現代音楽祭でボー・ニルソンの「クヴァンティテーテン」(「量」)の日本初演でピアニストとしてデビューし、注目を浴びる。1962年からフォード財団助成を得てドイツのベルリンに留学、ヤニス・クセナキスに師事。1966年にはロックフェラーIII世財団の奨学金を得てニューヨークに渡り、コンピュータによる作曲を研究する一方、欧米各地で演奏活動を行い、数々のLP録音を残す。1972年に帰国。1973年には一柳慧、柴田南雄、武満徹、林光、松平頼暁、湯浅譲二とともにグループ「トランソニック」を組織、1976年まで季刊誌の編集などの活動を行った。また1976年から画家の富山妙子とスライドで絵と音楽による物語作品を製作する。1978年にはタイの抵抗歌を日本に紹介するために水牛楽団を組織、アジアの歌を演奏する活動を行う。1980年から月刊「水牛通信」[1]を発行。CD時代に入り、FONTECから「高橋悠治リアルタイム」といったシリーズで、自作を含む音源群をリリースした。21世紀以後の近年は、レーベルを移っても、ピアノソロの収録が多い。』↓。。。う~ん、リアルな語りは勉強になります(ペコッ




高橋悠治、状況を語る





【PS.今日は妙にクラシックが多くて癒し系が多かったから癒されたぁ~♪お目目が限界なので今日はここまで。。。あっ、アニ声の奈生美ちゃんは今日が誕生日なんだぁ。へぇ~ってまた午前0時かぁ~い(汗)面白かったぁ♪じゃまた今度ぉ~#-p-)ノ】


1943年 - 海部宣男、天文学者

1943年 - 石田弘、フジテレビ、エグゼクティブプロデューサー

1944年 - キャレブ・デシャネル、アメリカの映画撮影監督

1945年 - ジェリー・ブラッカイマー、アメリカの映画プロデューサー

1946年 - モーリッツ・ロイエンベルガー、スイスの弁護士・政治家・大統領

1947年 - スティーブン・キング、アメリカのホラー小説作家

1947年 - 菅原進、歌手(ビリーバンバン)

1947年 - 桂ざこば (2代目)、落語家

1948年 - 百田光雄、プロレスラー

1949年 - 松田優作、俳優(+ 1989年)(注:戸籍上は1950年同日生)

1949年 - 宮武一貴、メカニックデザイナー

1950年 - 川島令三、鉄道アナリスト

1950年 - ビル・マーレイ、アメリカの俳優・コメディアン

1951年 - 植田美千代、アナウンサー

1952年 - アート・ガードナー、元プロ野球選手

1954年 - 安倍晋三、政治家・第90代内閣総理大臣

1955年 - フランソワ・クリュゼ、フランスの俳優

1957年 - 並樹史朗、俳優

1957年 - ケビン・ラッド、オーストラリアの政治家・オーストラリア労働党党首・第26代首相

1958年 - 有近真澄、シンガーソングライター・作詞家

1959年 - デイヴ・クーリエ、アメリカの声優・俳優

1959年 - アンドレ・ヘンニッケ、ドイツの俳優

1961年 - 清川栄治、元プロ野球選手(オリックス・バファローズコーチ)

1963年 - セシル・フィルダー、アメリカ出身の元プロ野球選手

1964年 - ウラジスラフ・スルコフ、ロシアの政治家・大統領府長官

1964年 - 牧穂エミ、作詞家

1965年 - 森田幸一、元プロ野球選手

1967年 - デニー友利、元プロ野球選手

1968年 - 伊藤文乃、ヴァイオリニスト

1969年 - 高橋盾、ファッションデザイナー

1970年 - 有村治子、政治家

1972年 - リアム・ギャラガー、 イギリスの歌手(オアシス)

1972年 - 森下仁志、元サッカー選手・指導者

1972年 - シャノン・ウィッテム、アメリカ出身の元プロ野球選手

1974年 - 澤崎俊和、元プロ野球選手(広島東洋カープコーチ)

1975年 - マッキー、お笑い芸人

1976年 - 舞風昌宏、元大相撲力士

1976年 - ヤマザキタケシ(メレンゲ)、ミュージシャン

1977年 - 五十嵐貴章、元プロ野球選手

1977年 - 白木裕子、ミュージシャン(元ナチュラル ハイ)

1977年 - 佐藤和宏、元プロ野球選手

1977年 - ブライアン・タレット、アメリカのメジャーリーガー

1978年 - 小林真樹子、アナウンサー(元・琉球放送)

1978年 - 四元奈生美、卓球選手

1978年 - ギャレット・ルキャッシュ、フィギュアスケート選手

1979年 - 有坂来瞳、タレント・女優

1980年 - 矢野謙次、プロ野球選手

1980年 - 田中瑞季、元プロ野球選手

1981年 - ニコール・リッチー、アメリカの女優

1982年 - ダニー・カス、アメリカのスノーボーダー

1982年 - マラト・イズマイロフ、ロシア出身のサッカー選手

1983年 - 鈴川真一、元大相撲力士(若麒麟)・プロレスラー

1984年 - 中郷大樹、プロ野球選手

1984年 - 山下若菜、タレント

1985年 - りりあん、アイドル・歌手

1985年 - 柴田誠也、元プロ野球選手

1985年 - 中村太亮、声優

1986年 - 木興拓哉、元プロ野球選手

1986年 - 山本和作、プロ野球選手

1987年 - 長嶋はるか、声優

1988年 - Aira Mitsuki、アイドル、歌手

1988年 - 石丸奈菜美、女優

1989年 - 広重美穂、元モデル・元女優

1992年 - 池田仁、俳優

1994年 - マエ・ベレニス・メイテ、フランスのフィギュアスケート選手

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/21 11:40 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。