スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

9月1日の誕生花は「とらゆり(Tiger Flower)」で花ことばは「私を愛して(Love me)」。


アヤメ科で南アメリカが原産。花の中心に斑点(はんてん)があり、まるで虎のよう。メキシコ、グアテマラ、ペルー、チリなどの山中に野生する美しい花です。中心の虎プリントは、さまざまな色味が。



代表的なのは、白い花びらに赤い点々。黄色の花びらに赤い点々、ピンクの花びらにワインレッドの点々など。日本へは、明治時代後期に渡来しました。



南アフリカ原産のイキシアや、フリージアが相性花です。





誕生花は「とらゆり(Tiger Flower)」。

花ことばは「私を愛して(Love me)」。

【9月1日生まれの花占いは?】



世話好きな人で、恋のエンジェルはお得意の分野♪ところが自分のこととなるとまるでダメ。他の人に世話して欲しいのに、誰も気づかないのです。それを口にしないやせ我慢が、あなたの評判をよくしています。あせらず、もう少し待ってみて。きっと、理想の人が現れることでしょう。求愛は一生に一度と覚悟すれば、成功率は100%です。保証します!ーpー)b


【9月1日生まれの著名人は?】



彼の最良のフレスコ画は、アレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿のために建てられたカプラローラのヴィラ・ファルネーゼ(ファルネーゼ荘、Villa Farnese)の壁・天井の歴史的連作画である。ツッカリはそこにジュリオ・ロマーノやラファエロの弟子たちのスタイルに基づいて、贅沢な化粧漆喰レリーフの装飾を多数デザインした。さらにツッカリはブラッチャーノのカステッロ・オルシーニにアレクサンドロス3世(アレキサンダー大王)の生涯の絵を描いた。彼の作品はほとんどがフレスコ画で、規模は大きく、彩色はキアロスクーロかモノクロームだった。仕事は迅速で、作風は確実にマニエリスムだったイタリアの画家で、ローマのマニエリスム派の人気画家の1人の<<タッデオ・ツッカリ(Taddeo Zuccari, またはタッデオ・ツッカロ、Taddeo Zuccaro(1529))>>。


福井藩主・松平春嶽、土佐藩主・山内容堂、薩摩藩主・島津斉彬とも交流を持ち「幕末の四賢侯(※幕末期に活躍した4人の大名)」と称された。彼らは幕政にも積極的に口を挟み、老中・阿部正弘に幕政改革を訴えた日本の大名・政治家。宇和島藩8代藩主の<<伊達宗城(1844)>>。


農学者で、内村鑑三と並ぶクリスチャンの教育者。国際連盟事務次長も務め、著書 Bushido: The Soul of Japan(『武士道』)は、流麗な英文で書かれ、長年読み続けられている。日本銀行券のD五千円券の肖像としても知られる<<新渡戸稲造(1862>>。


アメリカの小説家。「エドガー・ライス・バロウズ」(ハヤカワ文庫SF[1])、「E・R・バローズ」(創元推理文庫)の表記もある。頭文字で単にERBとも書かれる。代表作に「ターザン・シリーズ」があり、ターザンの産みの親として知られる<<エドガー・ライス・バローズ(Edgar Rice Burroughs(1875))>>。


セラフィンは20世紀有数のイタリア・オペラ指揮者として評価され、多くの録音も残されているが、トスカニーニなどと違ってカリスマ性を前面に出すタイプとは言い難い。しかしトスカニーニら先行世代と違って、ステレオ録音が実用化された時期とその芸風の円熟期が重なり、後世の人々が良い録音によって彼の演奏を堪能できる条件が整った事は幸運だったといえるだろう。セラフィンはイタリアのオペラ指揮者の伝統に漏れず、若手歌手の発掘方面でも業績を残しており、特にマリア・カラスやマリオ・デル=モナコを見出した業績は良く知られている<<トゥリオ・セラフィン(Tullio Serafin(1878))>>↓♪~。



Download bài hát Sempre libera (Violetta, Alfredo)


現在では、ベン・シャーン、エドワード・ホッパーらとともに、20世紀前半のアメリカを代表する画家の1人として評価され、その名声は世界的なものとなっている。代表作は前記の他に、「牛のいる風景」「夏の嵐」「私は疲れた」「二つの世界の間」「祭りは終わった」「舞踊会へ」など。2004年には「カフェ」が日本郵政公社発行の『日米交流150周年記念』切手デザインとなった洋画家の<<国吉康雄(1889)>>。


代表作に1990年4月30日、TBSにてドラマ化され、斉藤由貴、木村拓哉らが出演した『おとうと』 など著名な日本の随筆家・小説家の<<幸田文(1904)>>。


日本球界で初めて「バント名人」と呼ばれた香川県高松市出身のプロ野球選手・監督。ポジションは外野手だった<<西村正夫(1912)>>。


東京府生まれのプロ野球選手・プロ野球監督。初代「ミスタードラゴンズ」である<<西沢道夫(1921)>>。


1974年にTBSを退社以降「TBS専属のフリーランスプロデューサー」という立場[要出典]だったが、近年は「想いでかくれんぼ」(2000年)、「夫婦」(2006年)、「結婚」(2009年)など、橋田壽賀子脚本・渡哲也主演のスペシャルドラマをテレビ朝日で手がけ、舞台の演出も1968年11月から手がけ、足掛け40年にわたり386作品を演出。劇場は、名鉄ホール・芸術座・新橋演舞場・明治座・帝国劇場・飛天・近鉄劇場・松竹座・博多座・御園座・中日劇場・日生劇場・ル テアトル銀座・大阪新歌舞伎座・京都南座・新宿コマ劇場・三越劇場と幅広い劇場で演出実績がある日本のテレビプロデューサー、舞台演出家。東京都出身の<<石井ふく子(1926)>>。


トリエステ生まれのヴァイオリン奏者。


タルティーニ音楽院、キジアーナ音楽院を経て、スイスでヨーゼフ・シゲティに師事する。妻のカヴァルロとのデュオ、ローマ合奏団のメンバーでの演奏活動を行う。キジアーナ音楽院、ルツェルン音楽院、インディアナ大学、東京音楽大学などにおいて、ヴァイオリンの指導に当たった<<フランコ・グッリ(Franco Gulli(1926))>>↓♪~。





Franco Gulli plays Paganini concerto n. 5 in a minor - third movement


新東宝の後輩菅原文太が東映に移籍し若山に挨拶に行った際、若山は安藤昇の子分になったのかと訊ねた。菅原からなってないことを聞くと「そーか!ならワシんとこの若い衆になれ!」と以降、菅原を可愛がった日本の映画俳優の<<若山富三郎(1929)>>。


2008年、世界の音楽界に多大な影響を与えたことや、若手音楽家育成に尽力した功績が認められ、文化勲章を受章。2010年1月、人間ドックの検査で食道癌が見つかり治療に専念するために、同年6月までの活動を全てキャンセルすることを発表した。食道全摘出手術を受け、同年8月に復帰。同年開催のサイトウ・キネン・フェスティバル松本(20100810tue-20100910friまで)は一部プログラムで代役を立て総監督として出演している日本人指揮者で、現在は、ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務める<<小澤征爾(1935)>>。


大韓民国の政治家、第16代目韓国大統領(2003年-2008年)。本貫は光州盧氏。カトリック教徒で、洗礼名はユストゥスだが、妻は仏教徒で遺骨も実家近くのお寺に納められている。妻の権良淑(クォン・ヤンスク)とのあいだに1男1女。歴代で初めての、日本統治時代を経験していない世代の大統領である<<盧 武鉉(ノ・ムヒョン、노무현(1946))>>。


マン島出身のシンガーソングライター・音楽プロデューサーである。2人の兄弟(ロビン・ギブ、モーリス・ギブ)と結成したビージーズのメンバーとして知られている。ビージーズはオーストラリアでデビューし、イングランドに戻ってから成功した。バリーは高いピッチのファルセットを歌声で使うことで知られ、Billboard Hot 100のナンバー1ヒットを6曲書いている。また、トップ10中5曲を同時にランクインさせた唯一のソングライターである<<バリー・ギブ(英: Barry Gibb(1946))>>↓♪~。





Andy Gibb - Don't Throw it All Away (Our Love)


2006年4月から2007年3月までの1年間、劇団ふるさときゃらばんに於いてミュージカル俳優としての修業を経験。 同局の関連会社である「文化放送開発センター」が主催する「ミュージカル体験塾」事業の一環として行なわれた。ミュージカル修業終了後の2007年5月22日(火)、「ライオンズナイター」(西武ライオンズ対横浜ベイスターズ戦)の実況を担当。ナイター中継の実況は実に9年ぶりであった。これ以後ナイター中継の実況に本格復帰している文化放送アナウンサーで同局編成局スポーツ部長の<<菅野詩朗(1952)>>。



独自のトレーニング「タエ・ボー」(Tae Bo)の考案者である。日本においてエクササイズDVDソフト『ビリーズブートキャンプ』で一躍、時の人となった、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のエアロビクスインストラクター、格闘家、俳優の<<ビリー・ウェイン・ブランクス(Billy Wayne Blanks(1955))>>。


映画『レッドクリフ (2008)』では曹操役だった中国湖南省長沙市生まれの俳優の<<張豊毅(チャン・フォンイー(1956))>>。


1996年にアトランタで開催されたアトランタオリンピックの閉会式では『Reach』を大観衆の前で歌ったNFLのマイアミ・ドルフィンズの少数株主でもある<<グロリア・エステファン(Gloria Estefan(1957))>>↓♪~。





Gloria Estefan - Me Voy


元プロ野球選手、現プロ野球審判員の<<飯塚富司(1962)>>。


現在は東北楽天ゴールデンイーグルス二軍打撃コーチ。アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手(内野手)の<<ルイス・ロペス(Luis Antonio Lopez(1964))>>。


フランスで活躍するオランダ出身の女流画家。ポートレート画を得意とする<<キキ・ラーマース(Kiki Lamers(1964))>>。


日本の女性シンガーソングライター。東京都出身。父は動物学者、ノンフィクション作家の實吉達郎。代表曲に『マルコじいさん』『幸福のカノン』など。吉祥寺MANDA-LA2 、下北沢 lateなどを中心に活躍中の<<さねよしいさ子(1965)>>。


千葉県船橋市生まれ、千葉市花見川区育ちの、タレント・俳優。「ミナクル・カンパニー」に所属。かつてはジャニーズ事務所所属のアイドルであった。ニックネームは「シゲ」で一児の父親の<<中村繁之(1967)>>。


代表作は『Mr.&Mrs. スミス』(ジェーン・スミス)、『名探偵コナン』(佐藤美和子)、『ER』シリーズ(ドリス・ピックマン)、『24 -TWENTY FOUR-』(ミシェル・デスラー)など。日本の舞台女優、声優。劇団昴所属の<<湯屋敦子(1970)>>。


代表作に「BOYS BEE」など恋愛をテーマにした漫画を主に執筆する日本の漫画家の<<玉越博幸(1970)>>。


NHKのアナウンサーの<<秋野由美子(1970)>>。


、コナミデジタルエンタテインメント所属のゲームミュージックの作曲家(コンポーザー)で、Wii版DanceDanceRevolutionシリーズではディレクターを担当している。旧コナミコンピュータエンタテインメント東京所属。東京都出身、血液型はB型。ときめきメモリアルシリーズなどを担当した後、現在は家庭用DanceDanceRevolutionシリーズを中心に楽曲制作を行っている。


主にU1(フルネームの場合はU1-ASAMi)を名義として用いている。 また、アーケード版の作曲者NAOKIの楽曲を独自の解釈(邪悪さ、暗さをイメージさせる)でリミックスした場合に2MBと言う名義を使用する(これはプレイステーションのメインRAM容量が語源とされている)。<<浅見祐一(1971)>>。


趣味は広範囲に渡り、サッカー、アイドルからアニメ(とくにガンダム関連)まで幅広く、またその関連の仕事も多く、自らをヲタク芸人だと称している。また、最近(2008年)では「家電芸人」としてメディアで家電について熱く語っている、お笑いタレント・元U-turn。太田プロダクション所属の<<土田晃之(1972)>>。


あまりに丁寧にゆっくり喋る為、生放送の番組に出演した際は司会者が苦労することが多く、「生放送泣かせ」と称される。 ただし、トークの内容がカメラの話だったり、実際の戦場に赴いてテレビでリポートした際には本人が若干興奮するらしくいつもより話す速さが速くなることがある戦場カメラマンでフォトジャーナリストの<<渡部陽一(1972)>>。


日本の歌手、女優、声優、タレント。東京都中野区出身。日出女子学園高校卒業。プロダクション尾木所属。乙女塾2期生の出身で、解散したアイドルグループ『CoCo』の元メンバー。愛称は理恵ちゃん。男をその気にさせるフェロモンが出すぎな<<三浦理恵子(1973)>>。


日本のアニメーション演出家、アニメーション監督、小説家、実業家である。愛称は「ヤマカン」。主な作品にあの『涼宮ハルヒの憂鬱』(シリーズ演出)『らき☆すた』(第01-04話監督)『かんなぎ』(監督)など視聴者を釘付け&まったりさせる演出に長けた多種多様な才能の持ち主。<<山本寛(1974)>>。


勿論有名な日本の女性声優、ナレーター。東京俳優生活協同組合(俳協)所属。ニックネームは、さきっちょん、沙樹ちゃんなど。<<中島沙樹(1978)>>。


解散した日本の女性アイドルグループチェキッ娘のメンバー、グラビアアイドル。チェキッ娘時代の愛称はまっちぃ、まちめぐなど。埼玉県所沢市出身の<<町田恵(1980)>>。


日本の女性タレント・女性アイドル・元レースクイーンである。所属事務所はバグジー。旧芸名は、森下ちさと。セクシーで恋愛感では意外としっかりしていて、頑張り屋の<<森下千里(1981)>>。


潜在能力は計り知れないプロ野球選手のアレックス・ラミレスは義理の父を持つ、野球選手(投手)の<<アレックス・ラミレス・ジュニア(Alex Ramirez Jr.(1983))>>。


アミューズ所属。広島県広島市生まれの爽やかなイケメン俳優の<<平岡祐太(1984)>>。


アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身。身長164cm。NHK教育『天才てれびくん』・『天才てれびくんワイド』1996年度 - 1999年度てれび戦士で知られており、1998年から始まった『天才てれびくんシリーズ』のコーナーの一、「MTK(ミュージックてれびくん)」シリーズの初代歌姫・女王といえば彼女である。実父はモデル。彼女の主な歌には、ワンナイR&Rで放送の『Mickey』『PECORI♥NIGHT』『恋のPecori♥Lesson』、レインボータウンFMで放送の『幸せを乗せて』『Modern Girl』『Hero』、『天才てれびくんワイド』で放送の『ママ・ミア』『カーマは気まぐれ』『The Longeset Time』『Everything You Do』がある。キュートで明るく、愛称はジャスミンこと<<ジャスミン アレン(Jasmine Allen(1985))>>。


2004年、ハイティーン向けファッション雑誌「SEVENTEEN」(集英社)のミスセブンティーンに入賞し、同年から2007年8月号まで専属モデルとして活動した。DHCのイメージキャラとしても活躍した日本の女性ファッションモデル、タレント。旧所属事務所はアヴィラ。現在はフリーの<<浅木一華(1986)>>。


千葉県千葉市出身の子役。ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー所属。血液型A型。身長156cm。 父親は競艇選手の鈴木茂正。TBS系列で放送されたドラマ30がきんちょ~リターン・キッズ~で美山加恋と共演し、話中でぱれっとというアイドルユニットを結成。子供たちから多大なる人気を得た。元おはキッズの<<鈴木理子(1995)>>。







PS



素直に、お誕生日おめでとうぉー(#≧p≦)ノノ<トォー!しかし、あきないっ♪明日も楽しみぃ~☆ではではぁ~

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/09/01 06:55 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。