スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 渡瀬側治 at --/--/-- --:-- | Top▲

11月5日の誕生花は「松葉菊(Fig Marigold)」で花ことばは「勲功(Meritorious deeds)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


11月5日の誕生花「松葉菊(Fig Marigold)」は、学名「Lampranthus spectabilis」。ハマミズナ科(Aizoaceae)マツバギク属(Lampranthus)で原産国は南アフリカ。花は花弁が紫色で、日中だけ開き夜は閉じ、春から夏にかけて長期間開花を繰り返す。高温や乾燥に非常に強く、大きい群落になるので、路地の花壇や石垣などに栽培される多年草植物。見た目から葉が多肉であり、サボテンの一種と誤解する人もいるがサボテンとは全く別系統です。


 


11月5日の誕生花は「松葉菊(Fig Marigold)」。

「松葉菊(Fig Marigold)」の花ことばは「勲功(Meritorrious deeds)」。

【11月5日の花占いは?】


大地に根を下ろし、雨を吸い、光を受けて花開くように、順応性が高く、グループ活動など集団生活の中でうまくやっていける人です。一通り何でもこなす器用さに、脅威を感じているライバルも多いようですが、そんなまわりからの脅威もバネし、ライバルがパートナーとなり、大成功に終わる人生。あなたを密かに愛する人は、あなたからのアプローチを、今もジッと待っていますよ☆そんなあなたのラッキーカラーは、密かに恋焦がれるあなたと相手に美容と健康効果をもたらし、恋愛で終わるのではなく、結婚も良好な関係を築く縁を結ぶ、といわれるピンク色。身につける所はお好きなところ。インテリアでの設置もOK♪継続して身につける事で少しずつ効果があわられますよ☆


 


『11月5日生まれの方へ、お誕生日おめでとうございます♪できる事とできない事はこの世の中に沢山あると最近実感していますが、人それぞれでも途中から最後には必ず実りある人生でありますように☆』


続きを読む

スポンサーサイト
Posted by 渡瀬側治 at 2010/11/05 22:13 | Top▲

11月4日の誕生花は「こたにわたり(Hart's-Tongue Feen)」で花ことばは「真実の慰み(True comfort)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


11月4日の誕生花「こたにわたり(Hart's-Tongue Feen)」。学名はコタニワタリ (A. scolopendrium L.)。シダ植物門(Pteridophyta)チャセンシダ属(Asplenium)で北半球の温帯全域が原産とされています。


現在も北半球の温帯全域に広く分布。名の由来は、同種の「オオタニワタリ」と比べ、葉の形から「コタニワタリ」となりました。英名「雄鹿の舌のような形をしたシダ」という意味には、葉が細長く、下の方が丸い耳型をしているからとか。


 


11月4日の誕生花は「こたにわたり(Hart's-Tongue Feen)」。

「こたにわたり(Hart's-Tongue Feen)」の花ことばは「真実の慰み(True comfort)」。

【11月4日の花占いは?】


心の底から人々に愛され慕われているあなたは、誰よりも人々の心を理解し愛をもって慰めることができる人。一方プロポーズも数多い人です。恋多きあなたは皆魅力的にみえてしまうのですね♪でも恋人については今よりもっと見る目をもった方が良いでしょう。愛する人にとってその全てを包み込む優しさは、あとあと自分だけじゃなく恋する大切な相手まで傷つけてしまいます。それは嫌なはず。本当に愛し愛される恋人を選びましょう☆そんな多くの人々に愛し愛され慕われる眩い輝きをもったあなたの今夜のラッキーカラーは、全ての人の心に眠る、癒しと安らぎを掘り起こし、対人運・健康運・財運上昇に、ストレスで乱れた息をゆっくりとした深い呼吸へと促してくれる効果がある、若葉色系のグリーンカラーですっ☆


続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/11/04 23:15 | Top▲

11月3日の誕生花は「ブリオニア(Bryony)」で花ことばは「拒絶(Rejection)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


11月3日の誕生花「ブリオニア(Bryony)」は、ウリ科(Cucurbitaceae)ブリオニア属(Bryonia)で北アフリカや、カナリア諸島や南アジアなどの西ユーラシアと隣接している領域が原産地で、繊細で上品な緑がかった白色の花を咲かせる多年生の植物です。


相性花は、「清く明るい愛」が花ことばのヒエンソウや、「元気な愛情」が花ことばのハイドランジアなどになります。


。。。情報少なくて申し訳ないm(_ _#)m


 


11月3日の誕生花は「ブリオニア(Bryony)」。

「ブリオニア(Bryony)」の花ことばは「拒絶(Rejection)」。

【11月3日の花占いは?】


思い込みが激しく、妥協する事をとても嫌う我が道をゆく性格の持ち主です。常に強きの姿勢は誇らしくもありますが、もう少し素直になって人の意見を聞くと、場の雰囲気がよくなり全体の指揮を高めるので、ある程度の妥協は必要で、とても大切な要素になります。反射的に「いや、そこは違う・いらない・断る」、っと否定する回数を減らしてみると将来の孤立からは皆無です。恋愛では、愛する人は、あなたの事をどうしようもなく可愛いと思っているはず。でも、そのベッタリ甘える愛情表現はホドホドにした方が、恋は長続き間違い無しですよ☆そんな一歩も引かない心情と愛する人に対してはベッタリ甘えるお茶目な2面性のあるあなたの今夜のラッキーカラーは、心身ともに健康と癒し、そして安定感を与えるホワイトカラーとグリーンカラーのコラボになります♪☆

続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/11/03 23:16 | Top▲

11月2日の誕生花は「ルピナス(Lupin)」で花ことばは「母性愛(Maternal love)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


11月2日の誕生花「ルピナス(Lupin)」は、マメ科(Fabaceae)ルピナス属(Lupinus)で地中海沿岸地方と南北アメリカ、南アフリカなど200種類以上が分布しているため原産地はおおよそで不確定。


Lupinとはギリシャ語の「Lupe(悲しみ)」が語源。語源の「Lupe(悲しみ)」は、この種子を口に含むとあまりに苦く、食べた人の顔が思わず、悲しそうにゆがむことからきているといわれています。


マメ科属の1つで、ルピナスの名はオオカミに由来し、吸肥力が非常に強い特徴を貪欲な狼にたとえたもの。 和名はハウチワマメ属(叶団扇豆属)。根生葉が掌状複葉であることから付けられた。また、花の様子がフジに似ており、花が下から咲き上がるため、ノボリフジ(升藤)とも呼ばれています。


ルピナスからは、油がとれ、顔をツルツルにし、皮ふをなめらかに、顔立ちのよいところを強調するので女性の間では人気があり、昔、ヨーロッパでは、血行がよくなり、表情が陽気に輝くことから、「恋がうまくいく油」ともいわれていたそうです。


 


11月2日の誕生花は「ルピナス(Lupin)」。

「ルピナス(Lupin)」の花ことばは「母性愛(Maternal love)」。

【11月2日の花占いは?】


人々の心に絶やす事無く安らぎを与える続けるあなたは、常に自分と相手の幸福を追い求める、元気が満ち溢れたような人です。年下からも好かれる聖母マルアのように、分け隔てなく、誰にも優しくできる人。でも面倒見がよく誰からも好かれるあなたの恋人にとっては、気が気ではありません。そこは特別扱いしてあげましょう。でないと、収拾がつかないほど、やきもちを焼かれてしまいますよ☆そんな博愛主義者のあなたの幸せと願いをお手伝いする今夜のラッキーカラーは、満ち溢れる愛に平行するように、相手への愛、自分への愛を優しく包み、どちらにも心身ともに癒しと安定の効果をもたらすグリーンカラーと、繊細で大胆な感性に芸術的に、そして創造豊かな心を宿すパープルカラーがオススメです。さらなる魅力を引き出しこの先の糧とされるあなたの潜在能力を開花させますっ☆


続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/11/02 23:10 | Top▲

11月1日の誕生花は「西洋かりん(Medlar)」で花ことばは「唯一の恋(Only love)」。花占いと今日誕生日の著名人は?


【☆ 11月(November)は、スモールマーガレット(黄色)。花ことばは、ふたりの心を強く惹きつける愛の喜び。】


11月1日の誕生花「西洋かりん(Medlar)」は、バラ科(Rosaceae)セイヨウカリン属(Mespilus)で南西アジアまたは南東ヨーロッパが原産の落葉性低木で、温暖で乾燥した土地によく育ち、果実酒やジャムになります。学名は、「Mespilus germanica 」。


春に白い花を咲かせ、秋には紅葉も美しい西洋かりんは、イギリスでは「メドラー」と呼び、ドイツ語では「メスペル」、イタリア語では「ネスポラ」、フランス語では「カムン」、スペイン語では「ニスペエロ」。


古代ギリシアから中世にかけては重要な果物だったが、その後リンゴやセイヨウナシなどが普及するとあまり省られなくなった。


果実の性質がカリンに似ているためセイヨウカリンという名がついているが、実はカリンはボケ属で異種。またマルメロのことをセイヨウカリンと呼ぶこともあるが、マルメロは単一属のマルメロ属であり別属となる。見かけはむしろビワによく似ているため、ビワを英語では「Japanese Medlar」とも呼ばれています。


果実は直径2-3cmの卵形の梨状果。硬く酸味が強いので、食べる前に霜に当てたり長期間貯蔵したりする必要がある。こうすると表面にしわが寄って(干からびたようにみえるが)内部は柔らかくなり香りもよくなる。


明治時代に日本にも渡来したが、現在あまり普及はしていません。

中国原産の落葉性高木の「かりん(木瓜)」は、バラ科だがボケ属で別属のようです。


かつてはセイヨウカリン属の唯一種とされていたが、1990年にアメリカ中部でもう一種のMespilus canescens(Stern's Medlar)が発見されています。


 


11月1日の誕生花は「西洋かりん(Medkar)」。

「西洋かりん(Medlar)」の花ことばは「唯一の恋(Only love)」。

【11月1日の花占いは?】


あなたは心身ともに完璧な美しさをもつ人で、普段の努力が形になってあらわれています。そんなあなたには見栄っ張りな一面がありますが、不快感を与えるものではなく、特に愛する人には、チャーミングで素敵な要素です。小悪魔的な要素はありますが、恋愛に対しては小説のようなカッコのよい展開を好む人。でもそんなあなたに愛された人は毎日が楽しくて仕方が無いようです。ドラマチックな一生をおくれるでしょう☆そんな美しくも小悪魔的要素に努力がさらに心身の美しさを際立たせている魅力的なあなたの今夜のラッキーカラーは、成長ホルモンの分泌を促すことで、明るい親しみやすさに独創的で洗練された人格の形成。現実を直視しした時の素早い判断力と対人運上昇に効果を発揮する、なかなか使うことがありませんが、さわやかなオレンジ色になります♪☆


続きを読む

Posted by 渡瀬側治 at 2010/11/01 23:55 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。