スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

10月23日の誕生花は「南蛮朝顔(Thorn Apple)」で花ことばは「愛敬(Attractiveness)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


「南蛮朝顔(Thorn Apple)」は現在「朝鮮朝顔」と呼ばれナス科チョウセンアサガオ属で、南アジアが原産の一年草です。


特徴は、草丈が1mほどで茎はよく枝分かれし、大型で卵型の葉を持ち、夏に10cmから15cmほどの漏斗状の白い花を咲かせる。実は球形で短いとげが多数付いており、熟すと割れて種子を飛ばします。


主に、ナス科の植物、ハシリドコロ、ベラドンナ同様アスピリンを含む薬用植物で、アスピリンは、注射液として、胃・十二指腸潰瘍における分泌ならびに運動亢進。胃腸の痙攣性疼痛,胆管・尿管の疝痛、痙攣性便秘。迷走神経性徐脈及び迷走神経性房室ブロック、その他の徐脈・房室ブロック。麻酔前投薬、ECTの前投与による肺気管支拡張、胃腸運動抑制、唾液分泌減少、徐脈予防。有機リン(殺虫剤や農薬、サリン)などの副交感神経興奮剤中毒。重症筋無力症の治療におけるコリン作動性クリーゼ。点眼液として、診断又は治療を目的とする散瞳と調節麻痺に使用されています。


仏教では、諸仏が出現する時、法悦のしるしとして、天から降り注ぐ幻想的な白い花として、別名「曼陀羅華」と呼ばれています。また、この花と葉の粉末を、ビールやお酒に少しわからないように混ぜて恋人に飲ませると、恋人はあなたの言いなりになるといわれ、さらに別名「妖精師の草」とも。また、薬用植物ではあるが、反面、毒性も著しく強いことから、「キチガイナスビ」の異名もあります。


この草は、もともと男の子と女の子だったそうです。ふたりは神々の会議場のまわりをうろつき、「不思議なものを見た」と母に告げたため、神々の不興をかい、この植物に変えられてしまったのだとか。この花を食べると、自分の見た事を何でもしゃべり続けるといわれるのは、この子供たちのせいなのでしょう~。


 


10月23日の誕生花は「南蛮朝顔(Thorn Apple)」。

「南蛮朝顔(Thorn Apple)」で花ことばは「愛敬(Attractiveness)」。

【10月23日の花占いは?】


にこやかで可愛らしい人。お世辞や八方美人なのではなく、あなた自身が持つ生まれたもった性格なのです。洞察力がズバ抜けており、いつわりの笑顔はすぐ見抜いてしまいますね。虚飾や見かけに惑わされる事がないので、恋の迷路も迷うことなく、本当に信頼できる人を愛するでしょう☆そんな随一の洞察力と直向な愛に一直線なあなたのコンシェルジュ。ラッキーカラーは、哀愁と気品に満ち溢れた、白と紫のコントラスト。白と明るすぎず暗すぎない紫は、どちらも精神力を向上させる効果がありますが、困難に立ち向かう時、新たな気持ちで再出発する時に、あなたを優しく導く白に、あなたのズバ抜けた洞察力に直感力と創造力、リーダーの素質を花開かせる明るすぎず暗すぎない紫がオススメです♪その澄み切った洞察力。白と紫で自分ごのみのあなた自身をコーディネイトしてみると未知の領域が見えるかも☆




【<366日の著名人>:☆10月23日生まれの著名人は?】


1507年(永正4年9月18日) - 曲直瀬正盛(道三)、戦国時代の医師(+ 1594年)

1766年 - エマニュエル・ド・グルーシー、フランスの軍人・元帥(+ 1847年)

1801年 - アルベルト・ロルツィング、作曲家(+ 1851年)

1805年 - アーダルベルト・シュティフター、画家・小説家(+ 1868年)

1835年 - 野球評論家アドレー・E・スティーブンソン、第23代アメリカ合衆国副大統領(+ 1914年)

1892年 - ガンモ・マルクス、喜劇俳優、マルクス兄弟の四男(+ 1977年)

1920年 - ジャンニ・ロダーリ、児童文学作家(+ 1980年)

1930年 - 丸山詠二、声優

1931年 - ウィリアム・パトリック・クラーク、第44代アメリカ合衆国内務長官

1931年 - ジャニー喜多川、ジャニーズ事務所社長

1932年 - 森田実、政治評論家

1932年 - 渡辺美佐子、女優

1935年 - チチ・ロドリゲス、ゴルファー

1940年 - ペレ、サッカー選手

1940年 - ベイビー・ジェーン・ホルツァー、モデル、アンディ・ウォーホルの初代アイドル

1942年 - マイケル・クライトン、小説家・SF作家

1942年 - 尾藤公、高校野球指導者

1944年 - 七三太朗、漫画原作者

1944年 - 五十嵐忠行、官僚

1952年 - ますむらひろし、漫画家

1954年 - 栗木京子、歌人

1954年 - アン・リー、映画監督

1955年 - 坂口良子、女優

1955年 - 篠田節子、小説家

1956年 - 渡辺真知子、歌手

1958年 - おおつぼマキ、漫画家

1958年 - 神津カンナ、随筆家

1959年 - ジョージ・ヒンショー、元プロ野球選手

1959年 - アル・ヤンコビック、歌手

1960年 - ウェイン・レイニー、モーターサイクル・レーサー

1960年 - 三沢またろう、パーカッショニスト

1961年 - 粂井高雄、発明家

1961年 - 小柳昌法、ミュージシャン(元LINDBERG)

1964年 - 下村努、コンピュータセキュリティ専門家

1966年 - アレッサンドロ・ザナルディ、レーシングドライバー

1966年 - 石橋守、JRA騎手

1967年 - オマール・リナレス、元野球選手

1967年 - 片岡とも、シナリオライター

1971年 - 矢部浩之、ナインティナイン

1972年 - 伊東敏恵、NHKアナウンサー

1972年 - エドゥアルド・パレ、野球選手

1973年 - 清水隆行、元・プロ野球選手、野球解説者

1973年 - 志村貴子、漫画家

1973年 - はしのえみ、タレント

1973年 - 上村洋行、騎手

1975年 - 松井稼頭央、メジャーリーガー

1975年 - 小原正子、クワバタオハラ

1975年 - 椎名軽穂、漫画家

1977年 - 斉藤まりあ、元日本テレビアナウンサー

1977年 - ハビエル・カステリャーノ、騎手

1978年 - 佐竹健太、プロ野球選手

1978年 - ジョン・ラッキー、メジャーリーガー

1980年 - 今井茂雄、俳優、演出家、脚本家、構成作家

1980年 - 房野史典、お笑いタレント(ブロードキャスト)

1981年 - 桃乃ララ、ストリッパー

1981年 - 中村摂、タレント

1981年 - ベン・フランシスコ、メジャーリーガー

1982年 - 田中彰、プロ野球選手

1982年 - 守屋周、東北放送アナウンサー

1983年 - 磯山さやか、タレント、グラビアアイドル

1985年 - 宇佐美なな、歌手(MUH~)

1985年 - 浦野一美、AKB48

1986年 - 佐藤美耶、女子バレーボール選手

1987年 - 沢井美優、女優、グラビアアイドル

1988年 - 北村明子、フィギュアスケート選手

1989年 - 松岡里枝、モデル

1991年 - 眞子内親王、皇族・秋篠宮家の長女

1992年 - 安達大、子役


 


【PS.<心の声>:10月23日生まれの方へ、お誕生日おめでとうございます♪洞察力は随一なのに遊び心を忘れず場を花を咲かせるあなたとあなたの周辺に平穏と成功が訪れますように☆。。。という展開から。。。ノ(≧p≦;)ヽ中日ドラゴンズVS読売ジャイアンツ!CS第4戦はアナログ放送でも観れたんで楽しむことはできましたYO♪熱い試合でしたね!というかあのピリピリした雰囲気はギリギリの勝負で戦わないと出せない緊張感ですね!熱い闘志を前面に出す中日の選手に不気味と一つひとつの展開を冷静に分析する落合監督(汗)と熱い闘志を前面に出す選手は少ないと思いきや、内に秘めた闘志は中日選手と同等の巨人選手と少し忍耐の開放で表情に人らしい部分と相手の強さを知り真っ向勝負で揺さぶりをかけ熱い気持ちをグッとこらえ采配を振るった原監督。見所は沢山ありましたね♪普通なら出場できない状態の坂本ちゃんが戻り、脇谷が2番、怪我で玉は見えているのに体が言うことをきかず野球センスは計り知れない才能を持ちながら思うように出せず最後の土壇場で強引に能力を爆発させた高橋。それに時代劇に出て欲しいサムライ小笠原のあの多くを語らず努力と実力で選手だけでなくファンまでも興奮させるフルスイングで今日は絶好調だったサムライ小笠原♪阿部ちゃんのバッティングが知らない間に凄い事になって嬉しいなと思いながら、中日も山本昌と和田ちんには当時の苦い思い出が蘇り、これがキャリアなんだと思い感心させられながらも、絶体絶命の大ピンチ(土壇場;)で3対3に追いつく興奮する展開♪ああ、風邪飛んでけと散歩して気合入れてきて良かったぁ。最後まで見れたからねん♪試合結果は悔しかったけど、和田ちんのあの勝負を決めた4点目のライナーせいのヒットは、もうなんていうか今までの野球人生の総力が見えたし、まずあれだけコントロールが定まらずに四球の奴隷と化した緊張で手元が狂いっぱなしのピッチャーには荷が重過ぎる場面でしたよ。。。いやいや、誰も止められない選手だと思いましたよ。裏番組が見れなかったのは妄想力でCMの表情とか動作に変化を加えて脳内カバーするとして(汗)、怖いチームですね、中日の方ですよ。強力打線のDNAは相変わらずだなと思ってみてたけど、投手陣の戦力には驚きますね。プロ野球監督の中でも未知の世界を知る落合監督に、あの投手陣はぁ。。。あ、でも昔から投手陣もスターが多かったっけ。。。リリーフ陣と押さえの充実がプラスされたからあの展開に持っていけるのかなぁ;--)ヽううっ、風邪かぁ。。。とにかく良い試合でしたぁ♪ああ、でも悔しい!ラミレスは大好きな選手の一人だけど、あのライナーをあと15cmぐらいジャンプ力があったらぁ。。。いや、中日の勝利!あの総合力なら千葉ロッテマリーンズと面白い勝負になりそうですね♪放送中6回ほど音声が途切れたけど、その静けさの中でも聞こえないはずの音は聞こえてましたよっ#--)ノいやぁ、両者にアッパレ!ではまたぁ~】

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/10/23 23:20 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。