スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月9日の誕生花は「うら菊(ハマシオン(Michaelmas))」で花ことばは「追憶(Remenbrance)」。


キク科でヨーロッパ・アジアが原産国です。



中世ヨーロッパ。母たちは、うら菊の首飾りをみにつけ、戦場に出かける男たちを見送ったといいます。そして、戦士達は、軍服のえり飾りにこの花をさし、旅立ったのだとか。



英名の「Michaelmas Daisy」は、ミカエル祭の頃に咲くデージーの意味。「Daisy」には、古代英語の「Day's Eye」(太陽の目)という意味もあります。古くはエジプト王の墓からも、この花が発見されています。ヨーロッパ、北アフリカ、アジアなど広範囲に分布。海辺や内陸の塩分の多い湿地などに群生しています。





誕生花は「うら菊(ハマシオン(Michaelmas Daisy))」。

花ことばは「追憶(Remembrance)」。

【9月9日の花占いは?】



別離と出会い。この繰り返しで、人生は過ぎていきます。昔のことなど忘れてしまう事が多い中で、あなたは過去の出来事を、昨日のことのように思い起こせる人です。感性が鋭いのですね。毎日が真剣なのです。そんな気持ちを共有できる誰かに出会えれば、どんなに素晴らしいでしょう。「この人」と思ったら、別離を経験しないですむよう、本気でアプローチしてくださいね☆


【9月9日生まれの著名人にこんな方々がいます♪】



軍人皇帝時代のローマ帝国皇帝(在位270年 - 275年)である。当時3つに分裂していたローマ帝国を統一した<<ルキウス・ドミティウス・アウレリアヌス(ラテン語: Lucius Domitius Aurelianus, (214年9月9日生まれ))>>。


2歳でコンスルに就任、393年に「アウグストゥス」の称号を授かる。395年、10歳の時に父テオドシウスが死去し、遺言で兄アルカディウスが帝国領の東半分(東ローマ帝国)を、ホノリウスが帝国領の西半分(西ローマ帝国)をそれぞれ分割して統治した分立した西ローマ帝国の最初の皇帝。テオドシウス1世の次男(在位:395年 - 423年)。西ローマ帝国の実質的な滅亡の一因を作った暗君として知られる<<フラウィウス・アウグストゥス・ホノリウス(Flavius Augustus Honorius,(384年9月9日))>>。


『塵塚物語』の「恵林院殿様御事」項に、義稙が流浪時代を回顧したという逸話が見える。この中で、不安に襲われた自身や困窮する人々を目の当たりにした義稙が、「政治に携わるものは常に慈悲の心をもって臨まねばならない」という心境に至ったと述べている室町幕府第10代将軍。将軍職を追われて諸国を流浪した経緯から、「流れ公方」「島の公方」と称された<<足利義稙(1466年9月9日)>>。


唯一の大きな反乱は1632年のモンモランシー公アンリ2世の反乱で、リシュリューは敵対者たちを徹底的に弾圧し、モンモランシー公の処刑を命じた。リシュリューの苛烈な方法は彼の敵を威嚇するためのもので「仮借なきリシュリュー。恐るべき枢機卿は人を支配するよりも粉砕する」と評された。彼はまた政治的地位を安泰とするためにフランス国内外にスパイ網を構築しているカトリック教会の聖職者にしてフランス王国の政治家。1624年から死去するまでルイ13世の宰相を務めた<<枢機卿およびリシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシ(フランス語: Armand Jean du Plessis, cardinal et duc de Richelieu,(1585年9月9日))>>。


代表作に、17世紀半ばに作曲された7声の《レクイエム》(当時バルセロナを襲った黒死病の大流行に際して書かれた追悼音楽。「サンクトゥス」の次にモテット《Hei Mihi(ああ、悲しや)》が加えられていることによって有名)と、4声の《死者のためのミサ曲》、スペインのナポリ王国征服を記念するミサ曲《戦争》がある。近年は、このほか宗教的なビリャンシーコも再評価されつつある。7声の《レクイエム》とミサ曲《戦争》では、相異する合唱グループを組み合わせた複合唱様式が特徴的である。しかしながらルネサンス末期から同時代のイタリアやドイツの複合唱様式による作品に比べると、めりはりに富んだ劇的な表現や緊張感、楽曲構成の緻密さといったものにおよそ欠けており、おそらくそれは恩師マルチ神父の影響だったと見なされているカタルーニャの作曲家・ベネディクト会修道士<<ジョアン・セレロールス(カタルーニャ語:Joan Cererols,(1618年9月9日))>>。↓♪~




Joan Cererols: Ha de los hombres



1801年よりゲッティンゲン大学で哲学を学び、アルニムと親交を深め、ライン地方への旅行を計画。 作家ゾフィー・メローとの結婚後、1804年にハイデルベルクへ発ち、アルニムと共に、『隠者新聞』(Zeitung für Einsiedler) と、民謡集『少年の魔法の角笛』(Des Knaben Wunderhorn) を出版。1806年には妻ゾフィーが3度目の流産で死去するが、その数か月後に再婚した。ただし旅行中のため、結婚生活は実質1814年からであった。長旅の後はたびたびベルリンに滞在するようになり、1810年からはハインリッヒ・フォン・クライストの『ベルリン夕刊紙』(Berliner Abendblättern) の仕事を手伝う。また、1803年に出会っていたグリム兄弟(※ 19世紀にドイツで活躍した言語学者・文献学者・民話収集家・文学者の兄弟。日本では、『グリム童話』の編集者として有名。)に、彼らが収集していた童話集の出版を薦めていたが、預かった草稿をブレンターノが紛失したため『グリム童話』の出版を遅らせたことがある。(20世紀に入ってこの草稿はエーレンベルク修道院で発見された。)1811年にはキリスト教的ドイツ談話会 (Christlich-deutsche Tischgesellschaft) の発起人の列に名を連ねるなど、ベルリンの文学者のグループにも溶け込んでいた。次第に重い抑うつに苦しむようになり、1817年以降は神秘主義にのめり込む。懺悔し、世俗の詩人であることも捨て去った彼の著作には、キリスト教的なテーマが取り上げられることが多くなり、その中にはデュルメンのアンナ・カタリナ・エンメリックのような聖痕を持つ修道女の幻視の描写も含まれる。ドイツの文学者・小説家・詩人。ドイツロマン主義の最盛期の代表として著名な人物で、また同時代の文学者で義弟にあたるアヒム・フォン・アルニムとの親交も深かった<<クレメンス・ブレンターノ(Clemens Maria Brentano,(1778年9月9日))>>。


日本ではトルストイは最も尊敬された外国作家の一人である。文学者・宗教者・社会主義者など広範な人々が影響を受けている。初めて作品が翻訳されたのは1886年(明治19)であり、森鷗外や幸田露伴といった一流作家も重訳ながら短編を翻訳した。徳富蘇峰・徳富蘆花らはヤースナヤ・ポリャーナで直接面会している。森鷗外や島崎藤村も文豪の作品に親しんだ作家である。日露戦争反対の論文『悔い改めよ』(1904・明治37)は、幸徳秋水、堺利彦らの『平民新聞』に掲載されて社会主義者を鼓舞し、与謝野晶子の『君死にたまふことなかれ』執筆の契機となった。『平民新聞』の関係者であった木下尚江や中里介山も以後トルストイと関わっていくことになる。同じころ賀川豊彦は作品を読んで反戦思想を形成しつつあった。1914年(大正3)から島村抱月によって悲恋物語に脚色された『復活』が松井須磨子主演で上演され、大評判となる。大正期にはトルストイの思想が白樺派の文学者を中心に大きな影響を及ぼしている。武者小路実篤の「新しき村」の運動や有島武郎の農地解放はその例である。宮沢賢治も文豪に関心を寄せた作家としてあげられる。また最初の全集も大正期に出版されている。帝政ロシアの小説家・思想家。ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並んで19世紀ロシア文学を代表する巨匠。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』など。文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えた。非暴力主義者としても知られる<<レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ(露:Ru-Lev Nikolayevich Tolstoy.ogg Лев Николаевич Толстой(ヘルプ・ファイル), ラテン文字表記:Lev Nikolajevich Tolstoj,(1828年9月9日))>>。


ロンドン生まれの、イギリスの画家・芸術批評家で、またブルームズベリー・グループの一員であった<<ロジャー・フライ(Roger Eliot Fry(1866)>>。


1900年、自らが創設したセブの日刊紙「エル・ヌエボ・ディア(新時代)」において平和的手段を通じた独立運動を推進。1904年、セブ州知事に就任。1906年、独立を綱領とする政党禁止令解除後の民族主義政党の合従連衡により結成された国民党の初代党首となった。1907年の第一回総選挙で国民議会議員に当選。1916年の二院制議会では下院議長に就任。1923年には上院議員に選出されたフィリピンの第3代大統領。米領フィリピン自治領時代では2番目の大統領<<セルヒオ・オスメニャ(Sergio Osmeña,(1878年9月9日))>>。


柿右衛門様式は、主に大和絵的な花鳥図などを題材として暖色系の色彩で描かれ、非対称で乳白色の余白が豊かな構図が特徴である。上絵の色には赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられる。また、器の口縁に「口銹」と言われる銹釉が施されている例も多い。同じ有田焼でも、緻密な作風の鍋島様式や寒色系で余白の少ない古九谷様式と異なり、柔らかく暖かな雰囲気を感じさせる。濁手と呼ばれる独特の乳白色の地色は、赤色の釉薬との組み合わせによって非常に映えると言われる。しかし、原料となる土の耐火性が強いなど調合が困難である。さらに焼成時・乾燥時の体積変化が非常に大きいため、作製が困難であり歩留まりが良くない。図柄には「岩梅に鳥」「もみじに鹿」「竹に虎」「粟に鶉」など典型的なパターンがいくつかある。絵柄は時代とともに変化しており、初期は明赤絵の影響があったが、やがて狩野派、土佐派、四条派、琳派などの影響が入っていった。近年は写生を基にした現代的な画風が多い。江戸時代、肥前国(佐賀県)有田の陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名する名称。第十四代酒井田柿右衛門(1934年8月26日-、1982年に襲名)が当代である。なお、当代は人間国宝(2001年7月12日認定。色絵磁器)、佐賀県陶芸協会会長、日本工芸会副理事長<<酒井田柿右衛門(1878)>>。


インディアナ州ヘンリービルに生まれる。6歳の時に父親が亡くなり、幼い弟、妹の世話をさせられる。学校を7学年で中退して働き始め、15歳の時に母が再婚した相手から暴力を振るわれ家出をした。16歳の時に年齢を詐称して軍に入り一兵卒としてキューバで勤務していた。彼の軍隊における経歴は一兵卒であり、大佐(カーネル)どころか将校にすらなっていない。少年期から青年期には様々な職業を渡り歩き路面電車の車掌を皮切りに、軍隊、消防士、保険外交員、船の仕事、タイヤ売り、ガソリンスタンドなどを経験した。40歳の時にケンタッキー州のコービンで、ガソリンスタンドの一角を借りて食堂コーナーを始める。店は繁盛し規模を拡大するも、1950年代に入ってから高速道路の開通で客の流れが変わり、店に客が入らなくなる。そこで、フライドチキンをワゴン車に積んで各地を回り、その調理法を教えてフランチャイズに加わってもらい、歩合をもらうというアイディア商法を考え出す。これがケンタッキー・フライドチキンの始まりとなるケンタッキーフライドチキンの創業者。称号はケンタッキー・カーネル。カーネル・サンダースとして知られている。なおカーネル(英:colonel)というのは名前でも、通常用いられる軍の大佐の意味でもなく、ケンタッキー・カーネルというケンタッキー州に貢献した人に与えられる名誉称号(名誉大佐)である。また、フリーメイソンのメンバーでもある。日本では「カーネルおじさん」「ケンタッキーおじさん」の愛称が定着している<<ハーランド・デーヴィッド・サンダース(Harland David Sanders、(1890年9月9日))>>。


北海道小樽市稲穂町に生まれる。幼少期を樺太で過ごし、泊居高等小学校を卒業。養鶏場の番人など様々な雑務作業に従事した後、1922年より旭川で新聞記者を務める。この頃から詩作を始め、1928年、27歳で上京後は雑誌社や業界新聞で働きながら、雑誌『民謡詩人』などに作品を発表。1935年に「小熊秀雄詩集」長編叙事詩集『飛ぶ橇』で詩人としての地位を確立、自由や理想を奔放に歌い上げる作風で、詩壇に新風を吹き込んだ。詩作にとどまらず、童話・評論・絵画など幅広い分野で活躍した。小熊の最初の詩集「小熊秀雄詩集」の装訂をおこなった寺田政明ら池袋モンパルナスの画家たちと交流し、みずからも絵筆を執った。なお「池袋モンパルナスに夜が来た」という文で始まる詩を発表。「池袋モンパルナス」の名づけ親も小熊といわれている。また晩年は、漫画出版社・中村書店の編集顧問となる。旭太郎名義で原作を担当した漫画『火星探検』(1940年)はSF漫画の先駆的傑作とされ、【手塚治虫、小松左京、筒井康隆、松本零士】らに大きな影響を与えた詩人、小説家、漫画原作者の<<小熊秀雄(1901)>>。


東京帝国大学理学部物理学科に入学、寺田に師事する。1926年(大正15年)に卒業して東京大学地震研究所の助手となった。1929年(昭和4年)、理学部助教授、1941年(昭和16年)、教授。理学部長を務めた後、1963年(昭和38年)に東京大学を退官。地震と重力の関係を解明し、日本の重力分布図を作成した。また、師の寺田同様軽妙なエッセイを数多く残している。1952年(昭和27年)、「地殻の物理的性状に関する研究」で日本学士院賞受賞。坪井正五郎・直子の次男として東京都に生まれた。父・正五郎はコロボックル(※ アイヌの伝承に登場する小人である。アイヌ語で、一般的には「蕗の葉の下の人」という意味であると解される。)日本原住民説を唱えた人類学者で、母・直子は箕作秋坪の長女。従って忠二は坪井信道と箕作阮甫の曾孫であり、地質学者・岩石学者の坪井誠太郎は忠二の兄にあたる。また、蘭方医・坪井信良(信道の娘婿で正五郎の父)は忠二の祖父。日本の男性地球物理学者、随筆家。東京大学名誉教授。理学博士で、寺田寅彦の弟子として知られている<<坪井 忠二(1902年(明治35年)9月9日)>>。


東京銀行会長の任に在った実兄・松平一郎は、徳川宗家第十七代当主・家正の娘・豊子を夫人に迎えた。実子の一人が、徳川宗家第十八代当主・恒孝である。義姉妹の高松宮妃喜久子とは、四従姉妹でもある(勢津子の祖父松平容保と喜久子の祖父徳川慶喜がはとこ同士である為。容保の祖父松平義和と慶喜の祖父徳川治紀が兄弟)。日本の皇族で、秩父宮雍仁親王の妃。旧名、松平節子(まつだいら せつこ)。身位は親王妃。お印は菊(きく)。成婚の際に雍仁親王の実母である貞明皇后の名「節子(さだこ)」の同字となること(諱)を避け、皇室ゆかりの伊勢と松平家ゆかりの会津から一字ずつ取り、同音異字の「勢津子」と改めた。1928年(昭和3年)9月28日、昭和天皇の皇弟・秩父宮雍仁親王と婚儀。当時の皇室典範では、皇族の妃は皇族もしくは華族である必要があったが、勢津子の父・恒雄の身分は平民であった。父の族籍のままでは皇族へ嫁ぐことができないため、勢津子妃は一旦、叔父・松平保男子爵(海軍少将)の養女となり、華族としての身分を得てから婚儀に臨んだ。1939年(昭和14年)に香淳皇后の令旨により、勢津子妃を総裁とする結核予防会が設立される。しかし皮肉にも翌年、秩父宮が結核を発病。総裁就任にあたり結核について学び、雍仁親王の様子が結核の初期症状に似ていることに気づくが、医師の診断でもなかなか断定は出来ず発見が遅れた。翌1941年(昭和16年)より秩父宮の療養のため御殿場で生活を送り、ここで終戦を迎える。夫秩父宮の代わりに公務を務めたり、看病をするも、1953年(昭和28年)1月4日に肺結核で薨去。 残された勢津子妃は結核予防会総裁を長年にわたり務め、1957年(昭和32年)には秩父宮記念診療所を開設した。その後も一人で宮家を守り続けるが、1995年(平成7年)8月25日、85歳の生涯を閉じ、亡骸は豊島岡墓地の雍仁親王と同じ墓に葬られた。秩父宮家は勢津子妃の死去により絶家となった。また遺言により、平成8年(1996年)に御殿場別邸が御殿場市へ遺贈された。その後平成15年(2003年)になって秩父宮記念公園として開園された。逸話に、①年来のかかりつけの美容師が吉行あぐり(※ 1997年度上半期(4月 - 9月放送)NHK連続テレビ小説「あぐり」のモデルでもある。彼女自身の半生記『梅桃(ゆすらうめ)が実るとき』が原作となっている。)。勢津子妃逝去まで顧客と美容師としてのよき付き合いが続いた。②1971年にイギリスのJ.ハークネスから捧げられた、プリンセスチチブという名のオレンジピンクの薔薇に、その名を付けられていることでも有名な<<雍仁親王妃勢津子(やすひとしんのうひ せつこ、(1909年9月9日))>>。


面白エピソード発見♪①ロバート・ケネディ夫妻の前で行った演武では、塩田の強さを疑ったケネディの申し出によって同行していたボディーガードと手合せを行い、これを圧倒している(この時の様子は映像にも記録されている)。ケネディは後年、この時の様子について、「私のボディーガードがその小柄な先生に立ち向かっていったところ、まるで蜘蛛がピンで張り付けられたように、苦もなく取り押さえられた。その後でボディーガードは 『今朝は食事をしてこなかったものですから』と言ってはいたが、食事をしてきたら勝てたとは言わなかった」と回顧録「世界訪問旅行」に記している。②漫画『グラップラー刃牙』に登場する柔術家・渋川剛気の原型となった人物としても知られる。これは作者の板垣恵介が、塩田の内弟子であった三枝誠の自衛隊時代の友人であった縁から、生前の塩田と親交があったことに由来している。また板垣は、塩田の自伝「合気道人生」において、本名の板垣博之名義で挿絵を担当している東京府四谷区(現・東京都新宿区四谷)出身の武道(合気道)家である。身長154cm、体重46kgと非常に小柄な体格ながら「不世出の達人」と高く評価され、「現代に生きる達人」とも謳われた<<塩田剛三(しおだ ごうぞう、(1915年9月9日))>>。


富山県富山市生まれの日本の作曲家。1947年東京音楽学校(現東京藝術大学)声楽科卒業。後に作曲家となり平井康三郎、池内友次郎に師事。日本童謡協会理事、山口大学教授を歴任。日本作曲家協議会会員。合唱作品の作曲家として知られている一方、NHKでも放送・レコード関係の作曲・編曲などを手がけた。吹奏楽作品も全日本吹奏楽コンクール用に多く作曲している。また、作曲のみならず作詞も数作手がけている。作品には、出身の富山県とその付近を題材とする歌も多い。その中には平家の落人の伝承を題材としたものもある。例えば「むぎや」のように、源軍を逃れる為に五箇山まで逃げてきた平家の落人、もんや爺さんの過去と人形山を被らせたむぎや節を素材とした歌や、壇ノ浦の戦い後に助命され、越後国蒲原郡五百刈村(現新潟県長岡市)で落人として暮らしていた平瀬盛の奥方が、夫の元に行く為に親不知を通る際、子供が波に攫われてしまった悲劇を題材とした「親しらず子しらず」などである。<<岩河三郎(いわかわ さぶろう、(1923年9月9日))>>。↓Zzz-p-)♪~




【合唱】親しらず子しらず



【。。。ノ(≧ロ≦#)ヽ全部知りたいけど、目が限界のようですね、うんうん(汗)ホントに面白いし、好きな音楽も聴けて誕生花と著名人を重ね合わせてみたりすると1日72時間欲しいなと思いますねぇ。最近の情報もやんわり知りたいけど、昔の著名人のブロフの内容は濃いですね♪だから、途中で飛ばせないのかも。。。では、超著名人にまだまだお宝級がいますのでUPしちゃいます。o0くぅー、途中で投げ出すと気になって気になって髪が何本あっても足らんす(笑)】


1924年 - 永井陽之助、政治学者

1927年 - エルビン・ジョーンズ、ジャズドラマー(+ 2004年)

1928年 - ソル・ルウィット、美術家(+ 2007年)

1932年 - 小室直樹、政治学者、社会学者

1935年 - 料治直矢、ジャーナリスト(+ 1997年)

1935年 - 平井道子、女優・声優(+ 1984年)

1935年 - 兼田敏、作曲家(+ 2002年)

1936年 - 村上陽一郎、科学史家・科学哲学者・東大名誉教授・ICU教授

1941年 - 結城哲也、俳優、元チャンバラトリオ

1941年 - デニス・リッチー、UNIX OSの開発者

1945年 - 福岡政行、政治学者

1946年 - 谷隼人、俳優

1947年 - 弘兼憲史、漫画家

1949年 - ジェイムズ・バーンズ、作曲家

1949年 - ジョン・カリー、フィギュアスケート選手(+ 1994年)

1951年 - 太田秀和、埼玉西武ライオンズ球団副社長・前社長兼オーナー代行

1955年 - 倉本昌弘、プロゴルファー

1956年 - 村上之宏、元プロ野球選手

1956年 - 和田源二、NHKアナウンサー

1958年 - 長江英和、俳優

1959年 - 宮本賢治、元プロ野球選手

1960年 - 梅原克文、小説家

1960年 - ヒュー・グラント、俳優

1961年 - 斧アツシ、声優

1962年 - 黒岩よしひろ、漫画家

1962年 - 小林俊行、数学者

1962年 - 高杢禎彦、俳優、タレント、元歌手

1965年 - 有賀さつき、フリーアナウンサー

1965年 - 中沢慶子、AV女優

1966年 - アダム・サンドラー、俳優

1967年 - 有賀照人、漫画家

1967年 - 小森哲也、元プロ野球選手

1967年 - 樋口一紀、元プロ野球選手

1968年 - 山本志保、NHKアナウンサー

1969年 - 野林大樹、元プロ野球選手

1970年 - 中山祐一朗、俳優

1970年 - サシャ・ピート、音楽プロデューサー、ギタリスト

1970年 - ダン・ミセリ、プロ野球選手

1971年 - TAKUYA、元JUDY AND MARY

1971年 - ロビンソン・チェコ、元プロ野球選手

1972年 - 重松朋、声優

1973年 - 石井一久、プロ野球選手

1974年 - 葛西純、プロレスラー

1975年 - SILVA、シンガーソングライター

1975年 - ショーン・ニコルス、俳優、タレント

1975年 - 清水章夫、プロ野球選手

1975年 - 萩原多賀彦、元プロ野球選手

1976年 - 松風雅也、俳優、声優

1976年 - 牧島有希、声優

1977年 - 坪倉由幸、お笑いタレント(我が家)

1977年 - 堤下敦、お笑いタレント(インパルス)

1977年 - 鈴木麻奈美、AV女優

1978年 - 和田三四郎、俳優

1980年 - 酒井若菜、タレント

1981年 - 川島亮、プロ野球選手

1982年 - 大塚愛、シンガーソングライター

1984年 - 菊地正法、プロ野球選手

1984年 - 谷桃子、グラビアアイドル

1985年 - 田代さやか、グラビアアイドル

1985年 - J・R・スミス、プロバスケットボール選手

1986年 - 小澤絵理菜、グラビアアイドル

1986年 - 木本夕貴、SDN48

1987年 - 井端珠里、女優

1987年 - ユージ、ファッションモデル

1988年 - 中村静香、アイドル・美少女クラブ31・ティーンエイジクラブ

1988年 - 紅葉紅葉、AV女優

1988年 - ミリアン・サムソン、フィギュアスケート選手

1992年 - 宮城夏実、女性ファッションモデル

1994年 - 山口実紗、女性ファッションモデル

1997年 - 日向ななみ、女優


PS


はぁ~♪今日もご馳走様でした(#-人-)ノではまたぁー

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/09 23:44 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。