スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月6日の誕生花は「のうぜんはれん(Nasturtium)」で花ことばは「愛国心(Patriotism)」。


ノーゼンハレン科で南アメリカが原産です。学名の「tropaeolum」は、ギリシャ語で、トロフィー(勝利の記念品)の意味。園芸上は、「ナスタチウム」と呼ばれています。



葉をかむと、特有の辛味がある香りのよい植物なので。サラダ用野菜として、家庭菜園に栽培する人も多いようです。



花をヘルメット、葉を楯に見立てているところから、日本名の「凌霄葉蓮(のうぜんはれん)」はつけられています。また別の名で「金葉連」とも呼ばれているそうですよ。





誕生花は「のうぜんはいれん(Nasturtium)」。

花ことばは「愛国心(Patriotism)」。

【9月6日の花占いは?】



思慮分別(※ 物事に注意深く考えをめぐらし、判断すること。)のある立派な人。一見、冷たく、思いやりがないと見られがちですが、それは、品のある人柄と、細かい事に興味が無いあなただからこそ。恋にも、なかなか燃えにくいところがありますが、家庭は大切にするので、幸せに暮らせますよ♪



PS 幸せって。。。なんかいいやん by shinsuke(w
【9月6日生まれての著名人は?】



スペインのオルガニスト、作曲家。バレンシア聖マリア大聖堂(en:Saint Mary of Valencia Cathedral)で働いた。多くの人がカバニーリェスをスペイン・バロックの偉大な作曲家と考え、時には「スペインのバッハ」と呼ばれることもある<<フアン・バウティスタ・ホセ・カバニーリェス(Juan Bautista José Cabanilles(1644))>>。↓♪~大聖堂でパイプオルガンを弾くなんて最高の贅沢ですね♪






órgano,batalla imperial, Juan Cabanilles


マリー=ガブリエル・カペは1761年に使用人の娘として生まれた。1781年、20歳の時に、アデライド・ラビーユ=ギアールの運営する「女性のための美術学校」で画家になる勉強をするためにパリへ旅立った。同級生にマリー=ヴィクトワール・ダヴリル(Marie- Victoire d'Avril)とキャロー・デュ・ローズモンド(†1788年)がいた。その後、数点のデッサンとパステル画が Salon de la Jeunesse に初出品されたが、若い芸術家はまだ無名であった。その後の2年間で彼女は油絵に熟達し、1783年と1784年に油絵による最初の『自画像(『1783年の自画像』, キャンパス・油彩, 国立西洋美術館蔵。♪)』を作成している。 そしてまた1785年からカペの大きな作品が Salon de la Jeunesse に展示された。同じ年に2枚の絵が役員によって Salon de la Correspondance に送られ、1786年に1枚のパステル画が展示された。彼女の作品は好評を得、ラビーユ=ギアールの弟子であることも手伝って作品を依頼されるようになった。彼女の肖像画の主なものにフォンテンブローの管理人の妻のLongrois夫人、オラトリオ会の総長Moisset神父、アデライド・ラビーユ=ギアールも描いたアデライード王女とヴィクトワール王女(1787年)などがある。1791年に彼女は細密画をサロンに初めて出品した。これにより彼女は職歴の最後まで有名であった<<マリー=ガブリエル・カペ(Marie-Gabrielle Capet(1761))>>。


カンバーランド州イーグルスフィールド出身。クェーカー教徒である。地元の小学校で初等教育を受けたが、そこの教師が1778年に引退すると、12歳にして教師となった。1781年に隣町のケンダルに移る。1793年にマンチェスター大学に入学し、自然学を学んだ。1794年には自らの色盲を題材にした論文を発表している。1800年に大学を辞め、1801年に分圧の法則(ドルトンの法則)、1803年に原子説を発表した。彼は元素記号も発表したが、それは黒く塗りつぶされた丸が炭素を表す、といったようなものであったため広まりはしなかったものの、歴史的な意義はあった。1804年に倍数比例の法則を発表した。これは原子説を裏付け、分子説に繋がるものとなった。化学以外の業績としては、光の屈折や反射、空の色や蒸気に関する考察などがある。1822年、王立協会の会員に選出、1826年ロイヤルメダルを受賞。イギリスの化学者、物理学者ならびに気象学者。原子説を提唱したことで知られる。また、2型2色覚であり、赤緑色覚異常(ドルトニズム)の語源となった。<<ジョン・ドルトン(John Dalton(1766))>>。


マッキア派を代表する画家と見なされている。彼は戦争をテーマとした作品を数多く描いたが、戦闘場面はめったに描かず、野営地での兵士、集合する兵士、休息中の歩兵隊といったテーマを描いた。また繊細な肖像画、風景、田園生活、馬などのテーマを描いた。しかし晩年の彼は、絵画の新しい流れと無縁になり、それが彼の凋落につながった。彼の作品は人々の関心を引かなくなり、それが経済的困窮へとつながった。ファットーリは仲間の画家たちからは尊敬されたが、彼の超然とした態度により大衆の支持を得ることはなかった。彼の作品はローマ国立近代美術館、トリノの市立近現代美術館、ミラノのブレラ絵画館、フィレンツェのピッティ宮殿の近代美術館などで見られ、北米ではボストン美術館に作品がある。また、故郷リヴォルノには市立ファットーリ美術館があるイタリアの画家、版画家。<<ジョヴァンニ・ファットーリ(Giovanni Fattori(1825))>>。


日本の教育者。文化学院の創立者としても知られ、新宮市の自邸(国の登録有形文化財)や文化学院校舎の設計を自ら行うなど、建築家、芸術家としての一面も持つ。大杉栄を援助した大石七分は実弟。建築家の坂倉準三は女婿。建築家の坂倉竹之助は孫。ヒップホップMCのSPHERE of INFLUENCEは曾孫。<<西村伊作(1884)>>。


アメリカ合衆国の政治家・実業家、第35代大統領のジョン・F・ケネディの父として知られる。「ジョー」は愛称。<<ジョセフ・パトリック・“ジョー”・ケネディ・シニア(Joseph Patrick "Joe" Kennedy, Sr.(1888))>>。


1967年:中曽根派新人の佐藤文生初当選のあおりを受け、総選挙に落選。日本鉄道建設公団総裁に就任。日本の政治家、第53代衆議院議長(在任期間・1966年12月3日 - 1966年12月27日)。香川県出身(出生地及び選挙区は大分県)。正三位勲一等。<<綾部健太郎(1890)>>。


北海道滝川市出身の敬虔なクリスチャン。開業医の父とクリスチャンの母の間に生まれる。岩見沢高等女学校(現・北海道岩見沢西高等学校)を経て、東洋音楽学校(現・東京音楽大学)卒業。在学中に知り合ったバイオリニストの黒柳守綱と結婚、女優の黒柳徹子(長女)、バイオリニストの黒柳紀明(次男)、エッセイストの黒柳眞理(次女)ら、5人の子供がいる。自伝「チョッちゃんが行くわよ」は、NHK連続テレビ小説『チョッちゃん』としてドラマ化され、「チョッちゃん物語」はアニメ化された。俳優・三上博史は売れる前に、アメリカの黒柳朝の家に居候していたことがある。滝川市名誉市民で滝川市の“市の花”はコスモスが制定されたのは黒柳の言葉がきっかけであったという。また、滝川市には600点ものアンティークを寄付した日本の随筆家である<<黒柳朝(1910)>>。


救護看護婦養成所卒業後、看護師となり、戦後は厚生省国立病院課看護係長、国立がんセンター初代総婦長などを経て、1965年の参議院議員選挙に全国区から無所属で出馬し初当選。3年後に自民党に入党。党内では福田赳夫→安倍晋太郎派に属し、1984年11月から1985年12月まで史上3人目の女性閣僚として第2次中曽根改造内閣の環境庁長官を務めた。1989年政界引退。 1995年に北國文化賞、2001年にはフローレンス・ナイチンゲール記章(※ 赤十字が看護に功労のあった看護師及び応急手当において著しい貢献をした篤志看護補助者などを対象に授与される記章のことである。)を受章。石川県小松市出身。日本の政治家、看護師。元自由民主党参議院議員(4期)。<<石本茂(1913)>>。


日本の小説家、SF作家。


父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一。森鴎外は大伯父にあたる。本名の親一は一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。イラストレーターのほししんいちとは特に関係がない。父の死後短期間星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二(西友社長)と並んで稀有な一部上場企業(当時)の社長経験者である。ショートショート(掌編小説)を数多く残し、多作さと作品の質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショートの神様」と呼ばれ、生涯で1001編以上の作品を残す。『ボッコちゃん』、『悪魔のいる天国』、『おせっかいな神々』、『ノックの音が』など多くの短編集がある。また『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある<<星新一(1926)>>。


日本の建築家。モダニズム建築の正統的な作品や幕張メッセなどのメタリックな作品で知られる<<槇文彦(1928)>>。


代表的な作品として、交響曲第1番、ピアノ協奏曲、交響詩『赤いカリーナ』(従来は『赤いゲルダーローズ』と訳されていた)、ヴァイオリンと管弦楽の為の『詩曲』などが挙げられる。1970年代頃から、ロシア国立交響楽団を指揮する場合はライブであろうがスタジオであろうが必ず譜面台に赤い扇風機をつけて指揮していた。しかも、旧ソ連製であるゆえかライブ録音のCDなど弱音時に扇風機の音が聴こえるため、CDの解説書に但し書きまでついていた。これについて、より静穏性が高くて風量も多いタイプを薦められたこともあったが、馴染みのある赤い扇風機に拘っていたスヴェトラーノフは全て断り、海外公演の際は変圧器まで用意して使っていた。ロシアの作曲家・ピアニスト・指揮者。爆演系指揮者。<<エフゲニー・フョードロヴィチ・スヴェトラーノフ(ロシア語: Евгений Фёдорович Светланов(1928))>>。↓♪~






Evgeny Svetlanov, RNO, Brahms 3rd Symphony, 3rd mov. 2001 December



経歴では、「1963年7月、第2回オール讀物推理小説新人賞に『歪んだ朝』で入選。」「1964年に初の長編『四つの終止符』を書き下ろし刊行。」「1965年には『天使の傷痕』で第10回江戸川乱歩賞受賞。」「1981年、『終着駅殺人事件』で第34回日本推理作家協会賞受賞。」「1987年、監修したクイズ本『鉄道パズル』が発売された。」「2001年10月31日には神奈川県湯河原町の自宅そばに「西村京太郎記念館」がオープンした。」「2004年4月17日には『華麗なる誘拐』が原作の映画『恋人はスナイパー 劇場版』が公開された。」2006年1月5日、監修した特別番組「西村京太郎からの挑戦状・本格ミステリークイズ芸能界推理王決定戦」が日本テレビ系列で放送され日本を代表する推理小説作家。<<西村京太郎(1930)>>。


東京市淀橋区(現在の新宿区淀橋町・大久保町・戸塚町・落合町一帯)出身の俳優、声優。劇団俳優座の出身で、同期には小沢昭一や土屋嘉男がいる<<小林昭二(1930)>>。


1950年代から1960年代にかけて活躍したイタリアのテノール歌手である。活躍の時期は短かったが、その強烈なスピントの声質でオペラ・ファンに強い印象を残した。フェラーラ近郊コッパーロの農家に生まれ、ミラノで声楽の研鑽を積む。はじめバリトンの声域からスタートしたともいう。1949年にはコンサートに出演したとの記録もあるが、1954年、ミラノ・ヌォーヴォ劇場のマスカーニ『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ役で本格的な舞台デビューを飾り、すぐにイタリア各劇場で活躍するようになった<<ダニエーレ・バリオーニ(Daniele Barioni(1930))>>。↓♪~これだけの声量が出たら気持ちいいだろうなぁ~#-p-)






Daniele Barioni - Dicitencello vuie (R. Falvo) - 1958 Moviesound



セ・リーグ審判袖番号は18(1988年初採用から1999年引退まで、現在は空番)。歴代のセ・リーグ審判部長の中で唯一不祥事の責任を取らされて辞任した(そのほかは禅譲して引退)ことでわかるように晩年は不運だったが、その原因に丁度星野仙一が中日の監督として活躍し始めた事が関係している。田中は星野が乱闘を指揮するというとんでもない事件を起こし退場したゲームの球審をつとめているが自著「プロ野球審判だからわかること」によると「乱闘にかかわったものは中日だけでわかっているだけで10人いる。これでは試合続行不能になる。だから連座責任でお前を退場とする。」と通告して星野だけ退場にしているが星野はこれを逆恨み(?)したらしく以降田中に喧嘩を吹っ掛ける様になり、当時をよく知るプロ野球ファンなら珍プレー番組でもその場面がうかがえたが、プロ野球界の絶大なカリスマにつっかかると火傷する証と彼がいたからこそ、それだけ熱い試合を見せてくれていた古きよき時代、活躍した山口県出身のプロ野球選手・プロ野球審判員の<<田中俊幸(1940)>>。


大きい鼻で知られており、「鼻の圓遊」ともよく呼ばれていた。寄席において、落語の後の余興として奇妙な踊りを披露して大人気を博した。大きな鼻をもいで捨てるような振付けから「ステテコ踊り」の異名を得、このために「ステテコの圓遊」の名で呼ばれるようになった。また古典落語を明治風に改作して演じ、好評を博した。明治時代の落語界において中心人物であった。全盛期には1日36軒の寄席を掛け持ちしたと言う伝説がある。辞世の句は「散りぎわも 賑やかであれ 江戸の花(鼻)」。人気ゆえに多くのSPレコードも残している落語家の<<三遊亭圓遊(5代目)>>。


漫画もアニメも作品自体はそれに冷や水を浴びせるかのような描写がたびたびされ、その超人的なパワーを敵を倒すために使うか、自分の欲望の為に使うかは主人公の自由という、本質的には正義も悪も奮うのは暴力という一貫したテーマが見て取れる(納得(汗))。日本の漫画家。石川県輪島市出身。血液型O型。石ノ森章太郎のアシスタントを経て、1967年「目明しポリ吉」でデビュー。代表作に『ハレンチ学園』『デビルマン』『マジンガーZ』『キューティーハニー』など。少年漫画の世界に性やバイオレンスの表現を大胆に取り入れ、後続の漫画家に大きな影響を与えた。また1972年の『デビルマン』以降、多数のテレビアニメ作品に共同企画者・原作者として関わっている。1980年、『凄ノ王』により第4回講談社漫画賞受賞。2005年より大阪芸術大学キャラクター造形学科教授を務める。また、2009年より手塚治虫文化賞選考委員。<<永井豪(1945)>>。


北海道出身。北海道釧路湖陵高等学校、東京大学法学部卒業後の1971年、旧・自治省(現・総務省)に入省。 自治財政局長、総務審議官、総務事務次官などを経て、2009年9月16日に発足した鳩山内閣で内閣官房副長官(事務)に起用された。2010年6月8日発足の菅内閣でも留任。日本の官僚。内閣官房副長官(事務担当)。前総務事務次官。<<瀧野欣彌(1947)>>。


日本の脚本家、映画監督。東京都出身。現在、社団法人シナリオ作家協会会長。通り名は「かしわばら かんじ」(有職読み)。日本大学芸術学部在学中の1973年、東宝企画にアルバイトとして入り、子供向け特撮コメディー番組『クレクレタコラ』(CX)の脚本と現場(助監督)を経験。その後CM撮影などで岡本喜八らの現場に就き、1974年には東宝企画のプロデューサー磯野理を通じ『傷だらけの天使』(NTV)で脚本を担当。その後も東宝で制作などのアルバイトを経験しながら『俺たちの勲章』『俺たちの朝』などの脚本をコンスタントに手掛け、1977年の『大都会 PARTII』にサブライターとして参加したのを皮切りに日本テレビの専属となり、本格的にシナリオライターとしての活動を開始。翌年の『大追跡』では実質的なメインライターを担当した。本人自身がハードボイルドやミステリーなどに造詣が深いこともあり、以降『探偵物語』『大激闘』『プロハンター』『あぶない刑事』などの刑事・探偵アクション作品や青春ものを中心に、メイン・中核ライターとして活動。ハリウッド的なトリック描写や、ケレン味のあるダイアログには定評がある1997年には『猫の息子』で映画監督としてもデビューし、以降はVシネマや低予算映画などの演出にも携わる。近年は、ライフワークともなりつつあるルパン三世の執筆や、名探偵コナンの劇場版の製作にも携わるようになった。本業の傍ら、東京・人形町に「柏原ビル」という自宅兼テナントビルを所有し、大川俊道、室賀厚とともに制作会社「KOM」を経営。現在は、映写・試写施設「BASE KOM」のオーナーも務める一方、リナリオ講座の講師として後進の育成にも尽力。<<柏原寛司(1949)>>。


哲学者・末木剛博の長男、弟は駒澤大学教授・末木恭彦(中国哲学専攻)。中世仏教史研究で知られていたが、近年は近現代の仏教思想にも関心を拡げている。末木曰く、従来の日本における近代思想史研究は福澤諭吉や丸山真男らの社会思想の側面でしか検討されてこなかった。そういった表層の思想史ではなく日本人の基層にある精神史を読み解こうと模索している日本の仏教学者、国際日本文化研究センター教授、東京大学名誉教授。専攻は仏教学、日本仏教を中心とした日本思想史・宗教史。文学博士。山梨県甲府市出身。<<末木文美士(1949)>>。


日本の女優、登山家。静岡県出身。身長156cm。所属事務所はJVCエンタテインメント。特定非営利活動法人日本トレッキング協会理事。1971年、TBS『冬の華』でテレビに初出演。1977年から出演したフジテレビで放送のライオン奥様劇場『小さくとも命の花は』から始まる初井言榮との一連の「嫁姑シリーズ」は、1984年の『喜劇 女の戦争』まで9作を数えた。このシリーズで演じた新妻のイメージから、「理想の花嫁ナンバー1」とも「お嫁さんにしたい女優ナンバー1」などとも呼ばれたことがあった<<市毛良枝(1950)>>。


神奈川県出身の俳優、スーツアクター。ジャパンアクションエンタープライズに所属し、主に特撮作品のスーツアクターとして活躍している。スーツアクターとしては1980年の『電子戦隊デンジマン』の巨大ロボ・ダイデンジン役でデビュー。ロボや怪人役が多かったが『鳥人戦隊ジェットマン』のグレイなどの声も含めた好演が評価されたためか、『忍者戦隊カクレンジャー』のニンジャマン以降は戦隊側のキャラクターを演じることも多くなった。<<日下秀昭(1957)>>。


フジテレビジョンドラマ制作センター専任部長でテレビドラマ演出家、映画監督。東京都出身。日活芸術学院卒業。共同テレビジョン時代は若松節朗や福本義人などの下で演出補を担当。1994年12月に共同テレビ系列子会社のベイシスよりフジテレビに移籍。1999年に『GTO』で映画監督デビュー。作品中ではよく出演者のアップ画や遠方・多方向からの撮影を多用する。かつて雑誌のインタビューで「東西南北の鈴木と呼ばれています」と笑いながら答えていた。<<鈴木雅之(1958)>>。


鹿児島県鹿児島市甲突町出身の日本の作曲家・編曲家・プロデューサー。横浜市立大学商学部卒。血液型はO型。大学在学中よりアーティストのステージメンバーとして活動しており、1984年より1992年まで「リボルバー」においてキーボードプレイヤーを担当。弟は、郷里で活躍中のMBCタレント、よし俣とよしげ 。「Ryo」名義で作曲・編曲を行う事がある。『吉』の字は正確には『Tsuchiyoshi.svg』(𠮷、U+20BB7、「土」の下に「口」、つちよし)だが、環境により正しく表記出来ないことが多いので、殆ど士に口の『吉』で通している。<<吉俣良(1959)>>。


洋邦問わず映画(雑誌であこがれの人でもあった淀川長治との対談を実現させている)や、上方のお笑い(特に「吉本新喜劇」)に精通している。そのため、親交の深い芸人もいる。新喜劇以外の芸人では上沼恵美子が特に親交が深い。また宝塚歌劇にも詳しい。実際、母親が宝塚ファンだったからである。これらもライブに大いに生かされているシンガーソングライター・ミュージシャン(アーティスト)。カジュアルなルックスで、「男ユーミン」と称されたこともある。「あいたい」「格好悪いふられ方」「ありがとう」などのヒット曲を飛ばし、作詞・作曲・編曲家としても松田聖子・渡辺美里(大江とは「プラチナ・コンビ」と呼ばれた)らに数多くの楽曲を提供、その他プロデュース業も行っている。また、音楽活動の他に、映画・TV問わず俳優や、テレビ司会者、ラジオパーソナリティー、エッセイストなどマルチな活動をしている。現在はニューヨークに在住。<<大江千里(1960)>>。


大阪府堺市出身の日本の俳優。身長185cm、血液型はB型。NAM agency所属。元妻は女優の麻生祐未。<<永澤俊矢(1961)>>。


劇団☆新感線に所属する日本の衣裳デザイナーである。大阪芸術大学卒業。かつては同劇団の舞台俳優として活動していたが、1990年以降より衣裳デザインにシフトしてゆく。そのデザインセンスを買われ、新感線以外の芝居や映画『人造人間ハカイダー』、同じ劇団所属だった羽野晶紀の依頼で参加した『モスラ3 キングギドラ来襲』の衣裳を担当していくうちに、現在では数多くの舞台や映画、TV等で衣裳デザイン/制作の面で活躍するようになった<<竹田団吾(1961)>>。


研究では「右翼」的、「左翼」的とされたりする様々な政治的・思想的言説について、それ自体のよって立つ歴史的な議論の構築プロセスに着目し、言説自体を解体していくような議論構築が目指されている。しかし、個別の政治的トピックについての立場としては、「日本」批判や新しい歴史教科書をつくる会関係者への批判[3]、改憲批判[4]などをしており、そのスタンスは左派的である。特に上記した『<癒し>のナショナリズム――草の根保守運動の実証研究』や『日本という国』でその傾向は顕著である<<小熊英二(1962)>>。


イタリア共和国カンパニア州ナポリ生まれのイタリア人。1988年に来日し、以来、日本で外国人タレントおよびエッセイストとして活動している。ホリプロ所属。元・東京純心女子大学講師。身長176cm、血液型O型。日本でのニックネームは「ジローさん」。女性に積極的なあの気質をなんとかわけてもらいたい存在の<<パンツェッタ・ジローラモ(イタリア語:Girolamo Panzetta(1962))>>。


日本のエンターテイナー、ミュージシャン、音楽プロデューサー。旧名はローリー寺西( - てらにし)。京都府生まれ、大阪府高槻市出身。何年たっても未だに謎めいた存在が印象の<<ROLLY(1963)>>。


テレビアニメ『ミスター味っ子』で演出家デビュー。その後はイージー・フィルムに拠点を移し、多数のアニメ作品で演出を務めた。フリーとなった後は『はれときどきぶた』で監督デビュー。以後は監督・演出作品において、実写やミュージカルを取り入れたり、独自の世界観(俗に「ナベシンワールド」と呼ばれる。)の漂う作風を発揮。日本のアニメーション監督・演出家。通称ナベシン。神奈川県横浜市出身。同じくアニメーション監督である渡辺信一郎とよく間違われるが、別人である(こちらも「ナベシン」と呼ばれている)。<<ワタナベシンイチ(1964)>>。


現在では、主にスポーツニッポンやテレビ朝日の『やべっちFC』などでサッカー解説者として出演し、特に『やべっちFC』では、Jリーグや日本代表選手に対するプレー解説の「巧です!」のコメントが知られている元サッカー選手、サッカー解説者である。現役時代はディフェンダーとして活躍、日本代表にも選ばれた。静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身。日本サッカーリーグの読売クラブ(現東京ヴェルディ)を経て1992年、Jリーグ発足に備えて設立された清水エスパルスに入団。途中1998年後半から1999年前半にセレッソ大阪に移籍するが、エスパルス草創期の中心的な選手として活躍した<<堀池巧(1965)>>。


1987年、『月刊ASUKA』に掲載された「おとうさんの休日」でデビュー。『おるちゅばんエビちゅ』は大ヒットし、アニメ化もされた。代表作に『おいピータン!!』『ヒゲぴよ』『幸福のススメ』など。また『やっちまったよ一戸建て!!』などのエッセイ漫画でも知られる。『おいピータン!!』で第29回講談社漫画賞少女部門受賞。『女いっぴき猫ふたり』など一連の作品で第10回手塚治虫文化賞短編部門受賞。日本の漫画家。長野県諏訪郡原村出身。<<伊藤理佐(1969)>>。


福岡県出身の射撃選手。アトランタ五輪、シドニー五輪、アテネ五輪代表。北海道札幌手稲高等学校、昭和女子大学短期大学部卒業。YOKO・INADAスポーツ射撃クラブ所属。2000年シドニーオリンピックの25mピストルで7位、エアピストルで8位。<<稲田容子(1969)>>。


長年にわたりイギリスの国民的英雄として活躍し、地元開催のウィンブルドンで4度のベスト4に入ったが、決勝戦には進出できず、2007年9月に33歳で現役を引退した。シングルス自己最高ランキングは4位。ATPツアーでシングルス11勝、ダブルス4勝を挙げた。身長185cm、体重77kg、右利き。<<ティム・ヘンマン(Tim Henman(1974))>>。


福岡県福岡市出身の、日本人の政治家、女子柔道家(四段)である。オリンピックで2度、世界選手権で7度金メダルを獲得した。夫はプロ野球選手の谷佳知。愛称はヤワラちゃん。<<谷亮子(1975)>>。


元北海道日本ハムファイターズの抑えで優勝に大きく貢献した投手の一人。現在はトレードによって読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。登録名はMICHEAL。ただし2009年のみM.中村。<<マイケル中村(Micheal Nakamura(1976))>>。


福岡県福岡市南区出身の演歌歌手である。本名:山田 清志(やまだ きよし)。血液型はA型。レコード会社はコロムビアミュージックエンタテインメント、芸能事務所は長良プロダクションに所属する。J-POPの楽曲を発売する際は芸名KIYOSHIを使用する。<<氷川きよし(1977)>>。


国際Aマッチ出場 : 132試合(日本歴代1位)。国際Aマッチ得点 : 70点(日本歴代1位)。オリンピック : 3回(1996年アトランタ、2004年アテネ、2008年北京)。FIFA女子ワールドカップ : 4回(1995年スウェーデン、1999年アメリカ、2003年アメリカ、2007年中国)。アジアサッカー連盟年間女子最優秀選手 : 2回(2004年、2008年)。2008 東アジアサッカー選手権優勝、MVP。なでしこジャパンの発展に大きく貢献する日本の女子サッカー選手である。<<澤穂希(1978)>>


んん~♪クリーンな萌えタッチ♪日本のイラストレーターである。宮崎県日向市出身。<<日向悠二(1980)>>。


日本の女優、タレント、ファッションモデル。<<YUI(品田ゆい)(1982)>>。


広島東洋カープに所属するプロ野球選手(外野手)。京都府京都市伏見区出身。幼稚園児だった頃、地元の少年野球チームに参加していた兄の影響で野球を始める。小学校時代はファースト以外全てのポジションを守っていた。藤森中時代は倖田來未と同級生で、野球部員だった倖田と二遊間(赤松は遊撃)を組んだこともある。類は共を呼ぶように魅せるセンスはどちらも同じですね。「赤松ホームランキャッチ」で検索♪ドーム球場では見ることの無い超ファインプレイが見られます♪<<赤松真人(1982)>>。


特命係長・只野仁(3rdシーズン)第25話(2007年2月2日、テレビ朝日)。逆境無頼カイジ(カイジ箴言・エスポワールエンジェル)の第9話では声優として出演。同じ事務所所属の小出由華とアイドルユニット「YUKA∞MAMI」を結成。2008年9月24日にCDデビューした。日本の女性タレント、グラビアアイドル。<<阪本麻美(1983)>>。


「ぷちこ声優オーディション」の最終選考(2008年1月27日)の公開オーディションにおいて、二代目のプチ・キャラット役の声優に選ばれ、デビューした(参加当時の名前は坂元菜緒)。プチ・キャラット(ぷちこ)はブロッコリー社のマスコットキャラクターの一人で初代の声優は沢城みゆきである。 (この「ぷちこ声優オーディション」は、新人発掘型(プロ・アマ共に参加可能)オーディションであり、1000名以上が応募。)日本の女性声優。モスト・ミュージック エンターテインメント所属。<<みなかみ菜緒(1987)>>。


東京都中野区出身の俳優、アーティスト。身長179cm、血液型O型。リセ・フランコ・ジャポネ・ド・東京から堀越高等学校に転校し卒業。現在は青山学院大学文学部英米文学科に通いながら芸能活動をしている<<藤田玲(1988)>>。


シャイニングウィル所属のグラビアアイドル(現在は同プロダクションの系列であるシャイニング・イブに所属)。兵庫県出身。趣味は読書と料理。特技はピアノとダンス、ダンス暦は10年。チャームポイントは目とプニプニほっぺ。<<塚本舞(1990)>>。


日本の女性アイドルグループ「美少女クラブ31」のメンバー。愛知県尾張旭市出身。オスカープロモーション所属。青木さやかは中学校の先輩に当たる。<<山内久留実(1991)>>。


日本の俳優。第21回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のグランプリ受賞者。東京都出身。身長185cm。体重75kg。血液型A型。研音所属。

出演作は、テレビドラマ「小公女セイラ 第8話(TBS、2009年11月7日)- 水島あきら 役」「曲げられない女(日本テレビ、2010年1月 - 3月) - 今田健治 役」「ホタルノヒカリ2(日本テレビ、2010年7月 - 9月) - 松小路豪也 役」など。


日本の俳優、タレント。東京都出身。血液型B型。特技はウクレレの演奏。NHK教育『天才てれびくんMAX』2005~2007年度てれび戦士で知られる。<<藤田ライアン(1995)>>。


41年ぶりの親王誕生であったが、一宮家の生まれであるとして宮内庁は誕生を祝うための記帳所は設けなかった。しかし地方自治体や寺社などでは独自に記帳所を設けたところも存在した。、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第一男子。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。お印は高野槇。皇位継承順位第3位。今上天皇の孫にあたり、姉に眞子内親王、佳子内親王がいる。宮家の生まれであるため「○宮」の御称号はない<<悠仁親王(2006)>>。


日本の女性歌手。北海道札幌市出身。所属レコード会社はジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンで、I'veのボーカリストの1人。身長は151cm。血液型はA型。好きなものは猫。名前の由来は、「詩」も「月」も好きな言葉だから。愛称は「カオリン」。<<詩月カオリ(生年☆不明)>>。↓♪~






詩月カオリ end of refrain ~小さな始まり~ PV



日本のイラストレーター、原画家。ゲームの原画やライトノベルの挿絵等のイラストを中心に活動。同人サークル「Like a mint」を主宰。全体的にすらりとした、爽やかな画風が特徴の<<若月さな☆(生年不明)>>。


BEMANIシリーズでは『pop'n music 5』でデビューし、『6』の「大見解」で人気を博す(譜面制作担当としてはそれ以前から参加していた)。beatmania 6thMIX』以降、positive MAとしてSLAKEこと藤井岳彦とタッグでサウンドディレクションを行い、最終作である『beatmania THE FINAL』までの3作に携わった。さらに、『beatmania』第2のベスト盤CDとなる「beatmania THE BEST PROMINENT」を手がける等、後期『beatmania』に広く関わっていた。かつては『ee'MALL』シリーズのサウンドプロデューサーも務めていた。現在は主にDes-ROW名義で『pop'n music』を中心に『GuitarFreaks』、『DrumMania』などへ数多くの楽曲を提供している。コナミデジタルエンタテインメント所属の主にBEMANIシリーズで活動しているゲームミュージックの作曲家。通称は「デスロウ先生」「兄さん」。<<右寺修(生^-^年^-^不^-^明)>>。


日本のシンガーソングライター。 大分県大分市出身。2008年 first album[IRUMA]発売。PV[Vanilla]がMSN主催「イカ天2008」のベストPV賞にノミネート。同年10月にはsecond mini album[Secret Garden]を発売。国外からの人気が高く、2009年よりロシア、スイス、メキシコなど国外での演奏活動を開始。2010年 [Crimson Princess tour]ではメキシコの7都市をめぐるツアーを行う。ライブではゴシックやロリータ的な衣装が多く、自らの幻想的な音楽も合わせて「幻想系シンガーソングライター」と称している。 同人音楽サークルHollow Mellowを立ち上げ、童話をモチーフにした楽曲シリーズを展開。また楽器メーカーRolandのデモンストレーターとしても活動中。好きな音楽家はBjork♪、ヴァレンシア_(ミュージシャン)、サラ・ブライトマンなど。<<梨丘いるま(生_0_年-0-非^0^公@0@開)>>。↓♪~






Iruma Rioka-Ao



日本の漫画家。東京都23区在住。1999年、エニックス(現・スクウェア・エニックス)の雑誌『月刊少年ガンガン』にて、「俺が世界の真ん中大作戦」でデビュー。ペンネームはドラゴンクエストシリーズの呪文「メラ」から、そのため自画像が炎となっている。可憐な少女同士の恋愛((百合))を得意としている<<袴田めら(<生><年><不><明>)>>。


(ーpー#)<ほぼ全てが売れっ子作品ではないですかっ(笑)。日本の作曲家・編曲家、シンセサイザー奏者。乙女座、O型。<<東海林修(生゜p゜年-p-非vwv公ぉー開っ!(#≧Д)ノノ)>>。


日本の女優 東京都出身。ナイロン100℃所属。ダックスープ所属。血液型AB型。東京FMラジオ「サントリーサタデー・ウェイティング・バー」 毎週土曜17:00~17:55 ラジオドラマ部分に時折出演の<<安澤千草(生&年&不&明♪)>>。


 


PS


ふぅはぁーふぅはぁー!いかん!自分の性格上全てが気になって殆どプロフにどっぷりつかってしまった(汗)目がぼやけて時間がかかりすぎるぅ~。。。著名人になるぐらいだから魅力的な訳で、プロフ見て楽しんでしまう事はしょうがないよね♪しかも誕生花とか花占いと重ねて妄想してるから時間がかかりすぎるっす;-Θ-)b楽しいけどもっと気楽にカキコしよ(汗)ではぁ~

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/06 22:20 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。