スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月15日の誕生花は「ダリア(Dahlia)」で花ことばは「華麗(Magnificence)」。


キク科のメキシコが原産国になります。



ナポレオンⅠ世の妃ジョセフィーヌは、マルメゾン宮殿の庭にダリアを植え、自分の花と宣言しました。そして国外へ持ち出すのを禁じたのです。ところが、ポーランドの貴族が妃の庭師を買収し、この球根を手に入れました。やがてポーランドにも、ダリアが美しく誇らかに花開きました。ジョセフィーヌはそれを知って激怒し、この花の栽培を一切止めてしまったそうです。



19世紀前半のヨーロッパでは、その華やかな美しさで、花の女王と賞賛されました。日本では「天竺牡丹(てんじくぼたん)」、メキシコでは「ココクソチトル」の名があります。



インディアンは、この花の苦しい根を強壮剤として使っていたらしいです。





誕生花は「」ダリア(Dahlia)。

花ことばは「華麗(Magnificence)」。

【9月15日の花占いは?】



愛されるのが好き。でもそれは誰しも同じです。愛されるための努力を怠ってはいけません。愛されていないのではと、すぐ疑うあなたは、移り気な人と見られがち。恋人の事で頭の中を一杯にする事は、誰にでもできます。愛する人を幸せにしようとすることこそ、愛される秘訣でもあるのです。感謝が、やがて深い愛へと変化します♪




【9月15日生まれの著名人は?】



1603年(慶長8年8月10日)- 徳川頼房、徳川家康11男、水戸徳川家始祖(+ 1661年)

『江戸時代初期の大名。常陸水戸藩初代藩主、水戸徳川家の祖。徳川家康の11男(一説によると頼房には兄があと二人いたといわれる。)。1603年(慶長8年)、伏見城にて生まれる。1606年(慶長11年)9月23日、3歳にして常陸下妻城10万石を、次いで1609年(慶長14年)1月5日、実兄頼将(頼宣)の駿河転封によって新たに常陸水戸城25万石を領したが、幼少のため駿府城の家康の許で育てられた。元服後に水戸に入部し、頼将の分家として家を興す。1614年(慶長19年)、大坂の陣では駿府城を守備した。1626年(寛永3年)8月19日、従三位権中納言となったが、同日、加賀藩主前田利常や薩摩藩主島津家久、陸奥仙台藩主伊達政宗も従三位権中納言となったことに不満を持ったため、翌年早々に正三位に昇叙する。これ以後、同家は正三位権中納言となった。1636年(寛永13年)7月、徳川姓を賜わる。1661年(寛文4年)に死去。』


1613年 - ラ・ロシュフコー、モラリスト文学者(+ 1680年)

『ラ・ロシュフコー(ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世(François VI, duc de La Rochefoucauld), 1613年9月15日-1680年3月17日)は、フランスの貴族、モラリスト文学者。名門貴族の生まれであり、多くの戦いに参加した後、いわゆる『箴言集(しんげんしゅう)』を執筆した。彼の作品に見られる辛辣な人間観察には、リシュリューと対立して2年間の謹慎処分を受けたことや、フロンドの乱でマザランと対立したことなどで味わった苦難が反映されているとも言われる。』


1834年 - ウィリアム・クロウフォード、アメリカ合衆国陸軍長官・財務長官(* 1772年)

『ウィリアム・ハリス・クロウフォード(William Harris Crawford, 1772年2月24日 - 1834年9月15日)は、アメリカ合衆国の政治家。1815年から1816年までアメリカ合衆国陸軍長官を、1816年から1825年までアメリカ合衆国財務長官を務めた。また1824年の大統領選挙では民主共和党の大統領候補として出馬した。1824年2月、クロウフォードは再び民主共和党の大統領候補としてその名が挙げられたが、前年に発症した脳卒中の影響により体調が悪化していたため、クロウフォードはその座を自ら退くことを表明した。ところがその後、民主共和党は西部の労働者層を中心とする新勢力と、南部の富裕層を中心とする旧勢力との間での対立が激化し、民主共和党は内部分裂を起こした。そして分裂派のうちの1つが大統領候補として再びクロウフォードの名を挙げた。クロウフォードは自らの体調が回復傾向にあることを鑑みてこの推薦を受諾、トーマス・ジェファーソンやジェームズ・マディスンなどの元大統領から支持を受けた。大統領選挙の結果、クロウフォードはアンドリュー・ジャクソン(一般投票153,544票、選挙人数99人)ジョン・クィンシー・アダムズ(一般投票108,740票、選挙人数84)、に次ぐ3番目の得票(一般投票46,618票、選挙人数41人)を受け、最終的に下院での決選投票で勝利したアダムズから財務長官の残留を要請された。しかしながらクロウフォードはこの申し込みを断り、ジョージア州上級裁判所判事への就任要請を受けて財務長官を退任した。クロウフォードはその後10年にわたって活発に判事を務め、1834年にジョージア州オグルソープ郡クロウフォードで死去した。クロウフォードの遺体は同市クロウフォード墓地に埋葬された。クロウフォードの死後、その業績を称えて、インディアナ州クロウフォードヴィル、イリノイ州クロウフォード郡、ミズーリ州クロウフォード郡、アーカンソー州クロウフォード郡、ジョージア州クロウフォード郡に、クロウフォードの名が付けられた。』


1857年 - ウィリアム・H・タフト、第27代アメリカ合衆国大統領(+ 1930年)

『ウィリアム・ハワード・タフト (William Howard Taft, 1857年9月15日 - 1930年3月8日) は、第27代アメリカ合衆国大統領および第10代連邦最高裁判所首席裁判官。MLBの始球式を初めて行った大統領である。1921年からは連邦最高裁判所の首席裁判官を務めた。法廷をより効率的に機能させるために、タフトは最高裁判所が全国に重要な事件に先行を与えることができる1925年のジャッジ法の可決を主張した。在任中はドル外交を推進、中南米や中国市場に対する露骨な介入を実行した。タフト家の三世代は政界入りした。息子ロバート・A・タフトは1938年に上院議員に選任された。彼はニューディール政策の批評家で1939年から1953年まで上院の共和党リーダーだった。孫のロバート・タフトジュニアは1971年から1977年までオハイオ州の上院議員を務めた。曾孫のボブ・タフトは前オハイオ州知事である。ポトマック川河畔の桜は、大統領在職中に東京市長尾崎行雄から贈られたものである。「ホワイトハウスは世界で最も孤独な場所」という言葉を残した。歴代大統領中最大の巨漢(160kg近くあった)であり、ホワイトハウスのバスタブに体がはまり込み、出られなくなったことがあるという。そのため、ホワイトハウスのバスタブがより大型のものに取り替えられた。』


1858年 - イェネー・フバイ、ヴァイオリニスト・作曲家(+ 1937年)

『イェネー・フーバイ(Jenő Hubay, 1858年9月15日 ペシュト - 1937年3月12日 ブダペスト)。ハンガリーのヴァイオリニスト・作曲家・音楽教師。ユダヤ系ドイツ人音楽家の家庭に生まれ、正しくはオイゲン・フーバー(またはフーベル、Eugen Húber)といったが、フランス語圏で生活していた二十歳の頃から、好んで「マジャル風」の姓名を名乗るようになった。ハンガリー国立歌劇場のコンサートマスターならびにブダペスト音楽院教授をつとめる父親カーロイから、ヴァイオリンと音楽の手ほどきを受け、11歳になるまでにヴィオッティの協奏曲を演奏して公開デビューを飾った。13歳でベルリンに留学、5年間にわたってヨーゼフ・ヨアヒムの薫陶を受ける。その後1878年に、リストの助言を容れてパリでデビュー、大成功をおさめ、会場に居合わせたヴュータンと親交を結ぶと同時に、指導を仰ぐ。1882年にブリュッセル音楽院ヴァイオリン科の主任教授に採用されるが、1886年に帰国し、父親の後任教授としてブダペスト音楽院に転職した。主要な門人にヨゼフ・シゲティやエンドレ・ジェルトレルのほか、後に指揮者に転向したユージン・オーマンディがいる。また、シュテフィ・ゲイエル(バルトークの初恋の相手で、最初のヴァイオリン協奏曲を献呈された)やイェリー・ダラーニ(ヨアヒムの姪でイギリスとフランスで活躍、ラヴェルの『ツィガーヌ』作曲の協力者)のような女性ヴァイオリニストも数多い。演奏活動では、ソリストとして、ヴュータンやブラームスから称賛を勝ち得たばかりでなく、室内楽奏者として、ブリュッセル時代とブダペスト時代の2度にわたって、弦楽四重奏団を結成した。愛器はストラディヴァリウスであった。恩師ヨアヒムも作曲をしたが、決して創作数が多くないのに対して、フーバイは4つの協奏曲やおびただしい数のアンコールピースを作曲している。協奏曲はハンガリーの民族色(より正確には、ハンガリー・ジプシーの民族色)が濃厚だが、《そよ風》などのアンコールピースは、メンデルスゾーンやシューマンなどの、ドイツ・ロマン派音楽の延長上で作曲されている。これは室内楽演奏のパートナーであるチェリストの、ダヴィッド・ポッパーの作風とも共通している。』↓♪~




Jenő Hubay plays Hubay : Intermezzo



1864年 - 杉山茂丸、政治活動家(+ 1935年)

『杉山 茂丸(すぎやま しげまる、元治元年8月15日(1864年9月15日) - 昭和10年(1935年)7月19日)は、明治から大正、昭和初期にかけて、それぞれの時代の政界実力者と結び、経済や外交、内政などにさまざまな献策を行った人物である。自らは官職も議席も持たない在野の浪人であったが、山縣有朋、松方正義、井上馨、桂太郎、児玉源太郎、後藤新平、寺内正毅らの参謀役を務め、政界の黒幕などと呼ばれた。実は戦国大名龍造寺隆信の末裔である。長男は作家の夢野久作。孫はインド緑化の父と言われる杉山龍丸、詩人の杉山参緑。戯号として其日庵(そのひあん)。戒名は其日庵隠忠大観居士。』


1876年 - ブルーノ・ワルター、指揮者(+ 1962年)

『ブルーノ・ワルター(Bruno Walter, 1876年9月15日-1962年2月17日)は、ドイツ出身の指揮者・ピアニスト・作曲家。より正確なドイツ語読みはヴァルターであり、そのように表記される場合もある。また、本来の苗字はシュレージンガーであり、これは彼がブレスラウの歌劇場の指揮者になったとき、ブレスラウにはシュレージンガー姓のものが多いので、ヴァルターに改めたという。そのため、ヴァルター・シュレージンガーと表記されることも稀にある。「20世紀を代表する偉大な指揮者の1人」で、モーツァルトやマーラーを得意とした。戦前や戦後間もなくの日本では、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(※ ドイツの指揮者。作曲活動、ピアノ演奏活動も行った。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督。)、アルトゥーロ・トスカニーニ(※ イタリア出身の指揮者。『ワリー』や『トゥーランドット』等の重要なイタリア・オペラを初演している。戦後はNBC交響楽団を起用し数多くのレコーディングを行った。また、リハーサルの厳しさで知られ、駄目出しの多さからトスカノーノとあだ名された(後述)。トスカニーニは極度の近視であり、譜面台に置いた楽譜が見えなかったため本番もリハーサルも暗譜で指揮するのが常であった。)とブルーノ・ワルターを「三大巨匠」と呼ぶことが多かった。作曲家として2曲の交響曲、室内楽曲、歌曲などを残している。』↓♪~




Bruno Walter - Leonore no. 3 - Part 1



1884年 - 前田房之助、政治家(+ 1965年)

『前田 房之助(まえだ ふさのすけ、1884年9月15日 - 1965年2月18日)は、日本の政治家。衆議院議員選挙に通算8回当選した。兵庫県西宮市出身。1907年に神戸高等商業学校(現・神戸大学)を卒業し、武庫郡議、大社村長を経て、1924年の第15回衆議院議員総選挙に政友本党公認で立候補し初当選。1927年に政友本党が憲政会と合同して立憲民政党を結成したため、前田も民政党に所属し同党の総務、政調会長を務めた。その一方で大蔵参与官を務めた後、1936年に廣田内閣の逓信政務次官となり、1944年には小磯内閣の運輸通信政務次官に就任した。戦時中翼賛政治会の総務を務めていたため、戦後日本進歩党の結成に参加したが公職追放。追放解除後の1955年、日本民主党公認で第27回衆議院議員総選挙に当選し政界に返り咲いた。その後日本民主党全国委員長、自由民主党総務を歴任した。【宝塚尼崎電気鉄道 - 前田が創設に関わる。】』


1890年 - アガサ・クリスティ、推理作家(+ 1976年)

『アガサ・クリスティ DBE(Dame Agatha Christie , DBE、1890年9月15日 - 1976年1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である。発表された推理小説は世界的なベストセラーとなり「ミステリの女王」と呼ばれた。フルネーム(in full)はアガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Agatha Mary Clarissa Christie)。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの会長(4代目)。父の破産と病死、自身の結婚と離婚など様々な出来事を乗り越えながらもアガサは小説家として活動していった。1920年のデビューから亡くなるまで長編小説66作、中短編を156作、戯曲15作、メアリ・ウェストマコット(Mary Westmacott)名義の小説6作、アガサ・クリスティ・マローワン名義の作品2作、その他3作を執筆。ほとんどが生前に発表されている。中でも『アクロイド殺し』(1926年)、『オリエント急行の殺人』(1934年)、『ABC殺人事件』(1936年)、『そして誰もいなくなった』(1939年)等は世紀をまたいで版を重ねている。推理の謎解きをするエルキュール・ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンスといった名探偵の産みの親でもある。そのファンからなるアガサクリスティ協会によると、彼女の作品は英語圏を越えて全世界で10億部以上出版されている。聖書とシェイクスピアの次によく読まれているという説もあり、ユネスコの文化統計年鑑(1993年)では「最高頻度で翻訳された著者」のトップに位置している。ギネスブックは「史上最高のベストセラー作家」に認定している。日本でも早くから紹介され、早川書房はクリスティー文庫としてほぼ全ての作品を翻訳している。彼女が作品を発表した20世紀始めは保守的な風潮が世間に残っており、トリックに対するフェア・アンフェア論争が起こったり、犯人の正体がモラルの面から批判の的になるなど是非が論じられていた。同時にラジオや映画といったメディアが発達していたことで作品が広く知られることにもつながった。性格は人見知りの傾向を持ち、失踪事件(1926年)でマスコミの餌食とされたこともあり、意識的に表舞台と離れるようになったが、これが神秘的なミステリの女王伝説につながっていった面がある。第一次世界大戦中は薬剤師の助手として奉仕活動に従事していた。』


1892年 - シン・ピーラシー、彫刻家(+ 1962年)

『シン・ピーラシー(タイ語:ศิลป์ พีระศรี、1892年9月15日 - 1962年5月14日)はタイ王国およびイタリアの彫刻家。タイの近代美術の父。イタリア人で、本名はコラードー・フェローチ(Corrado Feroci)。シン・ピーラシーは、1892年9月15日にイタリアフィレンツェサンジョヴァンニ地区(San Giovanni)で生まれ、コラードー・フェローチと名づけられる。父の名はアルトゥーロ・フェローチ、母の名はサンティーナ・フェローチ。1898年から初等教育を5年、中等教育を5年受け、フィレンツェの王立美術アカデミーに入学、7年間の教育を受ける。23歳のときにフィレンツェ王立美術アカデミー(The Royal Academy of Art of Florence)において造形、絵画の分野で学位を取得し、さらに教育活動を続け、美術史、美術論、哲学教授資格を得る。特に造形美術と絵画についての造詣が深かった。』


1894年 - ジャン・ルノワール、映画監督(+ 1979年)

『ジャン・ルノワール(Jean Renoir, 1894年9月15日 - 1979年2月12日)は、フランスの映画監督。印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールの次男。パリのモンマルトルに生まれる。学校を中退後、第一次世界大戦に騎兵少尉として参戦。戦後、その療養中にチャップリン等の影響を受け、映画監督を志す。1920年にカトリーヌ・エスランと結婚。1924年、カトリーヌ主演の映画『カトリーヌ』に出資した後、カトリーヌ主演作『水の娘』で監督デビュー。その後、父の絵を売却した資金で映画を本格的に撮り始め、フランスを代表する映画監督になる。ただし興行的には失敗が多かった。1937年の反戦映画『大いなる幻影』で巨匠として名が知られる。第二次世界大戦中にアメリカに亡命し、ハリウッドの撮影システムに困惑しながらも『南部の人』や『この土地は私のもの(邦題:自由への闘い)』等の作品を創り上げた。しかし大戦終了後も祖国フランスでは映画を撮る機会に恵まれずインド(『河』)やイタリア(『黄金の馬車』)などの他国で映画を作成する。祖国に戻ったのは大戦終了から10年近くも経過した後だった。フランス復帰第一作の『フレンチ・カンカン』こそ商業的な成功を収めることができたが、その後の作品は当たらず映画を撮る機会が次第になくなっていった。そのことに失望して、晩年は亡命時代の知己を訪ねアメリカで暮らしその後終生フランスに戻ることはなかった。1979年2月12日、ビバリーヒルズの自宅で他界。アメリカで失意の底にあったルノワールを精神面で支えていたのは、ルノワールを師と仰ぐヌーヴェル・ヴァーグの旗手フランソワ・トリュフォーだった。ジャン=リュック・ゴダールやトリュフォーなどのヌーヴェル・ヴァーグ、ロベルト・ロッセリーニやルキノ・ヴィスコンティらのネオレアリズモ、他にロバート・アルトマンやダニエル・シュミットなど、多くの映画作家に影響を与えた。また、ジャック・ベッケル、ジャック・リヴェット、ヴィスコンティやロバート・アルドリッチなど、後に各国を代表する映画監督が、ルノワールの下で助監督を務めている。』


1895年 - ヴァルター・シュピース、画家(+ 1942年)

『ヴァルター・シュピース(Walter Spies, 1895年9月15日 - 1942年1月19日)は、ロシア生まれのドイツの画家。現代バリ芸術の父として知られ、1930年代バリ島におけるバリ・ルネッサンスの中心人物として活躍し、今日見られるような観劇用のケチャやチャロナラン劇をバリ人とともに創出した。』


1897年 - クルト・ダリューゲ、ドイツの政治家。秩序警察長官。ナチス親衛隊上級大将

『クルト・マックス・フランツ・ダリューゲ(Kurt Max Franz Daluege[1]、1897年9月15日‐1946年10月24日)は、ドイツの政治家。秩序警察(OrPo)初代長官、第2代ベーメン・メーレン保護領副総督。親衛隊(SS)の高官であり、最終階級は親衛隊上級大将(SS-Oberstgruppenführer)および警察上級大将(Generaloberst der Polizei)。』


1902年 - 山本礼三郎、俳優(+ 1964年)

『山本 禮三郎(-礼三郎、やまもと れいざぶろう、1902年9月15日 - 1964年9月11日)は、日本の俳優である。本名は山本 博吉(やまもと ひろよし)、初期芸名は小沢 美羅二(おざわ みらじ)、東亜キネマ時代に一時期市川 壽三郎(-寿三郎、いちかわ じゅさぶろう)を名乗った。マキノ大量退社事件で退社し、山本礼三郎プロダクションを設立した時期がある。・・・戦後は、1948年(昭和23年)に黒澤明監督の『醉いどれ天使』、『野良犬』に出演しとほか、大映京都撮影所を中心に活動する。』


1903年 - 小杉義男、俳優(+ 1968年)

『小杉 義男(こすぎ よしお、1903年9月15日 - 1968年3月12日)は栃木県出身の日本の俳優。叔父は日本画家の小杉放庵。日光町(現:日光市)生まれ。日本館にいた石井漠に舞踊、松島詩子にコールユーブンゲンを習い、浅草オペラの歌手として活躍する。その後は、伊庭孝の新星歌舞劇団を経て新劇協会に入り、帝国ホテル演芸場での『桜の園』のヤーシャで認められる。1925年、築地小劇場に入り、『どん底』の靴屋のアリョーシカで認められ、これを持ち役とし、以降はこわもての風貌を武器に脇役として個性的な演技で活躍。映画初出演は、1927年に築地小劇場の座員と共に出演した『黎明』。1934年に新協劇団の結成に参加。翌1935年には舞台活動と平行して、東宝の前身である映画会社P・C・Lと契約。時代劇、舞台劇を問わず多くの東宝映画に出演する。黒澤明の映画にも度々起用され、『姿三四郎』、『虎の尾を踏む男達』、『七人の侍』などに出演。世界的スターであり、小杉の後輩である三船敏郎とも三船のデビュー作から共演する事が多かった。特撮作品にも数多く出演しており、特に本多猪四郎が監督を務める作品には数多く出演した。』


1904年 - ウンベルト2世、イタリア最後の国王(+ 1983年)

『ウンベルト2世(イタリア語: Umberto II、1904年9月15日 - 1983年3月18日)はイタリア王国第4代にして最後の国王(在位:1946年5月9日 - 6月12日)。即位時に父王が得たアルバニア王位とエチオピア帝位は放棄している為、両地位は継承していない。金羊毛騎士団団員、エルサレム国王、サルデーニャ国王、ピエモンテ公爵などを称号として持つ。第二次世界大戦後、国民投票により廃位されて国外追放となり、ウンベルト1世ビアンカマーノから続いて来た王家としてのサヴォイア家は終焉を迎えた。短期間の在位を指して五月王(Re di Maggio)と呼ばれた他、亡命生活故か英語名のハンバー2世や仏語名のアンベール2世とも呼称された。』


1915年 - 鯨岡兵輔、政治家(+ 2003年

『鯨岡 兵輔(くじらおか ひょうすけ、1915年9月15日 - 2003年4月1日)は、日本の政治家である。福島県石城郡四倉町(現・いわき市)出身。正三位勲一等旭日大綬章。4歳の時に東京都足立区千住に転居。早稲田大学卒業後召集され、陸軍航空大尉で終戦を迎えた。旧東京10区から衆議院議員に連続12回当選し、下町育ちの「江戸っ子政治家」として知られた。三木武夫直系の政治家として政界の腐敗を批判した。鯨岡は三木と松村謙三に師事したが1964年に松村が同志数名とともに三木派を離脱し小派閥の松村派を結成した際には松村と相談の上、三木派に残留した。その後は三木派、河本派に所属したが、晩年は河本派を離れ、寵愛していた河野洋平の後ろ盾として行動した。身辺が清潔なことで知られ、自由民主党ハト派を代表する硬骨の政治家としても知られた。野球殿堂入りした豊田泰光は従弟。札幌市長・衆議院議員を歴任した高田富與は父の従弟。』


1919年 - ファウスト・コッピ、自転車プロロードレース選手

『アンジェロ・ファウスト・コッピ(Angelo Fausto Coppi、1919年9月15日 - 1960年1月2日)はイタリア・ピエモンテ州アレッサンドリア県カステッラーニア出身の自転車競技選手。主としてロードレースで活躍した。「カンピオニッシモ」(伊:Campionissimo=チャンピオンの中のチャンピオン)と呼ばれるイタリアスポーツ界の伝説的英雄。ツール・ド・フランスで2度の総合優勝(1949年、1952年)と5度のジロ・デ・イタリア総合優勝(1940年、1947年、1949年、1952年、1953年)を果たしたほか、ジロ・ディ・ロンバルディア4連覇(1946~1949年)や世界選手権制覇(1953年)など数々の偉業を達成した。』


1920年 - 田中徳三、映画監督(+ 2007年)

『田中 徳三(たなか とくぞう、1920年9月15日 - 2007年12月20日)は、日本の映画監督である。関西学院大学文学部卒業。大阪市東区(現・中央区)船場出身。1920年9月15日、大阪市東区(現・中央区)船場に生まれる。関西学院大学文学部在学中に徴兵(大学は繰り上げ卒業)され、スマトラ島で終戦を迎えた。1年間捕虜生活を送った後、1946年に帰国、1948年、朝日新聞記者だった兄の勧めで助監督として大映京都撮影所に入社。溝口健二、市川崑、吉村公三郎、伊藤大輔、森一生らの下でチーフ助監督を務めた後、1958年に『化け猫御用だ』で監督デビュー。この時、市川崑が新人監督のために台本を書いていることを知った田中は自分に回ってくることを期待したが回ってきたのが『化け猫御用だ』と知り、落胆したという。その後勝新太郎主演の「悪名」シリーズ、市川雷蔵主演の「眠狂四郎」シリーズ(市川雷蔵主演の『眠狂四郎』を企画したのは田中である)、田宮二郎主演の「犬」シリーズなどの人気作のメガホンを取った。大映時代の監督作品にはプログラムピクチャーが多く、監督を務めた作品の数は49本を数える。大映倒産後はフリーとなり、映画だけでなく、テレビドラマの監督も多数務めた。2007年12月20日、脳出血のため奈良県橿原市の病院で死去。87歳没。同年に撮影した『少年河内音頭取り物語』(河内家菊水丸の少年期の実話)が遺作となった。』


1925年 - 阿部保夫、クラシックギター奏者(+ 1999年)

『阿部保夫(あべ やすお、1925年9月15日-1999年12月26日)はギタリスト。宮城県石巻市出身。兄の影響からギターに興味を示し1938年より管ノ又信太郎に師事。1947年、古賀政男主宰の古賀ギター歌謡学院で講師を務めることとなる。1948年、第一回全国ギターコンクールで一位。1953年にはイタリアへ留学しA・セゴビア、E・プジョールに師事する。1966年からは「NHKギター教室」の初代講師を5期に渡り担当した。1969年、日本ギタリスト協会発足にともない初代委員長を務め多くのコンクール・コンサート等を開き、晩年に至るまで日本のギター界全体の発展に大きく貢献した。享年74。』


1926年 - ジャン=ピエール・セール、数学者

『ジャン=ピエール・セール(Jean-Pierre Serre, 1926年9月15日 - )はフランスの数学者。もとブルバキのメンバーの一人。アンリ・カルタンに学び、はじめは複素解析や代数トポロジーを研究した。28歳の若さでフィールズ賞(最年少)を受賞。 その後代数幾何学に傾倒していき、グロタンディークに多くの示唆を与え自身もヴェイユ予想に大きく貢献。業績として代数トポロジーにおけるスペクトル系列を発展させた(Leray-Serreのスペクトル系列)。SerreのC理論による球面のホモトピー群の研究。 GAGA (Géométrie Algébrique et Géométrie Analytique) で代数幾何において複素解析幾何学的手法を導入し、大きな成功を収めた。 FAC (Faisceaux algébriques cohérents)を発表し、代数的連接層を構築。層の言葉とホモロジーを用いて代数幾何学、可換環論の書き直し、層係数コホモロジーを構成した。 整数論におけるl-進表現論において、楕円曲線、L関数、モジュラー形式、アーベル多様体などに応用し多くの成果をあげた。 p-進モジュラー形式の理論の構成、類体論への貢献、代数的K-理論への貢献。アーベル多様体にかんするSerre-Tate理論。その他にリー群などにも業績がある。』


1926年 - 今村昌平、映画監督、脚本家(+ 2006年)

『今村 昌平(いまむら しょうへい、1926年9月15日 - 2006年5月30日)は、日本の映画監督、脚本家。【作風】日本の都会の底部や小さな農村を舞台にしたものが多く、日本人の意識の基層から来る性や本能・背徳的な近親相姦といった人間の『欲』に焦点を当てたものが多い。また、派手なアクションシーンなどはない重厚ながらも喜劇的でエネルギッシュな演出を好んでいた。作品の随所に、人間の獲物を動物が横取りする場面がある。』


1927年 - 小宮山重四郎、衆議院議員(+ 1994年)

『小宮山 重四郎(こみやま じゅうしろう、1927年9月15日 - 1994年11月21日)は、日本の政治家。衆議院議員(11期)、郵政大臣を歴任。妻の乃理子(椿千代・桂典子)は元宝塚歌劇団女優で、女優・新珠三千代の実妹。重四郎の他界後、小宮山後援会は次男の徹を後継者とした。徹は1996年の第41回衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬したが落選。代わって長女の小宮山泰子が自民党埼玉県議会議員を2期目途中で辞職して立候補し、自由党を経て2003年の第41回衆議院議員総選挙に民主党から立候補し初当選。父の後継者となった。兄で平和相互銀行創業者の小宮山英蔵の孫に、ミュージシャンの小宮山雄飛がいる。』


1928年 - キャノンボール・アダレイ、音楽家(+ 1975年)

『キャノンボール・アダレイ(Julian Edwin "Cannonball" Adderley 1928年9月15日-1975年8月8日)はフロリダ州タンパ生まれのジャズアルト・サックス奏者。マイルス・デイヴィスのグループで活躍し、ソウル・ジャズ、ファンキー・ジャズの立役者の一人としても知られる。あだ名の『キャノンボール』の由来は、キャンニバル(cannibal:大食漢)に由来する。言葉が慣用化してこのように変化したという。弟にコルネット奏者のナット・アダレイ(※ アメリカ合衆国のジャズ・コルネット奏者。本名Nathaniel Adderley。ファンキー・ジャズを代表する奏者の一人。)がいる。』↓♪~♪~

【兄-Cannonball Adderley】




Cannonball Adderley - Brother John - 1963



【弟-Nat Adderley】




Nat Adderley ~ I Married An Angel



1929年 - 山本鉱太郎、作家

『山本 鉱太郎(やまもと こうたろう、1929年9月15日 - )は栃木県足利市出身の旅行作家、劇作家。現在千葉県流山市在住。栃木県立足利高等学校、群馬大学卒。旅行をテーマにした作品の小説が多い。2005年12月、社会教育功労者として文部科学大臣より表彰される。 日本ペンクラブ、日本推理作家協会、旅行記者クラブ、日本旅のぺ、旅行作家の会会員。趣味はカメラ、郷土玩具収集、料理、水泳、ハーモニカ、スケッチ。いまも年間100日は国内外の旅を続けている。』


1929年 - ウイルバー・スナイダー、プロレスラー(+ 1991年)

『ウイルバー・スナイダー(Wilbur Snyder、1929年9月15日 - 1991年12月25日)は米国ユタ州ソルトレイク出身のプロレスラー。日本での愛称は原爆男。ウィルバー・スナイダーとも表記される。息子はマイク・スナイダー。ジャイアント馬場は、その実力を高く評価していたが、当時の日本プロレスはスナイダーをあまり評価せず、アメリカでのスナイダーの多忙もあって常連レスラーにはならなかった。その後、馬場が全日本プロレスを旗揚げした後、すぐに招聘している。BI砲はインター・タッグから3回陥落しているが、他の2回がディック・ザ・ブルーザー&クラッシャー・リソワスキー、ドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンクというプロレス史上に残る強力チームであるのに対し、スナイダー&ホッジはインター・タッグ奪取以外に大きな実績のない急造チームであり、この二人の強豪ぶりをうかがい知ることが出来る。』


1934年 - 中沢健次、国会議員

『中沢 健次(なかざわ けんじ、1934年9月15日- )は日本の政治家。衆議院議員を4期務めた。北海道夕張市に生まれる。北海道夕張北高等学校卒業、全日本自治団体労働組合道本部副委員長を経て1986年の第38回衆議院議員総選挙に岡田春夫の後継として日本社会党公認で旧北海道第4区から出馬し初当選(同じ区の社会党現職池端清一や田中派新人鳩山由紀夫も当選)。1990年第39回衆議院議員総選挙で再選(同じ区の民社党新人小平忠正も当選)、1993年第40回衆議院議員総選挙で落選し、1996年第41回衆議院議員総選挙で民主党元職として比例区で当選し国政復帰、2000年民主党現職として第42回衆議院議員総選挙で再選、2003年引退。』


1936年 - 小田部羊一、アニメーター

『小田部 羊一(こたべ よういち、1936年9月15日 - )は日本のアニメーター、キャラクターデザイナー。台湾台北市生まれ。東京芸術大学を卒業後、東映動画株式会社に入社、様々な制作会社を経て、1974年に放映されたテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』にキャラクターデザイナーとして参加する。その後も多くの作品に携わるも、退社しフリーの活動を開始する。1985年、任天堂株式会社の知人から誘いを受け、開発アドバイザーとして入社、アニメーションのノウハウをテレビゲームに取り入れる。ファミリーコンピュータソフト『スーパーマリオブラザーズ』において、宮本茂が生み出したマリオシリーズのキャラクターデザインを更に磨き上げ、以降一連のシリーズにおいてキャラクターの公式イラストをデザイン(および監修)し続けた。2007年に任天堂を退社、再びフリーでの活動を開始する。妻のアニメーター・銅版画家の奥山玲子(2007年逝去)と2人だけのスタジオ「アトリエ羚」を主宰。東京デザイナー学院アニメーション科や東映アニメーション研究所で講師を務める教育者としての顔も持つ。奥山玲子との共通ペンネームとして「あんていろーぷ」を使用している。【参考文献】:叶精二「日本のアニメーションを築いた人々」。』


1938年 - 福島勝、日本中央競馬会調教師

『福島 勝(ふくしま まさる、1938年9月15日 - )は、日本中央競馬会・栗東トレーニングセンターの元調教師である。兵庫県出身(出生地は北海道)。父は福島角一(元調教師)、父方の従兄弟に福島信晴(調教師)、母方のおじに内田繁三(元調教師)がいる。1957年に叔父である京都内田繁三厩舎所属の騎手見習いとなり、1959年に騎手免許を取得、同厩舎よりデビュー。1961年に父の福島角一厩舎所属となる。1966年に騎手を引退し、同厩舎の調教助手へ転身する。騎手成績は中央通算298戦25勝であった。1974年に調教師免許を取得し、1976年に開業。初出走は同年3月7日阪神競馬第3競走のヤサカマサルで2着、初勝利は4月25日に京都競馬ヤサカマサルで、延べ4戦目であった。1978年の日本経済新春杯をジンクエイトで制し、重賞初勝利を挙げた(このレースはテンポイントが故障、競走中止したレースでもある。詳細は第25回日本経済新春杯を参照)。1997年に管理馬が地方競馬で初出走し、初勝利を挙げている。2000年にはランドパワーが中山大障害を制し、管理馬がJ・GI初勝利を挙げた。2008年に定年まで1年を残し調教師を勇退することが2月14日に発表され、2月29日付で引退した。』


1943年 - 池辺晋一郎、作曲家

『池辺 晋一郎(いけべ しんいちろう、戸籍上は「池邉」が正しい、1943年9月15日 - )は、日本の作曲家。茨城県水戸市出身。1963年東京都立新宿高等学校卒業。1967年、東京藝術大学卒業。1971年、同大学院修了。中学・高校時代には、クラリネットを吹いていた経験もある。高校で合唱をしていた際、そこで宇野功芳(音楽評論家)が講師をしていた。東京藝術大学で池内友次郎、三善晃、矢代秋雄に師事。大学で1年先輩の三枝成彰と親交があり(本人は半ば自虐的に「悪友」と言っている)、共に当時の若手作曲家のホープとみなされていた。在学中に書いた室内楽曲「クレパ七章」で注目され、武満徹の目に留まり一時期彼のアシスタントを務めた。7曲の交響曲をはじめとする演奏会用作品の他、黒澤明や今村昌平の監督作品をはじめとする映画音楽、校歌、NHK大河ドラマ(冨田勲と並ぶ、最多の5作)やアニメ『未来少年コナン』などのテレビ番組の音楽も多く手がけている。』↓♪~



独眼竜政宗 東京フィルファーモニー交響楽団 2000



1944年 - 境直行、日本中央競馬会調教師

『境 直行(さかい なおゆき、1944年9月15日-)は、日本中央競馬会(JRA)所属の元騎手、調教師である。京都府出身(出生は熊本県)。』


1945年 - ジェシー・ノーマン、ソプラノ歌手

『ジェシー・ノーマン(Jessye Norman, 1945年9月15日 - )は、アメリカ合衆国のソプラノ歌手。オペラ歌手としてもソリストとしても世界的に著名であり、またクラシック音楽界きっての稼ぎ頭のひとりである。ソプラノ・ドラマティコの声質と圧倒的な声量を持ち、アイーダやカッサンドル、アルチェステ、レオノーラなどの厳粛な役柄を得意としている。』↓♪~




Jessye Norman - A Portrait - When I Am Laid In Earth (Purcel



【PS.今日も全てのプロフを満喫する事はできなかったけど、満足感があるのは。。。#><)ノシークレットという事で、まだまだ著名人がいますよ♪色んな世界を数時間で知ることができるプロフってええねぇ~;^^)ノ全部読むには加速度が必要だけどリハビリ中なんで我慢しますっ。ではまたぁ~】


1946年 - トミー・リー・ジョーンズ、俳優

1946年 - オリバー・ストーン、映画監督

1948年 - 河田潤一、政治学者

1949年 - 藤野真紀子、料理研究家・政治家

1950年 - デイヴ・ヒルトン、元プロ野球選手

1951年 - 大石静、脚本家

1952年 - 中島久之、俳優

1953年 - 竹下景子、女優、TBS「クイズダービー」レギュラー解答者

1955年 - 金光興二、元野球選手

1956年 - ジョン・パセラ、元プロ野球選手

1959年 - 田中和博、元プロ野球選手

1962年 - 松尾宗仁、ギタリスト(ZIGGY)

1965年 - 小宮山悟、プロ野球選手

1966年 - 酒井順子、エッセイスト

1966年 - 彦摩呂、タレント

1966年 - 深沢邦之、お笑いタレント(Take2)

1967年 - 武田真一、NHKアナウンサー

1967年 - 橋本志穂、タレント(元福岡放送アナウンサー)

1971年 - ジェイソン・ハートキー、元プロ野球選手

1972年 - 深作健太、映画監督

1973年 - 藤谷美紀、女優

1973年 - 三井浩二、プロ野球選手

1974年 - ARATA、俳優、ファッションモデル

1974年 - 倉野信次、元プロ野球選手

1977年 - 玉乃島新、大相撲力士・元関脇

1977年 - アンジェラ・アキ、歌手

『『日本の女性シンガーソングライター、ジャズピアニスト。徳島県板野郡板野町出身(岡山県岡山市出身を名乗ることもある)。身長166cm。血液型A型。愛称はアンジー。徳島弁(阿波弁)で話す。伊達眼鏡、Tシャツ(Haleiwa supermarketのTシャツを愛用)にジーンズ、及びコンバース社の靴を愛用している。好きな音楽について、メタリカ、マキシマムザホルモンを挙げている。また、酔って家に帰る時に大声で歌う癖があり、その際のレパートリーの中で特に気に入っているのが大塚愛の曲「CHU-LIP」であるとのこと。ピアノ弾き語りが中心であるが、スタジオ録音盤(CDアルバム・シングル等)では、バックにドラムやベース、ストリングス等を取り入れた楽曲がほとんどである。ピアノの演奏技術は、身体的制約(手が小さく1オクターブが限界)もあって(ライブでは、ごく一部の特定の曲においてミスタッチの少ないキーに変更して演奏することもある)、その分非常に多くの時間をピアノの練習に当てており技術水準の確保に努めている[要出典]。ピアノを打楽器の様に扱い全身を使って行うダイナミックな演奏も特徴のひとつである。自身が監修したピアノ用楽譜を多く出版している。武道館ライブの楽譜に至ってはその当時のMCや曲の途中のアドリブ演奏まで含めた採譜となっている。2010年現在、米国の(インターネットによる)通信制の大学で音楽を学んでいる。「デビュー5周年を迎え、デビュー10周年を迎えたときに同じレベルでいたくないと思った」というのが大学に入った動機である。【ちなみに2010年9月16日木曜日「徹子の部屋」に出演し、トーク以外歌を熱唱しています。ピアノを弾きながら熱唱するというイメージでしたが、ギターを弾きながらの熱唱はなかなかでした♪楽曲提供だけにおさまるのではなく自らも歌い続け、その先の未来にさらなる向上心を持ち進化し続ける彼女には惚れ惚れしますね。何故なら自分もそうなりたいと一応強く思っているからですが(汗)。。。#^0^)b<頑張っ♪』

1977年 - ジュニーニョ、サッカー選手

1978年 - KLUTCH、MC(ET-KING)

1978年 - 山崎ナオコーラ、小説家

1979年 - 清川あさみ、アーティスト

1979年 - 八木沼真由子、女性アイドル

1979年 - Cheri、シンガーソングライター

1980年 - 蔡依林(ジョリン・ツァイ)、台湾の歌手

1981年 - 佐々木貴賀、元プロ野球選手

1982年 - エジミウソン・ドス・サントス・シルバ、プロサッカー選手

1982年 - 古畑勝隆、俳優

1983年 - 平田裕香、女優、タレント

1984年 - ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイヴィッド・マウントバッテン=ウィンザー(ヘンリー王子)

1986年 - ジェナ・マッコーケル、フィギュアスケート選手

1988年 - 栗山裕貴、サッカー選手

1990年 - 絢子女王、皇族高円宮家の三女

1992年 - 小木曽汐莉、SKE48

1993年 - 佐藤和也、俳優

1996年 - 鍋本帆乃香、女優

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/15 23:31 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。