スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月5日の誕生花は「エルム(Elm)」で花ことばは「信頼(Trust)」。


エルムはニレ科でヨーロッパが原産。



ギリシャ神話の中で、誰もが知っているオルフェウスのエピソード。



妻を黄泉の国から連れ戻そうとして、失敗したオルフェウス。さて、その後、前世に戻った彼は、悲しげにハープを奏でます。むくむくと土を押し上げ、新しい生命を育み、とうとうエルムの森を作り上げたのだそうです。神々から、オルフェウスへの贈り物でした。



日本では「オヒョウ」。アイヌ語の「オピウ」が語源です。アイヌの民族衣装で有名なアッシ地とは、河川に近く、湿気の多いところに生えるこの若い木の樹皮を加工して織られたものです。





誕生花は「エルム(Elm)」。

花ことばは「信頼(Trust)」。


【9月5日の花占いは?】



信頼感が大切なあなたにとって、裏切られた時のショックは、普通の人には創造できないくらいです。人が信じられなくなったら、高い山に登り、大空に向かって祈ると、よい知恵が生まれるかもしれません。人間不信は自分にとって損。辛い事があっても、人を信じるのをやめないで#>p<)ノ

【9月5日生まれの著名人は?】



戦国時代の武将。出羽国(羽州)と陸奥国(奥州)の戦国大名。陸奥仙台藩の初代藩主。本姓は藤原氏。家系は伊達朝宗を祖とする伊達氏。第16代当主・伊達輝宗と最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の嫡男。幼名は梵天丸、字は藤次郎、諡号は貞山。神号は武振彦命で、青葉神社に祀られる。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し隻眼となったことから、後世には「独眼竜」と称されている。また、天下取りを狙い続けた野心の男として(後述の#政宗の野望を参照)、豪華絢爛を好む戦国屈指の教養人として知られている<<伊達 政宗(1567生まれ)>>。


逸話の「歯抜けの太陽王」「かつらと太陽王」では王とはいえ誰にでもコンプレックスがあるんだなと思いながら、その太陽王が発言した「私は人々を楽しませようとした。人々は自分たちが好むものを王が好んでいるのを見ると、感動するものだ。これが時には褒美を与えるよりも人々の心をつかむ」という発言。これには、世界中に名がある上に立つものとしての本質が感じられたブルボン朝第3代のフランス王。ルイ13世の長子。妃はスペイン王フェリペ4世の娘マリー・テレーズ(マリア・テレサ)。ブルボン朝最盛期の王で太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた<<ルイ14世(Louis XIV de France(1638))>>。


ドイツの画家。グライフスヴァルト出身、ドレスデンで没する。フィリップ・オットー・ルンゲとともに、ドイツのロマン主義絵画を代表する。宗教的含意をふくむ風景画によって知られる<<カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(ドイツ語:Caspar David Friedrich(1774))>>。


ピアノ演奏家として名声を得たが、のちにイタリアへ赴き、1815年ヴェネツィアでジョアキーノ・ロッシーニの歌劇『タンクレディ』を聴いて歌劇作曲家に転じた。1824年に作曲した『エジプトの十字軍』(Il crociato in Egitto)のパリ公演で名声を博し、1826年からパリに定住し、『悪魔ロベール』(Robert le diable, 1831年)や『ユグノー教徒』(Les Huguenots, 1836年)、『預言者』(Le prophète, 1849年)などの歌劇を発表した。1842年からベルリン宮廷歌劇場の音楽監督に就任。1864年、パリで没する。彼の楽風は、ロッシーニにより興行的に成功したイタリア歌劇の様式と、モーツァルトなどのドイツ歌劇の様式を折衷し、豪華絢爛なグランド・オペラの形式を確立、その後のフランス・オペラの発展やワーグナーにも影響を与えたユダヤ系ドイツ人の歌劇作曲家。<<ジャコモ・マイアベーア(Giacomo Meyerbeer(1791))>>。↓♪~






Giacomo Meyerbeer - Struensee - Ouverture (1/2)



インドの政治家、哲学者。第2代大統領。近代インドを代表する思想家でもある。業績としては、インド哲学と西洋哲学を比較して共通点を見出したこと、英語圏の社会にインド哲学を広めたことが挙げられる。誕生日の9月5日は「教師の日」としてインドの記念日となっている<<サルヴパッリー・ラーダークリシュナン(英語:Sarvepalli Radhakrishnan、ヒンディー語:डॉक्टर सर्वपल्ली राधाकृष्णन、テルグ語:సర్వేపల్లి రాధాకృష్ణ(1888))>>。


東京帝国大学法学部政治学科に入学する。入学後、内村鑑三の弟子となり、生涯を通じて無教会主義キリスト教の熱心な信者であった。著作では、「『歴史をつくるもの』(東京大学出版会、1969年)」など。日本の政治学者、詩人、小説家。東京帝国大学の総長を務めた。東京大学名誉教授。<<南原繁(1889)>>。


パガニーニやサラサーテの前世紀からの影響のもとに、アクロバティックな超絶技巧や磨かれた音色をむやみに追究しようとする風潮に対して、シゲティは演奏家の堕落する一因を見出していた。そのため、知的な理解にもとづく作品解釈をうちだし、楽譜の完全な再現や作曲者の意図に忠実な再現をめざした、「客観的な」演奏を行なった。また、一般聴衆の趣味に迎合・妥協しない孤高の姿勢から、ヴァイオリニストのレパートリーとして定番であるマックス・ブルッフやチャイコフスキーの作品を自らのレパートリーから外し、フランス印象主義音楽や新ウィーン楽派など同時代の新音楽を積極的に演奏したハンガリー出身のヴァイオリニスト(ヨーゼフ・シゲティとも表記)。ハンガリー語ではSzigeti József([ˈsigɛti ˈjoːʒɛf])。20世紀を代表するヴァイオリン奏者のひとり。<<ヨゼフ・シゲティ(Joseph Szigeti(1892))>>。↓♪~






Joseph Szigeti plays Beethoven Vn Concerto in D major,Op61, 1mov 1/3.wmv



作品には「板画」の代表作、「釈迦十大弟子」「大和し美し」など。棟方の肉筆画作品は「倭画」と言われ、国内外で板画と同様に評価を受けている。大変な近視の為に眼鏡が板に付く程に顔を近づけ、軍艦マーチを口ずさみながら板画を彫った。第二次世界大戦中、富山県に疎開して浄土真宗にふれ、『阿弥陀如来像』『蓮如上人の柵』『御二河白道之柵』『我建超世願』『必至無上道』など仏を題材にした作品が特に有名。少年時代にゴッホの絵画に出会い感動し、「ゴッホになる」と芸術家を目指した日本人の画家、木版画家・板画家。青森県出身。20世紀の美術を代表する巨匠の一人。1942年(昭和17年)以降、彼は版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けた<<棟方志功(1903)>>。


1950年にカリフォルニア大学バークリー校の音楽学部に就任。バークリー時代に、学生オーケストラを指揮するかたわら、サンフランシスコ港湾部の様々な音楽団体とピアニストとして共演した。1952年に自作の《ピアノ協奏曲ハ長調》をピエール・モントゥー指揮するサンフランシスコ交響楽団と共演。1953年3月には同交響楽団の客演指揮者を務めた。この頃までに次のような作品がある。『混声合唱のための《キューバ民謡》』『ソプラノとピアノのための《カタルーニャ民謡》』『管絃楽曲《ガスパル・サンスの主題による8月の変奏曲》』。時が経つにつれて、楽曲の主題は民族色が薄れて宗教色が強まった。フランス政府の委嘱作品《神秘の交響曲 "Symphony of Mysteries"》はオルガンと合唱を含み、1971年の《ミサ曲》はサンフランシスコ聖メアリ大聖堂の委嘱に応じて作曲された。彼は生涯にわたって演奏活動を続け、フランス、イタリア、イギリス、スイス、キューバ、スペイン、デンマークで活躍したキューバ系スペイン人の作曲家・ピアニスト・指揮者。父親は、ライプツィヒに学んだスペインのピアニスト・作曲家のホアキン・ニン(またはホアキン・ニン・イ・カステリャーノス、1879年 - 1949年)で、母親はキューバ人歌手ローサ・クルメル、姉はフランスの文人アナイス・ニンであった。両親が離婚してから、母親に連れられ欧米各国で生活したため、姉同様にコスモポリタンとなった。。。<<ホアキン(・マリア)・ニン=クルメル(Joaquin Maria Nin-Culmell(1908))>>。↓♪~






LA VIRGEN LAVA PAÑALES • THE KENNEDY CHOIR



アメリカ合衆国出身の音楽家。作曲家、詩人、思想家、キノコ研究家。実験音楽家として、前衛芸術全体に影響を与えている。独特の音楽論や表現によって、音楽の定義をひろげた。「沈黙」をも含めたさまざまな素材を作品や演奏に用いており、代表的な作品に『4分33秒』がある。<<ジョン・ミルトン・ケージ・ジュニア(John Milton Cage Jr.(1912))>>。↓♪~(笑)高級感を出せば出すほど沈黙の演出は中々面白い;^^)






John Cage "4'33"



1969年から始まった映画『男はつらいよ』シリーズでは、車寅次郎のおば(車つね)役として全作品に出演。庶民的なほのぼのとした演技で人気を博した東京府北豊島郡西巣鴨町(現:豊島区)出身の女優<<三崎千恵子(1920)>>。


「ハマコー」との愛称で知られ、また、「国会の暴れん坊」「政界の暴れん坊」との異名をもつ。現在は「政治活動家」と自称しているほか、テレビ番組 『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)では、「悪党党幹事長」を名乗っている日本の元政治家であり、タレントである<<浜田幸一(1928)>>。


広島県広島市中区袋町出身の元サッカー選手・日本代表選手、元日本代表監督である。1994年より日本サッカー協会会長を4年勤め、その後同協会最高顧問のほか日本フットサル連盟名誉会長、日本ハンディキャップサッカー連盟会長、日本体育協会副会長、埼玉スタジアム2002場長、NPO法人日本知的障害者サッカー支援機構顧問を務めた。<<長沼健(1930)>>。


北海道留萌支庁増毛郡増毛町生まれ。男子レスリング・フリースタイルでは、レスリング世界選手権79kg級で銅(1954 東京)。アジア大会79kg級で金(1954 マニラ)。 元アマチュアレスリング選手およびプロ野球選手。メルボルンオリンピック5位入賞。<<桂本和夫(1934)>>。


日本の生物学者。1987年、「多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明」によりノーベル生理学・医学賞受賞。現在、マサチューセッツ工科大学教授(生物学科、脳・認知科学科、元・学習と記憶ピカウアセンタ所長)を勤める他、ハワードヒューズ医学研究所研究員、RIKEN-MIT神経科学研究センタ所長兼研究員等も兼任。分子生物学と免疫学にそのバックグラウンドを持つが、近年は、脳科学・神経科学にもその関心を広げ、Cre-loxPシステムを用いた遺伝子ノックアウトマウスの行動解析等による研究で成功を収めている。妻はサイエンス・ライターの吉成真由美。<<利根川進(1939)>>。


ピーター・ハント監督のアクション映画、007シリーズ第6作「女王陛下の007 On Her Majesty's Secret Service(1969年)」でジェームズ・ボンド役を演じたオーストラリア出身の俳優。二代目ボンド役が有名、歴代ボンドのなかでも唯一、英国(ヨーロッパ圏)以外のオセアニア圏出身(オーストラリア)の俳優でもある<<ジョージ・レーゼンビー(George Lazenby(1939))>>。


イギリスのシンガーソングライターで、ロックバンドクイーンのリードヴォーカル・ピアニスト・キーボーディスト。1973年、アルバム『戦慄の王女』でデビュー。その後、ソロ歌手としても活動していた。優れた歌唱力と独自のマイクパフォーマンスにより「世界最高のヴォーカリスト」として高く評価されている。また、「ボヘミアン・ラプソディ」や「伝説のチャンピオン」などの世界的名作を世に送り出しており、作詞・作曲の天才<<フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury(1946))>>。






Queen - Love of My Life



日本の漫画家・エッセイスト・詩人。京都精華大学マンガ学部専任教授。東京都世田谷区出身。本名は白取 三津子(しらとり みつこ)(旧姓:山田)。2人目の夫は、元『ガロ』副編集長の白取千夏雄。<<やまだ紫(1948)>>。


バートン監督の『バットマン』では、ブルース・ウェイン役。シリーズものへの出演はよほど内容がよく出来ていない限り断っているようで、イギリスの映画雑誌のインタビューでは、ヒット作に必ず続編を提案するハリウッドのシステムに疑問を呈する言葉も寄せている。これまで3つの賞を受賞しており、ゴールデングローブ賞やエミー賞にもノミネートされており、今後の活躍がさらに期待される俳優の一人でもある。声優としても活躍しており、ピクサー製作のアニメ映画や宮崎駿のアニメーション映画『紅の豚』の英語版で主人公の声優も担当した。また製作や監督業にも進出しており2009年には『クリミナル・サイト/ 運命の暗殺者』の監督・主演も務めたアメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の俳優である<<マイケル・キートン(英語:Michael Keaton(1951))>>。


昭和から平成にかけても彼独特の雰囲気で役を演出するイケメン俳優。福岡県小倉市(現北九州市小倉南区)出身。身長185cm、血液型O型、左利き。ブルーミングエージェンシー所属。<<草刈正雄(1952)>>。


【。。。目が。。。とにかくメモメモ♪】


フジテレビアナウンサー。現在はデスク担当部長。また、気象予報士の資格を持った数少ないアナウンサーでもある<<松尾紀子(1959)>>。


日本の漫画家。東京都出身。男性。デビュー時(初期)のペンネームは山本 和都(やまもと かずと)。師匠は松本零士と牧美也子。緻密かつ耽美的な絵柄で、独特の謎めいたストーリー展開がデビュー当時からの彼の作品・作風における主な特徴である。ただし初期作品(近年のものでも一部作品に該当)にはストーリーや絵柄にギャグ・パロディ的要素が含まれるものも多いため、作風の幅はかなり広く、豊富。また、初期作品では「千スクリット文字」と呼ぶ謎の文字で綴った語句を漫画原稿の余白に書き込み、作品をミステリアスに演出していた。これは一部の熱心なファンに解読された後は、ファンとのコミュニケーションに使用されていた<<千之 ナイフ(せんの ナイフ(アルファベット表記:Senno Knife又はSenno Naiff)(1960))>>。


日本の男性俳優、声優。大分県出身。横浜商科大学高等学校卒。劇団青年座所属。身長172cm。体重65kg。血液型はA型。青年座研究所の14期生。特技はカンフーアクションや器械体操で、東映のアクションタレントクラブに所属していた時期もあった。青年座の舞台以外にも野田秀樹作品への出演もしている。また最近は声優としての活動も多い。『超新星フラッシュマン』に出演していたことを大変誇りに思っており、鈴木美潮が主催するイベントには比較的高い頻度で参加している。また1990年に『地球戦隊ファイブマン』の初代艦長シュバリエ役で出演し、戦士を演じた役者が悪役になるという2回目の例になった。<<植村喜八郎(1964)>>。


日本の俳優、タレント。身長185cm。体重59kg。所属事務所はフライングボックス。(2010年より妻の鷲尾いさ子と新事務所KITTOを設立。フライングボックスとは業務提携という形に変更。) 東京都大田区生まれ、千葉県流山市育ち。デビュー作は1985年の映画『ビー・バップ・ハイスクール』。特技は乗馬、スキューバダイビングの<<仲村トオル(1965)>>。


元女優、タレント。神奈川県足柄上郡松田町出身。1987年、日本海事協会主催の「ミス・マルレイナ」と靴メーカー・マドラス主催のコンテスト「ミスマドラス」に選ばれたのをきっかけにデビューし、ドラマ、CM、バラエティー等で幅広く活躍。1998年に実業家と結婚し芸能活動引退。1999年6月、第一子となる女児を出産。清楚さと長身が特徴で、笑ったときの笑窪がチャームポイント。<<中村あずさ(1966)>>。


日本の漫画家。神奈川県出身。和光大学人文学部芸術学科卒業。代表作は、ギャグ漫画『行け!!南国アイスホッケー部』、『かってに改蔵』、『さよなら絶望先生』などなど。<<久米田康治(1967)>>。


代表作は『俺たちのフィールド』『RED』『仮面ライダーSPIRITS』など。漫画家・吉田聡のアシスタントを経て、1987年に「アーム・ア・チャンピオン」(『週刊少年サンデー増刊号』11月号)でデビュー。河合克敏、久米田康治、椎名高志、藤田和日郎など『週刊少年サンデー』に連載経験のある漫画家達との交友関係が知られている他、声優の関智一とも友人である。なお『月刊マガジンZ』関連連載作は休刊に伴い、「仮面ライダーSPIRITS」は『月刊少年マガジン』へ、「ジエンド」は『マガジンSPECIAL』へ移籍した日本の漫画家。熊本県葦北郡出身。<<村枝賢一(1967)>>。


千葉県出身の俳優。ホリプロ所属。身長180cm。血液型A型。1989年に俳優デビュー。その後も様々なテレビドラマ、映画、舞台などで活躍中。<<松永博史(1968)>>。


埼玉県南埼玉郡宮代町出身の女性声優、歌手である。青二プロダクション所属。愛称は「マリ姉」、「マリねえさん」、「マリ子男前」。デビュー作はアニメ『きんぎょ注意報!(朱子役)の日本を代表する声優の<<國府田マリ子(こうだまりこ)(1969)>>。


記録(歴代1位のもの):「B級1組順位戦12戦全勝(1997年度)」。獲得タイトル:「名人 2期(第58期 - 59期)」「棋王 1期(第28期)」。将棋棋士。棋士番号194。千葉県木更津市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。いわゆる「羽生世代」の強豪の一人。<<将棋棋士。棋士番号194。千葉県木更津市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。いわゆる「羽生世代」の強豪の一人。(1970)>>。


神奈川県小田原市出身のグラビアアイドル・女優。所属事務所はロックライアード。1992年頃からグラビアに登場。1993年としまえんプールキャンペーンガール、1994年東洋紡水着キャンペーンガール、フジテレビビジュアルクイーンに選ばれるなど、身長168cm・スリーサイズB85W58H87(当時)のプロポーションでグラビアアイドルとしてブレイク。また『とんねるずのみなさんのおかげです』『スーパー競馬』(いずれもフジテレビ)などのTVバラエティー番組にも多数出演、人気を博した<<吉野公佳(1975)>>。


日本の漫画家。静岡県沼津市出身。女性。自称“ギャル系漫画家”。愛称は『るりりん』。血液型はA型。14歳だった1991年、集英社「第270回りぼん新人漫画賞」受賞がきっかけで漫画家デビューを果たす。1992年から8年間、『りぼん』に『へそで茶をわかす』を連載。その後、親しみがある作風の4コマ漫画を中心に執筆活動、1998年10月にマネージャーの金成泰宏と専属契約、その後、2005年10月、所属事務所マスターマインドの創立者となる。地元静岡での活動やエッセイストとしても活躍。SBSラジオで深夜番組のパーソナリティを務めたこともあった。東海大学開発工学部・感性デザイン学科の特別講師としても活躍中。趣味はコスプレで、コスプレをしながらパチンコへも行くほどのマニアだという。静岡県ローカルのテレビ番組での発言がきっかけとなり、「茶畑るりのクリームチーズ味のっぽパン」が販売されたことがある。最近では出身地である沼津市で旗揚げされた沼津プロレスのポスターを手がけるなど、地元との関わりは深い<<茶畑るり(1977)>>。


宮崎県出身の俳優、スタントマン。身長182cm、血液型はA型。空手の有段者。ジャパンアクションエンタープライズ所属。2000年『未来戦隊タイムレンジャー』のロンダー囚人役でデビュー。2001年『仮面ライダーアギト』の仮面ライダーギルス役からヒーロー役で出演するようになり、以降はゾルダ、デルタ、ギャレン、ドレイク、ガオウなど主にNo.3のポジションのライダーを演じていた。『仮面ライダー響鬼』では仮面ライダー威吹鬼役以外に、俳優としてショウキ役で顔出し出演もしている。『仮面ライダー龍騎』OPのモザイクのかかった男も彼である。『仮面ライダー龍騎』のゾルダ以降、銃使いライダーを担当するのが定番になっているようで、本人もそれとなく認めている。しかし東映では『仮面ライダーカブト』公式ウェブサイトで、「『銃のライダー=押川さん』という定式が定着した感があるが、彼が銃撃ライダーを担当するのは偶然である」と紹介される。2007年はイマジンのデネブを担当し、やはりデネブも指先から銃弾を発射する。2008年『炎神戦隊ゴーオンジャー』のゴーオンブルーで初めて、戦隊でのヒーロー側のスーツアクターを演じる。偶然だと思われるが、ゴーオンブルーの専用武器もやはり銃だった。続く2009年の『侍戦隊シンケンジャー』のシンケンブルーの武器も6人中唯一の射撃武器となる弓矢であった。<<押川善文(1977)>>。


お笑い芸人。プロボクサー。吉本興業所属。群馬県邑楽郡邑楽町出身(「館林市出身」と書かれる事もある)。吉本総合芸能学院東京校卒業(4期生)。ロバートのツッコミ担当、悲愴感の「悲」。血液型はA型。通称「博」。1998年にデビュー。メンバー内では1番のいじられキャラである。秋山と馬場が幼稚園からの友人であるため仲間はずれ状態になることもあるが、プライベートでは2人と仲が良い<<山本博(1978)>>。


2004年10月から2005年4月まで『王様のブランチ』(TBS)にリポーターとして出演していたが、その後の活動状況は不明。ブランチ在籍時はリポーターの先輩にあたる小川エリカに似ていると言われた元ファッションモデル。元セントラルジャパン所属。<<古川麻耶(1982)>>。


台湾新竹市出身の歌手・女優。華岡芸術学校卒業。祖先は、中国山東省青島市出身の客家系とされる外省人である。身長158cm、体重41kg。北京語、客家語、英語を話す<<王心凌(ワン・シンリン、英語: Cyndi Wang、シンディー・ワン(1982))>>。


千葉県茂原市の実家の近所にタレント・小倉優子♪が住んでおり、家は300m程の距離だった!同じ小・中学校に通っており、町内の児童会活動も一緒だった。本人にとって3歳年上の彼女は「綺麗なお姉さん」的な存在で、地元では当時からすでに「可愛い」と有名だったそうである。しかし小倉は途中で転校してしまい(「気づかないうちにいきなり、いなくなってしまった」本人談)、寂しかったという。。。わかるわぁ~。東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手(投手)。<<井上雄介(1986)>>。


日本の女性声優。 マウスプロモーション所属。神奈川県出身。血液型はO型。身長159cm。<<安士百合野(1987)>>


日本の男性俳優、タレント。大阪府東大阪市出身。ジャパン・ミュージックエンターテイメント所属。<<植田圭輔(1989)>>。


大韓民国のフィギュアスケート選手(女子シングル)。2010年バンクーバーオリンピック金メダリスト。2009年世界選手権優勝。2009年四大陸選手権優勝。ISUグランプリファイナル優勝3回。パーソナルベストはいずれもISUジャッジングシステムにおける女子シングル歴代最高得点。記憶に新しい2010年バンクーバーオリンピックでは「ボンドガール」を演じ、芸術的ともいえる、表現力、妖艶さとしなやかで迫力ある演技を披露し、手と指を使って拳銃に見立てて、「バキューン♪」と打つ格好をしながら、なんともいえない色っぽいメイクをした目力で悩殺し、コスチューム姿でも悩殺させた罪深いキュートな女性<<金 姸兒(キム・ヨナ(1990))>>。


日本のアイドル・タレント。レプロエンタテインメントネクストスター☆所属。

北海道北見市出身。 身長164cm、血液型B型。特技の変顔が努力の証<<菊地亜美(1990)>>。


日本の女優、タレント。愛称はラム。山梨県出身。エイベックス・エンタテインメント所属。NHK教育『天才てれびくんMAX』2006年度 - 2008年度てれび戦士として知られる。好物は醤油煎餅、生ハム。好きな果物はぶどうと桃。得意料理は玉子焼き、肉じゃが、ほうとう。(うどんを作ろうとしたら失敗してしまい、いつも結局ほうとうになる、とのこと) 特技は歌、ダンス、バランスボール、走り高跳び、書く事。趣味は歌、ダンス、食ガン集め、ペン集め。ペットの犬2匹(ミニチュアダックスフントのコロと雑種のまろ)を飼っている。名前の由来は、すべての「夢」を網「羅」する余さず手にするという事。身長160cm。体重45kg。血液型O型。2人姉妹の長女。<<細田羅夢(1995)>>。


日本の漫画家。和歌山県出身、東京都在住。女性。おとめ座のO型。1983年(昭和58年)、『別冊少女コミック』(小学館)9月号増刊に掲載の「オレたちの絶対時間」でデビュー。主に『別冊少女コミック』(小学館)で執筆していたが、現在は活動の場を同社『flowers』に移し、「7SEEDS」を連載中。代表作に『巴がゆく!』や『BASARA』、『龍三郎シリーズ』など。1993年(平成5年)に、未来SF漫画『BASARA』が平成4年度(第38回)小学館漫画賞を受賞。2007年(平成19年)に、SF漫画『7SEEDS』が平成18年度(第52回)小学館漫画賞少女向け部門を受賞。<<田村由美(生年☆不明)>>。


 


PS


今日は気になる著名人が多かっただけに、お目目が(汗)楽しいけど数人に絞ったほうがいいかもしんない#--)ヽでも記憶を振り返る旅は面白い♪それではまたぁ~

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/05 16:20 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。