スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

8月3日は「ぎんせんか(Flower of an Hour)」で花ことばは「乙女の美しい姿(A beautiful maiden)」。


8月3日は「ぎんせんか(Flower of an Hour)」で花ことばは「乙女の美しい姿(A beautiful maiden)」。



「銀銭花(ぎんせんか(Flower an of Hour))」。中央アフリカに咲きアオイ科に属する。淡い黄味がかった花色と、丸みのある姿からこの名がついたみたいですね。気になるのが、花ことばが「乙女の美しい姿(A beautiful maiden)」ですよ。。。色々想像をかきたてますね♪



では、レッツ☆ゴ~





この花は...ムニャムニャ#-p-)Zzz


。。。恥ずかしがりやなところがあるようですね。朝の陽を浴びて8時ごろ、開花したかと思うと、9時にはもうしぼんでしまうんだそうです。まるで恥らってすぐに顔を背けてしまう初心の人のようだ♪英名では、「一時間の花」と呼ばれていたり、花の命が短い事を朝露にかけて「朝露草(ちょうろうそう)」とも呼ばれていますね。また「ヴェニスのフヨウ」「正午にお休み」など、変わった別名ありますねぇ~。何か世界共通で理解できる例え方ですね。上手いなぁ#--)ヽ僕なら、「日向ぼっこ中すぐに雨」「図書館小一時間でお手洗い直行」「常夏は水分補給に気をつけてすぐにお休み」「バーゲンセール先ほど終了いたしました!今度はお早めに☆」など。。。お手洗いで下を向く姿!バーゲンセールのちょっとした気の緩みが買えないという悲劇を生む。きっと顔を下に向け、とぼとぼと帰っていく様が想像できます!まさに「一時間の花」(汗)いくらでも例えばできますね♪



ヨーロッパに咲く銀銭花のルーツは中央アフリカからで16世紀頃に渡ったといわれているそうですよ。



相性花としてのキーワードは、次々と花を咲かせる生命力。そこで、「一日草」とも呼ばれるハイビスカスや、フヨウの花などが相性花なんだそうですね。一日草という言葉が、何かドラマを思い起こしますね。恥らう一日草ですよ。。。Σ( ̄p ̄#)。o0待てよ!2日以降は肝がすわったりして(汗)





いかんいかん♪_ _#)ヽ
☆8月3日の花占いにいきましょうかね。



純粋で清らかで汚れを知らぬ無垢な心をお持ちですね。少年少女の頃は、誰もがそうでしたが、あなたは今もロマンティストです♪人を疑う事を知りません。それで傷つくこともあると思いますが、その美しさを失わないで下さいね。そうすれば必ず幸福へ導かれますよ。By 占い師♪









PS



んん~、自分の例えばおいといて、銀銭花は恥じらいの花。それでいて花ことばは乙女の美しい姿。毎日が新鮮な表現ですね。誕生花はその花の特徴を理解し、言い伝えを理解する事で、花占いもよく理解できるし、花占いを理解してという逆から考えてみても、しっかりとしたつながりというものを感じますね♪



今日は星☆☆☆です!



8月2日生まれなお方は、伊達政宗くん!豊臣秀頼くん!徳川家綱くん!ですね。

お誕生日一緒なんだ。。。おめでとう(汗)





んではぁ~♪
スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/08/03 06:40 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。