スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月14日の誕生花は「マルメロ(Quince)」で花ことばは「誘惑(Seduction)」。


バラ科で南ヨーロッパが原産国。



マルメロは、愛の女神ヴィーナスに捧げられた果実。「黄金のリンゴ」と呼ばれています。ヒッポネスがアタランテと戦って勝ったとき、与えられたのがマルメロ・・・と呼ばれています。



マルメロのジャムがマーマレードですが、ポルトガル語の「Marmelada」からきているようです。



秋の果実の代表。みずみずしくて、美味しいらしいです。日本では、「花梨(かりん)」の別名もあります。





誕生花は「マルメロ(Quince)」。

花ことばは「誘惑(Seduction)」。


【9月14日の花占いは?】



あなたが持っている臨機応変に対応できる能力は、世の中を渡るのに大変役立ちます。老若男女を問わず、いろいろな人が、あなたを誘惑しようとしています。あなたと近づく事で、何かが得られそうだと直感しているのでしょう。自分自身を守るためにも、誘惑には簡単にのらないようにっ。そうすれば、何もかもうまくいきます。子宝に恵まれる人と出ていますよ♪


【9月14日生まれの著名人は?(一人で興奮してるかもなので今日からフンワリ見るかなヽ(ーpー#)ノ)】



1580年 - フランシスコ・デ・ケベード、詩人(+ 1645年)

『スペイン文化の黄金時代を代表する詩人。スペイン文学史上最大の存在感を持つ人物の一人である。カスティーリャのラ・トーレ・デ・ファン・アバド(La Torre de Juan Abad)の町に所領を持つ郷士の家に生まれる。生誕地はマドリード。20代半ばで詩人として頭角を現し、愛についての詩から強烈な風刺詩まで様々なテーマの詩を発表し続けて注目を集める(ただし単著が出版されたのは死後のことである)。』


1698年 - シャルル・フランソワ・デュフェイ、化学者(+ 1739年)

『フランスの化学者である。パリ植物園の監督官を務めた。電気に2つの極性があることを提唱したことで知られる。パリに軍人の家系に生まれた。1732年にパリ植物園の監督官に任じられた。1733年に、封ろうもガラス棒も摩擦すれば帯電するが、これらが別の電気(électricité résineuse:樹脂電気とélectricité vitreuse:ガラス電気)であることを主張した。導体と絶縁体の違いについて述べ、同極に帯電した物体が反発し合い、異極に帯電した物体が引き合うことを発見した。たとえばスティーヴン・グレイ(Stephen Gray, 1666-1736)のように物体の電気的性質がその色に関係するというような、帯電に関する誤解をといた。デュ・フェの観察結果は1733年12月に報告され、翌年の王立協会のフィロソフィカル・トランザクションズで刊行された。』


1755年 - ウィリアム・ブラッドフォード、第2代アメリカ合衆国司法長官(+ 1795年)

『アメリカ合衆国の弁護士、政治家、裁判官。1794年から1795年まで第2代アメリカ合衆国司法長官を務めた。』


1769年 - アレクサンダー・フォン・フンボルト、自然地理学者(+ 1859年)

『ドイツの博物学者兼探検家、地理学者。兄がプロイセンの教育相、内相であり言語学者のヴィルヘルム・フォン・フンボルト。近代地理学の金字塔、大著『コスモス』を著したことは有名。カール・リッターとともに、近代地理学の祖とされている。また、ゲーテやシラーや、ヨーロッパ滞在中のシモン・ボリバルなどと、親交があった事でも知られる。』


1791年 - フランツ・ボップ、言語学者(+ 1867年)

『ドイツの言語学者。インド・ヨーロッパ語族の源流を科学的に研究する比較言語学は、フランツ・ボップ、ラスムス・ラスク、そしてグリム兄弟として有名なヤーコプ・グリムの3人から始まった。この3人はウィリアム・ジョーンズ (言語学者)がヨーロッパ諸語とサンスクリットの共通点を指摘した後に出生、研究の初出年も生没年も近似している。ボップはペルシャ語やサンスクリットを学び「ギリシヤ・ラテン・ペルシャ・ゲルマン語動詞変化との比較におけるサンスクリットの動詞変化組織について」なる書籍を執筆し、刊行された1816年は、比較言語学スタートの年とされている。』


1886年 - スタンリー・ケッチェル、プロボクサー(+ 1910年)

『通算戦績は、64戦55勝49KO4敗5引分け。アメリカ合衆国出身の元プロボクサー。本名はスタニスラウス・キーカル。元世界ミドル級チャンピオン。その破壊的な左右の強打と獰猛なファイトで“ミシガンの暗殺者”(Michigan Assassin)と畏怖され、若くしてスキャンダラスな死を遂げたスラッガー。ボクシング界の古老の多くが史上最強に推している。』


1887年 - パウル・コハンスキ、ヴァイオリニスト・作曲家・編曲家(+ 1934年)

『ポーランド出身のヴァイオリニスト・音楽教師・作曲家・編曲家。ドイツ語風に「パウル・コハンスキ(Paul Kochanski)」もしくはロシア語風に「パーヴェル・コハンスキー」として知られており、本稿でもそれに従う。弟は日本に亡命したピアニスト・音楽教師のレオニード・コハンスキ。』↓♪~



Manuel De Falla - Spanish folksongs suite (Siete canciones populares espanolas, 1914, arranged for piano and violin by Paul Kochanski) - Part A

1. El pano moruno
2. Nana
3. Cancion
4. Polo


1904年 - 橋本國彦、作曲家・指揮者・ヴァイオリニスト(+ 1949年)

『日本の作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者、音楽教育者。東京都本郷生まれ。ヴァイオリンを辻吉之助に師事、1923年(大正12年)東京音楽学校(現・東京芸術大学)入学。ヴァイオリン(安藤幸に)と指揮法を学ぶ。作曲はほとんど独学であったが、同校研究科で作曲を学ぶ。歌曲『お菓子と娘』『黴』などで作曲家としての名声を獲得。斬新な曲を作る一方ではポピュラーなCM曲や歌謡曲にも手を染めた。』↓♪~。。。変幻色彩でライトアップして色も含めて表現してほしい。。。しかし、妄想してると音がいつの間にか聞こえなくなって暗い闇夜の奥底から歌舞伎の赤い色の髪をつけて般若のお面をした人が後ろからやってくるのが見える(汗)。。。はじめて見る扉ですねぇ~




橋本国彦 「舞」 齊藤 恵 Megumi SAITO "MAI"



1910年 - ジャック・ホーキンス、俳優(+ 1973年)

『イギリスの俳優。ロンドン生まれ。4人兄弟の末っ子。ロンドンの演劇学校Italia Conti Academy of Theatre Artsで学び、1923年に舞台デビュー。1929年にはブロードウェイにも初出演した。1930年に映画デビュー。後年は戦争・歴史映画などで、父親・将軍役などを人間味豊かに演じた。』


1917年 - ルドルフ・バウムガルトナー、指揮者・ヴァイオリニスト(+ 2002年)

『スイスの指揮者、ヴァイオリニストである。1917年、チューリヒで生まれた。初めはヴァイオリンを学び、チューリヒ音楽院、ウィーンでヴォルフガング・シュナイダーハンに、パリでカール・フレッシュに師事した。ソリストとして活動するとともに、室内楽の分野でもゲイヤー四重奏団などで活動していた。1950年、ルツェルン音楽院の教授となり、1956年、シュナイダーハンとともにルツェルン音楽祭弦楽合奏団を組織して指揮者に就任した。1960年、ルツェルン音楽院院長に就任し、1968年から1980年までルツェルン音楽祭の音楽監督を務めた。2002年3月、シエーナで没。』↓♪~




Rudolf Baumgartner-Allegro



1919年 - 三木淳、写真家(+ 1992年)

『日本の写真家。吉田茂の葉巻をくわえた姿のスナップなどを撮ったことで知られる報道写真家。その作品は雑誌LIFEでも掲載され、日本の報道写真の基礎を築いた。ニッコールクラブ会長、日本大学芸術学部教授、日本写真家協会会長、日本写真作家協会会長などを務めた。1999年には彼の功績を讃え、「三木淳賞」(ニコンサロンで行われる35歳以下の公募展Juna 21の最優秀人物に与えられる)が設立された。』


1924年 - 今西練太郎、元プロ野球選手

『大阪府出身の元プロ野球選手。ポジションは投手。1952年の登録名は今西 啓介。浪華商業から日本製鐵を経て、1946年に阪急軍へ入団。2年目に21勝を記録し、1948年には最多の23勝、翌年は19勝し、天保義夫らと共に1リーグ時代の阪急の中心投手して活躍した。2リーグ制になった1950年は新たに誕生した大洋ホエールズに移籍。10勝を挙げ、4年連続で2桁勝利を記録した。1953年に阪急へ復帰し、1954年は東映フライヤーズで投げるが思うような成績な残せず1955年に引退。引退後は、佼成学園高校で監督を務めた。』


1934年 - 国松彰、元プロ野球選手

『元プロ野球選手(外野手)。現在は亀屋万年堂の代表取締役社長。京都府出身。西京高校から同志社大学在学中の1955年に投手として読売ジャイアンツに入団し、1957年から外野手に転向。ONの脇を固める巧打者としてV9時代を支えた。1961年には監督推薦で、1963年にはファン選抜でオールスターゲームに出場した。1970年に現役を引退し、1971年~1973年・1976年~1979年・1986年~1988年に巨人のコーチ、1974年~1975年、1981年~1985年には二軍監督も務めた。東京の和菓子店・亀屋万年堂の社長の娘と結婚し、その縁で王貞治が亀屋万年堂のCMに出演することとなる。1995年、亀屋万年堂の副社長に就任し、2002年に代表取締役社長となる。球界と実業界での経験を買われて、各地で人材育成に関する講演も行う。また左利きゴルファーの代表として、日本レフティゴルフ協会の会長を務めている。ちなみに同会の名誉会長は巨人V9の指揮官でもある川上哲治。口より先に手が出る性格だったようで、のちに中央公論誌上で福島敬光に「国松コーチにはよくたたかれた」とコメントされた。』


1934年 - 浦里はるみ、女優(浦里はる美1934年9月22日生まれ。。。あれ???)

『日本の女優。本名は峰村布佐。神奈川県横浜市出身。旧芸名=浦里はるみ、竹村才与子。1953年劇団新派に入り、芸名竹村才与子の名で「女の決闘」で初舞台。翌年退団して、1955年、東映に入社。浦里はる美で片岡千恵蔵主演の映画「喧嘩奉公」でデビュー。和服の着こなしが上手く、肉感的であったため、時代劇のヴァンプ女優として130本の作品に出演する。1965年代後半からは、テレビドラマ、舞台で活躍する。江戸時代末期からの女性風俗、衣装の資料を集め1989年近代和装風俗編纂質を設立。1990年4月から駒澤大学仏教学部聴講生として通学する。2008年、東京・池袋の新文芸坐で開催された「映画監督佐々木康 生誕100年祭・東映オールスター時代劇映画特集」のトークショーに登場。トークショーの後には浦里のサイン会も開かれた。』


1935年 - 赤塚不二夫、漫画家(+ 2008年)

『日本の漫画家。血液型A型。1956年に貸本漫画『嵐をこえて』でデビュー。その後石森章太郎を慕い、トキワ荘に入居。以後作品発表の舞台を漫画雑誌に移し、1962年に『ひみつのアッコちゃん』、『おそ松くん』のヒットで一躍人気作家となる。1967年に『天才バカボン』がヒットし「ギャグまんがの王様」と謳われた。なお混同されることがあるが、1960 - 1980年代のアニメ・ドラマ・映画に「効果」などのクレジットで登場する同名人物(もしくは「赤塚不二男」)は、本項で扱う漫画家の「赤塚不二夫」とは別人であることに注意されたい。【-来歴-】1935年(昭和10年)、満州国熱河省に生まれ、6人兄弟の長男として育つ。後に「バカボンのパパ」のモデルとなった。父親は、憲兵やスパイとして僻地で宣撫工作を行う特務機関員をしていた。赤塚が10歳の時、第二次世界大戦終戦。父親は終戦直前に赤軍によってソビエト連邦へ連行され、裁判にかけられることとなった。残された家族は1946年(昭和21年)に奉天から母の故郷の奈良県大和郡山市に引き揚げた。帰国までに妹(次女)の綾子はジフテリアにより死去し、弟は他家へ養子に出されたため、日本に帰還する頃には兄弟は半数となった。死んだ次女の名を継いだ生後6か月の妹・綾子も、母の実家に辿りついた直後に栄養失調のため死去。その時、赤塚の母親には泣く気力もなく、赤塚は「胸がえぐられるようだった」という。赤塚は小学校に編入し、5年生となった。満州にいた頃は父親から漫画を読むことを禁じられ、引き揚げ後は一家が生活苦の状態にあった赤塚は、同級生が『のらくろ』や『冒険ダン吉』の話をしていてもついていけなかったが、2学期の時、貸本屋で5円で漫画を借りて読んだところ、すぐに夢中となった。その頃に手塚治虫の『ロストワールド』に出会ったことで漫画家になることを決意、漫画の執筆に没頭することとなった。12歳の時には『ダイヤモンド島』というSF長編漫画を描き、大阪の三春書房という出版社へ最初の持ち込みを行った。1949年(昭和24年)、父親が帰国。父の故郷の新潟県新潟市に移り中学校を卒業後、金銭的な問題のために高校への進学は断念。少しでも絵に関係した仕事に就きたいという思いから、映画の看板を制作する市内の看板屋に就職した。仕事柄あらゆる映画を鑑賞することとなり、バスター・キートンやチャーリー・チャップリンの喜劇に感銘を受けた。同時に『漫画少年』への投稿も始めた...etc。。。あのギャグ漫画からは想像もつかない過去だけど、12歳ですでに漫画を書いて出版社に持ち込みって、大人の力を借りないで自分でって所がすでにプロ魂♪。。。』


1937年 - レンゾ・ピアノ、建築家

『イタリアを代表する建築家。インテリアから公共建築まで幅広く手がけている。主要な作品としては、国際舞台に衝撃を与えたポンピドゥー・センター、20世紀の建築におけるエンジニアリング・構造設計の最大の成果である関西国際空港旅客ターミナルビル設計、ベルリン・ポツダム広場の再開発にあたってのダイムラー・シティのマスタープラン設計であろう。いずれも、巨大建築に求められる技術的課題に応え、国際空港の象徴性やベルリンの周囲の歴史的文脈などといったものにも配慮をしている。彼の設計による超高層ビルがベルリン以外ではシドニー(オーロラ・プレイス)などに設計されたほか、現在ロンドンのテムズ川南岸において「シャード・ロンドン・ブリッジ(Shard London Bridge)」という87階建て高さ310mのピラミッド型超高層ビル計画が進み、2012年ごろの完成が予定されている。』↓美しい~♪




Highest Building in London & Europe - London Bridge Tower - the "Shard of Glass"



1939年 - 重森孝子、脚本家

『脚本家(映画、TV)。兵庫県西宮市生まれ。兵庫県立鳴尾高等学校~同志社大学文学部(1962年)卒。在学中は「第三劇場」に所属。卒業後、劇団仲間と結婚し上京、離婚後シナリオ研究所に学ぶ。在学中に浦山桐郎と知り合い、1970年に浦山との間の娘を出産。【-主な作品-】[1年B組金八先生(TV)][2年B組仙八先生(TV)][3年B組新八先生(TV)]。』


1942年 - 茅島成美、女優

『東京都出身の女優。血液型はA型。青年座映画放送部所属。血液型はA型。「3年B組金八先生」の教師(後に教頭)国井美代子役↑<脚本家と同じ誕生日っ>』


1947年 - ヴォルフガング・シュヴァルツ、フィギュアスケート選手

『オーストリア出身の男性フィギュアスケート選手。1968年グルノーブルオリンピック男子シングル金メダリスト。』


1949年 - 矢沢永吉、ミュージシャン

『言うまでも無く才能と努力の塊みたいな人だと思う。広島県広島市出身のロックミュージシャン。血液型はB型。身長180cm。愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークの"E.YAZAWA"は商標登録されており(第1601017号ほか)®が表示されている。ファンが熱狂的であることで知られている。ほぼ全曲にわたる作曲、及び数曲における作詞を手掛ける。クールス「紫のハイウェイ」等他のアーティストに楽曲を提供する際には「五大洋光」名義を使用することもある。俳優として映画やドラマの主役を務めたこともあり、CM出演も多数にのぼるが、デビュー以後、特にテレビ媒体に露出することは少ない[要出典]、『ザ・ベストテン』などの歌番組にノミネートされても、ほとんど出演しなかった時期が長かった。プロデューサーとして自身の多くのアルバムを手がけ、コンサートの興行や演出なども自身の会社が行い、自らがそれら全てを取り仕切る。2010年現在、楽曲数約300曲・ライブ総数約1500本・総動員数約550万人を超える。オリコンアルバムランキングベスト10入り最多記録。オリコンDVDミュージック部門で最年長首位記録更新、60代での首位獲得は男女・洋楽邦楽含め史上初となる。日本武道館最多公演記録は107回と更新中ー!。』


【PS だぁー!また最後まで読めなかった(汗)真剣に考える事は無いとはいえ、全プロフ読破制覇は厳しいのかな;><)ヽ面白くなってきた所でぇー!ポカポカッ!心身ともに潤滑油を入れたい。。。次こそぉぉぉ!#><)ノそうそう↓めっちゃ著名人ばかりですよ♪(#ノp)<続きをご覧下さいっ(BY なつい四元奈生美風♪)】


1949年 - 安部修仁、吉野家社長

1950年 - 森山正義、元プロ野球選手

1954年 - あさのあつこ、作家

1955年 - 澤井幸次、アニメーション監督

1956年 - レスリー・フィルキンス、元プロ野球選手

1958年 - ロバート・マッコール、フィギュアスケート選手(+ 1991年)

1959年 - モートン・ハルケット、a-haのボーカル

1960年 - きうちかずひろ、漫画家、映画監督

1960年 - パッパラー河合、ミュージシャン

1960年 - 浜田知明、元プロ野球選手

1961年 - 大西直宏、元騎手

1961年 - 関根浩史、元プロ野球選手

1962年 - 駒田徳広、元プロ野球選手

1963年 - 福澤朗キャスター、元日本テレビアナウンサー

1963年 - 福山芳樹、歌手

1963年 - 田村栄敏、元プロボクサー

1965年 - 田口禎則、サッカー選手、指導者、政治家

1965年 - トロイ・ニール、元プロ野球選手

1965年 - ノーカット星、元お笑いタレント(たけし軍団)

1965年 - ドミートリー・メドヴェージェフ、ロシア連邦大統領

1967年 - 尾崎正直、高知県知事

1968年 - 渡辺真起子、女優

1970年 - 小栗香織、女優

1972年 - 中村獅童 (2代目)、歌舞伎役者、俳優

1973年 - 金鍾國、野球選手

1974年 - ヒシャム・エルゲルージ、陸上選手

1975年 - むとうありさ、歌手

1976年 - ポチョムキン、MC(餓鬼レンジャー)

1976年 - 本郷宏樹、元プロ野球選手

1977年 - 石井弘寿、プロ野球選手

1977年 - 松来未祐、声優

1978年 - 錦織敦史、原画家、キャラクターデザイナー

1978年 - 竹内香苗、TBSアナウンサー

1979年 - 前田大輔、野球選手

1980年 - 片山享、俳優

1981年 - 安達祐実、女優

1981年 - 雅-miyavi-、ヴィジュアル系アーティスト

1981年 - ミルノ純、声優・歌手

1982年 - 成宮寛貴、俳優

1982年 - 星河ユカリ、レースクイーン

1982年 - 増田倫子、タレント

1983年 - エイミー・ワインハウス、歌手

1985年 - 上戸彩、女優・歌手

1985年 - デルモン・ヤング、メジャーリーガー

1985年 - 渋谷千賀、タレント

1985年 - 萩原淳由、野球選手

1986年 - 高橋愛、歌手・モーニング娘。の第6代リーダー

1987年 - 大塚ひな、AV女優

1987年 - 栗栖エリカ、AV女優

1988年 - 小田あさ美、グラビアアイドル

1988年 - 中村映里子、女優

1988年 - 宮田俊哉(ジャニーズJr./Kis-My-Ft2)

1988年 - さな、タレント

1989年 - オイエル・オラサバル、サッカー選手

1991年 - 藤江莉莎、FANTASISTAの元メンバー

1992年 - 奥村夏未、女優

1993年 - 高田翔、ジャニーズJr.

1996年 - 金子雄、俳優

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/14 23:35 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。