スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月17日の誕生花は「エリカ(Herth)」で花ことばは「孤独(Solitude)」。


ツツジ科でヨーロッパが原産国。



フランス東部に、「ヒース・ビール」と呼ばれるビールがあります。エリカの先端のやわらかい部分と麦芽とを、2対1の割合に混ぜて作るといわれます。



この地方の伝説によると、昔、キリスト教の武装布教集団と先住民ピクト人が戦ったそうです。ピクト人はすべて殺され、生き残ったのはビールづくり親子のみ。布教団は、ビールの作り方を教えてくれれば、命を助けると約束したが、父親は頑として教えてませんでした。布教団の頭は怒り、父の目の前で息子を殺してしまいました。それでも父は教えようとしない。とうとう頭も自分を恥じ、父を放免したそうですよ。





誕生花は「エリカ(Herth)」。

花ことばは「孤独(Solitude)」。

【9月17日の花占いは?】



青い鳥を探すなら、まず行動する事です。ひとりで悶々と思いをめぐらすだけでは、いつまでたってもめぐりあえません。行動を起こせば、ごく近い将来、ブルーバードにめぐりあえます。さびしがってばかりいてはダメです。とにかく立ち上がり、一歩でも前進する事です☆




【9月17日生まれの著名人は?】



1192年(建久3年8月9日) - 源実朝、鎌倉幕府第3代将軍(+ 1219年)

,『源 実朝(みなもと の さねとも、源 實朝)は、鎌倉時代前期の鎌倉幕府第三代征夷大将軍である。鎌倉幕府を開いた源頼朝の子として生まれ、兄の源頼家が追放されると12歳で征夷大将軍に就く。政治は始め執権を務める北条氏などが主に執ったが、成長するにつれ関与を深めた。官位の昇進も早く武士として初めて右大臣に任ぜられるが、その翌年に鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に襲われ落命した。子はおらず、源氏の将軍は実朝で絶えた。歌人としても知られ、92首が勅撰和歌集に入集し、小倉百人一首にも選ばれている。家集として金槐和歌集がある。』


1505年 - マリア・フォン・エスターライヒ - ハンガリー王ラヨシュ2世妃(+ 1558年)

『マリア(Maria, 1505年9月17日 - 1558年10月17日)はハプスブルク家のフィリップ美公とカスティーリャ女王フアナの三女。ハンガリーとボヘミアの王ラヨシュ2世の王妃。ハプスブルク、オーストリア、ハンガリー、カスティーリャ、ブルゴーニュなど様々な家名や国名を名前に付して呼ばれる。ドイツ語ではそれぞれフォン・ハプスブルク(von Habsburg)、フォン・エスターライヒ(von Österreich)、フォン・ウンガルン(von Ungarn)、フォン・カスティーリエン(von Kastilien)、フォン・ブルグント(von Burgund)となる。兄に神聖ローマ皇帝カール5世(およびスペイン王カルロス1世)、フェルディナント1世(ハンガリーとボヘミアの王位を継ぐ)、姉にレオノール(ポルトガル王妃、フランス王妃)、イサベル(デンマーク王妃)、妹にカタリナ(ポルトガル王妃)がいる。ブリュッセルで生まれ、兄姉たちとともにフランドルで父方の叔母マルグリットに育てられた。』


1552年 - パウルス5世、ローマ教皇(+ 1621年)

『パウルス5世(Paulus V, 1552年9月17日 - 1621年1月28日)はローマ教皇(在位:1605年 - 1621年)。シエナの名門ボルゲーゼ家の生まれ、本名はカミッロ・ボルゲーゼ(Camillo Borghese)。教会の権益を擁護すべくヴェネツィア共和国やイングランド王ジェームズ1世との交渉を繰り返した。ローマでは、教皇はサン・ピエトロ大聖堂の建造を急がせ、バチカン図書館を充実させた。また、ローマの街に多くの噴水を築き、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂にボルゲーゼ礼拝堂を造らせている。彫刻家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニや画家グイド・レーニのパトロンでもあった。その他の教皇の事跡としてカルロ・ボロメオの列聖や、フランシスコ・ザビエル、イグナチオ・デ・ロヨラの列福などがあげられるが、彼も時代の制約を免れえず、ネポティズムに従って親族を盛んに教皇庁に登用した。特に枢機卿にあげた甥のスキピオ・ボルゲーゼが権力をほしいままにし、ボルゲーゼ家の台頭をすすめた。家系は違うが、後に教皇に選出されたアレクサンデル7世はパウルス5世の大甥に当たる。日本人との関わりについてみると、1615年に慶長遣欧使節の支倉常長が彼に謁見している。』


1630年 - ラヌッチョ2世、パルマ及びピアチェンツァ公(+ 1694年)

『ラヌッチョ2世・ファルネーゼ (Ranuccio II Farnese, 1630年9月17日 - 1694年12月11日)は、パルマ及びピアチェンツァ公(在位:1646年 - 1694年)。第5代パルマ公オドアルド1世と妃マルゲリータ・デ・メディチの長男として生まれた。父の死後2年間、叔父フランチェスコ・マリーア・ファルネーゼと母の2人が摂政をつとめた。オドアルドの治世の間、パルマはカストロ戦争に巻き込まれ、ウルバヌス8世の属するバルベリーニ家が得ようとしたローマ北部の教皇領を獲得した。1649年、ウルバヌスの後継インノケンティウス10世は、ラヌッチョ2世をクリストフォロ・ジアルダ枢機卿殺害犯として告発した。その報復に、教皇軍はファルネーゼ家の都市を2ヶ月にわたって包囲し破壊し尽くした。8月にパルマ軍はボローニャから遠くない地点で鎮圧した。彼は金で買い戻そうとしたが、教皇領はパルマに残らなかった。ラヌッチョ2世の治世の晩年にパルマは、サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世と結んでフランスと戦っていた神聖ローマ皇帝軍の過酷な駐留に苦しめられた。』


1730年 - フリードリッヒ・W・フォン・シュトイベン、ドイツ出身の陸軍軍人(+ 1794年)

『フリードリッヒ・ヴィルヘルム・フォン・シュトイベン (独語:Friedrich Wilhelm Ludolf Gerhard Augustin von Steuben、1730年9月17日 - 1794年11月28日、シュトイベン男爵)は、プロイセン王国の陸軍士官であり、アメリカ独立戦争ではジョージ・ワシントン将軍に仕えた。大陸軍に軍隊の訓練と統制の基本を教えたことでその功績を知られている。【シュトイベンの名前に因む事】:①合衆国にはフォン・シュトイベン・デーという休日がある。所によって異なるが9月17日または19日または24日である。この日は1957年以来、ニューヨーク市で行われるドイツ系アメリカ人の祭りともなっている。祭りの参加者は行列し、踊り、昔の服装で楽器を奏でる。多くの見物客が訪れる。五番街ではパレードがあり、セントラル・パークでは人民祭(Volksfest)がある。②合衆国にはシュトイベンという地名がいくつかある。例えばニューヨーク州シュトイベン郡、インディアナ州シュトイベン郡、オハイオ州スチューベンビルなどである。③シュトイベンをモデルにしたテレビ映画などがある。1979年のシリーズもの「反逆者」でネヘミア・ペルソフによって演じられる人物のモデル、1984年のシリーズもの「ジョージ・ワシントン」におけるクルト・クヌードソン、アニメ「リバティ・キッズ」でアーノルド・シュワルツェネッガーが声優を務めたもの、などである。④シュトイベンは軍隊におけるゲイの初期例として上げられることがある。この件についての信憑性は結論が出ていない。など。』


1739年 - ジョン・ラトリッジ、アメリカの政治家・判事(+ 1800年)

『ジョン・ラトリッジ(英: John Rutledge、1739年9月17日-1800年7月18日)は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州の政治家であり、州知事を務め、アメリカ合衆国憲法制定会議で代議員となり、批准された憲法に署名した。またアメリカ合衆国最高裁判所の判事となり、1795年8月から12月まで主席判事となった。アメリカ独立宣言に署名したエドワード・ラトリッジは弟である。【ジョン・ラトリッジの名言】:「人は自分の金でうまくやっていくことで、言うなればそれに神のイメージを捺し、それを通行証にして天国でも通用するようにする。」』


1764年 - ジョン・グッドリック、イギリスの天文学者(+ 1786年)

『ジョン・グッドリック(John Goodricke, 1764年9月17日 - 1786年4月20日)はオランダ出身のアマチュア天文学者である。オランダのフローニンゲンに生まれたが、一生の大部分をイギリスで過ごした。変光星アルゴル(Algol:ペルセウス座β星)(※ アルゴル(Algol)はペルセウス座のβ星で学名はβ Persei(略称はβ Per)。アルゴル型(EA)の食変光星としてペルセウス座の恒星の中では最も有名で、連星をなす。2.867日の周期で、2.12~3.39等星の範囲を変光する。星座の中ではペルセウスの持つ怪物メデューサの首にあたる。スペクトル型はB8V、太陽との距離は93光年。)を観測したことで知られる。当時、すでにいくつかの変光星は知られていたが、グッドリックは今日、食変光星として知られる変光のメカニズムを提案した。1783年に王立協会で研究成果を発表し、協会はコプリ・メダルを授与し、1786年4月16日には王立協会会員に選出したが、グッドリックはわずか4日後に肺炎により22歳で他界した。』


1801年 - エドワード・ウィリアム・レイン、イギリスの東洋学者(+ 1876年)

『エドワード・ウィリアム・レイン Edward William Lane 1801-1876 イギリスの東洋学者。『当世エジプト人の風俗と慣習』などの著者。』


1826年 - ベルンハルト・リーマン、ドイツの数学者(+ 1866年)

『ゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマン(Georg Friedrich Bernhard Riemann, 1826年9月17日 - 1866年7月20日)はドイツの数学者。解析学、幾何学、数論の分野で業績を上げた。アーベル関数に関する研究によって当時の数学者から高く評価されたが、先駆的な彼の研究は十分に理解されず、20世紀になって彼のそれぞれの研究分野で再評価されるようになった。19世紀を代表する数学者の一人である。彼の名前が残っている数学用語に、リーマン積分、コーシー=リーマンの方程式、リーマンのゼータ関数、リーマン多様体、リーマン球面、リーマン面、リーマン=ロッホの定理、リーマン予想などがある。【略歴】:ハノーファー王国ダンネンベルク(en)近くの小村ブレゼレンツ(en)に牧師の息子として生まれた。1847年に、ゲッティンゲン大学に入学、ガウスと初めて出会う。同年ベルリン大学に移り、ディリクレ、ヤコービ、アイゼンシュタインから楕円関数論や偏微分方程式論を学ぶ。1849年にゲッティンゲン大学に戻り、1851年にガウスのもとで論文「1複素変数関数の一般理論の基礎づけ」を提出して博士号を取得、1854年には「幾何学の基礎にある仮説について」で大学教授資格を取得した。(ガウスは若い数学者をほとんど評価しなかったが、リーマン幾何学に関する講演を高く賞賛した。)二つの論文によって、複素解析の基礎づけとリーマン幾何学を確立した。【数学の影響】:リーマン幾何学の研究はリーマンが晩年に滞在していたイタリアで発展していった。リーマン自身はリーマン幾何学の計算技法を十分に与えなかったが、それを補うテンソル解析がベルトラミ、レヴィ=チヴィタによって発展させられた。この分野はアインシュタインの相対性理論の登場によって注目されることになる。ディリクレの示唆によって書かれた三角級数に関する論文は、ルベーグ積分とカントールの集合論の発展に影響を与えた。』


1857年 - コンスタンチン・E・ツィオルコフスキー、ロシアおよびソ連の宇宙工学者(+ 1935年)

『コンスタンチン・エドゥアルドヴィチ・ツィオルコフスキー(Константин Эдуардович Циолковский, Konstantin Eduradovich Tsiolkovskiy、1857年 9月17日 - 1935年9月19日)は、帝政ロシアソビエト連邦の科学者、ロケット研究者、数学教師、著作家。ロケット理論や、宇宙服や宇宙遊泳、人工衛星、多段式ロケット、軌道エレベータなどの着想で知られ、現代ロケット工学の基礎的理論を構築した。この業績から「宇宙旅行の父」「宇宙開発の父」「ロケット工学の父」などと呼ばれる。『月世界到着!』(1916年)をはじめとする先駆的かつ科学啓蒙的なSF小説を著したことによりSF史においても著名。1903年、「反作用利用装置による宇宙探検」を著し、液体水素と液体酸素を燃料とする流線型のロケットの設計図を発表。1911年、知人に手紙を出し、その中に有名な一節「The Earth is the cradle of the mind, but we cannot live forever in a cradle」(地球は人類の揺り籠だが、我々が永遠に揺り籠に留まることは無いであろう)が含まれていた。【著作】:教員としての勤務の傍ら、「月の上で」(1893年)、「地球と宇宙に関する幻想」(1895年)など。』


1869年(明治2年8月2日)- 江見水蔭、小説家(+ 1934年)

『江見 水蔭(えみ すいいん、明治2年8月12日(1869年9月17日) - 昭和9年(1934年)11月3日)は、小説家、翻案作家、雑誌発行者、紀行家、冒険家。本名:忠功(ただかつ)。岡山県岡山市生れ。文学作品を皮切りに、通俗小説、推理小説、冒険小説、探検記など多岐に渡る分野に作品を残し、硯友社、江水社、博文館など数々の出版社で雑誌の編集発行に関わった。代表作に小説『女房殺し』、『地底探検記』、随筆『自己中心明治文壇史』、翻案戯曲『正劇 室鷲郎』など。【逸話】:日本の相撲を「国技」と呼んだのはこの水蔭だといわれている。』


1869年 - クリスティアン・ランゲ、ノルウェーの平和主義者(+ 1938年)

『クリスティアン・ランゲ(Christian Lous Lange、1869年9月17日 - 1938年12月11日)はノルウェーの平和主義者。スタヴァンゲルで生まれ、1893年にオスロ大学で修士号を取得した。1909年から1933年まで列国議会同盟の事務局長を務めた。1921年にスウェーデンのカール・ヤルマール・ブランティングとともにノーベル平和賞を受賞した。政治家のカール・ランゲ、ハルバード・ランゲは、クリスティアン・ランゲの息子である。』


1883年 - ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ (en:William Carlos Williams)、アメリカの詩人(+ 1963年)

『William Carlos Williams (September 17, 1883 – March 4, 1963) was an American poet closely associated with modernism and Imagism. He was also a pediatrician and general practitioner of medicine, having graduated from the University of Pennsylvania. Williams "worked harder at being a writer than he did at being a physician"; but during his long lifetime, Williams excelled at both...ノ(≧ロ≦)ヽ。。。』


1884年 - チャールズ・トムリンソン・グリフス、アメリカの作曲家(+ 1920年)

『チャールズ・トムリンソン・グリフス(Charles Tomlinson Griffes, 1884年12月17日 ニューヨーク州エルマイラ - 1920年4月8日 ニューヨーク)はアメリカ合衆国の作曲家・音楽教師。グリフィスとも表記される。アメリカでは、楽譜やコンサートのプログラムにおいてもCharles T. Griffesと綴ることがある。最も有名な作品は、ピアノ曲《白孔雀White Peacock 》(1915年作曲、1919年に管弦楽化)、《ピアノ・ソナタ》(1917年~1918年、1919年改訂)、コールリッジの同名の詩に基づく音詩《フビライ汗の悦楽宮The Pleasure Dome of Kubla Khan 》(1912年、1916年改訂)、フルートのための《詩曲》(1918年)である。ピアノや合奏曲のために標題音楽をふんだんに作曲し、歌曲も数多く残した。歌曲は最初期のベルリン時代から晩年まで書き続けられたため、リヒャルト・シュトラウスに影響された後期ロマン派音楽様式から、よりモダンな作曲様式へとグリフスが変貌を遂げていく過程をたどることができる。ホルストに《日本組曲》を作曲させた舞踊家の伊藤道郎と交流があり、その依頼で日本民謡をいくつか編曲している。渡米中の山田耕筰とも接触した可能性もある。また、マクダウェルやファーウェルらによる、アメリカ先住民の民族音楽の編曲手法に異論を唱え、弦楽四重奏曲において独自の可能性を探究して見せた。1919年に感冒(おそらくスペイン風邪)のために帰らぬ人となり、ニュージャージー州エセックス郡のブルームフィールド墓地に埋葬された。』↓♪~




Charles Tomlinson Griffes - Vale of dreams (1915)



1888年 - 辻村みちよ、日本初の女性農学博士(+ 1969年)

『辻村みちよ(1888-1969)大正-昭和時代の食品化学者。明治21年9月17日生まれ。北海道帝大,東京帝大,理化学研究所で緑茶の化学成分について研究,昭和7年女性の農学博士第1号となる。』


1900年 - J・ウィラード・マリオット、マリオット・インターナショナル創業者(+ 1985年)

『J・ウィラード・マリオット(John Willard Marriot、1900年9月17日 - 1985年8月13日)は、アメリカの実業家。マリオット・インターナショナルの創業者。1927年「ホット・ショップ」という名の、わずか9席のルートビア・スタンドをワシントンD.C.にオープンしたのが、マリオットグループ創業のはじまり。(1927年5月20日チャールズ・リンドバーグが単独大西洋横断飛行に成功した頃。)ルートビアスタンドは順調に店舗を増やした。1937年のある日マリオット氏がワシントンD.C.郊外のフーバー飛行場に隣接するホット・ショップで、乗客が機内に持ち込む飲食物を買っているのに気づき、機内食事業を開拓する。1963年には10の空港と25の航空会社にサービスをするまでに成長する。その他、給食事業、ハイウェイフードサービス、ファーストフードレストラン事業を手がけ1964年に「マリオット・ホット・ショップ」、1967年の創立40周年には「マリオット・コーポレーション」と改名する。 従業員は2万人に達し、1968年にはニューヨーク証券取引所に上場を果たす。後の主力事業となるホテル事業は1957年に開業した「ツイン・ブリッジ」が最初。1972年に息子のJ・ウィラード・マリオット・ジュニアがCEOに就任するが、現在のマリオットグループにも創業者の思想が引継がれている。有名なポリシーとしては従業員を「アソシエイト(仲間、同僚)」と呼び、「アソシエイト(従業員)を大切にすれば、アソシエイトがお客様を大切にしてくれる」がある。』


1901年 - 堀内寿郎、化学者(+ 1979年)

『堀内 寿郎(ほりうち じゅろう、1901年9月17日 - 1979年6月27日)は日本の理学博士である。科学反応速度理論の研究では世界的な功績がある重要な科学者である。触媒研究の世界的な権威。1901年に北海道札幌市に生まれる。東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)などを経て、1921年東京帝国大学理学部化学科に入学。在学時代から触媒の研究をはじめ、理化学研究所の片山正夫研究室で有機溶媒に対する気体の溶解度を研究して、1925年に大学を卒業した後、1931年に英文の重要な基礎データになった測定結果を発表する。1932年に欧州にわたり研究活動を行う。ゲッティンゲン大学で研究して、マイケル・ポランニーと共に1933年にイギリスのマンチェスター大学で水素電極反応の研究を行った。1935年帰国して、北海道帝国大学理学部の教授に就任する。1943年に北海道大学触媒研究所を設立して、主に化学反応速度論の研究を行う。水素電極反応、エチレンの水素添加、化学量数概念などについて重要な研究を行い、結果として化学反応速度論、触媒化学研究の方法の確立に大きく貢献した。1948年から1965年まで北海道大学触媒研究所所長を勤める。その後、1967年から1971年まで北海道大学学長を務める。1940年、科学反応速度論の理論及び実験的研究の功績が認められて、湯川秀樹らと共に第30回恩賜賞を受賞する。1964年、北海道大学を定年退官する。』


【PS.うーん、今日はここまでか#--)ヽ何百年前の人物でも現代に受け継がれるものが多々ありますよね。著名人って言葉は彼らに合いますね。しかも世界的著名人には田舎も都会っ子も関係ないのがわかります。最初からあがる土俵が違うという事実もあるんでしょうけど、掲載されている著名人は平等♪本当に良いプロフですねぇ~。。。しかぁーし!全部読みたいのに読めないとは。。。ホリ○モンならこのぐらいのプロフは15分くらいで読み終えて、理解して、人に即説明できたりしてね(汗)はぁ~、とにかくWhat a wonderful world~♪ではたまぁー。あ、またぁ~#^^)ノ】


1903年 - 男女ノ川登三、第34代横綱(+ 1971年)

1904年 - フレデリック・アシュトン、イギリスのバレエダンサー・振付師(+ 1988年)

1907年 - 東野英治郎、俳優(+ 1994年)

1913年 - 益田兼利、陸軍軍人・陸上自衛官(+ 1973年)

1914年 - 金丸信、政治家(+ 1996年)

1917年 - 尹伊桑、朝鮮出身の作曲家(+ 1995年)

1918年 - ハイム・ヘルツォーグ、イスラエルの大統領(+ 1997年)

1920年 - 塚本幸一、ワコール創業者(+ 1998年)

1922年 - アゴスティニョ・ネト、詩人、アンゴラの大統領(+ 1979年)

1925年 - 杉下茂、元プロ野球選手

1929年 - スターリング・モス、イギリスのF1レーサー

1930年 - 石川喬司、作家・評論家

1930年 - トーマス・スタッフォード、アメリカの宇宙飛行士

1931年 - 曾野綾子、小説家

1932年 - ロバート・B・パーカー、アメリカの小説家(+ 2010年)

1933年 - 中川嘉美、政治家(+ 2005年)

1934年 - ヴァルダ・オズボーン、イギリスのフィギュアスケート選手

1935年 - 杉浦忠、プロ野球選手・監督(+ 2001年)

1937年 - 山本八郎、元プロ野球選手

1939年 - 金基洙、韓国のプロボクサー(+ 1997年)

1940年 - 松本俊一、元プロ野球選手

1941年 - 橋爪功、俳優

1943年 - 江崎鉄磨、政治家

1944年 - ラインホルト・メスナー、イタリアの登山家

1947年 - 小坂敏彦、元プロ野球選手

1948年 - 小宮山洋子、政治家・元NHKアナウンサー

1948年 - ちあきなおみ、歌手

1951年 - 山崎海童、俳優

1953年 - 影山日出夫、ジャーナリスト・NHK解説委員(+ 2010年)

1954年 - 竹本健治、推理小説作家

1955年 - マーシャル・ブラント、アメリカの元野球選手

1959年 - 大島さと子、女優

1960年 - デイモン・ヒル、イギリスのF1レーサー

1963年 - 蝶野正洋、プロレスラー

1963年 - ジェレミー・ノスィーダ、イギリスの調教師

1965年 - ブライアン・シンガー、アメリカの映画監督

1965年 - 中裕司、ゲームクリエイター

1965年 - 三浦将明、元プロ野球選手

166年 - 河村博司(ソウル・フラワー・ユニオン)、ミュージシャン

1966年 - フッキー、ものまねタレント(ノブ&フッキー)

1967年 - えまお(絵麻緒ゆう)、女優・元宝塚トップスター

1969年 - ビスマルク・バレット・ファリア、ブラジル出身の元サッカー選手

1969年 - 三瀬真美子、タレント(シェイプUPガールズ)

1971年 - 田之上慶三郎、プロ野球選手

1971年 - アドリアナ・カランブー、スロバキア出身のファッションモデル

1972年 - 花島優子、女優、タレント

1972年 - 上杉宏樹、元スキージャンプ選手

1972年 - ブレイディー・ラジオ、アメリカ出身の元プロ野球選手

1973年 - アナスタシア、アメリカの歌手

1974年 - 徳山昌守(洪昌守)、元プロボクサー

1974年 - 山田康弘、NHKアナウンサー

175年 - タイナ・ローレンス、ジャマイカの陸上競技選手

1975年 - いわおかめめ、漫画家、イラストレーター

1975年 - 安田真範、元野球選手

1976年 - 本多小百合、中京テレビアナウンサー

1976年 - 小島可奈子、グラビアアイドル、女優

1976年 - 中野渡進、元プロ野球選手

1978年 - なかやまきんに君、タレント

1979年 - 青山草太、俳優、タレント

1979年 - 谷口拓也、ゴルファー

1980年 - 坂本昌也、FREENOTEギター

1982年 - 上野紋、アナウンサー

183年 - 松崎伸吾、プロ野球選手

1984年 - 金大恩、韓国の体操競技選手

1984年 - 円谷英俊、プロ野球選手

1984年 - 嵐優子、タレント

1984年 - 庄司こなつ、タレント

1984年 - もりちえみ、タレント

1985年 - 北山宏光(ジャニーズJr./Kis-My-Ft2)

1985年 - 長谷川未来、タレント

1985年 - アレキサンダー・オベチキン、ロシア出身のアイスホッケー選手

1987年 - 巽悠衣子、声優

1988年 - ステファン・サンデー、ナイジェリア出身のサッカー選手

1988年 - フィッツジェラルド・マイケル・ジェームズ、ニュージーランド出身のサッカー選手

188年 - 田中優夏、モデル

1989年 - JUNICHI、画家

1990年 - ケンドラ・モイル、フィギュアスケート選手

1991年 - 石川遼、ゴルファー

1991年 - 寿美菜子、声優

1991年 - 田井中蘭、女優

1996年 - 野中葵、ファッションモデル

生年不明 - 安孫子真哉、銀杏BOYZ

生年不明 - 葉月ゆら、歌手、ネットアイドル

生年不明 - 風雅なおと、歌手

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/17 23:15 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。