スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月7日の誕生花は「オレンジ(Orange)」で花ことばは「花嫁の喜び(Bride's happiness)」。


ミカン科で西アジアが原産。



天帝ゼウスがヘラーと結婚したとき、オレンジを贈った事から、花嫁の頭上にこの花を飾る習慣となったとか。オレンジは白色の花で、甘い香りがします。神話など関係なくとも、花嫁にぴったりの花といえるでしょう。一年中咲いているわけではないので、たいてい造花が使われます。しかし造花は大切に保存され、子や孫の結婚式にも用いられるそうです。繁栄と多産のシンボル。エプロンにオレンジを描くと、果実がいっぱい実るといいます。





誕生花は「オレンジ(Orange)」。

花ことばは「花嫁の喜び(Bride's happiness)」。

【9月7日の花占いは?】



とても純粋な人。それでいて寛大でやさしい人。愛らしさで好かれるタイプ。愛する人とは、出会いから結婚、家庭生活とうまくいきます。円満な一生を送れることでしょう♪





家庭円満で一生安泰♪。。。花ことばが「花嫁の喜び」だけに予想はしていたがまさかここまでの助言とは。。。負けたよ(#-p-)Ъグゥw


【9月7日生まれの著名人は?】



イングランドとアイルランドの女王(在位:1558年 - 1603年)。テューダー朝第5代[nb 1]にして最後の国王。別名は処女王(the Virgin Queen)、グロリアーナ(Gloriana、「栄光あるもの」の意)、よき女王エリザベス(Good Queen Bess)。彼女のモットーの一つは「私は見る、そして語らない」("video et taceo" )であった。彼女は神に感謝を捧げてこう語っている。「悲惨な迫害を伴う戦争と騒乱が私の周りのほとんど全ての国王や国々を悩ましていた時、我が統治は平和であり、そして我が王国は汝ら病める教会の避難所であった。我が民の愛が固く現れ、我が敵の策略は挫かれたのです。」主として防衛的な外交政策にもかかわらず、えりざべす彼女の治世はイングランドの国際的な地位を高めた。教皇シクストゥス5世は「彼女は単なる女、島の半分の女主人に過ぎない」「にもかかわらず、彼女はスペイン、フランス、帝国そして全ての者たちから恐れられる存在となった」と驚嘆している。彼女の元で国民は新たな自信と(分裂したキリスト教世界 (en) での)独立意識を得た。彼女は国王は民衆の同意によって統治すると認識した初めてのテューダー家の人物であった。それ故に彼女は常に議会や真実を彼女に伝えると信頼しうる顧問たちとともに働いた。これはスチュアート家の後継者たちが理解するに失敗した統治様式である。一部の歴史家は彼女を幸運であったと言う。彼女は神が彼女を加護していると信じていた。自らを「純粋なイングランド人である」と誇り、彼女は神と誠実な助言そして統治の成功のための臣下たちの愛を信じていた<<エリザベス1世(Elizabeth I, (ユリウス暦1533生まれ))>>。


父は第3代将軍・徳川家光。母は側室のお楽の方(増山氏)。竹千代の幼名を与えられ、世子とされた江戸幕府の第四代将軍<<徳川家綱(1641年)>>。


文化12年(1815年)伊豆国松崎村明地(現在の静岡県賀茂郡松崎町)に貧しい農家の長男として生まれた。6歳で菩提寺の浄感寺塾に学ぶ。11歳のとき同村の左官棟梁、関仁助のもとに弟子入りする。その当時から手先の器用さで知られた。20歳のとき江戸へ出て御用絵師である谷文晁の高弟、狩野派の喜多武清から絵を学ぶ一方、彫刻も学んだ。絵画や彫刻技法を漆喰細工に応用し、従来は建物の外観を装飾する目的で漆喰壁に鏝(こて)で模様を描いていたものを、絵具で彩色して室内観賞用の芸術品に昇華させた。26歳で江戸日本橋茅場町にあった薬師堂の御拝柱の左右に『昇り竜』と『下り竜』を造り上げて、名工「伊豆の長八」として名をはせた。31歳の時に弟子2人を連れて生まれ故郷の浄感寺の再建に係わり、鏝絵を作成している。天井に描いた『八方にらみの竜』は傑作とされる江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した名工(左官職人)、工芸家。なまこ壁、鏝絵といった漆喰細工を得意とした。<<入江長八(1815)>>。


アメリカ合衆国の政治家。インディアナ州選出の下院および上院議員、第21代アメリカ合衆国副大統領。<<トマス・アンドリュース・ヘンドリックス(Thomas Andrews Hendricks(1819))>>。


天保11年(1840年)8月12日、江戸で生まれる。幼名は寛五郎。安政4年(1857年)、先代藩主の順承の婿養子となり、初め承烈(つぐてる)と名乗り、のちに承昭と改名した。安政6年(1859年)2月7日、順承の隠居で家督を継ぐ。藩政においては、洋式軍備の増強に務めた。明治元年(1868年)の戊辰戦争では、新政府に与して箱館戦争などで功績を挙げたため、戦後に新政府より1万石を加増された。明治2年(1869年)、版籍奉還により知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官。東京へ移る。明治17年(1884年)に伯爵となる。その後は第15国立銀行取締役となる。和歌にも優れていたと言われている<<津軽承昭(1840)>>。


1954年、映画『波止場』を監督。同映画はアカデミー賞において8部門の受賞を果たした。1955年、映画『エデンの東』を監督。アクターズ・スタジオ出身の俳優ジェームズ・ディーンの出世作となる。同年、テネシー・ウィリアムズの戯曲『熱いトタン屋根の猫』を演出し、ニューヨークのモロスコ劇場で上演(初演)。同作品はピューリッツァ賞を受賞した。1961年、映画『草原の輝き』を監督。主演はナタリー・ウッドとウォーレン・ビーティ。1962年、小説『アメリカ、アメリカ』を執筆。1963年にはこの小説から脚本を起こし映画化、監督した。俳優、演出家、映画監督。イスタンブル生まれのギリシャ系アメリカ人。息子は映画監督で脚本家のニコラス・カザン。<<エリア・カザン(Elia Kazan(1909))>>。


確率微分方程式を生み出した。伊藤の補題(伊藤の定理)でその名を知られる。さらに、確率積分を計算する上で重要な伊藤の公式(伊藤ルール)は確率解析学において革命的な公式といえよう。特に伊藤の公式は確率解析学における基本定理で確率積分の計算手段を示したもので、この公式無しでは確率解析における計算はほぼ不可能といえる。従来、方程式で記述することができるのは直線もしくは一定の規則性を持つ曲線のみで、まったくランダムな曲線(フラクタル曲線)は微分ができないため方程式で表すことができなかった。伊藤の定理は微積分に確率論を導入することで、ブラウン運動の軌跡や株式等の金融商品の価格変動の軌跡など、規則性のない曲線を方程式で記述することをはじめて可能にした。このため、将来のある時点における金融商品の理論上の価格を計算で算出することが可能となり、数学に留まらず経済学、特に1990年代に入って発達した金融工学理論全般の進歩に多大な貢献があった。デリバティブの一種であるオプションの価格評価式であるブラック-ショールズ方程式の導出は伊藤の補題(伊藤のレンマ)が基礎となっており、同方程式の考案者としてノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズは清に会った際にわざわざ握手を求め伊藤の定理に敬意を表したという。伊藤自身は経済学に無関心で、ある経済学者の集まりに出席した際にあまりの歓迎ぶりに当惑のあまり、そもそもそんな定理を導いた記憶はないと言い張ったというエピソードが伝えられる日本の数学者である。<<伊藤清(1915)>>。


1987年、ローラを偲んで「ローラ・アシュレイ基金」がバーナードによって設立された。この基金の目的は、個人が自らの能力を発見し、その才能を引き出す手助けをするというもの。イギリス・ウェールズ出身のファッションデザイナー。自身のデザインによるカラフルな布地を用いた衣料品・家庭用品によって、世界中に名前が知られるブランドを築いた<<ローラ・アシュレイ(Laura Ashley CBE(1925))>>。


新潟市生まれ、本籍地は山形県最上郡の哲学者。専攻は、現象学の研究。モーリス・メルロー=ポンティ等の現代西洋哲学の主要な著作を、平易な日本語に翻訳した。マルティン・ハイデッガー、エドムント・フッサールの研究でも知られる<<木田元(1928)>>。


、アメリカ合衆国のジャズ・サックス奏者。本名セオドア・ウォルター・ロリンズ(Theodore Walter Rollins)。ハード・バップの代表的奏者であり、ジョン・コルトレーンと並ぶジャズ・サックスの巨人と讃えられる。歌心溢れるアドリブや、聞く者をリラックスさせる演奏は、長年にわたり変わることがなく、それが今も多くのファンに支持されている<<ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins(1930))>>。↓♪~



Sonny Rollins - Saxophone Colossus




日本の銀行家。財団法人キヤノングローバル戦略研究所理事長。日本銀行副総裁、株式会社富士通総研理事長、社団法人経済同友会副代表幹事、第29代日本銀行総裁などを歴任した。<<福井俊彦(1935)>>。


日本の官僚。名古屋鉄道元会長。香川県出身。<<木村操(1937)>>。


インドネシアの宗教指導者、政治家である。スハルト政権時代、インドネシア最大のイスラーム組織ナフダトゥル・ウラマー(NU)議長をつとめ、同政権崩壊後は、国民覚醒党(PKB)を創設、同国の第4代大統領に就任した(在任期間1999年10月20日 - 2001年7月23日)。一般によく知られる愛称は「グス・ドゥル」で、これは「キアイ(ウラマー)の息子」を意味する<<アブドゥルラフマン・ワヒド(Abdurrahman Wahid(1940))>>。


当時はイタリアのヒッチコックとも呼ばれた。アルジェントとしては珍しい歴史ドラマ『ビッグ・ファイブ・デイ』を撮ったあと、1975年の『サスペリア2』でシッチェス国際恐怖映画祭のグランプリを受賞。1977年の『サスペリア』で超自然的なテーマの作品にも進出、続く『インフェルノ』の2作で独自の世界を構築する。「サスペリア」の成功を経て、プロデューサーとしての活動も開始。ジョージ・A・ロメロ監督の『ゾンビ』の制作費を集め、ヨーロッパでの配給権を得た。『シャドー』では本格的な推理劇、ヒロインにジェニファー・コネリーを起用した『フェノミナ』では華麗なホラー、『オペラ座/血の喝采』ではオペラを題材に、重厚な映像を創造した。ジョージ・A・ロメロと再び組んだ『マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴』ではエドガー・アラン・ポーの『黒猫』を大胆に脚色、アメリカで撮った『トラウマ/鮮血の叫び』では娘のアーシア・アルジェントをヒロインに起用した。引き続きアーシア主演の『スタンダール・シンドローム』と『オペラ座の怪人』でも新しい分野にチャレンジ。『スリープレス』では初期の作風である推理ものへの回帰を試みている。作品としては推理劇形式のものが多いが、細かいトリックやシナリオの緻密な構成よりは、鮮やかな色彩やショック描写に重きをおく。日本で彼の名を一躍高めた『サスペリア』は同年代の『エクソシスト』や『オーメン』ら70年代オカルトホラーのなかでも独特のジャンルを築き根強いファンが多い。またホラー映画としては、演じる女優を恐ろしい中にも美しく描写することでも定評がある。1994年、第2回モントリオール国際ファンタスティック映画祭で生涯業績賞を受賞。1999年のシッチェス・カタロニア国際映画祭では名誉賞を受けている。祖父は映画配給業者、父は映画プロデューサー、母親はカメラマン。数多くのホラー映画を手がけている映画監督である。イタリア、ローマ生まれの<<ダリオ・アルジェント(Dario Argento(1940))>>。


2008年5月より、TBS系人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(第9シリーズ)にレギュラー出演する。角野卓造演じる小島勇の友人という役どころを演じる。角野卓造とは中学時代からの親友でもあり、一緒にバンドを組んでいたこともある。 ドラマ出演に際しては、同ドラマの脚本家である橋田寿賀子が山本のコンサートを鑑賞し、山本を大いに気に入ったという経緯から、橋田からの熱烈なオファーがあり、実現した日本の歌手、タレント、白鴎大学教授。レーベン企画所属。東京都千代田区出身。<<山本コウタロー(1948)>>。


アメリカ合衆国のミュージシャン・トランペット奏者・シンセサイザー奏者。ニューヨーク出身。父は音楽の教師、母はバイオリニストという音楽一家に生まれた。ウィンダムヒルに参加したり、ローリング・ストーンズ、ヴァン・モリソン、ジョニ・ミッチェル、デヴィッド・シルヴィアン、デヴィッド・トーンのアルバムに参加したりしているが、映画音楽が本領である。1990年にはグラミー賞を受賞している<<マーク・アイシャム(Mark Isham(1951))>>。↓♪~






Mark Isham - Greatest Hits



1975年、これをきっかけに大野剣友会に入団。剣友会の担当するヒーロー番組で、主にトランポリンスタントを担当。初めてキャラクターを演じたのは、『秘密戦隊ゴレンジャー』第52話の電話仮面。日本の俳優、スーツアクター、殺陣師。大野剣友会出身。レッド・エンタテインメント・デリヴァー所属。奈良県出身。<<上田弘司(1952)>>。


東京都港区出身の女優。宝塚歌劇団卒業生(元星組娘役トップスター)でもある。血液型はAB型。1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏む。同期にはいずれも女優の大地真央(1982年~1985年に月組トップスター、俳優・松平健元夫人)、平みち(1985年~1988年に雪組トップスター)、ミュージカルスタジオ主宰の四季乃花恵(笹本玲奈の母)、振付家の山城はるか(元星組2番手男役)がいる。現役ではいずれも専科所属で光あけみ、1993年~1996年に星組組長の一樹千尋、1991年~1996年に花組組長の未沙のえるがいる。当初は男役だった。1974年、花組に配属。ダンスの得意な男役として活躍。1979年、バウホール公演『アップル・ツリー』で娘役がついて、それを機に娘役に転向。1982年、星組へ組替え。トップ娘役東千晃の退団により、星組トップ娘役になる。トップスター瀬戸内美八の相手役を務める。1983年、瀬戸内退団後のトップ峰さを理の相手役を1作品務め、東京公演『アルジェの男/ザ・ストーム』にて退団。1986年NHKテレビドラマ「妻…愛は迷路」の主演で女優として再スタートを切った。現在はフリー。<<姿晴香(1952)>>。


日本のシンガーソングライター、俳優。1977年の1回目のデビュー時の芸名は長渕 剛(ながぶち ごう)。「長淵 剛」は、誤記。鹿児島県鹿児島市出身(出生は日置市伊集院町)。Office REN(オフィス・レン)所属。 妻は元女優の志穂美悦子。<<長渕剛♪(1956)>>。


大井競馬場庄子連兵厩舎所属の騎手。「大井の帝王」の愛称で親しまれ、地方競馬全国リーディングを2回(2002年、2003年)、大井競馬リーディングを21回(1983年、1985年-2004年)獲得し、多くの重賞タイトルを手中に収めている。大井競馬場所属騎手の的場直之は甥、佐賀競馬の元調教師の的場信弘は兄(直之の父)にあたる。レースの序盤から先頭集団に取り付いて、人馬一体となった力強い走りで押し切るという騎乗スタイルである。ファンからは「大井先行バカ一代」と揶揄されている。好きな食べ物はカレー。これにちなんで、かつて大井競馬場で販売された「的場弁当」にはカレーピラフが入っていた。インタビューの際は筑後弁でしゃべる。無類の愛妻家。<<的場文男(1956)>>。


スター誕生!(日本テレビ)で中学二年生の秋、欽ちゃんコーナーの初代チャンピオンとなり、萩本欽一のアシスタントを番組で務める。ザ・スターボウリング(テレビ東京)で清水由貴子、須田開代子プロらとともに司会を担当。もともとゲストとしてこの番組に出演していた。師匠ともいえる萩本欽一の言葉「何でも真面目にやるのが一番良いんだ」を実践し、他のゲスト出演者がボケをかましたりする中で一生懸命投球し、一人高スコアを連発。それがスタッフの目に留まり、ついには司会を任されるようになった。その他ドラマ、レポーター、司会等で活躍。特にアイドルが出演するイベントの司会には定評がある日本のタレント。通称クロベエ。所属は手力プロダクション。<<黒部幸英(1958)>>。


1976年2月18日(放映は同年3月14日)、NTV『スター誕生!』第16回決戦大会最優秀賞(ピンク・レディーが同じ大会で合格。獲得の意思を示したプロダクション、レコード会社の数はピンク・レディーをはるかに上回っていた)。1977年3月1日、『お元気ですか』でCBS・ソニーから歌手デビュー。


第3回日本テレビ音楽祭新人賞、第4回横浜音楽祭新人賞、第6回東京音楽祭国内大会優秀新人賞、第10回新宿音楽祭銅賞、第4回FNS歌謡祭優秀新人賞、第8回日本歌謡大賞新人賞等を受賞。同期デビューの榊原郁恵・高田みづえらと共に「フレッシュ三人娘」と呼ばれた。歌手活動の傍らでバラエティー番組やテレビドラマにも活躍の場を広げ、萩本欽一関連の番組に出演したことから「欽ちゃんファミリー」の1人として挙げられたこともあった。1980年代に出演していたヤクルトのCMでは、下町出身の気の強い母親役を演じた(清水自身も下町出身)。また、ヤクルトのCM内で幼稚園児の息子役がペットの亀を所有していたこともあってか、自身も亀グッズ収集が趣味であった。2006年にデビュー以来所属していた芸映から独立したが、2007年9月、実母の介護を理由に芸能界を引退し。。。東京都出身の歌手・女優・タレントである<<清水由貴子(1959)>>。


東京都出身の計算言語学者、認知心理学者、脳科学(または機能脳科学、脳機能科学)者。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)。 苫米地英俊(学者、元衆議院議員)は祖父、正確には、「苫」と「英」は草冠の間を開ける。かつて「苫米地英斗」と表記されていた時期がある。オウム真理教関連では、1995年の警察庁長官狙撃事件の実行犯とされる元巡査長から催眠によって自白を引き出したことや、U正悟師という当時教団最高ランクの信者の脱洗脳などが報道された<<苫米地英人(1959)>>。


日本の元モデル、元アイドル、声優、女優、歌手(ただし、本人は歌は得意ではなく、歌手と呼べるような物ではないと語っている)。81プロデュース所属。東京都出身。13歳のときに、雑誌のモデルでデビュー。その後、資生堂の専属モデルを経て、ライオンやコカ・コーラ、エメロンのテレビCMに出演。また、TBSのマスコットガールに抜擢され、TBSの朝の情報番組『8時の空』では田中星児とコンビを組み、2代目アシスタントを務め(初代は水越けいこ)、好評を博す(この番組は、田中星児の大ヒット曲『ビューティフル・サンデー』を生んだことでも有名)。同時期、アイドル歌手としてもデビュー。しかし、性格的に向いてなかった(本人曰く、「性に合わなかった」)こともあり、アイドル歌手としては、それほど成功しなかった。このころ雑誌のグラビアでヌードを披露したこともある。その後は、女優として活動するが、『天使のたまご』での声優デビューを機に、以降は声優をメインに活動。独身。<<兵藤まこ(1962)>>。


日本の漫画家。奈良県出身。奈良県立山辺高等学校卒業。夫は漫画家の山科けいすけ。代表作に『少年アシベ』(週刊ヤングジャンプ)、『ここだけのふたり!!』(まんがくらぶ)など。『少年アシベ』はTVアニメ化もされた。4コマ作品は3頭身のかわいらしいキャラクターが登場するほのぼのとした雰囲気のの中にある種の世知辛さや、時に冷徹とも言える人間描写が差し挟まれるのが特徴である。「顔はかわいいが心は黒い」「顔はブサイクで心も黒い」キャラクター設定を好み、「顔も心もかわいい」主役は影が薄くなっていったり、「顔はブサイクだが心はまとも」な脇役がたびたび悲惨な目に遭う展開も多い。1992年、『ここだけのふたり!!』により第21回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。『大阪ハムレット』(漫画アクション連載)により、2006年に第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、2007年に第11回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。<<森下裕美(1962)>>。


スイス・ボーレン出身の空手家、キックボクサー。本名はアンドレーアス・フーク(Andreas Hug〔アンドレェアス:andréːas〕〔フゥク:húːk〕 ドイツ語辞書による)。英語での発音ではアンドレアス・フグが近い。得意技は踵落とし、下段後ろ回し蹴り(フグトルネード)、左フック。入場時にはクイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」をテーマ曲に使用していた。通称では「鉄人」であり、「青い目の侍」、そしてまさに「ミスターK-1」の名に相応しい人物だった<<アンディ・フグ(Andy Hug、男性(1964))>>。


山梨県出身の芸能レポーター。同じ芸能レポーターの井上公造が代表取締役を務めるKOZOクリエイターズ所属。<<駒井千佳子(1965)>>。


秋田県出身の元プロ野球選手。広島東洋カープ、千葉ロッテマリーンズで活躍した。エピソードに、投球後にズボンのベルトが切れて交換したものの、1球投げるとまた切れてしまい、1イニングに2度交換したことがある。これは後にバラエティ番組で紹介され、そのとき同僚の黒木知宏は「甘いものばかり食べているから…」と語っている。また盗塁を阻止しようとしたキャッチャー・吉鶴憲治の二塁への送球が低めに外れ、マウンドにいた近藤の尻を直撃したことがある。これも後にバラエティ番組で紹介され、「ついてないで賞」を受賞した。。。(#ノwヽ)<<近藤芳久(1965)>>。


日本中央競馬会(JRA)の騎手である。2004年に兵庫県競馬組合から移籍。弟は兵庫県競馬組合所属調教師の小牧毅。フジテレビワンツーネクストで放送されている『武豊TV!』・『武豊TV!II』では、横山典弘とともにその言動が話題にあがるジョッキーの一人である。同番組ではスタートのゲートをでた瞬間に奇声を発したり、朝日チャレンジカップでは3着なのにガッツポーズしていたりといった姿が放映された。。。(ノwヽ#)<<小牧太(1967)>>。


日本の漫画家。代表作は、『一騎当千』。趣味は野球、海外旅行、庭での野菜作り、ドライブ。元々は『ビジネスジャンプ』など集英社での連載が主であり、この頃のペンネームは塩崎ユウジだった。集英社連載当時はなかなか人気が出ず、2000年頃に集英社を離れてから人気を博すようになった。現在連載中の作品には「女性が主人公」、「メインキャラのほとんどが女性」、「失禁シーンが多く描かれている」などの特徴がある。<<塩崎雄二(1967)>>。


スピードスケート選手。長野オリンピックスピードスケート女子500メートル銅メダリスト。所属は富士急行。<<岡崎朋美(1971)>>。


日本のイラストレーター。広島県尾道市出身。萌えタッチ♪<<灰村キヨタカ(1973)>>。


日本の男性声優、歌手。東京都足立区出身。既婚。身長179cm(雑誌等では、180cmと答えている)、体重75kg。血液型はO型。星座はおとめ座。マックミック/ティー ワイ エンタテインメント所属。以前はトリトリオフィス、フリー、ビッグショット、クオラスなどに所属していた。デビュー作は、「金龍(『マクロス7』)」。その後の出演作は有名すぎるのでもうなんていいうか。。。言う事なしっ。<<高橋広樹(1974)>>。


【。。。目が持ちませんでした;^^)ノただまだまだ著名人がいますね!UPLOADします#T-T)ヽ】


1975年 - 阿部典史、レーシングライダー(+ 2007年)

1975年 - 彩豪一義、大相撲力士

1975年 - 高森健太、作曲家

1976年 - 篠原貴行、プロ野球選手

1977年 - 大野愛果、作曲家

1977年 - 根引謙介、サッカー選手

1979年 - 石原慶幸、プロ野球選手

1979年 - 吉住梢、声優

1980年 - 朝比奈ゆうや、漫画家

1980年 - エムレ・ベロゾール、サッカー選手

1981年 - 南かなこ、歌手

1982年 - 日之内エミ、歌手

1982年 - 白石涼子、声優

1982年 - 伊佐樹里、バスケットボール選手

1983年 - アネット・ディトルト、フィギュアスケート選手

1984年 - 大久保麻理子、グラビアアイドル

1987年 - 林啓介、プロ野球選手

1987年 - 安旭、プロ野球選手

1987年 - 加藤雅美、SDN48

1988年 - 佐藤大基、サッカー選手(+ 2010年)

1988年 - クレイグ・リンドフィールド、サッカー選手

1990年 - 田中崇博、プロ野球選手

1991年 - しほの涼、声優、女優、グラビア、歌手

1992年 - 森田涼花、タレント、アイドル(アイドリング!!!11号、HOP CLUB)

1994年 - 奈木野美樹、女優

生年非公表 - 西本淑子、ラジオパーソナリティ


PS


正直声優と漫画家は念入りにプロフ見たかったんですけど(汗)とにかく最近わかった事は著名人の名前はあまり詳しくないけど、顔は相当数知ってるということ。。。テレビにかじりついてた時代は名前もスリーサイズも特徴なんかも全部一瞬で応えてたのに。。。後ろ向いてても男女関係無く全ての芸能人応えられた時期ってありませんでしたか?;^^)ノんん~、今日も満足♪&お誕生日おめでとうー☆ではまたぁ~

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/07 22:30 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。