スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月19日の誕生花は「すげ(Carex)」で花ことばは「自重(Conceit)」。


「すげ」はカヤツリグサ科でアジア・北アメリカが原産国です。



みのやすげ笠、縄の原料。「カレックス」は昔から、生活に縁の深い植物で、親戚も沢山います。田の畦に普通に生えている「ゴウソ」。沼の湿地に生える「カサスゲ」。小さい穂にひげが生えている「ヒゲスゲ」。穂が大きい「オニスゲ」。葉の緑で手を切られそうな「テキリスゲ」。山の渓流沿いに見られる「ナルコスゲ」。現在1800種くらいが知られています。そして、その多くが日本はじめ北半球に分布。まだまだ、未発見のすげもあるようです。



相性花には、ストレリッチア、チグリジア、ガーベラなどがあります。





誕生花は「すげ(Carex)」。

花ことばは「自重(Conceit)」。

【9月19日の花占いは?】



積極性と豊かな発想で、人々に慕われているあなた。デリケートで感受性の強い人です。好き嫌いが激しく、それを隠すのが下手。そのためケンカになりやすいのが残念。愛する人が現れたら、少しは耐える事を覚えましょう。二人の幸せのために、自重する事は必要です☆


【9月19日生まれの著名人は?】



86年 - アントニヌス・ピウス、ローマ皇帝(+ 161年)

『アントニヌス・ピウス(古典ラテン語:Titus Aurelius Fulvus Boionius Arrius Antoninus Pius (ティトゥス・アウレーリウス・フルウィウス・ボイオニウス・アッリウス・アントーニーヌス・ピウス)、86年9月19日 - 161年3月7日)は、第15代ローマ皇帝(在位:138年 - 161年)である。ピウスとは「敬虔な」の意で、元老院から贈られた尊称である。五賢帝の4人目。先帝ハドリアヌスの国内安定化策を継承し、その治世は終始平穏であった。一方、対外的には内向きで消極的な対応に終始し、蛮族への外征を怠ったことから、後代に禍根を残したともいわれる。【その他】:アントニヌス・ピウスは、中国の史書『後漢書』に「大秦王安敦」として最初に登場するローマ皇帝である(ただし、次代のマルクス・アウレリウス・アントニヌスを指すとする異説もある)。』


1377年 - アルブレヒト4世、オーストリア公(+ 1404年)

『アルブレヒト4世(Albrecht IV., 1377年9月19日 - 1404年9月14日)は、オーストリア公(在位:1395年 - 1404年)。当時ハプスブルク家の本流であったアルブレヒト系ハプスブルク家の当主で、アルブレヒト3世の一人息子。母はニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘ベアトリクス。1390年にバイエルン=シュトラウビング公アルブレヒト1世の娘ヨハンナ・ゾフィー(1373年頃 - 1410年)と結婚し、1男1女をもうけた。』


1551年 - アンリ3世、フランス王(+ 1589年)

『アンリ3世(Henri III, 1551年9月19日 - 1589年8月2日)は、ポーランド最初の選挙王(在位:1573年 - 1575年)、およびヴァロワ朝最後のフランス王(在位:1574年 - 1589年)。アンリ2世の四男、母はカトリーヌ・ド・メディシス。フランソワ2世およびシャルル9世の弟。ポーランドではヘンリク・ヴァレジ(Henryk Walezy)と呼ばれる。【同性愛説】:アンリ3世の死後長い間、彼はホモセクシャルか、少なくともバイセクシャルであると考えられていた。アンリ3世がホモセクシャルであることを示す良質な史料[要出典]は多くあるものの、この件については依然として議論がある[4]。J.F. SolnonとJ. Boucherはアンリ3世が多くの愛人を抱えており、ホモセクシャルではない(バイセクシャルかもしれないが)証拠を発見した。そこには男性の名前はなく、当時の彼は美しい女性を好むことで有名だった。アンリ3世がホモセクシャルであると考えられたのは、彼が戦争や狩猟を嫌ったことが女々しいと受け取られており、この事から敵対勢力(ユグノーと過激派カトリック)がフランスの人々を彼に敵対させるよう仕向けるために作った話であると結論付けている。  しかしながら、大勢のミニョン(愛する小姓・男性の愛人) たちを、鍾愛したことは事実である。 また、近代になって発明された「同性愛」という用語や概念を16世紀の人物にあてはめようとすること自体、ほとんど無意味でもある。 一般的に、異性の愛人や妻子がいても男色好きな男性が多数いた(乃至いる)のが通例なのだから。さらに、異性の愛人の存在を指摘して「実は何某は同性愛者では無かった」と証明したがる行為そのものが、すでにして旧来のキリスト教道徳に毒されていると言えようし、当該人物にとっては弁明になるどころか不名誉な差し出口だとさえ断言出来るであろう。』


1737年 - チャールズ・キャロル・オヴ・カロルトン、アメリカの政治家(+ 1832年)

『チャールズ・キャロル・オヴ・カロル トン(Charles Carroll of Carrollton、1737年9月19日 – 1832年11月14日) は、メリーランド上院議員代表として大陸会議に出席、合衆国上院議員、合衆国独立宣言署名者。』


1749年 - ジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブル、フランスの数学者・天文学者(+ 1822年)

『ジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブル(Jean-Baptiste Joseph Delambre、1749年9月19日 – 1822年8月19日)はフランスの数学者、天文学者。メートルの基準をきめるための測量を行った1人である。フランス北部の都市アミアンで生まれた。子供時代の熱病により眼をいため、数年で失明すると宣告された。本を読めなくなる恐れから、記憶に留めるために多くの本をむさぼり読んだ。ギリシア語、ラテン語の書物を耽読し、イタリア語、英語、ドイツ語に堪能となり、Règles et méthodes faciles pour apprendre la langue anglaise(『英語を簡単に学ぶ方法』)を出版した。後に数学を学んだ。1771年からパリで金持ちのジャン・クロード・ジョフロワ・ダシ(Jean Claude Geoffroy d'Assy)の息子の家庭教師を務め、ジェローム・ラランドに天文学を学び、ダシによって小さい天文台をたててもらった。1792年にフランス王立科学アカデミーの会員になり、1792年から1799年の間、ピエール・メシャンとともに、ダンケルクからバルセロナの間の子午線弧長の測量を行った。1801年、科学アカデミー数学部門の終身書記に任じられ、生涯その職を務めた。1807年、コレージュ・ド・フランスの天文学教授に任じられ、パリ天文台の台長に任じられた。天体力学の分野の初期の研究者であるとともに、晩年は『天文学史』Histoire de l'astronomieなどの天文学史の著作も行った。球面三角法(※ 球面三角法(きゅうめんさんかくほう)とは、3つの大円(球の中心を通る円)の弧で囲まれた球面の部分を球面三角形と呼ぶが、その要素である3つの辺や3つの角の関係を表したもの。 平面上の三角法との最大の違いは、辺の大きさが長さではなく球の中心角によって表されることである。 平面三角法では6つの要素のうち3つの要素が決定されれば、残りの3つの要素を求めることができる。球面三角法でも同様に、3つの要素が分かれば残りの3つの要素を求めることができる。)の分野のドランブル(Delambre)の公式に名前が残っている。』


1799年 - ルネ・カイエ、フランスの探検家(+ 1838年)

『ルネ・カイエ (René Caillié,1799年9月19日 - 1838年5月17日)は、フランスの探検家。貧しいパン職人の子として生まれ11歳で孤児となり、17歳で単身アフリカに渡り苦労して金を稼いだ。アラビア語とイスラム教の教えや習慣を身に着けてからトンブクトゥへの旅に出発した。セネガル南部から旅を始め、マリに入り、ジェンネ、モプティを経て、ようやくトンブクトゥにたどり着いたがそこはすでに荒廃した泥の町に過ぎず失望した。2週間滞在しこの町に関する詳しい観察を書き留めると早々に帰国の途についた。帰りも苦労したがモロッコに入ってからは順調に進み、ラバットのフランス領事館に無事保護されフランスに帰国。その後、フランス地理協会から賞金を受け、探検記を出版した。』


1802年 - コシュート・ラヨシュ、ハンガリーの政治家・革命家(+ 1894年)

『コシュート・ラヨシュ(Kossuth Lajos [ˈkoʃuːt ˌlɒjoʃ], 1802年9月19日 - 1894年3月20日)は、19世紀ハンガリー王国の政治家、革命家。Kossuth の姓の表記は古風な表記のため ss は実際には s、u は実際には ú、th は実際には t と発音される。【生涯】:1802年、ゼンプレーン地方の小さな町モノクで、小さな所領を持ち、弁護士を職業とする下流貴族の長子として生まれた。コシュート家の祖先は13世紀から現在はスロバキアに属するトゥローツ地方に住んでいた。過去の一時期においてコシュート家はスロバキア語を使っていたこともあり、また、度々休暇を共に過ごした叔父ユライ・コシュートJuraj Košútはスロバキアの熱狂的な愛国者であった。しかし、コシュート家はハンガリー王国を構成する貴族の一員であり、一家の持つスロバキア系の血統が政治的に問題視されることはなかった。ラヨシュ自身も自身をハンガリー人だと認識しており、さらに興味深いことには公的に国家としてのスロバキアの存在を否定している。ちなみに母、カロリーナ・ヴェーバーKarolina Weberはルター派のドイツ系であり、ラヨシュはハンガリー系、スロバキア系、ドイツ系の祖先を持つことになる。ブダペシュト大学で法律を学んだのち、父の跡を継いで故郷で弁護士となり、1825年にはペシュト(現在のブダペシュトの一部)議会の議員となった。1832年から1836年のポジョニ(当時のハンガリーの首都。現在のブラチスラヴァ)での国会開会中に発刊した『議会通信』の内容が、ウィーンの批判を含む急進的な内容であるという理由で発行禁止となり、1837年に懲役4年の刑を宣告された(実際は3年で釈放)。しかし、釈放後には『ペシュト新報』を発刊し、編集長として徹底した社会改革と完全な民族独立を掲げて国民の間に人気を博し、漸進的改革をとなえるセーチェーニ・イシュトヴァーンから政治的指導権を奪った。1847年、国会議員に選ばれ、優れた弁舌で急進派をリードした...etc』


1813年 - クリスチャン・ピーターズ、デンマークの天文学者(+ 1890年)

『クリスティアン・ハインリヒ・フリードリヒ・ペータース(Christian Heinrich Friedrich Peters、1813年9月19日-1890年7月18日)は19世紀のデンマーク出身のアメリカの天文学者であり、初期の代表的な小惑星発見者である。一般には英語読みのクリスチャン・H・F・ピーターズと表記されることが多い。【生涯】:彼は当時デンマーク領(現在はドイツ領)のシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州で生まれ、イタリアとトルコに滞在した後に1854年にアメリカに渡った。ニューヨークのユーティカ(ウティカ)近くにあるクリントンに在住し、1861年から1899年まで生涯で48個の小惑星を発見した。また彼はほかにも彗星のほか様々な星雲と銀河も発見した。テンペル・タットル彗星としし座流星群の関係にも気付いたが、その時にはすでにジョヴァンニ・スキアパレッリにより同様の発表がなされていた。』


1846年(弘化3年7月29日) - 箕作麟祥、法学者・啓蒙思想家(+ 1897年)

『箕作 麟祥(みつくり りんしょう、1846年9月19日(弘化3年7月29日) - 1897年(明治30年)11月29日)は、日本の官僚、法学者、教育者、啓蒙思想家。司法大書記官、太政官大書記官、元老院議官、司法次官、貴族院勅選議員、行政裁判所長官等を歴任。民法・商法編纂委員、法律取調委員、法典調査会主査委員。和仏法律学校(現法政大学)初代校長。勲一等瑞宝章受章、男爵。名前の「麟祥」は「あきよし」とも読まれる。【人物】:日本で初めて「権利」「義務」という訳語を用い、5年間の歳月をかけてフランスの諸法典を全訳した『仏蘭西法律書』(1874年)は、わが国の人々に初めて近代法典というものを実物で知らしめたばかりでなく、近代的裁判制度への大きな転換期にあって手探り状態の中で裁判にあたっていた当時の司法官や、その後の近代的法制度の整備と日本の法典編纂に多大な影響を与え、日本における法律学の基礎を築いた。このことから、箕作麟祥は日本における「法律の元祖」と評される。また同じ年(1874年)に、フランスのモロー・ド・ジョンネの統計学の本を翻訳した日本初の「統計学」の本を出版している。文部省・司法省の官僚として、近代的法制度の整備に尽力する一方、1873年(明治6年)にボアソナードが来日して以降は、彼の下で法典の編纂に従事した。1877年(明治10年)には民法編纂委員となり、その後も商法編纂委員になるなど、諸法典の編纂に大きな役割を果たした...etc』


1853年 - ミゲル2世、ブラガンサ公(+ 1927年)

『ミゲル2世・デ・ブラガンサ(Miguel II de Bragança, ポルトガル語全名:Miguel Maria Carlos Egídio Constantino Gabriel Rafael Gonzaga Francisco de Paula e de Assis Januário de Bragança, 1853年9月19日 - 1927年10月11日)は、ブラガンサ公。1866年から1920年まで、ポルトガル王位請求者として活動していた。ポルトガル廃王ミゲル1世と妃アデライデの嫡子として、バイエルン王国のクラインホイバッハ城で生まれた。ポルトガル内戦に敗れた父ミゲルは、1834年の追放令によって帰国を禁じられていた。そのため、子供たちはドイツとオーストリアで教育を受けた。ミゲル2世はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の臣下となり、ボスニア占領の任に就いた。皇帝はミゲルを非常に重用し、ポルトガル政府が拒否しようとも彼がポルトガル国籍を保持することを許し、治外法権の特権を与えた。ミゲルはオーストリア帝国第7連隊の大佐になった。第一次世界大戦中、かれは陸軍中将となった。ポルトガルが戦争で敵国となると、彼は軍人の地位から離れて文民としてマルタ騎士団へ加入した。オーストリアの敗戦後、彼と家族は貧窮したという。』


1854年(安政元年閏7月27日) - 高橋是清、政治家、第20代内閣総理大臣(+ 1936年)

『高橋 是清(たかはし これきよ、嘉永7年閏7月27日(1854年9月19日) - 昭和11年(1936年)2月26日)は、日本の政治家。立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任: 大正10年(1921年)11月13日 - 大正11年(1922年)6月12日)。大勲位子爵。幼名は和喜次(わきじ)。総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。【逸話】:1)高橋はそのふくよかな容貌から「ダルマ蔵相」、「達磨さん」と呼ばれて親しまれた。2)在任中は主に積極財政政策をとり、井上準之助が行った緊縮財政としばしば対比される。また、公債発行による財政政策、乗数効果をプリミティブな形とはいえケインズに先だって説き、実践した。3)高橋が岡田内閣に入閣した際に、既に同内閣に対して野党宣言をしていた立憲政友会総裁の鈴木喜三郎は同内閣に入閣した政友会党員4名全員を除名しようとした。だが、元総裁の高橋を除名した際の党内に与える動揺を恐れて、高橋を「離別」すると宣言(あとの3名は除名処分)してお茶を濁した。4)高橋是清は歴代日銀総裁のなかで唯一その肖像が日本銀行券に使用された人物。1951年から58年にかけて発行された五十円券がそれである。5)酒好きで有名。国会本会議場の席でも堂々と茶碗酒をすすっていたが、誰も咎める者はなかった。。。って豪快すぎるよ(笑)』


1857年(安政元年8月2日) - 植木元太郎、実業家・政治家(+ 1943年)

『植木元太郎(うえき もとたろう、1857年9月19日(安政4年8月2日) - 1943年(昭和18年)1月25日)は日本の実業家、政治家。島原鉄道および口之津鉄道(のち島原鉄道に合併)、温泉軽便鉄道(のちの雲仙鉄道)、小浜鉄道(同)を設立し、島原半島内の鉄道網の整備を進め、のち初代島原市長を務めた。号「鉄狂斎」。【逸話】:<1号機関車>島原鉄道の開通にあたっては、鉄道院より蒸気機関車5両と客車の払い下げを受けた。この中には新橋-横浜間の日本最初の鉄道開通に際し輸入された1号機関車(→称号改正により150形と呼称)が含まれており、島原鉄道においても1と付番され客貨輸送に使用された。昭和になり、鉄道開業時の最初の機関車である同機の保存を求める声が上がり、鉄道省は同機の返還を島原鉄道に打診した。同機はこの時点で既に車齢50年を超えていたが、島原鉄道側は今後も使用するつもりであったため、交渉の結果600形656号機(島鉄では1の番号を引き継ぐ)との交換で合意した。1930年(昭和5年)6月、創業からこの時も社長を務めていた植木は開業時から長く同社の主力機として苦楽を共にした同機との別れを惜しみ、自ら筆を取り「惜別感無量」と記した銘板を取り付けさせた。同年7月3日、同機は諫早駅にて盛大な式典をもって鉄道省へ引き渡された。1号機関車はその後交通博物館を経て2007年(平成19年)より埼玉県さいたま市の鉄道博物館に保存展示されており、1997年(平成9年)には国の重要文化財に指定されたが、植木の筆になる「惜別感無量」の銘板は現在も機関車左側面のサイドタンクに取り付けられている。』


1864年 - カール・エリッヒ・コレンス、ドイツの植物学者(+ 1933年)

『カール・エリッヒ・コレンス(Carl Erich Correns, 1864年9月10日 - 1933年2月14日)はドイツの植物学者・遺伝学者。彼は第一に、彼自身の遺伝学における法則の発見によって、そして遺伝学に関するグレゴール・ヨハン・メンデルの初期の論文を、植物学者であるエリッヒ・チェルマック (Erich von Tschermak) 及びユーゴー・ド・フリースとほぼ同時に、しかしそれぞれ独立して再発見した(いわゆるメンデルの法則の再発見)ことによって知られる。コレンスは、当初はカール・ネーゲリの学生であった。ネーゲリは、メンデルが自分のエンドウマメで行った遺伝の研究について論文を送ったにもかかわらず、その研究の重要性を理解できなかった著名な植物学者である。また、チェルマックはメンデルのウィーンでの学生時代に植物学を教えた人物の孫であった。【細胞質遺伝】:メンデルの遺伝の法則を再発見した後、コレンスはオシロイバナ (Mirabilis jalapa) を用いて、その変化に富んだ(緑と白のまだらの)葉の色の遺伝を研究した。彼が再発見したメンデルの法則は染色体の振る舞いそのものであったが、彼はオシロイバナの研究によって、メンデルの法則に対する明確な反例を探しだした。メンデルの法則では、その形質はその元になる両親の性別とは独立して振る舞うのに対して、コレンスは、この例では葉の色はその性質を持つ親がどちらの性であるかに大きく依存していることを発見した。例として、白い枝に別の区域の白い花からの花粉で受粉すると白い子孫を生じ、これは劣性遺伝子であれば当然予測される結果である。緑の柱頭に緑の花粉を受粉すると、すべて緑色の子孫を生じ、これも優性遺伝子ならば期待通りの結果であった。しかしながら、もし白い柱頭を緑の花粉で受粉すると子孫は白くなるが、花粉と柱頭の組み合わせを逆にして緑の柱頭を白い花粉で受精すると、子孫は緑であった。この、メンデルの法則から外れた遺伝のパターンは、後に iojap と名付けられた遺伝子であることが突き止められた。これは、葉緑体リボソームを適切に組み立てるために必要な小さな蛋白質をコードしたものである。たとえ iojap がメンデルの法則にしたがって類別しても、もし母系がホモ接合型劣性であるなら、その蛋白質は産生されないので葉緑体リボソームも形成されず、細胞小器官の中にリボソームは取り込まれないことからプラスミドは機能しない結果となる。子孫は iojap の機能的なコピーを持っているかもしれないが、たいていの被子植物では、葉緑体はその大部分が母方から排他的に伝えられるので、それらはそれ以前の世代では不活性であり、白い植物となったことだろう。逆にもしも父方が白く、緑色の母方と交配すると、この母は機能を保った葉緑体を持っているから、子孫は機能的な葉緑体のみを引き継いで緑色になる。1909年の論文において、彼は葉の斑入りが細胞質遺伝の最初の包括的な例であることを立証した。』


1901年 - 沢田美喜、社会事業家(+ 1980年)

『沢田 美喜(さわだ みき、1901年9月19日 - 1980年5月12日)は、東京都文京区出身の日本の社会事業家。本名は澤田 美喜(読みは同じ)。三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘として生まれ、外交官の沢田廉三と結婚。4人の子に恵まれる。敗戦後、エリザベス・サンダースホームを創設し、2000人近くの混血孤児を育て上げた。』


1908年 - ミカ・ワルタリ、フィンランドの小説家(+ 1979年)

『ミカ・ワルタリ(Mika Toimi Waltari, 1908年9月19日 - 1979年8月26日)は、フィンランドの作家。歴史小説『エジプト人』でよく知られている。ワルタリは、ヘルシンキに生まれ、5歳でルター派の宣教師であった父親に死別。子ども時代、ヘルシンキでフィンランド内戦の目撃者となった。後に、母親の希望によりヘルシンキ大学の神学部に入学するが、間もなく、哲学、美学、そして文学を学びたくて、神学を捨て、1929年に卒業している。【~時は流れて~】冬戦争と継続戦争の間、ワルタリは政府の情報本部で働き、その文学的な才能を政治的な宣伝でも役に立てた。1945年、ワルタリの最初にして最も成功した小説『エジプト人』が出版された。人道主義的な価値観が唯物論に堕落していくというテーマは、まさに第二次世界大戦の余韻を漂わせたもので、この本は間もなく世界的なベストセラーとなり、1954年にはハリウッド映画の原作にもなった。ワルタリはその後7作の、様々な古代の文化に取材した歴史的な長編小説を執筆した。その中でも、ビザンチン帝国を舞台にした“The Dark Angel”が、恐らく最も成功した作品と言われている。これらの作品で、特にローマ帝国を主題にした2作では、キリスト教の信仰に彼のペシミズムが色濃く反映されている。戦争の後、彼はさらに数多くの小説を執筆し、その内には推理小説も含まれる。1957年、フィンランド学士院の会員に選ばれ、1970年にはトゥルク大学から名誉博士号を授与された。ワルタリは、フィンランドの最も執筆量の多い作家の1人であった。彼は、29冊の長編小説と15の中編小説、6冊の短編集及び妖精物語、そして、 26の戯曲を書いたが、そのほかにも映画の脚本、ラジオドラマ、ノンフィクション、翻訳、そして数百の書評やコラムを書いている。彼は国際的に最もよく知られたフィンランドの作家で、30ヵ国の言語にその作品が翻訳されている。』


1909年 - フェルナンド・ポルシェ、オーストリアの実業家・自動車技術者・デザイナー(+ 1998年)

『フェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェ(Ferdinand Anton Ernst Porsche、1909年9月19日 – 1998年3月27日)は、オーストリアの実業家、自動車技術者、自動車デザイナーである。しばしば、フェリー・ポルシェ(Ferry Porsche)と呼称される。父親であるフェルディナント・ポルシェとともにポルシェ社の創設に関わった。ポルシェ・356を設計し、ポルシェAGの監査役会長、名誉会長などを歴任した。【ポルシェ一族】:女系の傍流であるピエヒ家と併せて、ポルシェAGとフォルクスワーゲン・グループを支配する自動車一族である。第1世代-フェルディナント・ポルシェ – 実父。ポルシェ創業者。フォルクスワーゲン・ビートルを設計。第2世代-ルイーズ・ピエヒ – 実姉。フェルディナント・ピエヒの母。フェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェ(フェリー・ポルシェ) - 本人。第3世代-フェルディナント・アレクサンダー・ポルシェ (ブッツィー・ポルシェ) - 長男。ポルシェ911を設計。「ポルシェデザイン」を設立。ヴォルフガング・ポルシェ – 4男。2007年からポルシェAG監査役会会長。フェルディナント・ピエヒ – 甥。元・フォルクスワーゲンAG会長。』


【PS.#TpT)ヽ<全部読めないよぉー(汗)一番知りたい情報は現代の著名人なんだけど、歴史的過去の著名人が魅力的過ぎてやめられなぁーい♪。。。下記の著名人結構知ってる人多いなぁ。。。ただしかし!著名人に恋をしてはいけない!妄想でも失恋は苦しいからねぇ~。特に過去芸能人で何百回妄想失恋した事かwオーラがある人には年齢○○なんて関係無し!その分ほぼ全てを好きになり、気がつけば、いい年で何やってんだろうって後悔さぁ~wんまぁ~、ふわぁ~って感じで今のまま続けていこう~。何も考えずに歴史だけを見つめる!これでいこう!でも芸能人で擬似恋愛と失恋した人ってどうやってその寂しさを消火してるんだろう。。。ではまたぁ~#--)ノ。o0しかし体元気に戻りたいなっと(汗)】


1911年 - ウィリアム・ゴールディング、イギリスの作家(+ 1993年)

1912年 - クルト・ザンデルリング、ドイツの指揮者

1919年 - 田中成豪、元プロ野球選手

1922年 - エミール・ザトペック、チェコスロバキアの陸上選手(+ 2000年)

1925年 - 岡田卓也、実業家・イオングループ創業者

1926年 - 小柴昌俊、宇宙物理学者(ノーベル物理学賞受賞者)

1926年 - ニニ・ロッソ、イタリア出身の作曲家・ジャズ演奏家(+ 1994年)

1927年 - 寿岳潤、天文学者

1928年 - 小島千加子、編集者・文学評論家

1929年 - 成田豊、実業家・電通グループ会長

1929年 - 草薙幸二郎、俳優(+ 2007年)

1930年 - エルンスト=ヴォルフガング・ベッケンフェルデ、ドイツの法学者・連邦憲法裁判所判事

1930年 - ムハル・リチャード・エイブラムス、アメリカの作曲家・ジャズ演奏家

1931年 - 高橋輝、元プロ野球選手

1931年 - ジャン=クロード・カリエール、フランスの脚本家・俳優

1932年 - 上原康助、労働運動家・政治家・国土庁長官

1934年 - 山元護久、放送作家・児童文学者(+ 1978年)

1937年 - 石澤良昭、歴史学者

1938年 - 西三雄、元プロ野球選手

1940年 - 大羽進、元プロ野球選手

1943年 - 小野寺昭、俳優

1943年 - 荒木とよひさ、作詞家

1943年 - ジョー・モーガン、アメリカの元メジャーリーガー

1944年 - 杉野昭夫、アニメーター

1947年 - 吉田万三、歯科医・政治家・足立区長

1947年 - アラン・リピエッツ、フランスの環境保護活動家・政治家

1947年 - 平松政次、元プロ野球選手

1948年 - 三村敏之、元プロ野球選手、元広島東洋カープ監督(+ 2009年)

1949年 - ツイッギー・ローソン、イギリス出身のモデル・歌手

1949年 - 一条ゆかり、漫画家

1949年 - MALTA、サックス奏者

1951年 - 中川泰宏、政治家

1952年 - ナイル・ロジャース、アメリカ出身の音楽プロデューサー

1954年 - 山口小夜子、モデル(+ 2007年)

1956年 - 加藤久仁彦、歌手、狩人・兄

1957年 - 串田嘉男、アマチュア天文家

1957年 - 井田由美、アナウンサー

1958年 - 西田昌司、政治家

1958年 - 李萬洙、韓国の元野球選手

1960年 - 松野頼久、政治家

1960年 - 土橋安騎夫、ミュージシャン

1960年 - 目黒ひとみ、元アイドル歌手

1961年 - 克・亜樹、漫画家

1961年 - 高橋美紀、声優

1963年 - 島田歌穂、女優

1963年 - 清水義之、元プロ野球選手

1963年 - デビッド・シーマン、イングランドの元サッカー選手

1964年 - 岡本英子、政治家

1966年 - 野村謙二郎、元プロ野球選手

1966年 - 高山善廣、プロレスラー

1967年 - アレクサンドル・カレリン、ソ連およびロシアの元レスリング選手

1967年 - 細田守、アニメ監督

1968年 - モンキッキー、タレント

1969年 - キャンディ・ダルファー、ミュージシャン

1969年 - 織田優成、声優

1969年 - 島田一輝、元プロ野球選手

1970年 - 西川貴教、俳優・歌手(T.M.Revolution)

1970年 - 今井由香、声優

1971年 - 萩原えみこ、声優

1971年 - かずはじめ、漫画家

1972年 - 関口尚、作家

1973年 - クリスチアーノ・ダ・マッタ、ブラジル出身のレーサー

1974年 - 三宮恵利子、元スピードスケート選手

1974年 - ジミー・ファロン、アメリカのコメディアン

1975年 - 久保ミツロウ、漫画家

1975年 - 朝日健太郎、ビーチバレーボール選手

1977年 - 村松えり、女優

1978年 - 中村泰広、元プロ野球選手

1978年 - 山田秋親、プロ野球選手

1978年 - ヴァネッサ・グスメロリ、フランスのフィギュアスケート選手

1978年 - マリアノ・プエルタ、アルゼンチン出身のプロテニス選手

1978年 - ミシェル・アルヴス、ブラジル出身のファッションモデル

1980年 - 夏川純、グラビアアイドル・タレント

1981年 - ダミアーノ・クネゴ、イタリア出身の自転車ロードレース選手

1983年 - 林昌範、プロ野球選手

1983年 - 三ツ井裕美、SDN48

1983年 - 美優紀、ファッションモデル

1984年 - 服部美貴、タレント

1984年 - 佐倉紗織、歌手(ave;new)

1984年 - 吉見一起、プロ野球選手(中日ドラゴンズ)

1984年 - 田中直樹、元プロ野球選手

1986年 - ゲラルト・シオレック、ドイツ出身の自転車ロードレース選手

1986年 - 西村朝香(TOMOKA)、歌手(元ZONE)

1987年 - 山本サヤカ(Sayaka)、歌手(Dream)

1989年 - IMALU、ファッションモデル

1990年 - 福田沙紀、タレント・女優・歌手

生年不明 - 柳田直和、4コマ漫画家

生年不明 - rino、歌手(CooRie)

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/19 23:55 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。