スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

7月26日の誕生花は「にがよもぎ(Wormwood)」で花ことばは「平和(Peace)」ですね♪


おはようございますm(_ _)m



僕の中では「にがよもぎ」と花ことばで「平和」がかみ合わないんですけど、さっそく解決の扉を開いていきますかね;--)b





苦四方草、または苦善燃草と書いて『にがよもぎ』。



ローマ時代、受胎・分娩をはじめ、女性だけのすべての病気を治すと信じられ、「魔よけの草」として不思議な力もあると信じられてきたようですね。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/archive/2/23/20060322140236%21Koeh-164.jpg

Artemisia absinthium(にがよもぎ)




「魔よけの草」。そして花ことばは「平和(Peace)」。



これだけで考えてみると

その名の通り、「にがよもぎ」の味は苦いんでしょうかね(笑)



苦いのは苦手な人が多い!でも薬効としては重宝していた。その効果は当時の人々にとっては神がったものとして見られていたんでしょうか?⇒病を治すものは神がかっている⇒それは魔よけとしての効果もあるのではと思った⇒魔よけの効果がある=「平和になる」事だと!
。。。何か単純すぎるし違うかもしんない(汗)



でも、
厄をはらう事は、大雑把に分類すると、それは「平和」ですからね。。。
;-▽-)ヽ。o0これで何とか解決としようw;



ただ、ここ↓



「学名では「アルテミシア(Artemisia absinthium)」といい、ギリシャ神話で登場する女性の神の主と言われる女神アルテミス(太陽の神アポロンの妹)の名からきている。」





「にがよもぎ」=「アルテミシア」





深い意味がありそうです(汗)





「にがよもぎ」は薬膳酒としても有名なんでしょうか?



世界で最も強い酒は、にがよもぎの枝や葉に香料を加えて、蒸留して、アルコールを加えたものらしい。でも飲むと、神経をまひさせる成分を含むといわれているみたいですね。





世界で最も強い酒。。。まず単純にアルコールでまひしますよね(汗)

さらに、にがよもぎの成分でまひするんですか。。。ええ!何したいの?





。。。ジャッキー・チェン並みの酔拳使いたいの?

告白にはそれほどの強いお酒じゃないとダメだったんですか?





_ _;)ヽ誰に言ってんだろう(汗)







さて、謎はそっと箱にしまっておいて

7月26日の【花占い】レッツゴー!#≧▽)ノ



「私に何か物足りないものがあるのかしら?」と自問自答を繰り返すことのあるそこのあなたっ!なにも不足するものは無いのですっ!相手がそのように思わせてるだけで、その人自身に足りないところがあるのを、あなたのせいにしているのです。まったく気にする必要はありませんよ。人を責めるところのないあなたなら、誰からも愛されるでしょう♪もう少し自信を持ってはいかがですかっ#≧p≦)Ъ







PS



花占い♪今日もやさしいアドバイスだなぁー

こう言う事がサラサラ言える人って、人生経験豊富なんでしょうね。



文字なのに、僕の近くで人生とはを永遠のわかるまで、説いてくれるかのような錯覚を覚えますよ;--)ヽ



今日もまた、言葉の力に洗脳される僕なのでした♪







PS2



誕生花と花占いを一年通して、飽きずに学ぶ事ができたら、人生でプラスになる気がするっ!よし、楽しみながら、日記的にお気楽に続けてみようっと♪





ではではぁ~
スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/07/26 07:10 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。