スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月8日の誕生花は「からしな(Mustard)」で花ことばは「小さな幸せ(Little happiness)」。


アブラナ科でヨーロッパ・アジアが原産国です。



インドのお話。バクワイリーという名の妖精が、ある寺院に住んでいました。この妖精は、まったく動かずにいたため、ついに大理石になってしまったのです。この寺院の跡地にひとりの農夫が耕し、マスタードの種をまきました。伸びてきたのをその妻が食べたところ、まもなく可愛い子供が生まれました。子供のなかった夫婦は喜び、要請のように可愛いこの子に、バグワイリーと名づけたという。この子こそ、大理石になってしまった妖精の生まれ変わりなのでした。



「花嫁のベール」と呼ばれるブライダルベールが相性花です。





誕生花は「からしな(Mustard)」。

花ことばは「小さな幸せ(Little happiness)」。


【9月8日の花占いは?】



小さな投資で莫大な利益を得るのが、あなたの才能。最小のエネルギーで、最大の効果を上げる戦術的な素質に長けています。普段は平然とし、無関心を装っているけれど、ひとたび動き出すと、大きな変化をもたらす人。あなたのパートナーも、その才能にいっそう惚れこむはず。大きな幸運を相手にプレゼントできる人です♪




【9月8日生まれの著名人は?】



カトリック教会用語でイエス・キリスト(ナザレのイエス)の母。ナザレのヨセフの妻を指す最も一般的な称号である。アンナとヨアキムの娘とされている。日本語以外では、英語: Holy Mother(聖母)よりむしろthe Virgin Mary(処女マリア・童女マリヤ)、Saint Mary(聖女マリア)、Our Lady(我らが貴婦人)などと呼ぶことが多い。スペイン語: Madre de Dios(神の母)の他にLa Virgen(聖処女)という表現がある。フランスのノートルダム大聖堂のNotre Dame(ノートルダム)もフランス語で「我らが貴婦人」という意味である。ギリシア語: Θεοτόκος・ロシア語: Богородицаは「神を生みし者」である。なお、漢語としての「聖母」は人格の優れた尊崇される人の母を意味し、また、漢文においては人徳を極めた女性に対する敬称である。新約聖書の『ルカによる福音書』にはマリア自身に、『マタイによる福音書』には夫ヨセフのもとに天使ガブリエルが受胎告知に現れたという記述があり(ルカ 1:26~38、マタイ 1:18~21)、聖霊によりヤハウェの子ロゴスであるイエスを身篭った、とされている。聖母マリアについての教義、崇敬には西方教会・東方教会それぞれ教派ごとに違いがある。この項目では「西方教会(カトリック教会・聖公会・プロテスタント)」、「東方教会(正教会・東方諸教会)」の順に説明する。大半のプロテスタントでは崇敬の対象にはなっていない。<<聖母マリア(B.C.30年頃(没年不詳)※伝承による日付))>>。


唐の第6代皇帝(在位:712年 - 756年)。諱は隆基。治世の前半は開元の治と呼ばれる善政で唐の絶頂期を迎えたが、後半は楊貴妃(※ 古代中国四大美人(楊貴妃・西施・王昭君・貂蝉)の一人とされる。現代でも世界三大美女の一人とされている。(クレオパトラと楊貴妃に、ヘレネ(日本では小野小町)が加わる)。)を寵愛したことで安史の乱の原因を作っている<<玄宗(685生まれ)>>。


逸話には、アリー・ハーディーはペルシア語、スラブ語やインドの言葉、ナバタイ語に通じ、さらに不図の嵐、さらには人の死などさまざまなことを正確に予言した人物として記述される。これに関してカリフ・ムタワッキルがアリー・ハーディーを辱め獄に落としたとき、アリーはカリフを呪詛して3日以内にカリフが亡くなるとし、この予言は正確に現実のものとなったということが伝えられている。また、ムタワッキルの面前にイマーム・フサインの娘ザイナブを詐称する女性がいたが、アリー・ハーディーは、ライオンはアリーの子孫を襲わないということを証明するためにライオンの巣に降りてゆき、これをみて恐れた女性の覆いものをはぎ取って、その偽りを暴いたという伝承もあるシーア派・十二イマーム派の第10代イマーム。名はアリー・イブン・ムハンマド・イブン・アリー。<<アリー・ハーディー(アラビア語: الإمام علي الهادي‎‎;(828))>>。


プランタジネット朝第2代イングランド王(在位:1189年 - 1199年)。ヘンリー2世の三男(第4子)。母はアリエノール・ダキテーヌ。妃はベレンガリア・オブ・ナヴァール(ナバラ王サンチョ6世の娘)。中世騎士道の華として偶像化され、小説『アイヴァンホー』やロビン・フッド物語などでは主人公を助けるヒーローとして登場する。自分の剣をエクスカリバー(※ アーサー王物語に登場する剣である。広義には、後述する「岩に刺さった剣」および、後に湖の乙女もしくはマーリンから授けられた剣の2つを指し、狭義には後者のみを指す。この剣はアーサー王物語の中でも重要な位置を占め、様々な場面で意匠化されたり、モチーフとして作品に織り込まれたりしている。トランプのスペードのマークはエクスカリバーを意匠化したものであると言われ、またこの名を冠する剣としては、他のファンタジー作品はもちろん、コンピュータゲームや漫画、アニメ等においても流用されている剣の代名詞ともいえる存在である。)と呼んでいた<<リチャード1世(Richard I(1157))>>。


歴史に対する教養が乏しく、手慣れてはいるが古典の模倣にすぎない詩の中でも、枢機卿イッポーリト・デ・メディチが詩人の奉仕を理解しないことへの憤りを述べるくだりになるとそれがざっくばらんにアリオスト自身を描くことになり、運命に八つ当たりをしている詩がそのまま喜劇的な効果を持った自画像となる。この詩人を悩ませていたのは家庭の事情、宮廷に対する喜怒哀楽、恋愛、文学上のつきあいなどの取るに足らない個人利害にすぎなかった。そうした彼がボイアルド作『恋のオルランド』の続編を書こうと決意して10年この仕事に没頭した結果、この上なく真剣な、ルネサンスの叙事詩ができあがった。魔法の楯や指輪、天馬などが登場する荒唐無稽な物語でありながら、生き生きとした想像力によって登場人物は自然かつ簡潔に描き出される。イタロ・カルヴィーノ(※ イタリアの小説家、SF作家、幻想文学作家、児童文学作家、文学者、評論家。20世紀イタリアの国民的作家とされ、多彩な作風で「文学の魔術師」とも呼ばれる。)が偏愛した作品の一つでもある。イタリアの詩人<<ルドヴィーコ・アリオスト(Ludovico Ariosto(1474))>>。


フランスの神学者。数学、物理に加え哲学、音楽理論の研究もしていた。メーヌ州(現在はサルト県)オアゼ出身。メルセンヌ数(メルセンヌ素数)の名の由来ともなる(※ メルセンヌ素数を用いた擬似乱数発生アルゴリズムを用いて開発された擬似乱数生成器にメルセンヌ・ツイスターがある。擬似乱数はコンピュータの速度競争やアルゴリズムの優劣判定、公開暗号キー等に使用されるようになる)。また音響学の父とも呼ばれる。ヨーロッパの学者の間の交流の中心となって学問の発展に貢献したことで知られる。宗教や音楽にも神の造りし秩序ある法則性をあてはめて捉え、科学と宗教を統合させようと試みた人物で、ガリレオ・ガリレイの積極的な支持者で、ガリレオ理論のコメント付き翻訳をフランスで初めて刊行している。デカルト的な機械論の支持者であり、世界は霊魂をもたない受動的な機械ととらえ、物体は厳密な数学的自然法則によって全面的に決定されており、神に完全に依存することにより神の全能性を高めた。一方あらゆる物体にまで霊魂が宿ると主張する魔術思想的なルネサンス哲学を否定していたメルセンヌは「魔術から機械論への移行」を担った哲学者でもあった。このためルネサンスの魔術の後継者的、薔薇十字運動を認めず支持者を激しく非難した。<<マラン・メルセンヌ(Marin Mersenne(1588))>>。


備前国岡山藩の第3代藩主。天城池田家第5代当主。岡山藩池田家宗家5代。第2代藩主・池田綱政の四男。母は綱政の側室で京都出身の栄光院。正室は伊達吉村の娘・和姫(心定院)。子は池田宗政(長男)、池田政喬(次男)。官位は従四位下、大炊頭、左近衛権少将。幼名は茂太郎。峯千代。初名は保教。元禄15年8月17日(1702年)生まれ。宝永元年(1704年)10月天城池田家由勝の家督を相続。嫡子だった兄の池田政順が宝永6年(1709年)に早世したため、実家に戻り後継者に指名された。正徳4年(1714年)、父の死去により後を継いで藩主となる。仏教に対して信心が深く、継政は湊山に仏心寺、瓶井山に多宝塔を建立した。領民に対しても善政を敷いた名君であり、享保年間に近隣の諸藩では百姓一揆が頻発して発生したのに対して、岡山藩だけは継政の善政のために一揆が起こらず、平穏を保った。また文人としても優れており、絵画や書、能などに才能を現した。特に能楽においては能の舞台図である「諷形図」5巻を著作している。<<池田 継政(いけだ つぐまさ、元禄15年8月17日(1702))>>。


マリー・アントワネットの女官長を務めた人物。フランス革命後もマリー・アントワネットを見捨てなかった<<ランバル公妃マリー・テレーズ・ルイーズ・ド・サヴォワ=カリニャン(Marie Thérèse Louise de Savoie-Carignan, Princesse de Lamballe(1749))>>。


陸奥国宮城郡(現在の仙台市若林区)霞目生まれの大相撲力士であり、第4代横綱。実質的な初代横綱。江戸時代の大横綱で、大相撲史上屈指の強豪。また、力量・人格の面で後の横綱の模範とされた。本名、金子与四郎。1769年(明和6年)4月場所、伊達関(翌場所から達ヶ関)森右エ門の四股名で看板大関として初土俵。しかしこれをよしとせず1770年(明和7年)11月場所、前頭筆頭から再スタートを切る。徐々に地力を増し、1776年(安永5年)10月場所に2代目「谷風梶之助」と改名。1781年(安永10年)3月場所、正式に大関となる。1778年(安永7年)3月場所初日から1782年(天明2年)2月場所7日目まで分・預・休をはさみながらではあるが、江戸本場所で土つかずの63連勝(止めたのは小野川)。さらにその敗北の後に43連勝を記録。のち昭和の時代に双葉山が69連勝を達成するまで、約150年にわたって記録保持者であり続けた。もっとも、この63連勝は江戸本場所のみの連勝記録であり、京都本場所、大坂本場所での成績も含めると98連勝となる。一般に連勝記録は江戸本場所のみの63連勝を指すが、江戸本場所、京都本場所、大坂本場所まで含めた連勝記録である98連勝は最多連勝記録であり、いまだに破られていない。江戸本場所における通算成績は49場所258勝14敗16分16預5無勝負112休で勝率9割4分9厘、優勝相当21回と「天下無敵」の名にふさわしい記録が残っている<<谷風 梶之助(たにかぜ かじのすけ、寛延3年8月8日(1750))>>。


ルートヴィヒ・ウーラント(en:Ludwig Uhland)を中心とした通称シュヴァーベン派のメンバーだった。メーリケの詩『Gedichte(詩)』(1838年。第22版1905年)はほとんどが抒情詩でユーモラスなものが多い。しかし表現はシンプルで自然な言葉を使っている。『lieder(歌集)』は形式において伝統的で、ゲーテのそれと比較された。さらにメーリケはいささかファンタスティックな『Idylle vom Bodensee, oder Fischer Martin und die Glockendiebe(ボーデン湖の牧歌、またはフィッシャー・マルティンと鐘泥棒』(1846年。第2版1856年)を書き、ギリシア・ローマの讃歌(hymn)、頌歌、エレジー、アイディル(牧歌)の選集『Klassische Blumenlese(古典詞華集)』(1840年)、さらに、人気のある教養小説『画家ノルテン(Maler Nolten)』(1832年。第6版1901年)など、いくつかの小説・物語も書いた。他の作品では、芸術と相容れない世界で芸術家が抱える問題をユーモラスに描いた中編小説『旅の日のモーツァルト(プラークへの旅路のモーツァルト、Mozart auf der Reise nach Prag)』(1856年)がある。メーリケの詩には、フーゴ・ヴォルフが多数に曲をつけた他、【ロベルト・シューマン、ヨハネス・ブラームス、マックス・ブルッフ、アルバン・ベルク】も曲をつけている。メーリケの『Gesammelte Schriften』は最初4巻で出版された。ドイツのロマン主義詩人。<<エドゥアルト・フリードリヒ・メーリケ(Eduard Friedrich Mörike(1804))>>。


<-ロベルト・シューマン(※ ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。)->↓♪~




Robert SCHUMANN: Op. 15, No. 7 (Träumerei)



<-ヨハネス・ブラームス(※ 19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共にドイツ音楽に於ける「三大B」と称される一人である。)->↓♪~




Johannes Brahms- Waltz



<-マックス・ブルッフ(※ ケルンに生まれベルリンで没したドイツの作曲家。教師で有名な歌手であった母親から教育を受け、音楽、特に作曲に早くから才能を示した。ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調が、ロマン派の協奏曲として特に有名でよく演奏される。他にもヴァイオリンと管弦楽のための『スコットランド幻想曲』や、チェロと管弦楽のための『コル・ニドライ』がしばしば演奏される。)->↓♪~




Violin Concerto No.1 in G minor-Adagio by Max Bruch



<-アルバン・ベルク(※ アルノルト・シェーンベルクに師事し、アントン・ヴェーベルンと共に、無調音楽を経て十二音技法による作品を残したオーストリアの作曲家。十二音技法の中に調性を織り込んだ作風で知られる。)->↓♪~




Alban Berg: Lulu-Suite (1a)



アメリカ合衆国メイン州出身の大学教授であり、南北戦争の時は志願して北軍に加わった。軍事戦略についてはそれ以前に教育を受けたことが無かったが、大いに尊敬され勲章を受けるような北軍士官となり、准将の位(さらに名誉少将)にまで昇進した。ゲティスバーグの戦いでの勇敢さによって名誉勲章を受章した。英語以外に9カ国語に堪能であった。すなわちギリシャ語、ラテン語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、アラビア語、ヘブライ語およびシリア語だった<<ジョシュア・ローレンス・チェンバレン(Joshua Lawrence Chamberlain(1828))>>。


御歌所派とも呼ばれる旧派和歌の中心。「紀元節」(作曲:伊沢修二)、「勧学の歌」(作曲:奥好義)、「水漬く屍」(作曲:吉本光義)などの作詞も担当した。志士、歌人、作詞家。薩摩藩士高崎五郎右衛門温恭の長男。母は登米子(新納常善女)である。通称は左太郎、他に伊勢、豊麿、左京とも。号は宝義堂。<<高崎正風(たかさき まさかぜ、天保7年7月28日(1836))>>。↓Zzzーp-♪~





紀元節の歌



貿易商人として手広く事業を行い、明治13年(1880年)3月に株式会社となり、有限責任丸屋商会とし、明治8年(1875年)の早矢仕有的の東京移転後、事実上の本店になっていた東京支店を正式に本店としたときには、会社定款で書籍、薬品、舶来雑貨の三科を本業とし、裁縫、家具製造の二科を余業としていた。また先に述べた横浜正金銀行のみならず、日本最初の生命保険会社である明治生命保険会社設立にも関与し、明治14年(1881年)の横浜生糸荷預所の設立出願にも加わり、横浜商人の名士の一人でもあった明治期の日本の実業家。丸善の創業者。<<早矢仕 有的(はやし ゆうてき、天保8年8月9日(1837))>>。


チェコの作曲家。チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家というにとどまらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもある。なお、チェコ語の発音に近いアントニーン・レオポルト・ドヴォジャークの表記が用いられることもある。ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となった。ベドルジハ・スメタナとともにボヘミア楽派と呼ばれる。その後、アメリカに渡り、音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させている。代表作に、交響曲第8番、交響曲第9番『新世界より』、この分野の代表作でもあるチェロ協奏曲、『アメリカ』の愛称で知られる弦楽四重奏曲第12番などがある<<アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク(チェコ語:Antonín Leopold Dvořák(1841))>>。↓♪~




Antonín Dvořák: Stabat Mater I (b) (Talich cond.)



1871年、23歳でシュトゥットガルト工科大学の有機化学の教授になった。翌年チューリッヒ工科大学に移った。1876年から物理化学の分野にも仕事をひろめ、1878年、ヴィクトル・マイヤー法と呼ばれる気体の分子量を測定する方法を開発した。1886年には2,2'-硫化ジクロロジエチル(マスタードガス(※ 化学兵器のひとつ。2,2'-硫化ジクロロジエチルという化合物を主成分とする。びらん剤(皮膚をただれさせる薬品)に分類される。硫黄を含むことから、サルファマスタード(Sulfur mustard gas)とも呼ばれる。))の合成法を発表。1888年にブンゼンが引退するとハイデルベルク大学の教授職をついだ。19世紀後半のもっとも有力な化学者になった。<<ヴィクトル・マイヤー(Viktor Meyer(1848))>>。


ドイツの天文学者である。太陽に非常に接近する彗星(サングレーザー)の多くが数百年前に分裂した一つの非常に巨大な彗星の破片であることを示した。これらの彗星はクロイツ群と呼ばれている。<<ハインリヒ・カール・フリードリヒ・クロイツ(Heinrich Carl Friedrich Kreutz(1854))>>。


それぞれの動物が知覚し作用する世界の総体が、その動物にとっての環境であるとし、環世界説を提唱。動物主体と環世界との意味を持った相互交渉を自然の「生命計画」と名づけて、これらの研究の深化を呼びかけた。また生物行動においては目的追求性を強調し、機械論的な説明を排除した。ユクスキュルの生物学はマックス・シェーラーやヘルムート・プレスナーをはじめ当時の西欧知識人の人間観に多大な影響を与え、「新しい生物学の開拓者」と呼ばれた<<ヤーコプ・ヨハン・ユクスキュル(Jakob Johann Baron von Uexküll(1864))>>。


日本で初めて「カフェー」と名乗り、珈琲やサンドイッチ、食事、酒を揃えた。またフランスのカフェにはいない女給、今でいうウェイトレスが人気を得た。従来にない営業形態のため、当初は会費50銭で維持会員を募り会員制としていた。会員には森鴎外、永井荷風、谷崎潤一郎、岸田劉生、岡本綺堂、北原白秋、島村抱月、市川左團次ら錚々たるメンバーが名を連ね大いに賑わった。店の壁は彼らの落書きで埋まり、店の名物になったという。広島県広島市出身。父・渡辺又三郎は芸州浅野家の荒小姓で伊藤博文の弟子。維新後、代言人から政治家になり市議会議長、第8代広島市長を務めた洋画家、カフェー・プランタン(※ ブランタンとは、仏語で春を意味する)の経営者。<<松山省三(1884)>>。


造岩鉱物・火成岩・変成岩研究の先駆者であり、光学的手法の導入による岩石成因論の発展に貢献した日本の男性地球科学者。専門は、地質学・鉱物学・岩石学。<<坪井誠太郎(1893)>>。


ゴリシェフは、ただ一つ現存する作品である《弦楽三重奏曲》によって、作曲家として名を遺している。この作品は「12音の音楽(ドイツ語: Zwölftondauer-musik)」との副題付きで1925年にベルリンで出版されたが、作曲されたのはおそらく1914年まで遡る。12の異なる音の集合体を活用しており、第1小節では後に十二音技法やセリー技法として知られることになったゴリシェフ独特の12音技法を駆使した最初期の作品となっている。また、戦後のメシアンの作風を予告する部分もみられる。《弦楽三重奏曲「12音の音楽」》は、以下の5楽章に分けられる。それぞれの楽章は、デュナーミクを題名に掲げている。ただし終楽章の強弱は、演奏者の裁定に委ねられている。1. メゾフォルテ(ラルゴ) Mezzo-forte (Largo)。2. フォルティッシモ(アレグロ) Fortissimo (Allegro)。3. ピアノ(アンダンテ) Piano (Andante)。4. ピアニッシモ(アレグレット) Pianissimo (Allegretto)。5. (アダージョ) (Adagio)。ウクライナ出身の画家・作曲家、ときには化学者で専ら西欧で活動した。名のローマ字転写についてはEfimとする例があり、姓の転記については、ロシア語の読みに従ったGolyscheffあるいはGolyschevという綴りや、ウクライナ語の読みに基づくGolishiffという綴りもある。


フィッシャーの行った最も有名な投資は、1955年にまだ小さなラジオ製造業者だったモトローラを買ったことである。彼はモトローラ社の株を、2004年3月に96歳で死ぬまで保有し続けた、とても成功した株式投資家で、1958年以来初版から印刷されている投資のガイドブックCommon Stocks and Uncommon Profitsの著者である。フィッシャーの思想を受け継いだ人々の中で、もっとも有名な人物はおそらくウォーレン・バフェットであろう。フィッシャーによると、これらの質問は「企業の納入者」「競争相手」「消費者」に対して投げかけるものである。(1. その企業は、少なくとも数年は収益が増え続けることを可能にする、十分な市場可能性のある製品やサービスをもっているか?(2. 現在売れている製品ラインの潜在的な需要がほとんどなくなったときに、経営陣には会社の収益をさらに伸ばすような製品やプロセスを開発・発展し続ける決意があるか?(3. 企業の規模と比べて、どのくらい企業のリサーチと開発努力が効果的であるか?(4. その企業は、平均以上の販売組織があるか?(5. その企業には、十分な利幅があるか?(6. 利幅を改善、または維持するために何をしているか?(7. その企業には、労働者・従業員との関係に特筆すべき点があるか?(8. その企業には、企業幹部との関係に特筆すべき点があるか?(9. その企業は、マネージメントに柔軟性があるか?(10. 企業の費用分析と会計管理は、どのくらいきちんとしているか?(11. 競争相手と比べて、どの位その企業が突出しているかを知る手がかりとなるような、その分野特有の評価できる特徴がなにかあるか?(12. 利益という点で、短期間および長期間の見通しがその企業にあるか?(13. 予測可能な未来に、企業の成長が著しいために自己資金調達が行われ、その結果株式の総数が増大し、現在の株主が予期していた利益が、ほとんど相殺されてしまうような事態になりそうか?(14. その企業の経営陣は、物事がうまくいっている時には、さまざまな出来事を投資家にどんどん話すのに、問題や損失が生じると、だんまりを決め込んでしまうようなことがあるか?(15. その企業は、完璧な経営体制を敷いているか?。。。大損する人が大半の中、ホンモノの投資家ってここまで分析してるんだ(汗)。<<フィリップ・アーサー・フィッシャー(Philip・Arthur・Fisher(1907))>>。


軽妙洒脱な中年の都会人を演じさせたら天下一品と評される。溝口健二、小津安二郎、今井正、成瀬巳喜男、久松静児ら多くの巨匠に起用され、特に溝口監督からはその姉が嫁いだ松平忠正子爵に似ているということで、ことさら目をかけられた。テレビでは円谷作品の『快獣ブースカ』をはじめ、『夜ふけのブランコの音』、『私は貝になりたい』、 『丸出だめ夫』、『サインはV』、映画では『東京物語』や『ハレンチ学園』 などの数多くの作品に出演した日本の俳優。女優・十朱幸代の父でもある。祖父は落語家の三遊亭遊三。<<十朱久雄(1908>>。


1940年の投手成績に登板数56!勝利数26!完投10!敗戦数23!って肩を壊してでも相手を倒して来いって時代なんだろうか(笑)これじゃあ中1日開けて即登板!。。。ありえない(汗)戦前に活躍したプロ野球選手(投手)。ハワイ出身の日系二世であった。大阪タイガースに所属した亀田敏夫は実弟。<<亀田忠(1912)>>。


第1期東宝ニューフェイスの試験に合格し、東宝に入社。三船敏郎(※ 現在人妻三船美佳の父。)、伊豆肇とは同期である。1947年、黒澤明監督の『素晴らしき日曜日』でデビュー。以降、黒澤、岡本喜八、稲垣浩ら、東宝の名監督の作品に常連として多数出演。名脇役俳優として、現在でも東宝映画ファンにはお馴染みの俳優である。撮影所仲間からは「ブーちゃん」の愛称で親しまれた日本の俳優。東京都出身。<<堺左千夫(1925)>>。


ドイツ出身の指揮者、作曲家。1929年ベルリン生まれ。父はウィーン生まれのドイツの法律家ハンス・フォン・ドホナーニである。しかし、反ナチスとユダヤ人支援のレジスタンス活動をしたため、1945年ナチスの強制収容所で処刑された。母はクリスティーネ・ボンヘッファー。母方の叔父はルター派の神学者で、やはり反ナチスのレジスタンス活動家であり、ヒトラー暗殺計画に関わって1945年に強制収容所で処刑されたディートリッヒ・ボンヘッファー。兄は後にハンブルク市長をつとめたクラウス・フォン・ドホナーニ。祖父はハンガリーの作曲家でありピアニストのエルンスト・フォン・ドホナーニ(1877年 - 1960年)。二番目の妻はソプラノ歌手のアニヤ・シリヤ(Anja Silja)。オペラと演奏会の両方で評価が高く、ドイツ系の現役指揮者として重鎮的存在。<<クリストフ・フォン・ドホナーニ(Christoph von Dohnányi, Dohnányi Kristóf(1929))>>。↓♪~




DOHNANYI, Christoph von: In Rehearsal






Brahms Symphony No.1, Mov.1-1 by Dohnányi, NDR-SO (2007)



昭和時代の日本の女優。群馬県桐生市出身。夫は元俳優の波島進。<<川口節子(1931)>>。


東京都に生まれる。東京芸術大学建築学科卒。ドイツのウルム造形大学、東京造形大学などを経て、神戸芸術工科大学教授に就任。(2003年名誉教授)1997年紫綬褒章など受章多数。日本のグラフィックデザイナー。江戸時代などの中世・近代日本の図案や、アジア各地の図像などを研究、それに影響されたグラフィックデザインなどが多い。他に雑誌の表紙デザインなどでも知られ、今まで手がけた雑誌は2000冊以上とされる<<杉浦康平(1932)>>。


日本の男性俳優、声優。血液型はB型。東京都出身。俳優座養成所7期卒業。かつては劇団新人会に所属していた。現在は大沢事務所に所属。主な作品に、「サンダーバード(バージル・トレーシー役)」など。<<宗近晴見(1936)>>。


【そんな訳でプロフ情報の膨大さと面白さに以下サラサラッと超著名人アップ♪。。。最近の情報ゲットまで自分の情報処理能力向上にかかってたりしますノ(≧0≦;)ヽ1人でやる事の限界を感じた瞬間でしたぁ~(笑)】


1936年 - 浦田直治、元プロ野球選手

1937年 - 堀江謙一、ヨット冒険家

1937年 - ヴィルナ・リージ、女優

1938年 - 井上俊、社会学者

1941年 - 山口英夫、将棋棋士

1941年 - 大倉修吾、ラジオパーソナリティ

1941年 - バーニー・サンダース、政治家

1943年 - 大熊忠義、元プロ野球選手・野球解説者

1943年 - 林省之介、元国会議員

1943年 - 大塚弥寿男、元プロ野球選手(+ 2008年)

1947年 - ワレリー・アファナシエフ、ピアニスト

1948年 - 米良明久(ザ・グレート・カブキ)、プロレスラー

1949年 - 原田明、化学者

1950年 - 龍田直樹、声優

1950年 - 長谷川勉、元プロ野球選手

1951年 - 木之元亮、俳優

1952年 - 土師孝也、俳優、声優

1952年 - 桂ひな太郎、落語家

1953年 - 福井謙二、フジテレビアナウンサー

1953年 - パスカル・グレゴリー、俳優

1953年 - 内田健二、サンライズ代表取締役社長

1954年 - マイケル・シャーマー、懐疑主義者

1956年 - マーク・フォーリー、政治家

1956年 - ステファン・ヨハンソン、F1ドライバー

1956年 - モーリス・チークス、バスケットボール選手

1957年 - 真咲よう子、演歌歌手

1958年 - 宮本充、声優

1959年 - 島津冴子、声優

1960年 - 鈴木亜久里、レーサー

1960年 - 高橋巨典、テレビ宮崎アナウンサー

1960年 - 紺野美沙子、女優、エッセイスト

1960年 - 月本裕、作家(+ 2008年)

1960年 - 松井常松、ミュージシャン(元BOØWYのベーシスト)

1960年 - エイミー・マン、シンガーソングライター

1962年 - トーマス・クレッチマン、俳優

1962年 - 高山郁夫、元プロ野球選手

1963年 - 松本人志(ダウンタウン)、お笑い芸人

1963年 - 李寧、体操選手

1963年 - 渡辺伸治、元プロ野球選手

1964年 - スコット・レビー、プロレスラー

1964年 - ブラッド・シルバーリング、映画監督

1966年 - シャーリー・クランプ、歌手

1966年 - キャローラ、歌手

1966年 - 田中ユタカ、漫画家

1967年 - 高橋しん、漫画家

1967年 - 横田久則、元プロ野球選手

1968年 - 近藤真市、元プロ野球選手、コーチ

1968年 - 吉田太、元プロ野球選手

1968年 - レイ・ウイルソン、ミュージシャン

1969年 - 中西哲生、元サッカー選手、スポーツジャーナリスト

1969年 - ガリー・スピード、サッカー選手

1970年 - くまいもとこ、声優

1970年 - ラトレル・スプリーウェル、バスケットボール選手

1970年 - 市場孝之、元プロ野球選手

1970年 - 清水貴博、元俳優

1971年 - ヘンリー・トーマス、俳優

1971年 - マーティン・フリーマン、俳優

1971年 - デヴィッド・アークエット、俳優

1972年 - 大石まどか、歌手

1972年 - 関智一、声優

1973年 - 是空とおる、漫画家

1973年 - ボブ・ウォルコット、元プロ野球選手

1973年 - 市原圭、元プロ野球選手

1974年 - こぶしのぶゆき、声優

1975年 - エレナ・リホフツェワ、テニス選手

1975年 - 李乙容、サッカー選手

1975年 - 伊東絵実、声優

1976年 - 秋本祐希、女優

1976年 - 真田アサミ、声優

1976年 - 浅香圭、クリエイター

1976年 - チャン・シャルケン、テニス選手

1977年 - クリストル・ブストス、ソフトボール選手

1977年 - 広沢タダシ、ミュージシャン

1977年 - 石黒正数、漫画家

1978年 - ギル・メッシュ、メジャーリーガー

1979年 - 山咲あかり、AV女優

1979年 - SONOMI(くレーベル)、歌手

1979年 - ヒオルビス・ドゥベルヘル、野球選手

1979年 - ピンク、歌手

1980年 - 門脇舞以、声優

1980年 - ムブイレニ・ムラウジ、陸上競技選手

1981年 - モアテン・ガムスト・ペデルセン、サッカー選手

1981年 - 茂庭照幸、サッカー選手

1981年 - 高松大樹、サッカー選手

1981年 - ジョナサン・テイラー・トーマス、俳優

1982年 - 前田和哉、サッカー選手

1983年 - 西村弥、プロ野球選手

1983年 - 片山奨典、サッカー選手

1983年 - ウィル・ブレイロック、バスケットボール選手

1984年 - 阿部健太、プロ野球選手

1984年 - 新里智将、バスケットボール選手

1984年 - 酒本憲幸、サッカー選手

1984年 - ビタリー・ペトロフ、レーシングドライバー

1985年 - デニス・ファン、フィギュアスケート選手

1985年 - 小椋祥平、サッカー選手

1985年 - 藤川ありさ、グラビアアイドル

1986年 - ジョアン・モウティーニョ、サッカー選手

1986年 - 後藤圭太、サッカー選手

1987年 - 本仮屋ユイカ、女優

1987年 - 落合兄丞、関西ジャニーズJr.

1987年 - ガブリエル・ドニゼッチ・サンターナ、サッカー選手

1988年 - ケイトリン・ヒル、YouTubeユーザー

1988年 - 中田唯、ファッションモデル

1989年 - 松山傑、野球選手

1990年 - 仲村瑠璃亜、女優

1991年 - CHiYO、歌手

1995年 - 渡辺友裕、声優、俳優


PS


今知りたい人のプロフが全部飛んでる(汗)でもいいんだぁ~、このブログサイトは、誕生花がメインだから(;-з)ぴゅぴゅぴゅ~。。。こんどこそっ#><)ノではまたぁ~

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/08 23:34 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。