スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月18日の誕生花は「あざみ(Thistle)」で花ことばは「厳格(Rigor)」。




「あざみ(Thistle)」はキク科でヨーロッパが原産国です。



北国に緑の深い花。13世紀、デンマークとスコットランドが戦争。やがてデンマークは、スコットランド城を包囲するところまで追い詰めました。城壁をつたって攻め入ろうと裸足になったところ、濠(ほり)は干し上がっていて、一面のあざみ畑。一歩足を踏み入れたデンマーク兵は、あざみを踏みつけて、その痛みに耐え切れず、悲鳴をあげてしまいました。スコットランド軍は事態を察し、勝利を得たという事です。



スコットランドでは「国を救った花」として、国家の象徴とされています。





誕生花は「あざみ(Thistle)」。

花ことばは「厳格(Rigor)」。


【9月18日の花占いは?】



独立心旺盛の人。自分に厳しく、行く手をしっかりと見つめている人といえるでしょう。そんなあなたを尊敬している人は少なくありません。未来の恋人も崇拝者の中にいます。あなたが尊敬できる人を選びましょう。尊敬を根底においた愛は、何があっても、壊れることはありません☆

【9月18日生まれの著名人は?】



53年 - トラヤヌス、ローマ皇帝(+ 117年)

『マルクス・ウルピウス・ネルウァ・トラヤヌス(古典ラテン語:Marcus Ulpius Nerva Trajanus (マールクス・ウルピウス・ネルウァ・トゥラヤーヌス)、53年9月18日 - 117年8月9日)は、第13代ローマ皇帝(在位:98年 - 117年)。五賢帝の2人目。属州出身者として初めてローマ皇帝位に就いた人物として知られる。その生涯の大半を外征に費やし、ローマ帝国史上最大版図を実現した。内政と外征にわたる功を称えて、元老院から「至高の皇帝」(Optimus Princeps) の称号が贈られた。この称号は、当時鋳造された貨幣にも刻まれている。』


1534年(天文3年8月11日)- 結城晴朝、戦国大名(+ 1614年)

『結城 晴朝(ゆうき はるとも)は、戦国時代から江戸時代初期の武将。下総国の戦国大名で、結城氏17代。下総結城城主。叔父にあたる結城政勝の養嗣子となり、結城氏を継承。父は小山高朝で3男。室は水谷正村あるいは山川氏の娘。妹に江戸重通室。養子に朝勝、秀康。通称は七郎。墓所は茨城県結城市の孝顕寺。終焉の地、中久喜城跡はJR水戸線によって真っ二つに横断されており、遠目にはそれとわからない。』


1587年 - フランチェスカ・カッチーニ、イタリアの女性作曲家・演奏家(+ 1640年頃)

『フランチェスカ・カッチーニ(Francesca Caccini, 1587年9月18日 - 1640年ごろ)はイタリア・バロック音楽の作曲家・声楽家・リュート奏者(※ リュート(英: Lute、伊: Liuto)は撥弦楽器の一種で、主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器群の総称。)・音楽教師。有名な音楽家ジュリオ・カッチーニの長女で、バルバラ・ストロッツィとともに近年その活動がクローズアップされている17世紀の女性作曲家である。とりわけ歌劇《ルッジェーロの救出 La liberazione di Ruggiero》は、女性が作曲した最初のオペラの一つであるだけでなく、外国で演奏された最初のイタリア・オペラでもある。妹のセッティミア・カッチーニ(※ セッティミア・カッチーニ(Settimia Caccini, 1591年10月6日 – 1638年頃もしくはそれ以降)は、イタリア・バロック音楽の女性作曲家・声楽家。代表作に、《 Già a sperai, non spero hor' più》などがある。)も作曲家。』♪~


1684年 - ヨハン・ゴットフリート・ヴァルター、ドイツの作曲家(+ 1748年)

『ヨハン・ゴットフリート・ヴァルター(Johann Gottfried Walther, 1684年9月18日 - 1748年3月23日)はドイツ後期バロック音楽の作曲家・オルガニスト。音楽理論家としても活躍し、音楽事典の編集・執筆を行なった。バッハの同時代人であっただけでなく、バッハの従兄でもあった。【略歴】:『音楽事典Musicalisches Lexicon 』(初版1732年、ライプツィヒ)の編集者として有名。音楽用語についてドイツ語で書かれた最初の事典であっただけでなく、18世紀初頭までに活躍した作曲家や演奏家について、伝記体で情報が載せられている。手短に言えば、ヴァルターの『音楽事典』Iは、3000以上の項目が定義された、浩瀚な事典である。この編集に当たっては、明らかに250以上の個別の文献が利用され、ルネサンス音楽や初期バロック音楽に関する理論的な論文も資料に含まれている。この著作で最も重要な文献を一つだけ挙げると、優に200回は言及されたヨハン・マッテゾン(※ ヨハン・マッテゾン(Johann Mattheson, 1681年9月28日 ハンブルク – 1764年4月17日 同地)はドイツ後期バロック音楽の作曲家。音楽理論家・作家・外交官・辞書編纂者といった顔も持つ。)の著作集である。ヴァルターは、バッハとともに同時代のイタリア音楽を鍵盤楽器のために編曲したほか、オルガン曲をいくつか遺した。』↓♪~




Johann Gottfried Walther - Concerto del sign. Vivaldi



1709年 - サミュエル・ジョンソン、イギリスの文学者(+ 1784年)

『サミュエル・ジョンソン(Samuel Johnson, 1709年9月18日(ユリウス暦9月7日) - 1784年12月13日)はイギリス(イングランド)の文学者。「英語辞典」(1755年)の編集、シェイクスピアの研究で知られる。【語録】:「腐敗した社会には、多くの法律がある。」「政府は我々を幸せにすることはできないが、惨めな状態にすることはできる。」「結婚は多くの苦悩を生むが、独身は何の喜びも生まない。」「怠け者だったら、友達を作れ。友達がなければ、怠けるな。」「あらゆる出来事のもっともよい面に目を向ける習慣は、年間1千ポンドの所得よりも価値がある。」「彼の死を悲しんではならない。彼のようなすばらしい奴と出会えたことを喜ばなくてはならない。」「過ぎ行く時を捉えよ。時々刻々を善用せよ。人生は短き春にして人は花なり。」「ロンドンに飽きた者は人生に飽きた者だ。ロンドンには人生が与えうるもの全てがあるから。」(ジョンソンの言葉で最もよく引用される言葉)「愛国心は卑怯者の最後の隠れ家」「地獄への道は善意で舗装されている。」「人生において新しい知人をつくらずにいると、やがて独りぼっちになるでしょう。人は、閣下、友情を常に修復し続けなければなりません。」「信頼なくして友情はない、誠実さなくして信頼はない。」』


1819年 - レオン・フーコー、フランスの物理学者(+ 1868年)

『ジャン・ベルナール・レオン・フーコー(Jean Bernard Leon Foucault 、1819年9月18日 - 1868年2月11日)は、フランスの物理学者。【フーコーの振り子の実験で知られる】:1847年、フィゾーと決別。それぞれ独立して研究を続けた。1851年、フーコーの振り子の実験により地球が自転していることを実験的に証明した。この功績が認められ1855年、王立協会からコプリ・メダルを受賞、また同年パリ天文台の経度局技師に任命された。』


1831年 - ジークフリート・マルクス、ドイツ出身の発明家・自動車開発の先駆者(+ 1898年)

『ジークフリート・サミュエル・マルクス(Siegfried Samuel Marcus、1831年9月18日 - 1898年7月1日)は、ドイツ生まれのオーストリア人発明家で、自動車開発の先駆者である。【生涯】:マルクスは16カ国で131の特許を取得している。しかし、自動車に関して特許を適用したことはないし、取得もしていない。また、自動車を自分が発明したと主張したこともない。それでも1870年に世界初のガソリンを使った乗り物を製作したことは間違いない。しかし、有名な第2マルクスカーが1890年より前に走行していたかどうかは不明。マルクスはユダヤ人の血を引いていたため、ナチによってその記録が全て抹消された。ウィーン工科大学の前にあった記念碑も撤去された。戦後、記念碑は再建されている。1950年、第2マルクスカーに大幅な修復の手が加えられている。第二次世界大戦中、ドイツ宣伝省の指導でドイツの百科事典で自動車の発明者の名がマルクスからダイムラーやベンツに書き換えられた。』


1856年(安政3年8月20日)- 海老名弾正、思想家・教育者(+ 1937年)

『海老名 弾正(えびな だんじょう、改名前は喜三郎、1856年9月18日〔安政3年8月20日〕 - 1937年5月22日)は、日本の思想家・教育者・キリスト教の伝道者・牧師・説教家。小崎弘道(※ 小崎 弘道(こざき ひろみち、1856年5月17日(安政3年4月14日) - 1938年(昭和13年)2月26日)は、日本の牧師。霊南坂教会を創設し、同志社第2代社長(現総長)、日本組合基督教会会長、日本基督教連盟会長などを務めた。)、宮川経輝(※ 宮川 経輝(みやかわ つねてる、安政4年1月17日(1857年2月11日) - 昭和11年(1936年)2月2日)は日本の牧師、女子教育者。熊本バンドのメンバーの一人で、日本組合基督教会の指導者。)と共に「組合教会の三元老」と呼ばれた。』


1864年(元治元年8月18日)- 伊藤左千夫、歌人・作家(+ 1913年)

『伊藤 左千夫(いとう さちお、元治元年8月18日(1864年9月18日) - 大正2年(1913年)7月30日)は日本の歌人、小説家。本名 幸次郎。上総国武射郡殿台村(現在の千葉県山武市)の農家出身。明治31年(1898年)に新聞『日本』に「非新自讃歌論」を発表。『歌よみに与ふる書』に感化され、正岡子規に師事。子規の没後、根岸短歌会系歌人をまとめ、短歌雑誌『馬酔木』『アララギ』の中心となって、斎藤茂吉、土屋文明などを育成した。また、明治38年(1905年)には、子規の写生文の影響を受けた小説「野菊の墓」を『ホトトギス』に発表。夏目漱石に評価される。代表作に『隣の嫁』『春の潮』など。この頃、東京帝国大学学生の三井甲之や近角常音が出入りをしていた。常音の兄である真宗大谷派僧侶の近角常観とも知遇を得て、常観が主宰していた雑誌『求道』(求道発行所)に短歌を寄稿する。』


1985年 - ジョン・ディーフェンベーカー、第13代カナダ首相(+ 1979年)

『ジョン・ジョージ・ディーフェンベーカー(John George Diefenbaker, 1895年9月18日 - 1979年8月16日)はカナダの第13代首相である。在席期間は1957年6月21日-1963年4月22日である。オンタリオ州ニュースタット(Neustadt)生まれ。』


1872年(明治5年8月16日)- 松尾伝蔵、軍人・岡田啓介首相秘書(+ 1936年)

『松尾 伝蔵(まつお でんぞう、明治5年8月16日(1872年9月18日) - 昭和11年(1936年)2月26日)は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐。【二・二六事件】:二・二六事件当夜も官邸にいたが、容貌が岡田と似ていたために、押し入ってきた部隊に総理と間違えられて射殺された。松尾は日頃から、万一の場合には、岡田の身代わりになる覚悟であったという。』


1890年 - 土屋文明、歌人(+ 1990年)

『土屋 文明(つちや ぶんめい、1890年9月18日(戸籍上は1月21日) - 1990年12月8日)は、日本の歌人・国文学者。【国文学者としての文明】:『万葉集』の研究でも知られ、代表作に『万葉集年表』・『万葉集私注』・『万葉集名歌評釈』などの著作がある。【代表歌】:「この三朝あさなあさなをよそほいし睡蓮の花今朝はひらかず (『ふゆくさ』「睡蓮」1909年)」「親しからぬ父と子にして過ぎて来ぬ白き胸毛を今日は手ふれぬ (『往還集』「父なほ病む」1929年)」「青き上に榛名をとはのまぼろしに出でて帰らぬ我のみにあらじ (『青南集』1960年)」「終りなき時に入らむに束の間の後前ありや有りてかなしむ (『青南後集』「束の間の前後」1982年)」「相共に九十年をめざしつつ早くも君はたふれ給ふか (『青南後集以後』「上村孫作遺歌集を見て」1990年、遺作)」。』


1894年 - 中村三之丞、政治家(+ 1979年)

『中村 三之丞(なかむら さんのじょう、1894年9月18日 - 1979年7月8日)は、日本の政治家。衆議院議員。吉本新喜劇の作家・中村進は三之丞の息子である。【著書】:『インフレーションへの警告』『英国の総選挙』『近代都市政治論』『日本戦時財政経済』。』


1905年 - グレタ・ガルボ、スウェーデン出身の女優(+ 1990年)

『グレタ・ガルボ(Greta Garbo、1905年9月18日 - 1990年4月15日)は、スウェーデン生まれのハリウッド女優。本名はグレタ・ロヴィーサ・グスタフソン(Greta Lovisa Gustafsson)。初期ハリウッドの伝説的スター。「永遠の夢の王女」、「スウェーデンの美のスフィンクス」、「神聖ガルボ帝国」と呼ばれスター街道を歩む。【生涯】:宣伝用の短編映画に出演していたところをコメディアンのエーリック・ペチュレルに認められ、1922年に彼の映画『Luffar-Petter』に出演。また、同年から1924年までスウェーデン王立演劇アカデミーで演技を学ぶ。在学中に映画監督のマウリッツ・スティッレルに出会い、グレタ・ガルボという芸名を与えられ、彼の映画『イェスタ・ベルリングの伝説』に出演。1925年にマウリッツ・スティッレルがハリウッドに渡った際、彼女も随伴してメトロ・ゴールドウィン・メイヤーと契約。1926年に『イバニエスの激流』でハリウッド・デビュー。スティッレルはハリウッドのシステムに馴染まずすぐにスウェーデンに戻るが、ガルボは人気スターのジョン・ギルバートの相手役に抜擢され『肉体と悪魔』『アンナ・カレニナ』などに出演、そのミステリアスな美貌で人気を博す。トーキー時代に入り、容姿と声のギャップから人気を落とす役者が多く出る中、1930年に初めてのトーキー映画『アンナ・クリスティ』に出演したガルボは、そのハスキーボイスが評判となって更に人気を集める。「笑わない女優」と呼ばれていた時期もあったが、映画『ニノチカ』で初めて公の場で笑顔を見せたといわれている("Garbo laughs"というキャッチコピーが使われた)。40年代になって、以前のような人気がなくなった事を認識していた彼女は、不評だったコメディ映画『奥様は顔が二つ』を最後に36歳で引退。最終的に24本の作品を残した。マスコミを徹底的に避け、マンハッタンの自宅で暮らしていた。1954年にアカデミー名誉賞を授与されたが授賞式に出席することも無く(彼女の友人である女優ナンシー・ケリーが代理で授賞式に出席し、賞を受け取った。)、亡くなるまで一度も公の場に姿を現さなかった。ロマンスの噂もあったが、生涯独身だった。1951年2月9日にアメリカ合衆国の市民権を取得。1953年からはニューヨーク市で暮らし、晩年は腎臓病を患い人工透析を受けていたが、1990年4月15日に腎不全と肺炎により死去(84)。』


【PS.しまったぁー午前0時を過ぎてる(汗)という訳で面白さという言葉では現せない魅力満載の過去・現在活躍の著名人プロフ♪あなたのハートには。。。何が残りましたかっ#--)Zzz...テレビ番組映画「海猿」見てまったぁ~。。。またぁ~;--)ヽポリポリ】


1907年 - エドウィン・マクミラン、アメリカの化学者(+ 1991年)

1912年 - 古畑正秋、天文学者(+ 1988年)

1920年 - 齋藤裕、実業家・新日本製鐵社長(+ 2000年)

1930年 - 藤重登、元プロ野球選手

1932年 - 小和田恆、国際司法裁判所判事・元国連大使・外務事務次官

1933年 - 鈴木弘、水泳競技選手

1933年 - 木下多恵子、占い師

1937年 - 木戸美摸、元プロ野球選手

1939年 - ジョルジェ・サンパイオ、ポルトガルの大統領

1939年 - 森本毅郎、元NHKアナウンサー、ニュースキャスター

1942年 - ヴォルフガング・ショイブレ、ドイツの内務大臣・財務大臣・元CDU党首

1945年 - 三輪悟、元プロ野球選手

1945年 - 榊親一、元プロ野球選手

1946年 - 神谷明、声優

1946年 - 藤原満、元プロ野球選手

1948年 - マック赤坂、実業家・政治家

1949年 - ピーター・シルトン、イギリスの元サッカー選手

1950年 - 中村卓史、宇宙物理学者

1951年 - 三浦正行、元プロ野球選手

1953年 - 高橋よしひろ、漫画家

1953年 - 滝沢敏文、アニメーション監督

1954年 - 土井隆雄、宇宙飛行士

1954年 - 五十嵐めぐみ、女優

1956年 - 吉田宏、政治家

1957年 - うじきつよし、タレント・俳優

1958年 - 木村孝、元プロ野球選手

1959年 - 及川美喜男、元プロ野球選手

1961年 - 中井貴一、俳優

1964年 - 橋本武広、元プロ野球選手

1965年 - 石橋保、俳優

1966年 - 奥瀬サキ、漫画家

1967年 - 井原正巳、元サッカー選手、解説者、柏レイソルコーチ、

1968年 - 黒須隆、元野球選手

1969年 - 村田勝喜、元プロ野球選手

1969年 - 今垣光太郎、競艇選手

1970年 - オジー・ティモンズ、アメリカ出身の元プロ野球選手

1971年 - ランス・アームストロング、自転車ロードレース選手

1971年 - クリス・ホルト、アメリカ出身の元プロ野球選手

1972年 - 中村一樹、教育者(平成の資格王)

1973年 - 大貫亜美、歌手(パフィー)

1973年 - マーク・シャトルワース、南アフリカの実業家

1973年 - 橘ひかり、声優

1974年 - ソル・キャンベル、イギリスのサッカー選手

1974年 - セグン・トリオラ、ナイジェリアの卓球選手

1974年 - イグジビット、アメリカのタレント・俳優

1974年 - 濱田万葉、女優

1975年 - 遠藤彰弘、サッカー選手

1976年 - ドミニク・シュワガー、ドイツ出身のレーシングドライバー

1977年 - 大住有、記者

1978年 - 森薫、漫画家

1978年 - 河野丈洋、ミュージシャン(GOING UNDER GROUND)

1978年 - 飛天かずひこ(日高和彦)、プロボクサー

1979年 - アイパー滝沢、お笑いタレント

1979年 - 稲本潤一、サッカー選手

1981年 - 北本久仁衛、サッカー選手

1982年 - 上良早紀、タレント

1982年 - 折田みゆき、タレント(MISSION)

1983年 - 岡あゆみ、女優

1983年 - ライアン・ムーア、イギリスの騎手

1984年 - 森田泉美、タレント

1984年 - 松下圭太、元プロ野球選手

1984年 - 宮本晋伍、野球選手

1985年 - 松山竜平、プロ野球選手

1985年 - 安西秀幸、陸上競技選手

1985年 - 中道瞳、女子バレーボール選手(東レ)

1987年 - 和田麻里江、女子バレーボール選手(東レ)

1987年 - 好永貴雄、野球選手

1987年 - 森島康仁、サッカー選手

1987年 - 三田真央、女優

1988年 - 近野成美、タレント

1988年 - 杉田祐一、テニス選手

1988年 - 伊勢久乃、お笑いタレント(元・あんいーぶん)

1989年 - 菊池保則、野球選手

1989年 - 田中健二朗、野球選手

1991年 - 大島崚、声優

1992年 - 松岡桂花、歌手(元HINOIチーム)

1992年 - 大久保彰将、ジャニーズJr.、M.A.D.のメンバー

1992年 - 岸孝良、ジャニーズJr.

1993年 - 福見真紀、グラビアアイドル

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/18 23:59 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。